日本文化大学の卒業生に人気の就職先

●日本文化大学の卒業生の就職先実績

日本文化大学は法学部だけの単科大学ですが、卒業生が選択する就職先は公務員が多いのが特徴です。特に警察官志望の学生が数多く、毎年のように全国の都道府県警察に採用される学生を輩出しています。日本全国の四年制大学のなかでも合格数でも就職先の比率でも、警察に就職する学生はトップクラスを誇るほどです。警察だけでなく国家公務員や地方公務員など、堅実な就職先への実績が豊富なことから安定志向の学生からも高い人気を集めます。一般の民間企業においても業種問わず、幅広い業界への就職先の実績がありますが全体的に安定性があり、将来性もある企業を志望する学生が多い印象です。


●日本文化大学の学生の就職支援にマンツーマンで向き合う

日本文化大学は学生数では比較的少人数にも関わらず、警察官などの公務員や有名企業への就職を成功させている卒業生の比率が高いのは、独自の就職支援制度を採用していることに理由の一端を見出すことが出来ます。日本文化大学では入学した一年時から4年間の学生生活を通じて、就職支援室がマンツーマン体制で希望職種の就職をサポートしています。大学のなかには学生数が多く、一人ひとりの学生に向き合ったきめ細かい就職指導などが難しいことは珍しくありません。日本文化大学では少人数だからこそ可能な、就職支援室あげてのマンツーマンでの長期的視野をもって確かなバックアップ体制のもと学生の皆さんの希望の実現に向けてサポートを提供しています。


●日本文化大学のキャリア支援カリキュラムと講習

日本文化大学では就職を意識したカリキュラム編成に取り組んでいるのも特徴の一つです。なかでも実績を挙げているのが二年次から導入しているキャリアマネジメントでは、学外から講師を招いて週二回の講義を実施しています。学外の講師が担当する講義においても大学教員が同席することで、学生の普段の様子から適性を判断し最適の就職を達成することを意識したカリキュラムが機動的に展開されているのです。希望者の多い警察官はもちろん、各種公務員試験や一般企業を志望する学生などにも対応できる、進路別履修カリキュラムの中から選択することが出来ます。
専任講師との密接な連携体制のもと、筆記試験通過に向けて必要になる教養知識と面接試験突破に要求される社会人としての基礎を養成していくことになります。


●日本文化大学の就職支援体制の魅力

日本文化大学の教員は、各界の出身者をそろえており、それぞれの業界での貴重な経験を持っています。毎日の指導から就職活動時のサポートに至るまで、業界の現場を踏む中で身に付けた経験などは学生にとっても貴重な資産といえます。手本となるべき存在が身近にいることで、学生それぞれが自分が目指すべき将来像を具体的にイメージすることが叶うわけです。そして年次を重ねるうちに段階的に実践力を身につけることで就職活動にも万全の姿勢で臨むことができます。

日本文化大学は就職支援が充実

「4年間で見違えるほど成長できる」

日本文化大学では社会で活躍する人材を育成しており、法学に特化したカリキュラムが組まれています。法学部のみが設置された単科大学として、長年の歴史と実績を重ねています。法律に携わる人材には、豊かな人間性が要求されます。それゆえ日本文化大学では、法律取得のカリキュラムだけでなく、日本の伝統や文化を含めた幅広い学習プログラムが組まれています。同じ志を持つ仲間と共に、切磋琢磨しながら成長できる4年間となります。それにより知性はもちろん、礼や義を備えた人材となり、希望する未来につながる道を見出すことが出来ます。

「警察官採用試験に強い」

日本文化大学は、警察官の合格率で10年連続日本一を達成しています。それは試験対策プログラムが充実している証拠で、学生の勉強意欲が高い結果と言えます。毎年4月には警視庁や県警の採用担当を招き、試験対策に役立つ説明会も実施しています。同大学の学生は入学から卒業するまで、様々な学びを通じて成長を図ることになります。それが社会へ旅立つ基礎となり、自信となるわけです。日本文化大学は学生の基礎教育や専門教育、ゼミ制度やキャリア教育によって、学生の成長を後押しする役目を担っています。学生が確実にステップアップできるよう、中身の濃い4年間が用意されていると言えます。

「日本の伝統や文化が学べる」

日本文化大学では、日本の伝統と文化を理解することを重視しています。それが深い教養につながり、人間としての品格を高めると考えているからです。同大学が行う人間教育は、多くの卒業生の活躍により、社会の幅広い領域において高く評価されています。日本文化大学では、文科系にありがちな座学中心ではなく、フィールドワークを伴った現場主義の学びを取り入れています。学問の幅広い領域を肌で感じることで、現場に即した学びが可能になるわけです。何より法律の世界は、現場主義が最も求められるものです。法学部での学びは、単に法律書を丸暗記することではありません。法律は人々の生活と密接に結びついており、必要に応じて変化や進化が求められます。法律の周辺環境に柔軟に対応するには、日本文化の理解を深めながら、現実に即した教養を身につける必要があるわけです。

「様々な資格が取得できる」

資格取得は希望の進路に進むための、強力な武器となります。日本文化大学では学生の就職支援の一環として、資格取得を全面的にサポートしています。ヤル気のある学生はいつでもサポートを受けることができ、学年に関わらず担当教員による支援が受けられます。学内では様々な資格取得対策講座が実施されており、充実した内容となっています。主な対策講座としては、行政書士受験講座や社会労務士受験講座、簿記検定受験講座などが挙げられます。日本文化大学では入学直後に、就職活動直結のプログラムを用意しています。4年間にわたりきめ細かなサポートが受けられるので、モチベーションアップにもつながるわけです。

日本文化大学のイベント情報

日本文化大学では柏樹祭が開催されました

日本文化大学で柏樹祭が2019年の11月3日の日曜日に、開催されました。去年までの菊花節から学園祭の名前が柏樹祭に変更になり、入学試験を受ける予定の学生や近く住む住民などの一般の人たちにも来校しています。柏樹祭ではカラオケ大会や各種スポーツ競技、NスポーツやEスポーツなどが行われ、他にもビンゴ大会や模擬裁判、茶道体験やボディビルコンテスト、警察署が行う防犯教室など、日本文化大学ならではのイベントが催され、大盛況で終えたのです。

ホームカミングデーが開催されました

日本文化大学で2019年の11月3日の日曜日に、6度目のホームカミングデーが行われ、たくさんの卒業生が訪れています。2019年は、10月に建築が完了したての新しい2号館で懇親会と内覧会が行われて、懇親会では旧友や恩師との再会をお互いに喜び、会場の様々な場所で思い出の会話で盛り上がっていた状況です。

新しい2号館の竣工式が行われました

日本文化大学の新しい2号館が完成して、2019年の10月29日の火曜日に竣工式が行われています。新しい2号館には教室だけではなくトレーニングジムやダンススタジオ、多目的スペースが設置されていて、2019年の11月から学生が利用することが可能です。

就職活動壮行式が実施されました

日本文化大学のAVホールで2019年の10月6日の日曜日午前10時から、3年生に対する就職活動壮行式が実施されています。就職活動壮行式には4年生の企業に内定した学生と公務員試験に合格した学生が駆けつけて、就職活動をこれから始めることになる3年生を激励する言葉を伝えました。そして、3年生の代表から、就職活動に対する確固たる決意を表明しています。

9月のオープンキャンパスを行いました

日本文化大学は2019年の9月8日の日曜日にオープンキャンパスを実施しています。オープンキャンパスを実施した日は、台風が接近していたのにも関わらず、遠くにお住いの方から訪れた人も含めて、高校2年生や高校1年生が参加する姿も目立つなど、たくさんの人たちが日本文化大学を訪れて、大盛況で終わった状況です。

8月のオープンキャンパスを行いました

日本文化大学は2019年の8月17日の土曜日にオープンキャンパスを行っています。その日は、記録的な暑さになったのにも関わらず、遠くから来校してくれた方も含めて、高校2年生や高校1年生が参加する姿もよく目にするなど、たくさんの人たちが日本文化大学に来校して、大盛況で完了した状況です。
そして、日本文化大学のナビゲーションをする学生として色々と活躍してくれた、公式キャラクターとのツーショットで、盛り上がる微笑ましい光景を様々な場所で目にしています。この時期は、日本文化大学の4年生から警察官など公務員の最終合格者からの報告がどんどん届いている状況ですので、更に新たな情報を伝えることが可能な状況になることが予測可能です。

日本文化大学の建学精神について

【日本文化大学の前身は室町時代から続く学塾】

日本文化大学の前身は、室町時代に草創された「柏樹書院」で史学や法学などを学ぶ学塾でした。それは昭和時代まで続いていましたが、24代当主の蜷川親継が第二次世界大戦後の西洋かぶれして日本の伝統文化を軽んじているようにみえた当時の日本の姿を憂い、一時「柏樹書院」から離れます。そして、自分はヨーロッパへ留学。日本を変えている西欧の文化がどんなものなのかを確かめに行ったのでしょう。

【建学の父、留学から帰国後に3大学で学ぶ】

帰国後は、我に返ったかのように日本の大学でしっかり勉学に励みます。まずは東京大学で歴史を学び直し、次に日本大学で政治学を専攻します。学びの精神はそこで留まらず、さらに中央大学に進み、法律学を習得しました。3つの大学で学んだ中でも親継が最も習得すべきものは「法律」であると考えたのでしょう。日本文化大学は法学部一本で勝負しています。そして「柏樹書院」に戻った親継は、日本の伝統と叡智と美風を継承し次世代を担う優秀な人材の育成を目的として、「手作り教育」と「少人数教育」を教育方針に日本文化大学の建学に生涯を捧げました。日本文化大学の学生数が少ないのは、24代当主で建学の父である親継の考えによるものです。

【日本文化大学の建学精神】

日本文化大学の建学精神は、礼儀・和敬・正しい道・文化継承の4本柱です。「礼・儀」は読んで字の如く、父母の慈愛や人々のまごころの恩をあたたかく受け止めて、礼と義を尊ぶということです。要するに、目上の人からの恩義を忘れず礼儀をつくしなさいということを説いています。「和・敬」とは、清明和敬の略で清く明るく爽やかな心を養い、和と敬の心を保つことを大切にすべしと言っています。礼儀が目上の人に対する姿勢を表しているのに対し、和敬は横のつながり、現代風にいえば仲間を大事にしなさい、そしてそれぞれの個性を尊重しなさいといったところでしょう。「正しい道」とは、建学精神の「重厚中正」の説明文に含まれているキーワードであり、重みと厚みのある学問を修め、正しい道を明らかにすることがこの大学で学ぶ者の使命ですよと語っています。4本目の建学の柱である「文化継承」も「祖風継承」という建学精神の中に含まれている言葉であり、祖先から受け継いだ文化伝統を守り、さらに発展を図りなさいと説いています。発展するのは良いけれど、日本の伝統文化にも素晴らしいところがたくさんあるのだから、日本文化を継承していくことを忘れてはいけないということです。ヨーロッパに留学したからこそ、外から見た日本の素晴らしさがわかったのでしょう。

【警察官合格率10年連続日本一の実績】

「柏樹書院」24代当主であり、日本文化大学の建学の父でもあった蜷川親継は、1978年に建学したのち1987年に学長を退いていますが、建学精神は今でも立派に息づいています。なんと、日本文化大学は、警察官の合格率が10年連続日本一に輝いています。警察官になるための大学と言っても過言ではありません。正しい道を歩み、礼儀と和敬を大切にする職業であることに間違いありません。

メディアでも話題の日本文化大学

【警察官など公務員の就職に強い大学】

日本文化大学は警察官の就職に強い大学で、最近は雑誌など様々なメディアで紹介されることが増えています。
東京都八王子市の緑豊かな場所にある日本文化大学は、法学部法学科だけの単科大学です。
日本文化大学には様々な特徴があります。
特徴のひとつが警察官の合格率が高いことです。
警察官採用試験に強いことは、メディアでも度々紹介されています。
大学での試験対策プログラムが充実していることと学生の意欲が、警察官合格率10年連続日本一の背景にあります。
大学では警察庁や各県警の採用担当者を招き、説明会を実施しています。

【日本文化大学における大きなポイント】

日本文化大学には大きなポイントが4つあります。
設立当初から日本文化を大切にしてきた大学で、現在でも日本の文化や伝統を大学で学ぶことができます。
伝統を深く理解することで教養を深め、品格を高めていきます。
卒業生の活躍で、日本文化大学の教育方針が高い評価を受けています。

【法学部での深い学びで成長する】

日本文化大学は日本でも珍しい単科大学で、法学に特化した教育が行われています。
2年次から経営コースと公共コース、法審理コースに分かれるのが特徴です。
経営コースは一般企業や自営業を目指す人のコースで、公共コースは公務員や国家試験の受験を希望する学生向けのコースです。法心理コースは、警察官や消防官向けのコースになります。
学生は自分が目指すキャリアに合わせて進路を選択します。
所属コース以外の科目でも、希望すれば自由に学ぶことができます。
日本文化大学は資格の取得にも力を入れています。
資格を取得しておくと、社会に出てからの大きな武器になります。
日本文化大学では、学生が資格を取得できるまでしっかりとサポートし明日。

【就職にも力を入れている日本文化大学】

日本文化大学では大学1年次から就職のサポートがスタートします。
就職活動に直結するプログラムが用意され、大学の4年間を通じて様々なバックアップがあります。
日本文化大学は少人数制なので、学生に対してきめ細かい指導ができます。
専門ゼミも充実した内容で法律学だけでなく経済や国際関係、文化論など様々なテーマがあります。
10名前後の少人数制なので、教員との距離が近く何でも相談することができます。
専門ゼミは議論を中心に行うので、自分で考えるスタイルが身につきます。
日本文化大学では1年生のときに基礎を学び、2年生になると1年次で学んだことをさらに深く学びます。
3年次になるとキャリアマネジメントに試験演習が加わります。
大学では様々なイベントが開催されますが、スペシャリストセミナーはビジネスや官界の最前線で活躍している講師を招き開催されます。
警察官のOBやOG、企業に勤める人の体験を聞くことで就職活動に向けたモチベーションを上げていきます。
日本文化大学では、入学の直後から就職活動につながるプログラムが多数用意されています。
学生支援室では警察官や公務員、一般企業の試験案内や採用情報を詳しく知ることができます。

日本文化大学は公務員志望者のための学校です

『●日本文化大学で学べること』

明治維新以後に日本人は急速に西洋文化を吸収し、教育の世界でも欧化政策が進められてきました。このため現在日本に設置されている高等教育機関(大学・大学院)のほとんどは、西洋の学問・文化・精神を学ぶための場となっています。仏教系の大学でさえも、西洋の学問を教えるための授業がカリキュラムの中心に組まれているケースがあるほどです。日本文化大学は、明治維新後に多くの日本人が忘れてしまった日本文化を学ぶための学校です。専門分野は西洋の学問である法学ですが、週に1度は茶道の実習を受けながら日本的な精神を心と体で学ぶことができます。

『●日本文化大学が公務員に強い理由』

日本文化大学は多くの卒業生が公務員として活躍していて、“公務員に強い大学”として知られています。公務員になるためには試験に合格する必要がありますが、日本文化大学では入学から卒業までの4年間にわたり公務員試験対策がおこなわれます。例えば、1年次から科目である「一般教養」の勉強方法の指導や模擬試験が実施され、入学後にすぐに就職試験対策がスタートします。3年次には夏季就職対策講座が開講し、面接指導がおこなわれます。4年次になると公務員の採用試験(筆記・面接)の個人指導が実施され、きめ細かな指導を受けることができます。大半の大学生が就職を意識して採用試験対策を始めるのは3年次以降ですが、日本文化大学は入学した直後から就職対策を開始することで公務員に強いといえます。

『●警察官志望者のためのカリキュラム』

日本文化大学では警察官志望者のためのカリキュラムが用意されているという点で、他の多くの大学と異なります。専門課程で「法心理コース」を選択すると、警察官の採用試験対策に加えて就職後に役立つ内容を学ぶことができます。警察官OBによる授業もおこなわれるので、警察官を志望する学生におすすめです。ちなみに日本文化大学の卒業生は、警察官採用試験の合格率が10年連続で1位の座をキープし続けています。

『●日本文化大学のクラブ活動の特色』

日本文化大学も他の大学と同じように、体育系・文科系のクラブやサークル活動がおこなわれています。特に力を入れられているクラブは、剣道部・柔道部・弓道部の3つです。これらはいずれも日本で発祥した武道で、日本の伝統的な文化や精神を習得することができます。剣道部は学内のサークルで最もメンバー数が多く、剣道教士八段の中島治彦先生が顧問として指導にあたります。剣道部に所属する学生の中にも有段者がいて、他大学の剣道部と比較しても高いレベルです。ただし入学後に剣道を始める学生もいて、未経験者でも入部することができます。柔道部と弓道部についても有段者の先生が顧問として指導にあたり、多くの試合で優秀な成績をおさめています。日本文化大学では授業だけでなく厳しいクラブ活動を通しても、日本文化の精神を学ぶことができます。

公務員の就職に強い日本文化大学について

≪多くの公務員を輩出している日本文化大学とは≫

日本文化大学は毎年多くの公務員を輩出していることで知られています。近年では安定した職業である公務員を希望する学生が増えており、公務員の就職に強い日本文化大学も人気があります。特に日本文化大学は警察官の合格率が高いのが特徴です。警察官採用試験対策プログラムが充実しており、学生も意欲的に学んでいます。警視庁や各県警の採用担当者を招いた説明会も毎年4月に実施されます。日本文化大学では入学から卒業まで様々な学びや経験を経ることになります。基礎教育や専門教育、ゼミ制度やキャリア教育を通してこの大学ならではの特長的なカリキュラムが行われます。
この大学では日本の文化や伝統を理解することで深い教養を習得し、品格のある人間を育てようとしています。多くの卒業生が公務員として活躍しており、日本文化大学の人材育成方針には定評があります。文化系の大学ですがフィールドワークの充実を図っているため、様々な学問分野について実践的な知識を学ぶことができます。

≪日本文化大学の優れた学習カリキュラムについて≫

日本文化大学では豊かな人間性とリーガルマインドを兼ね備えた人材の育成が行われています。法学部で学ぶということは、法律書を丸暗記するのではありません。日常生活や社会と密接に結びついており絶えず変化する法律を実践的に学ぶことが重要です。この大学では日本文化への理解を深め教養を重視する人間教育を基礎とした上で法律の学習が行われます。法学部のみを設置する単科大学ですが2年次からは経営コースや公共コース、法心理コースに分かれることになります。経営コースは一般企業や自営業を希望する人を対象としています。公共コースは公務員や各種国家試験受験希望者が対象です。法心理コースは警察官や消防士を希望する学生を対象としています。この大学の学生は将来の進路に合わせてコースを選び、目標達成に必要な分野を専門的に学ぶことができます。

≪様々な資格も取得することが可能です≫

日本文化大学では様々な資格取得をサポートする体勢も確立しています。就職は将来の夢を実現する第一歩です。資格取得は夢を実現するための強力な武器となりいます。この大学では学生の希望に応じて様々な分野の資格取得をサポートしています。やる気のある学生がいつでも学べることを基本方針としており資格選びや学習方法、合格までを担当教員が親身になって指導してくれます。

≪日本文化大学は就職活動をサポートしてくれます≫

日本文化大学は公務員の就職に強い大学で、特に警察官や消防士になる学生が多いという特徴があります。この大学では入学直後から就職活動に直結するプログラムを用意しています。4年間の学生生活を通してきめ細かなサポートが行われます。少人数教育を行っているからこそ学生一人一人に対する丁寧な指導を行うことができます。教員も各界の専門家が揃っており、適切な指導が行われていることがトップクラスの就職率を誇る大きな理由です。バックアップ体制が充実しているので、着実にそれぞれの夢に近づくことができます。

警察官を目指すなら日本文化大学がおすすめ

大学に入学する前から将来は警察官への就職を希望している場合、総合大学へ進学するよりも警察官の育成に力を入れている大学や、カリキュラムに警察官になるための専門的な知識を習得できる内容が組み込まれている大学や学部を選ぶことが大切になります。就職率を確認すればその大学がどの程度警察への就職に強いのかがわかるのですが、特に日本文化大学という大学は全国的にも採用数が多く、就職を目指して頑張る学生を応援する制度が整っているので、入学をおすすめします。

・入学試験の段階で強い意志を持つ学生を応援しています。

日本文化大学では一般入試や指定校推薦入試、大学センター試験利用入試など様々な入試が実施されていますが、入試形態の一つに警察官志望AO入試という制度があります。これは向上心が強く、卒業後の就職先に警察官を目指す学生を対象としてAO入試で、書類選考と面接試験。小論文試験の3つの試験で合否が決まります。1期と2期の2回実施され、1期目の試験は8月に実施されるので早めに進路を覚醒させたい場合におすすめです。

・2年次から専門的な知識を学び、ライバルに最初から大きな差をつけることができます。

日本文化大学では2年次から興味のある分野ごとに3つのコースに別れ、専門的な知識を習得していきます。警察官を目指す場合には法心理コースへ進むこととなるのですが、法心理コースでは法律関係の単位取得はもちろん、人間理解や人間関係の構築も学んでいくこととなるので、人としての成長が期待できます。心理学や刑事政策などを学ぶことで、現実で起きている非行少年問題に活かすことができるので、将来現場で働く際に役立ちます。

・就職支援体制も盤石で、専門学習やインターンシップ等への参加も可能です。

日本文化大学では3年次になるとより就職を意識したカリキュラムへと移行していきます。刑事訴訟法や刑事政策など実際の就職試験に役立つ知識を学んでいくほか、エントリーシート対策や面接試験対策、SPIなどの筆記試験対策なども大学が主体となって実施し、学生をサポートします。
また日本文化大学では大学をあげて3年生を盛り上げる「就職活動壮行会」という大きなイベントも実施しています。この壮行会では官庁や企業の採用担当者を招いて講話を行うなど、就職活動の士気を高める人気のイベントとして人気です。

・日本文化大学のバックアップが実を結び、高い実績を上げています。

日本文化大学では大学全体で学生の警察官への就職をバックアップしていることもあって、毎年大人数の学生が見事に採用試験を突破している実績があります。
2017年に発表された警察官採用ランキングでは、日本文化大学からは81人の合格者が出たと発表されていて、これは日本全国の大学の中で6位となっています。総合大学と比較して学生の絶対数が少ないものの、81人の合学者数は驚異的と言っても過言ではありませんし、卒業生全体の42%に該当しています。

日本文化大学の魅力について

【小見出し1】日本文化大学の概要と特色

日本文化大学の歴史は浅く創設から40年くらいしか経っていませんが、警察官の採用に強い大学ランキング(2016年の警察官採用者)という特定の分野で第13位という特色を出している大学です。2016年度の警察官採用者の人数は57人で、55人の東洋大学や54人の関西大学の学生数が30,000人規模であることを考えると、単科大学で学生数も800人規模の大学の合格率としてはとんでもなく高いことがわかります。単科大学というのは、法学部法律学科しかない大学なので学生の人数も少ないですが、その分教授と学生の距離が短くなるため、顔を覚えられ相談もしやすくなるというメリットがあります。名前を呼んで出席をとったり、タブレット端末の持ち込み禁止など高校時代の延長線のようなところもありますが、それだけ建学精神を遵守し続け、規律と礼を大切にしている証拠であると思われます。

【小見出し2】日本文化大学でどんなことを学ぶのか

日本文化大学の1年生では法律の基礎を徹底的に学び、「茶道」が必須科目になっていて、茶道から礼儀や日本文化の伝承を学ばせるというユニークな教育手法があるのが特徴のひとつで、クラスは英語能力によって分けられています。2年生になると、法心理・企業・公共の3つのコースに分かれることになり、それぞれの分野の知識を深めゼミも始まり、3年生になってからの本ゼミに備えた準備に入ります。1、2年時からゼミがある大学は珍しく、就職に向けて早くから準備態勢を整えていることがわかります。4年生になると卒論の作成に入り、2万字以上にわたる卒業論文を書くことになります。歴史の講義もあり、中学・高校の教員免許を取得することができます。

【小見出し3】就活への支援体制がしっかりしている

日本文化大学では、文化祭がない代わりに法律討論会や模擬裁判などが年に複数回開催されています。警察官OBの教授が多いので、そのあたりは詳しい知識を教えてもらうことができます。公務員志望が多い大学であり、警察官・自衛隊・市役所などへの就職が多いですが、金融や不動産などへの就職実績があります。外部から公務員試験対策のための講師を招いた特別講義があり、とても上手で為になりますが受講するには通常の授業料とは別に別料金がかかります。公務員以外の就職についても教授たちは学生との距離が近いこともあって、親身になって相談に乗ってくれて、ここは高校時代の延長線としての側面の良い点です。

【小見出し4】整っている環境だが、結局は自分次第

日本文化大学は学生の人数が少なく小規模なため、いろいろな噂はあっという間にみんなに知れ渡ってしまうそうですが、そこは仕方がないでしょう。新校舎もできて昔と比べたら快適になっていて、女子生徒は少ないですが女子トイレはとても綺麗でパウダールームまで設置されています。決して少人数の女子も差別化しないという誠実さの建学精神はここでも健在です。図書館が素晴らしく卒論のための資料や就職に役立つ資料が豊富に揃えられています。日本文化大学は東京都八王子市内にあり、最寄り駅はJR横浜線の片寄駅と京王線の京王片寄駅で、歩いて5分~10分くらいですが、校舎の周囲は住宅街でコンビニくらいしかないため講義のコマを空けてしまうと暇になってしまいます。これだけいろいろと学びと就活の環境が整っていても、結局は自分次第でどのようにも変えることができます。日本文化大学だから警察官やその他公務員になるしかないということで入学するのではなく、入学後の生活は自分次第で将来の選択肢はいろいろ開けるということです。

日本文化大学はきめ細かいサポートを行います

日本文化大学は入学から就職活動に直結するいろいろなプログラムを用意していて、4年間を通じきめ細かいサポートを受けることが可能です。少人数だから実現できる個々への丁寧な指導を行ってて、教員には各界のスペシャリストたちが揃っています。トップクラスの就職率を維持していて、確かなバックアップを行うことが可能です。学生の夢へ着実に導くことができ、日本文化大学のルーツは室町時代に草創された柏樹書院にあります。第24代当主蜷川親繼先生が手作り教育や徹底した少人数制教育などによる大学を目指して開学したのが始まりで、蜷川先生が残した建学精神において、「これからの日本を支える青年は法の知識はもちろん、温かい人格をも兼ね備えなくてはいけない」という言葉がありました。これらの言葉を実践するのに日本文化大学では、社会において貢献できるような人材育成を目標にして、学生一人ひとりに対して丁寧な指導を行ってきました。日本の良き伝統や文化などを引き継ぐという使命から、日本人として誇りを育むようなさまざまな教育を実施している大学です。日本文化大学での学びや経験が大きく成長する基礎になり、将来指導的な役割を行うことができるような人材を育成するため、教員をはじめすべてのスタッフは積極的にサポートしていくことでしょう。日本の伝統や文化などに基づく精神を21世紀に活かすことができます。日本文化大学は学の源泉となる法の本質をしっかりと掴み、一般の表面現象だけに惑わず学問の深奥探究に留意しています。学問を重んじ而も深く考えることを目的にしていて、実務界の要望に対応して各種国家試験や実務試験などに対する準備を行うことが可能です。学問の叡智を失ったり倫理を忘れ法文の文言解釈万能などに陥らないよう、注意しながら学生を指導しています。学問により己を充実したり向上させようと願う教育は、己と同時に存在する人に対し、自他に敬み日々に省み真心を持つことで自らを豊かにすることが可能です。人としての道を尊重したり目先の欲望や名利などの衝動によって、動物存在には陥らず人として常に反省しながら叡智による情誼などを重んじ正道を歩む勇気を体得することができるでしょう。日本文化大学は歴史の体験や学問の重層的な経験などに基づき、発展し形成された日本文化の叡智や美風を継承しながら、学問の探究や人柄の充実などに取り組んでいます。日本文化大学に基礎をおく関係学などの履修を重んじており、教科編成や履修課程なども考慮しつつきめ細かい演習制度より重要な根底において力を注いでいます。法学部では建学精神を身につけたり所定単位を修得した学生に学位を授与することが可能です。学位は将来においていろいろな職務を希望する際、法政関係でなかってもそれぞれの分野において必要な法政理念や関係法を理解することができる学生になることができます。日本文化大学では各級指導者として豊かな文化教養や理性的判断力、大局把握の建設的能力のある学生に授与していて、将来にわたり永続する調和や努力の途を求める優れた自覚のある学生にも授与しています。