学生運動とは無関係な日本文化大学

日本文化大学はとても平和な大学です。ではどのように平和なのでしょうか。詳しく解説していきます。

学生運動が行われていない現在の日本

世界各国では、自国の将来を憂い若い学生たちが政府に対し声をあげる光景が盛んに見られます。
圧政を敷く独裁者に対するデモ、体制を変えようとする中央政府に激しく抵抗する学生など、こうした運動をニュースで見ない日はありません。
世界的に見れば、学生運動は当たり前のように行われていると言っても過言ではありません。
それに対し現在の日本では、政府に対し不満を述べる人は多数いても激しい学生運動は行われていないのが現状です。
国会議事堂の周辺などでは政府を批判するデモや集会が行われているものの、商店を襲撃したりストライキをしたりといった激しい抗議は行われておらず、内容に賛否はあれど平和的です。
もちろん日本文化大学の学生が激しい抗議をしたという話も聞かれず、皆が冷静な状況と言えます。

かつては学生運動が行われていた日本

しかし現在では冷静な抗議活動が行われている日本ですが、1960年代には激しい学生運動が行われていました。
東京都内を中心に日米安保闘争や全共闘運動などなど、1960年代を中心に大正時代から戦後は現在の海外のように、暴動とも言えるほど激しい運動が行われていたわけです。
100名以上の関係者が[禁則事項です]される事態にもなり、日本の治安は大きく悪化しました。
つい最近まで運動に関わった人物が逃亡を続けるなど、下火になったとはいえ水面下ではまだまだ続いています。
こうした運動は都内の大学生を中心に行われていたので、日本文化大学も関係していたと思われるかもしれません。

60年代の学生運動と日本文化大学は無関係

しかし日本文化大学は、60年頃に行われていた学生運動とはハッキリ言って無関係です。
日本文化大学の学生が無関係と断言できる理由は、設立が1978年だからです。
日本文化大学が設立された1978年頃には、激しく行われていた学生運動も下火になっていました。
主要な過激派のグループは活動を抑えられ、学生運動はほとんど行われていない時期に日本文化大学は設立されたので、どう考えても在学中の学生が参加したとは言えないでしょう。
学生運動には有名な国立私大の学生が関わっていましたが、1978年に設立された日本文化大学には全く関係ない運動だったと言い切れます。

日本文化大学は学生運動を取り締まる警察官を養成する大学

海外で熱を帯びる学生運動を見ていると、現在の日本の大学生は政治に興味がなく物足りなく映るかもしれません。
しかし主張を通すためとは言え、暴動や人を気づける行為を行うのは間違いです。
主張があるなら平和的に行動し、国の体制を変えていくべきでしょう。
また国の体制を変えていくなら、自分が要職に就くことも大切です。
日本文化大学には公務員を養成するコースがあり、入学し学ぶと国や地方のあり方を変えていける立場になれます。
学生運動が起きたらそれを取り締まる警察官も日本文化大学は養成しており、頼もしい若者が多く通っている大学です。

日本文化大学は就職に強い

日本文化大学は日本の首都である東京にある私立の大学です。学部数がたくさんあって規模が大きい大学が人気を集める中、少ない学部で専門的な知識を身につけるのに適しているのが特徴です。卒業後に社会人として活躍できるように4年間でコツコツと準備をするのであれば、日本文化大学は最適でしょう。

・就職に強い私立大学

就職率の高さは定評があり、社会に出たときに即戦力となる人材を育成する能力は高いです。大学でやりたいことが見つからず、4年間を無駄に過ごしてしまう学生が多い中で、この日本文化大学は生徒の目指す道を一緒に探してくれますし、的確なアドバイスもくれます。良い大学に入学しても、最終的には社会に出て自立しなくてはいけないです。その点では日本文化大学は優れたサポート体制が整っていると考えて良いでしょう。

・公務員合格率が高い

ここ数年学生達のなりたい職業で上位にランクインし続けている公務員ですが、応募人数は年々増加していて狭き門になりつつあります。独学で合格するのは非常に難しく、地方公務員でも競争率は高いです。日本文化大学は数多くの公務員を輩出していて、公務員試験を突破するために必要なカリキュラムが整っています。特に警察官の合格率は安定して高く、将来は警察官を目指しているという学生の数も非常に多いです。

・小さい大学ならではのきめ細かいサポート

日本文化大学は学部数も少ないですし、生徒数も平均よりも少ないです。そのかわり教授との距離感は近く、気軽に相談しやすい雰囲気があるので生徒にとっては都合が良い面も多いです。少数精鋭という言葉がありますが、これは日本文化大学に当てはまる言葉かもしれないです。一般的な大学だと就職活動は基本的に一人で行い、エントリーシートの書き方や面接などの準備は自分で全て行うことが多いです。身近にOBがいる学生であればOBからアドバイスをもらうことができますが、OBがいない学生は孤独に就職活動をしていくことになります。しかし、日本文化大学はきめ細かいサポートを行っていて、就職活動に関しても全力で後押しをしてくれます。過去の経験と実績から役に立つアドバイスがもらえるので、就職には有利に働くことが多いです。

・卒業生からのアドバイスも役に立ちます

日本文化大学を卒業した人たちは公務員や大手企業で勤務しているので、現場の声を直接聞くことが出来ます。就職してからイメージとは違ったと感じても遅いので、卒業生から話を聞くことが出来る説明会などでは積極的に質問すると良いです。実際に現役で働いている方の意見なので、インターネットやSNSで調べても分からない本音を聞くことが出来ます。良い情報、悪い情報がありますが、自分の中で整理をして冷静に自分の目指す道を考える良いきっかけになるはずです。できれば1年生、2年生の早い段階で自分の将来を想像して、卒業生の方の意見を聞いておくと良いでしょう。

日本文化大学の特徴や教授について

「日本文化大学について」

日本文化大学は、東京都八王子市の横浜線「片倉駅」と京王線「京王片倉駅」から徒歩7分のところにあります。大学のルーツは600年も前の室町時代に創設された「柏樹書院」という学塾です。明治初期に日本の法律の作成に貢献し、外国文化を教え広めるとともに日本文化を海外に発信することに尽力した22代目当主、蜷川式胤先生の教えを継いだ24代当主の蜷川親繼先生が、第二次世界大戦後日本文化が滅びるのではないかという危惧のもと日本文化大学を創設しました。そのため日本文化大学は、柏樹書院の伝統と教えを模した「手作りの少人数教育」を徹底し、現在までに至っています。

「日本文化大学の特徴」

一番大きな特徴は、「法学部」のみの大学であることです。日本文化と伝統を学ぶことが人間としての品格を高めるという教育方針とフィールドワークの充実をもとにカリキュラムが作られていて、社会で活躍する卒業生たちも高い評価を受けています。また生活と密着する法律を学ぶということは法律を丸暗記するのではなく、時代と共に変化する周辺環境の中で、日本文化や伝統を学び人間教育を受けながら法律を学ぶことで、豊かな人間性と社会に適応する柔軟性を身につけることができるという指導を行っています。さらに就職で大きな武器となる資格を取得できるようにサポートをする指導体制を取っていて、警官や公務員など就職率が高いことも特徴です。

「日本文化大学で学ぶ主な科目」

日本文化大学では、1年次から就職に向けた教育が始まります。1年次では法学や民法の基礎、英語、日本文化史など基礎的な教養を身につけるための基礎ゼミを学び、2年次では経営と公共、法心理の3つのコースに分かれてそれぞれ、憲法や刑法、民法、行政法などを学びます。3年次では就職情報概論や企業法務、公共政策、危機管理学などの科目があり、4年次で専門ゼミと卒論の授業となります。

「日本文化大学の教員について」

大学の教職員の職位としては、「教授」「准教授」「特任教授」「専任講師」があります。教授は、刑法が専門分野の轉法輪愼治教授と憲法を専門とする村松伸治教授、剣道指導法とスポーツマネジメントを専門とする中島治彦教授と国際法を専門とする佐藤進教授、ヨーロッパ中世史が専門の佐野誠教授と警察学・危機管理・犯罪対策を専門とする久保潤二教授がいます。准教授には民法を専門とする黒田樹里准教授と柔道が専門の濱名智男准教授、刑法が専門の菅原由香准教授と少年司法・心理学・司法行政を専門とする渡邊真也准教授、そして憲法が専門の團上智也准教授が在籍しています。さらに特任教授として、日本政治史と政治思想史を専門とする堀井純二教授が指導に当たり、専任講師としては日本古代史を専門とする大友裕二講師と歴史地理学・地理・地図教育を行う山崎達夫講師、測定評価学・スポーツ情報学を専門とする宮代賢治講師が在籍しています。

日本文化大学に通うなら早めに決めたい住まい

日本文化大学を受験するなら考えておきたいこと

日本文化大学への進学を考えているなら、まず考えるべきは受験対策です。
受験勉強をしっかりとして試験当日に備えて、合格を目指すのは最優先事項です。
しかし試験に合格することを考えるのも重要ですが、その後のことも考えておく必要があります。
特に合格して一人暮らしをしながら日本文化大学に通う計画なら、事前に考えておきたいことはいくつもあります。

受験と同時に考えたい進学後の住まい

事前に考えておきたいこととは、日本文化大学に入学した後の住まいです。
日本文化大学から通える距離に実家があり、入学後も親元から通うなら考える必要はないでしょう。
しかし地方から入学する場合や高校卒業を機に一人暮らしを始めたいと思っているなら、早めに考えておかなければいけません。
日本文化大学の周辺には、ワンルームを始めとする多数の賃貸マンションがあります。
大きな大学がある地域なので学生向けの賃貸物件は豊富にありますが、それでも数に限りがあるのも事実です。
合格発表が終わったあとから動き出すと、その時点で条件が良い部屋は一杯で残り物しか借りられなくなるでしょう。
条件が良い部屋ほど早く埋まっていきますから、快適な物件で生活するためにも早めに動かなければいけません。

ネットで調べられる日本文化大学の周辺にある賃貸物件

受験生が部屋探しをするために、日本文化大学の近くまで赴くのは難しいです。
そのため受験勉強をしながら部屋探しをするなら、インターネットを使いましょう。
インターネットの住宅情報サイトには、日本文化大学の周辺にある物件を絞り込んで探せるサイトがあります。
最初から日本文化大学の周辺にある物件を絞り込んでおくと、家賃や間取りなどからも絞り込みやすくなるでしょう。
ある程度ネットで調べてから問い合わせをすれば、効率的に部屋探しができます。
そしてなるべく早い段階で候補となる部屋を見つけて押さえておけば、日本文化大学への進学を決まった直後に契約可能となり、納得のできるお部屋でこれからの4年間を過ごすことが可能です。
快適な空間で学生生活を始めるためにも、早めの行動が何よりも大切です。

日本文化大学での学生生活を充実させる賃貸物件

快適な学生生活をおくるためには、何よりも大切なのが住まいに求める条件です。
たとえば壁が薄かったり老朽化していると、隣の部屋の音が聞こえてきて落ち着きませんし、外壁や内部がボロボロだとテンションも下がるでしょう。
物件の周辺にコンビニなどがないと、何をするにも不便でストレスが溜まってしまいます。
日本文化大学からの距離と同時に住まいの快適性、周辺環境なども考慮しながらお部屋探しはしてください。
もちろん無理なく借りられる家賃も重要ですから、それらを組み合わせて最適な住まいを選ぶのが大切です。
こうした納得できるお部屋を日本文化大学の周辺で見つけるためにも、素早い行動を心がけてください。

一人暮らしの日本文化大学の学生向けサポート

日本文化大学に通いながら一人暮らし

警察官や公務員への就職率が高いため、日本文化大学には東京都内や関東地方だけではなく、全国から学生が集まってきます。
そうした親元を離れて入学する生徒は、日本文化大学への入学が決まったら住まいを探さなければいけません。
しかし合格発表後は、周辺の一人暮らし向けの物件はすぐに埋まり出遅れると理想的な住まいは見つかりにくいでしょう。
充実したキャンパスライフを過ごすためにも、納得できる部屋探しを早めに始めましょう。

一人暮らしをしながら日本文化大学に通う学生向けの住まい

日本文化大学の周辺には、大学周辺ということもあり一人暮らしをする学生向けのマンションやアパートが多数あります。
それらの物件はキャンパスからほど近い場所にあるので、通学に支障を来たすことはありません。
バイトも近くで見つければ、ほぼ周辺のエリアだけで生活できるます。
生活に必要なコンビニやドラッグストアなどの施設も、日本文化大学の周辺にはいくつかあり快適な大学生活が過ごせるでしょう。
日本文化大学は比較的都市部にある大学ですから、キャンパスの近くに住んでも生活に不便を感じないのは魅力的なポイントです。

頼れる住まい探しのサポート

しかし多くの学生向けマンションやアパートがあると、どこを選ぶのかで迷ってしまうでしょう。
特に地方から日本文化大学に進学する学生だと、土地勘がなく生活のイメージができません。
地方からだと物件の見学もままならないので、住まい探しも不利な状況になります。
そんなときに頼りにしたいのが、日本文化大学の学生に向けてさまざまなサポートをするサービスです。
通学圏内にある物件をまとめて紹介したり、さまざまな情報を提供して選びやすくなっています。
家賃の予算や間取りなどの条件を付け加えた上で理想的な物件を紹介してくれますから、日本文化大学に入学したら一人暮らしを始める地方の合格者にとっては、頼りになる存在と言えるでしょう。
もちろん大学進学を機に、一人暮らしを始める東京や関東在住の合格者にとっても魅力的なサービスなので、日本文化大学の周辺で学生向けマンションやアパートを探すなら利用するのがおすすめです。

日本文化大学での充実したキャンパスライフを支える住まい

日本文化大学に入学したら、基本的には卒業まで同じ部屋に住む学生がほとんどでしょう。
卒業までの4年間住む住まいに不満があったら、ストレスも大きくなり学業に集中できません。
あまりのストレスの大きさに途中で引越しを考えると学業にも悪影響を与えますし、金銭的な負担も大きくなってしまいます。
負担を軽くし学業に集中できる環境を整えるためには、日本文化大学への入学が決まった直後の部屋探しが何よりも重要です。
ストレスなく落ち着いて暮らせる住まいを手に入れこれからのキャンパスライフを充実させていくためにも、日本文化大学に合格したら頼れるサポートを受けながら部屋を探してください。

車で行くなら調べたい日本文化大学周辺駐車場

日本文化大学に進学するならオープンキャンパス

将来警察官や公務員になりたいなら、大学は日本文化大学が候補になるでしょう。
日本文化大学は警察官や公務員への就職実績が豊富で、養成するためのカリキュラムも用意されています。
警察官や公務員を養成するためのノウハウも熟知しているので、将来の夢を叶えやすい大学と言えるでしょう。
高校生が進学先として考え始めたら、まず最初に集めておきたいのは基本的な情報です。
ホームページや請求した資料をみながら、他の大学と比較し日本文化大学ならではの強みを見つけるのは重要です。
しかしそれだけでは将来の夢を叶える場所を決めるためには心許ないので、より詳しく知るためにオープンキャンパスに参加してください。

キャンパスライフを体感できるオープンキャンパス

日本文化大学では、進学希望者向けのオープンキャンパスを定期的に開催しています。
参加すると学内を自由に見学できますし、スタッフからさまざまな説明を受けることも可能です。
疑問や不安な点があるなら、説明を受けたり質問したりして解消しておくと安心できるでしょう。
ホームページや取り寄せた資料で理解できる以上のことを知れるので、日本文化大学に進学したいならホームページで日程をチェックし、必要なら手続きも済まして絶対に参加してください。

日本文化大学のオープンキャンパスの参加前にチェックしたいポイント

日本文化大学で定期的に開催されるオープンキャンパスに参加するなら、事前にチェックしておきたいのが駐車場です。
JRの片倉駅から近い日本文化大学なら、電車で行くこともできます。
しかしご両親についてきてもらうなら、電車で行くより車で行く高校生も多いでしょう。
車で日本文化大学まで行くなら、駐車場について調べておきましょう。
日本文化大学にももちろん駐車場はありますが、基本的にオープンキャンパスの参加者は利用できないと考えられます。
実際に現地に行ってから車を停める場所で悩むと、無駄な時間を過ごすことになりゆっくりとキャンパスの見学もできません。
ゆとりを持って参加するするためにも、車を停める駐車場は忘れずチェックしてください。

車を停めるなら安くて近い駐車場

日本文化大学の周辺で駐車場を探すなら、おすすめは近くて安いことです。
日本文化大学から距離が近ければそれだけ時間のロスもなくなり、ゆとりを持って行動できます。
また駐車料金も、安ければ安いほど良いでしょう。
これから大学受験があるとさまざまな出費が増えていくので、わずかでも安い駐車場を選んで節約してください。
日本文化大学の周辺にある駐車場について調べてみると、徒歩10分圏内にいくつかあります。
調べた駐車場をいくつかピックアップしておけば、当日の行動もスムーズになるでしょう。
スマホでもチェックできるようにしておけば、運転するご両親のナビもできるようになり、迷わずに日本文化大学まで行けるようになります。

日本文化大学の卒業生に人気の就職先

●日本文化大学の卒業生の就職先実績

日本文化大学は法学部だけの単科大学ですが、卒業生が選択する就職先は公務員が多いのが特徴です。特に警察官志望の学生が数多く、毎年のように全国の都道府県警察に採用される学生を輩出しています。日本全国の四年制大学のなかでも合格数でも就職先の比率でも、警察に就職する学生はトップクラスを誇るほどです。警察だけでなく国家公務員や地方公務員など、堅実な就職先への実績が豊富なことから安定志向の学生からも高い人気を集めます。一般の民間企業においても業種問わず、幅広い業界への就職先の実績がありますが全体的に安定性があり、将来性もある企業を志望する学生が多い印象です。


●日本文化大学の学生の就職支援にマンツーマンで向き合う

日本文化大学は学生数では比較的少人数にも関わらず、警察官などの公務員や有名企業への就職を成功させている卒業生の比率が高いのは、独自の就職支援制度を採用していることに理由の一端を見出すことが出来ます。日本文化大学では入学した一年時から4年間の学生生活を通じて、就職支援室がマンツーマン体制で希望職種の就職をサポートしています。大学のなかには学生数が多く、一人ひとりの学生に向き合ったきめ細かい就職指導などが難しいことは珍しくありません。日本文化大学では少人数だからこそ可能な、就職支援室あげてのマンツーマンでの長期的視野をもって確かなバックアップ体制のもと学生の皆さんの希望の実現に向けてサポートを提供しています。


●日本文化大学のキャリア支援カリキュラムと講習

日本文化大学では就職を意識したカリキュラム編成に取り組んでいるのも特徴の一つです。なかでも実績を挙げているのが二年次から導入しているキャリアマネジメントでは、学外から講師を招いて週二回の講義を実施しています。学外の講師が担当する講義においても大学教員が同席することで、学生の普段の様子から適性を判断し最適の就職を達成することを意識したカリキュラムが機動的に展開されているのです。希望者の多い警察官はもちろん、各種公務員試験や一般企業を志望する学生などにも対応できる、進路別履修カリキュラムの中から選択することが出来ます。
専任講師との密接な連携体制のもと、筆記試験通過に向けて必要になる教養知識と面接試験突破に要求される社会人としての基礎を養成していくことになります。


●日本文化大学の就職支援体制の魅力

日本文化大学の教員は、各界の出身者をそろえており、それぞれの業界での貴重な経験を持っています。毎日の指導から就職活動時のサポートに至るまで、業界の現場を踏む中で身に付けた経験などは学生にとっても貴重な資産といえます。手本となるべき存在が身近にいることで、学生それぞれが自分が目指すべき将来像を具体的にイメージすることが叶うわけです。そして年次を重ねるうちに段階的に実践力を身につけることで就職活動にも万全の姿勢で臨むことができます。

日本文化大学は就職支援が充実

「4年間で見違えるほど成長できる」

日本文化大学では社会で活躍する人材を育成しており、法学に特化したカリキュラムが組まれています。法学部のみが設置された単科大学として、長年の歴史と実績を重ねています。法律に携わる人材には、豊かな人間性が要求されます。それゆえ日本文化大学では、法律取得のカリキュラムだけでなく、日本の伝統や文化を含めた幅広い学習プログラムが組まれています。同じ志を持つ仲間と共に、切磋琢磨しながら成長できる4年間となります。それにより知性はもちろん、礼や義を備えた人材となり、希望する未来につながる道を見出すことが出来ます。

「警察官採用試験に強い」

日本文化大学は、警察官の合格率で10年連続日本一を達成しています。それは試験対策プログラムが充実している証拠で、学生の勉強意欲が高い結果と言えます。毎年4月には警視庁や県警の採用担当を招き、試験対策に役立つ説明会も実施しています。同大学の学生は入学から卒業するまで、様々な学びを通じて成長を図ることになります。それが社会へ旅立つ基礎となり、自信となるわけです。日本文化大学は学生の基礎教育や専門教育、ゼミ制度やキャリア教育によって、学生の成長を後押しする役目を担っています。学生が確実にステップアップできるよう、中身の濃い4年間が用意されていると言えます。

「日本の伝統や文化が学べる」

日本文化大学では、日本の伝統と文化を理解することを重視しています。それが深い教養につながり、人間としての品格を高めると考えているからです。同大学が行う人間教育は、多くの卒業生の活躍により、社会の幅広い領域において高く評価されています。日本文化大学では、文科系にありがちな座学中心ではなく、フィールドワークを伴った現場主義の学びを取り入れています。学問の幅広い領域を肌で感じることで、現場に即した学びが可能になるわけです。何より法律の世界は、現場主義が最も求められるものです。法学部での学びは、単に法律書を丸暗記することではありません。法律は人々の生活と密接に結びついており、必要に応じて変化や進化が求められます。法律の周辺環境に柔軟に対応するには、日本文化の理解を深めながら、現実に即した教養を身につける必要があるわけです。

「様々な資格が取得できる」

資格取得は希望の進路に進むための、強力な武器となります。日本文化大学では学生の就職支援の一環として、資格取得を全面的にサポートしています。ヤル気のある学生はいつでもサポートを受けることができ、学年に関わらず担当教員による支援が受けられます。学内では様々な資格取得対策講座が実施されており、充実した内容となっています。主な対策講座としては、行政書士受験講座や社会労務士受験講座、簿記検定受験講座などが挙げられます。日本文化大学では入学直後に、就職活動直結のプログラムを用意しています。4年間にわたりきめ細かなサポートが受けられるので、モチベーションアップにもつながるわけです。

日本文化大学のイベント情報

日本文化大学では柏樹祭が開催されました

日本文化大学で柏樹祭が2019年の11月3日の日曜日に、開催されました。去年までの菊花節から学園祭の名前が柏樹祭に変更になり、入学試験を受ける予定の学生や近く住む住民などの一般の人たちにも来校しています。柏樹祭ではカラオケ大会や各種スポーツ競技、NスポーツやEスポーツなどが行われ、他にもビンゴ大会や模擬裁判、茶道体験やボディビルコンテスト、警察署が行う防犯教室など、日本文化大学ならではのイベントが催され、大盛況で終えたのです。

ホームカミングデーが開催されました

日本文化大学で2019年の11月3日の日曜日に、6度目のホームカミングデーが行われ、たくさんの卒業生が訪れています。2019年は、10月に建築が完了したての新しい2号館で懇親会と内覧会が行われて、懇親会では旧友や恩師との再会をお互いに喜び、会場の様々な場所で思い出の会話で盛り上がっていた状況です。

新しい2号館の竣工式が行われました

日本文化大学の新しい2号館が完成して、2019年の10月29日の火曜日に竣工式が行われています。新しい2号館には教室だけではなくトレーニングジムやダンススタジオ、多目的スペースが設置されていて、2019年の11月から学生が利用することが可能です。

就職活動壮行式が実施されました

日本文化大学のAVホールで2019年の10月6日の日曜日午前10時から、3年生に対する就職活動壮行式が実施されています。就職活動壮行式には4年生の企業に内定した学生と公務員試験に合格した学生が駆けつけて、就職活動をこれから始めることになる3年生を激励する言葉を伝えました。そして、3年生の代表から、就職活動に対する確固たる決意を表明しています。

9月のオープンキャンパスを行いました

日本文化大学は2019年の9月8日の日曜日にオープンキャンパスを実施しています。オープンキャンパスを実施した日は、台風が接近していたのにも関わらず、遠くにお住いの方から訪れた人も含めて、高校2年生や高校1年生が参加する姿も目立つなど、たくさんの人たちが日本文化大学を訪れて、大盛況で終わった状況です。

8月のオープンキャンパスを行いました

日本文化大学は2019年の8月17日の土曜日にオープンキャンパスを行っています。その日は、記録的な暑さになったのにも関わらず、遠くから来校してくれた方も含めて、高校2年生や高校1年生が参加する姿もよく目にするなど、たくさんの人たちが日本文化大学に来校して、大盛況で完了した状況です。
そして、日本文化大学のナビゲーションをする学生として色々と活躍してくれた、公式キャラクターとのツーショットで、盛り上がる微笑ましい光景を様々な場所で目にしています。この時期は、日本文化大学の4年生から警察官など公務員の最終合格者からの報告がどんどん届いている状況ですので、更に新たな情報を伝えることが可能な状況になることが予測可能です。