spi

日本文化大学でSPIの勉強をしよう

SPIというのがあります。
企業の採用試験として広く使われており、
能力と適正などを調べることが出来ます。
言語能力と非言語能力に分かれており、
場合によっては「頭の体操」のような問題も出題されます。
筆者の時はSPI2でしたが、今はSPI3が主流のようです。
そのうち、SPI4が登場するかもしれませんね。

http://quiz.systemdomain.co.jp/img/logo.gif

日本文化大学では就職支援プログラムとして
SPI3の勉強をすることが出来ます。
語彙や読解、数列など、多くの方が躓きやすいポイントを
分かりやすく学べると評判になっています。
警察官採用試験ではどちらかと言ったら、国数英理社の一般教養および、
法律などの専門試験を問うことが多いですが、
一般企業へと進むのでしたらSPIの勉強だけで良いとされています。
IT系の企業の採用試験で、法律を問われる問題が出題されることは無いと思いますよ。
一般企業へと進む方は、日本文化大学でしっかりとSPI対策をしてください。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/satokazu116/20110301/20110301044756.jpg

ただし、大抵の企業はあまりSPIを重視していません。
少なくとも、SPIで1位を取ってもそこまで大きなポイントにはならないと思います。
一般企業は面接を重視しており、そこでどのような発言をしたかで合否が分かれます。
もちろん、有利になる資格をたくさん取っていればそれだけ有利になりますが、
新卒の学生でそうした資格をたくさん取っている方はかなり少ないです。

就職試験に備える準備は、職種・業種ごとに異なります。
日本文化大学はどんな仕事に対しても、
それぞれにしっかりと具体的なアドバイスをしてくれると評判です。

Read More

japanculture

日本文化大学の先輩がたから話を聞こう

日本文化大学の利点はいくつかありますが、
警察官OB・OGが多いのはかなりの利点ではないでしょうか。
卒業生を交えた懇親会などを頻繁に開いているため、
警察官になるための心構えについて詳しく訊くことが出来ると思います。
この利点は他にないと言えます。
大抵の大学は万遍なくあらゆる業種へと卒業生を送り出しています。

http://www.komei.or.jp/km/kochi-yamane-takahiro/files/2016/10/a8f83aa2440def30930a2c8939345d1c.gif

たとえ単科大学だとしても、その就職先は非常に多様です。
恐らく、医学部といったものでない限り、
業種や職種がバラけるのは自然なことと言えます。
もっとも、医学部にしても、少しは一般企業に就職すると言われています。
医師免許を持っていようとも、普通に就職する方も居るのです。

日本文化大学の懇親会では様々なことを卒業生から訊くことが出来ます。
在学中どんな風に過ごしたのか、テスト対策にどんなことをしたのか、
今の仕事はどんな感じなのか。
そういったネットでは決して聞けないようなことをたくさん訊くことが出来るのです。
警察官採用試験での面接でどんなことを訊かれたかは、
確実に聞いておきたいところですね。
先輩がたも積極的に教えてくれると思いますよ。

http://sakurai.alpha-es.co.jp/illust1337.png

その仕事に就きたいのでしたら、
前評判はしっかりと確認しないといけません。
警察官になる場合も、警視庁、神奈川県庁、千葉県庁、
埼玉県庁と色々あり、それぞれ特徴が異なるかもしれませんよ。
実際には配属先くらいしか変化はありませんが、
どこが良いかは日本文化大学の先輩がたに聞いてみてはいかがでしょうか。

Read More

route

日本文化大学は様々な道へ進める

日本文化大学は多種多様な業種への内定を獲得しています。
警察官をはじめとする公務員になる方が半数を占めていますが、
もう半分は民間の企業へと進んでいるのです。
その業種は非常に幅広く、銀行、証券会社、不動産、コンビニ、
自動車販売、商店、警備会社など、かなり多岐に渡ります。
医療・福祉に進む方もいれば、いまはやりのIT系に進む方も居ます。
文系の大学ですが、理系に近い業種へ進む学生もかなり多いのです。

https://mynumber-univ.com/system/item_images/images/000/032/796/medium/aaf63774-1002-4166-9482-45f73b51c6e8.png?1452404276

日本文化大学は就職に強い大学として知られています。
それは公務員だけでなく、一般企業に関しても同様です。
1年の時期からキャリアガイダンスを実施し、
クレペリン検査試験NAAIPテストなどを実施して、
適正を見ることが可能です。
警察官という仕事はかなりシビアになりますので、
適正がないとなるのはツライと言えます。
実際には、採用試験で合格することは可能ですが、
適正が合わない仕事だと長続きしないと言われています。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1c/05/0c1124f00396d48b52887e2f5d71670c.jpg

もちろん、目的のために大学4年間で適正を新たに作る方は居ますが、
早々に進路変更をする学生も日本文化大学には多いと言えます。
江戸時代と違い、今は職業選択の自由がありますので、
自分に合った仕事を選ぶことが出来るのです。
夢に向かって努力することは重要ですが、その夢がひとつとは限りません。
そもそも、「夢=職業」とは限りません。
人を助ける仕事に就きたいのでしたら、
警察官以外にもたくさんの仕事があります。
そうした仕事に向かって突き進むのが重要と言えます。

Read More

policeexam

日本文化大学は警察官採用試験について具体的なアドバイスを聞ける

日本文化大学は就職に強い大学として知られています。
ひとりひとり指導を行うマンツーマンにて、
親身になって向き合ってくれると評判になっています。

こうした就職支援ですが、その特徴は大学ごとに異なると言われています。
それは獲得した実績に偏りがあるからとも言えます。
経済学部が主体の大学でしたら、その道に進む卒業生を多く輩出しています。
理系に強い大学でしたら、
ものつくりに関する道に進む卒業生を多く輩出しているのではないでしょうか。
そして日本文化大学は警察官になる卒業生を多く輩出しています。
警察官になった実績を着々と増やしており、
そのためのノウハウを蓄積させているのです。

http://omawarisan.com/img/1.jpg

例えば、面接試験というものは職種や業種ごとに全く異なると言われています。
似たような業種や職種でしたら、質問内容はかなり似通っていますが、
警察官という職業はかなり特殊だと言えます。
これに似ている職種は自衛官くらいしかないかもしれませんね。
警備会社は少し近いかもしれませんが、本質はかなり異なると言われています。
国営と民間では、仕事に対する意識はかなり異なるのです。
少なくとも民間の警備会社の面接試験で「正義感」を問うことは無いと思います。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/14/0000772514/79/img4b1217eczikezj.jpeg

日本文化大学は警察官採用試験について
具体的なアドバイスを受けられると評判です。
どんなことを訊かれるのか、
そしてどのように返答すればいいかをしっかりと学ぶことが出来るのです。
OBやOGから話を聞ける機会が多いのも、この大学の特色だと言えます。

Read More

judo

日本文化大学の新柔道場について

日本文化大学の新柔道場「立志館」が2月1日に完成しました。
224畳の広さに2面の試合場と、かなり大型の道場になります。
柔道の試合場の大きさは8~10m程と言われており、
使用する畳の枚数は40~61畳くらいです。
正式なサイズは1辺9.1mで、使用する畳の枚数は50畳になります。
ただしそれは試合場に必要な畳の枚数です。
場外の部分も必要で、隣の試合場の間にもそれなりの間隔が必要です。
上手く詰めれば、3試合場作ることは可能ですが、
しっかりと場外も作るのでしたら、やはり2つが限度かもしれませんね。
しかし毎日試合をする訳ではなく、
224畳を使って日本文化大学の学生は練習に明け暮れていると思います。

http://www.musashino.or.jp/var/rev0/0000/2500/_1094_01.jpg

「畳」と称しましたが、新柔道場「立志館」の床はよくある畳の色ではありません。
国際試合で良くある黄色と赤のシートになります。
こうした柔道場は割と流行っているようで、
日本文化大学に限らず、他の大学でも良く見かけます。
この色のバリエーションは国際大会のスタンダードになりつつありますので、
そうしたものに慣れておこうという配慮から、
日本文化大学はこの色のパターンを採用したのだと思います。

他にも様々な畳の色があります。
緑が最もスタンダードだと思いますが、青色というのもあります。
黄緑色(ワサビ色)や、肌色タイプのものもあります。
探してみればもっと奇抜な色もあるかもしれませんよ。
ただし、あんまり変な色だと眩暈がするかもしれませんね。
異なる色の畳を交互にクロスに配置したら、
ちょっと頭がクラクラするかもしれません。
家の中のカーペットでしたらそうしたのもありですが、
お互いを投げ合う会場でカラフルな色合いの畳を視界に収めると、
それだけで眩暈がしそうです。
日本文化大学の新柔道場は黄色と赤ですが、
最初の頃は違和感だらけだと思います。
国際大会に慣れるためにも、こうした色で練習する必要があると言えそうです。

Read More

exam

日本文化大学の入試に向けて準備するもの

試験の内容は実施する機関によって異なります。
センター試験のように画一的に実施するところもあれば、
何か一発芸のようなものを発表するところもあると思います。
大学でしたら筆記試験オンリーのところが多いかもしれませんが、
中には日本文化大学のように「面接」を重視しているところもあるかもしれません。

http://free-pictograms.com/material/263.jpg

日本文化大学はAO入試、指定校推薦、一般入試、
センター試験入試など、いくつもの試験を用意していますが、
そのすべてで必ず「面接」を実施しています。
これは日本文化大学が、学業よりも人間性を重視しているからだと言えます。
日本文化大学は日本の文化を継承させるために作られた大学であり、
入学する人間が日本文化大学にとって相応しいかを見極めます。
実際には全員入学状態なので、
面接でよほど変なことをしなければ落ちることはありません。
それでも推薦入試の合格率は100%ではなく99%なので、
油断は大敵だと言えます。

面接以外にも色々と準備しないといけない項目はあります。
推薦入試でしたら、小論文を書かないといけません。
日本文化大学で過去にどんなテーマが出されたかは、
オープンキャンパスにて確認することが出来ます。
推薦入試の願書を手に入れるには、
必ず一度は日本文化大学に足を運ぶ必要がありますので、
その際必ず過去問を手に入れるようにしてください。

http://www.sozailab.jp/db_img/sozai/9822/645d95c1f14f17641f62477999b6cf95.jpg

また、試験会場に持参する物も、しっかりと下調べしないといけません。
試験内容によっては、余計な物を持っていくだけで、
退場させられることもあります。
センター試験の数学のテストで電卓を机に出して、
退場させられたニュースは記憶に新しいと思います。
もちろん、筆記用具や受験票などを忘れると受験することは出来ません。
電車賃を忘れても会場まで行くことは出来ません。
それらは忘れないと思いますが、意外と忘れがちなのがお弁当です。
日本文化大学の最寄り駅にはコンビニが一軒だけなので、
もしかしたら売り切れてしまうかもしれません。

http://illustrain.com/img/work/2013/illustrain01-obentou04.png

キャンパス内の学食は、試験当日は閉館しています。
お昼の現地調達はかなり難しいので、
なるべく地元のコンビニでお弁当を買うようお願いします。

Read More

budou

日本文化大学は武道に力を入れている

日本文化大学は数多くの警察官を輩出してきました。
今年は79名もの警察官を輩出しており、
この数は年を追うごとに増加しています。
入学者こそ過度に増えていませんが、
警察官採用試験を突破する学生は、
昔に比べてかなり増えていると言えます。

日本文化大学のカリキュラムは警察官に特化していると言えます。
授業の中身が警察官に関わるものが多く、
また筆記試験や面接試験を突破する訓練を
数多く用意していると評判になっています。
それとは別に日本文化大学は武道に力を入れています。
警察官採用試験は、剣道や柔道の段位を取得していると、
合格ポイントにプラスしてくれることが多く、
警察官を目指す方の多くがこの2つの
どちらかに入部したいと思っているかもしれません。
もちろん、入部せずに別の技能を鍛えるというのもアリです。

http://www.nippa-h.pen-kanagawa.ed.jp/school_life/bukatu/kendo/images/kendo_illust03.png

日本文化大学は武道に力を入れていますが、
だからと言って、強いとは限りません。
と言うのも、日本文化大学は肉体的な強さではなく、
心の強さを求めていると言えます。
武道はあくまで手段であり、目的ではありません。
また、大学の部活動というものは、
その部活に入ることを目当てに生徒が入学してくるものです。
一般的に、強豪と呼ばれるところに生徒は集まります。
剣道の全国大会を目指すのでしたら、
筑波大学あたりが人気ではないでしょうか。
「勝つ」ということを最終目的にしているのでしたら、
そうした強さを求めている大学に入った方が良いです。

しかし、日本文化大学の目的はそこにありません。
武道はあくまで己を鍛える手段のひとつであり、
勝ち負けについては二の次です。
真に強さを求めるならば、竹刀を振るよりも、
プロテインを飲んでトレーニングジムで
筋力トレーニングをした方が良いかもしれません。
スポーツ科学に秀でたところでしたら、
そうしたシステマチックに効率良く鍛えることが可能です。

http://1.bp.blogspot.com/-fq4u8LcrIsY/Vkb-_7vYkBI/AAAAAAAA0Y8/_qoxZJCjX1k/s800/dumbbell_man.png

全国大会で勝つにはそうしたことが重要ですが、
警察官になるためにそこまで強さは不要です。
全国大会で優勝すれば、合格ポイントにさらにプラスしてくれますが、
そうしたことに労力を割くぐらいなら、
他の技能を鍛えた方がよっぽど効率的だと言えます。
日本文化大学は、人間として成長させるために武道に力を入れているのです。

Read More

officer

日本文化大学の公務員採用試験合格数

日本文化大学は警察官をはじめとする
公務員試験の合格率が高い大学として知られています。
その割合は、2位の大学と10倍近い差を付けているとも言われています。
実際に合格率が10倍になる訳ではありませんが、
日本文化大学はそれだけ多くの警察官や公務員を輩出している大学になります。
その割合ですが、今は10倍どころではないかもしれません。

もしかしたら、今年は13倍くらい差を広げているかもしれません。
と言うのも、日本文化大学は年々、
警察官採用試験の合格者を増加させている傾向があります。
今年は圧巻の79名で、前年度より22名も数を増やしました。
日本文化大学は益々、「警察官に強い」大学として名を馳せていくと思われます。

http://media.istockphoto.com/vectors/police-officer-vector-id522781811?k=6&m=522781811&s=170667a&w=0&h=XWMqgw_tGHRqvffMKNFo055O1KNAfqY-3ShFynxfIHM=

日本文化大学のカリキュラムはやや特殊です。
一般的な大学は色々な知識を幅広く学ぶと思います。
医学部などはその専門分野を習いますが、日本文化大学のように、
警察学を専門的に学べるところはかなり少ないのではないでしょうか。
下手をしたら、警察学という学問があることすら知られていないかもしれません。

もちろん、警察学を履修したからと言って、
採用試験に合格しやすくなるわけではありません。
日本文化大学は様々な就職支援を行っており、
特に警察官採用試験に合格させるための
カリキュラムが非常に充実しているのです。
筆記試験対策はもちろん、
面接での指導についても日本文化大学が全力で支援してくれるのです。

http://illustrain.com/img/work/2016/illustrain04-syukatu02.png

また、警察官のOBやOGが多いのも魅力です。
特にOGの存在はとても貴重です。
警察官の男女比は9:1とも言われており、女性警察官の数は大変少ないです。
OGから話を聞きたくても、一般的な大学に居ては中々聞けないと思います。
しかし、日本文化大学にはたくさんのOGが居ます。
女性警察官もそれなりに居ますので、
ためになる話を聞ける機会はかなり多いと言えます。

今年は79名中7名の女子が警察官になりました。
まだまだ男性主体ですが、
日本文化大学の女性の割合は少しずつ増えていき、
いつかフィフティフィフティになると思いますよ。

Read More

就職支援

日本文化大学は就職支援に力を入れている大学

日本文化大学は就職率の高さが自慢だと言えます。
明確に何%かは不明ですが、日本文化大学は就職支援
かなり力を入れている大学として評判になっています。

日本文化大学は主に3つの進路を用意しています。
1つは警察官です。
これに最も力を入れており、
日本文化大学は警察官になるための学校とも呼ばれています。
警察官に必要なスキル・知識を身に付けられる場所として多くの方に人気です。

https://azukichi.net/img/ojigi/ojigi039.jpg

2つ目は警察官以外の公務員です。
市役所や区役所で働く職員や、
消防士などを目指す方が日本文化大学に集まっています。
こちらの採用試験の対策も取ることが可能で、多くの方が利用しています。

http://tenshoku-maquia.com/lifework/wp-content/uploads/2015/05/GUM11_CL04125.jpg

3つ目は一般企業への就職です。
公務員は狭き門なため、こちらの道に進む方はかなり居ます。
それでも日本文化大学の卒業生の3分の1は公務員になるあたり、
この大学の優秀さが浮き彫りになると言えます。
また、一般企業の中には警察官に近い仕事がいくつかあります。
駅員や警備会社などは、街の住民の生活を守る職業として大いに活躍しています。

http://1.bp.blogspot.com/-I-TxSUyMt5A/UpGGhT13boI/AAAAAAAAa6w/-DXDzu_YWdA/s800/businessman_busy.png

それぞれの就職支援は、かなり力を入れています。
警察官が一番ですが、その他の公務員や一般企業への
就職支援もたくさん用意しているのです。
特に心構えを教えるという意味なら、
日本文化大学は都内でも最速だと言われています。
一般的な大学は3年生の4月からキャリアガイダンスがありますが、
日本文化大学は1年生の4月から随時実施しているのです。
警察官になるため、公務員を目指すための生徒が、
入学の時点で4分の3は確定しており、
将来の職業に対する意識づけはかなり早く、
そのための準備も早くから取ることが出来ると人気なのです。

政府は就活解禁を○月×日と指定していますが、これは企業側に対するものです。
学生はそれより早く情報収集する必要があります。
それ以前に、本来はその会社に入社するために大学を決めるのが、
正しい大学の在り方でした。
警察官や公務員を目指す方は、
是非日本文化大学を受験してココで準備を進めてください。

Read More

会社員

日本文化大学で警察官以外の道を目指す

警察官になるための学校として日本文化大学は有名ですが、
それ以外の道に進む学生は何人も居ます。
昨年は57名の卒業生が警察官になりましたが(正確には警察学校への入校)、
残りの150人近い学生はどこに行ったかかなり気になります。
日本文化大学は警察官に進む以外の道も数多く用意しており、
市役所勤めや一般企業へ就職する学生が大多数を占めているのです。

http://www.firstenglish.jp/img/yaku.png

そもそも、警察官採用試験の合格率は10~20%くらいと言われています。
都道府県と年度ごとに採用率はかなり異なりますが、平均で15%くらいです。
仮に日本文化大学の学生、200人全員が警察官採用試験に受けて、
この合格率通りでしたら、警察官になれるのは30人までです。
実際には200人全員が受けていませんので、
日本文化大学は通常の2倍近い合格率を持つ大学として
評判になっています。

警察官になれない方は一般企業へと進みます。
大学入試と違って、警察官採用試験は初夏と晩秋に実施するところが多く、
就職活動をしても間に合うことが多いです。
まずは一般企業に就職してその後、
働きながら警察官を目指す方はかなり居ます。

http://jinbutuillust.businesscatalyst.com/images/010904172x172.png

警察官をはじめとする公務員の仕事はかなり特殊だと言えます。
それは、お金を稼ぐことが目的ではないからです。
一般企業は第一にお金です。
お金を頑張って稼ぐことを目的にサラリーマンやOLは働いています。
しかし、警察官はお金目的で働いていません。
むしろ、最もお金目的で働いてはいけない仕事かもしれません。
賄賂で動くようでは警察官失格です。
警察官採用試験でそうしたテストは行われませんが、
警察官は何よりも強い正義感が求められるため、
面接で落とされる方はかなり居ると言われているのです。

どんな仕事にも向き不向きがあります。
高校時代では分からなくても、大学時代で気付くことは多いです。
日本文化大学は方向転換がしやすいように、
一般企業への就職にも力を入れています。
警察官になれない方は、別の方法で日本の経済を守っているのです。

Read More