日本文化大学の理系学部設立でこうなる

日本文化大学は理系の学部が存在せず、法学部のみの構成になっています。そのため学生の大半は弁護士や検察官、警察官などの国家公務員や地方公務員試験を受験することによって就職するようになっています。そのため、まず理系の学部が新設された場合は、それらの学生の後に続くような形になるでしょう。例えば、日本文化大学は警察や一部の民間企業と関連性が高いので、それらを就職先として考えるためにも理系の分野を利用した専門の捜査官として出世できるようになります。情報処理工学の分野であれば、近年多発しているサイバー犯罪対策の窓口勤務としてインターネット上で発生する問題に対処するようになるでしょう。もちろん日本文化大学には警察官のOBなども授業を行うこともあるので、現場でしか学ぶことが出来ない犯罪学を学ぶことも可能です。日本文化大学に理学部が新設された場合は、鑑識や科学捜査班として警察機関に採用される可能性が高いでしょう。特に最近では巧妙なトリックを使用した犯罪が発生しやすくなっており、押し込みの強盗であっても証拠が限られていることが多いです。このような問題を防ぐためにも、犯人が残した僅かな痕跡であっても決して見逃さない鑑識を採用するようになります。日本文化大学ではそのような人材を育成するポテンシャルに優れており、学生の実力も発揮されるでしょう。殺人事件などが発生した場合は、法医学の見地から被害者の死因を調べたり、事件の証拠を掴むことが出来ます。医学部新設の暁には、法医学者が続々と社会に排出されていくことは間違いありません。特に優秀な法医学者であれば裁判の結果を覆すことも可能であり、無実の罪を着せられた人を救ったり、事件の真実を暴くことによって犯罪者を捕まえることも出来るのです。以上の点から日本文化大学に理系の学部が新設された場合は、すでに存在している法学部との連携を考慮した上で授業が展開されることになるでしょう。ただし、それだけでは学生は民間企業には採用されないことがあるので、民間企業と連携して理学や工学、医学関係の実験や研究を行うことになる可能性も期待できます。特に最新の工学や理学などは、民間企業と連携することによって新たに創出することが可能になるだけでなく、日本文化大学ならではの企業とのつながりを使用することによって学生の就職率を向上させることも可能です。また、理系の学部が新設される際に、一番先に設立される学部は医学部や理学部などの法学部と連携できる学部が考えられます。日本文化大学の法学部をバックアップする学部として新設することができれば、大学単位でその名が知られることになりますし、特殊な分野に特化していればそれだけで就職などの進路も決まりやすくなるのです。人脈だけを活かしたものだけでなく、学生のポテンシャルを活かした就職活動が可能になり、就職後の離職率も下げることが出来るでしょう。

茶道家を目指せる日本文化大学の新学部

法学部のみの日本文化大学に新学部

日本文化大学は法学部のみという一風変わった特徴がある大学ですが、これから新学部が設立されるかもしれません。
もし日本文化大学に新学部が新造されたら、茶道関係の学部もできるのではと予想されます。
なぜ茶道なのかとういうと、大学名に日本文化が入っているからです。
日本の文化と言えば茶道もその一つですから、法学部に続く新学部として有力と言えるのでしょう。
近年は着物が若者の間でブームになったり、外国人にも日本文化は人気があるのであながち無理がありすぎるとは言えません。
実際に茶道家になるための専門学校はありますから、大学の学部としてあっても不思議ではないでしょう。
数年後には、日本文化大学に茶道部ができて話題になっているかもしれません。

もしも日本文化大学に茶道家になるための学部ができたら

もし本当に日本文化大学に茶道家になるための学部が誕生したら、気になるのはその内容です。
現在ある茶道関係の専門学校では、作法やルールなどを徹底的に指導しています。
こうした作法やルールは茶道の基本中の基本ですから、もちろん新学部のカリキュラムにも入っているでしょう。
しかしこれだけでは、一般的な茶道教室と大きく変わりません。
日本文化大学ならではの特色がないので、学生を集めるのも難しいと感じます。
そこで考えられるのは、茶道関係の歴史を指導するカリキュラムです。
日本文化大学の新学部には、茶道家だけでなく茶道の研究を続けてきた研究者も在籍し、その歴史についても研究を始めると考えられます。
茶道と言えばお茶を点て飲むことばかりイメージしてしまいがちですが、歴史を研究し指導するのも大学教育では重要なポイントです。

法学部と茶道学部が融合するかもしれない日本文化大学

日本文化大学と言えば法学部のみの大学ですから、新学部と融合してみるのも面白いかもしれません。
法律と絡めて研究やカリキュラムが行われてたり、作法一つとってもなぜそれを守る必要があるのか指導したりすると考えられます。
また法律家と茶道家との関係を考えるのも、日本文化大学ならではの特色になるかもしれません。
茶道と法律は無関係に見えるので、その両者を繋ぐ役割を日本文化大学の新学部には期待してしまいます。

日本文化大学に茶道家になるための学部が作られた後は

茶道の学部が日本文化大学に作られたら、その後は別の日本文化を学べる学部が次々と誕生するかもしれません。
たとえば華道も同じように作られる可能性がありますし、柔道や剣道といったスポーツ関係の学部も誕生するかもしれません。
日本には様々な文化があり、どれも奥深く知れば知るほど興味を引かれる道です。
そのため日本人だけでなく世界中に広まっており、そうした日本文化を専門的に学べる大学が誕生すれば、海外から大挙して留学生がやってくる大学になる可能性も秘めています。
日本の文化を正しく海外に伝えるためにも、日本文化大学には新学部の誕生が待ち望まれます。

日本文化大学が化学部を新設したらこうなる

法学部しか無い日本文化大学が化学部を新設した場合は、おそらく法医学や法科学などに関連した授業を行うことによって、その存続を図ろうとするでしょう。特に日本文化大学は犯罪心理学や犯罪学に関する授業が他の大学よりも豊富に用意されているだけでなく、警察官や治安維持に関連する公務員を志望している学生が非常に多くなってきています。彼らの要望に応じるためにも、まずは日本文化大学で新設された化学部は法律関係の授業も行うことになるでしょう。最近では一部の先進国を中心に化学兵器を使用したテロ行為が発生しています。この問題に対処するための、最前線の教育機関として機能することでしょう。他にも、法律関係のことだけでなく、日本の経済や未来に貢献するための授業を徹底するはずです。日本文化大学の教育理念は少しでも、社会のためや人のために奉仕する学生や社会人を育成するためにあります。そのため、現在日本で問題になっている、エネルギー資源の量についても化学的な見地からアプローチされる可能性が高いです。日本海近海などには大量のメタンハイドレートが埋蔵されています。現在は採掘に時間がかかっているようですが、化学によってその採掘作業を効率化させ、国内のエネルギー資源の問題について少しでも解決したり貢献することができれば、日本文化大学側としても実験は成功であると言えるでしょう。他にも、日本文化大学には様々な公的機関や民間企業とのつながりがあります。それを活かして就職率を高めることも出来ているのです。だから新設された化学部は企業と連携して最前線の研究機関として利用されることもあります。他の大学の実験室が個別に行われたり単独で行われる場合であっても日本文化大学であれば、大学4年生になればすぐに企業と連携して研究を行うことが出来るのです。このメリットは企業側に学生の優秀さを知ってもらい、早期採用を促すことが出来るだけでなく、近年問題になっている就職率の低下に歯止めをかけることが出来る点です。更に企業側にも安価で利用できる労働力の確保だけでなく、研究のための資金を確保したり、人手不足解消のための人員確保などメリットが豊富です。卒業後にそのまま企業に就職することも出来るので、就職留年したりすることは少ないです。以上の点から日本文化大学に化学部が新設された場合は、犯罪学に関連する学部として機能するだけでなく、関連のある企業と連携することによって日本のエネルギー資源の問題について実験や研究を重ねることになるでしょう。これまでの日本文化大学の人脈や企業などとの交流を活かして、大学生の就職率を更に高めることが可能です。企業と連携した研究は、実務とほとんど変わらないので1年間のインターンシップとも言えるでしょう。社会人としてのふさわしい規範も身につくので、他の学部よりも更に立派な社会人として活躍することは間違いはありません。

自分の専門で実績を作り日本文化大学で教える

日本文化大学の特長

日本文化大学は法学学部のみがあると言う特長があります。法学が社会に出てから一番役に立つと言う考えのもとに、このような体制が作られました。この大学は警察官の合格率が高いと言う特長があります。日本文化大学の警察官の合格率は日本で一位です。他には大学の名前が示す通り、日本の文化について深く学べます。資格の取得に力を入れて、就職しやすい大学なのですがそれだけではなく、社会に出て働くときに役立つ教養を身に付けられます。

自分の専門で実績を作ることが大切

日本文化大学の教員になるには、まずどこかの大学で大学院まで進んで、博士号を取る必要があります。その時に注意しなければならないのは、日本文化大学で役立つ分野の勉強をすることです。この大学は法学部のみがあるので、法学関係の大学院に進むのが適切な方法です。それが自分に向かないと思うなら、日本の文化で学位を取りましょう。日本文化大学は日本文化について教えることにも力を入れています。

日本文化大学の採用情報に注意する

大学院に行って日本文化大学に関係のある分野で博士号を取ることができたら、この大学の採用情報に注意する必要があります。その種の情報は大学のホームページに掲載されるので、それを定期的にチェックしなければなりません。他の大学でも同じですが、求人の数が多いわけではありません。それから求人が行われた場合は、申し込む人が多くて狭き門になる場合もあります。大学教員の仕事は報酬が高く、社会的なステータスもあるのでなりたい人の数は決して少なくありません。どうしてもこの大学で教えたい場合はライバルに負けないようにすることが大切です。その第一歩として求人の情報を熱心に集めましょう。

最初は他の大学で働いても良い

どうしてもここで働きたい場合は、大学院を出た後はこの学校の仕事をしたいと思われるかもしれません。それは悪いことではありませんが、ポストの空きがない場合もあります。その場合は他の大学の仕事を探しましょう。講師の仕事だったら、比較的見つけやすい場合があります。その時に大切なことは、将来に備える仕事を見つけることです。日本文化大学で教える法学関連の仕事か日本の文化を教える以外の仕事は、極力避けなければなりません。例えば社会学を教える仕事は一定の需要がありますが、どちらかというとこの大学で教えられていることと関係がありません。そのような分野で働いても、この大学に入った時に役立つ研究を進められないので、不利になってしまいます。可能な限り法学関連の仕事を見つけましょう。法学はどこの大学でも教えられています。文系の学部では必修になっていることも少なくありません。法学を教える仕事を大学でしていたら、日本文化大学に入る時に有利になるのは間違いありません。面接の時に自分のこれまでの経験としてそれをアピールすれば、この大学に採用されやすくなります。

日本文化大学の就職支援について

 

  

日本文化大学では、他の大学とは違って警察官への就職支援制度などが非常に充実している点で優れていると言えるでしょう。例えば、1年生の頃から優秀な警察官になるための適切な倫理観を身につけることができる、特別な授業が行われています。元警察官の講師による授業なので、説得力のある授業ですし何よりも現場で働いたことがある方の意見なので、民間企業への就職を希望する学生であっても有意義であると言えるでしょう。他には、徹底した公務員試験の対策があります。地方公務員試験と国家公務員試験とでクラスが分けられており、それぞれ過去問題集を使用した試験対策が行われています。内容は試験の傾向を考えて作られたオリジナルの問題集の他に、常に試験本番を意識した演習問題の回答が中心の授業です。日本文化大学の就職支援の中には、社会人として最低限身につけるべきマナー講座などがあります。例えば名刺の渡し方や挨拶の仕方などといった基本的なことから、就職後の顧客や上司への対応なども含めて説明されています。日本文化大学では単純に就職すればいいという考えではなく、民間企業に就職した後も離職することはなく、安定して仕事をすることができるように厳しくマナー講座を行っているのです。だから日本文化大学の学生が民間企業に就職する際にも、他の就職を希望する大学生と同じ評価であっても優先的に採用されることが多いのです。もちろん日本文化大学では単位認定についてもかなり厳しく行っています。日本文化大学の授業では法律や心理学、マナー講座や公務員試験などが中心ですが、定期的な試験で指定された点数を取ることができない場合は単位の取得ができなくなってしまいます。普通の大学とは違って単位認定を厳しくしているので、学習に対する習熟度が非常に高くなっていることから優秀な卒業生を民間企業や警察署などに排出できるのです。日本文化大学では、就職支援の一環として資格試験の取得についても、熱心なサポートを受けることが可能です。例えば先述の公務員試験の他に、司法試験や英語検定に加え、基本情報技術者試験などのITに関わる試験や民間企業で広く求められている日商簿記など国家資格や民間資格を問わず、様々な試験に合格しています。それが可能になっているのは日本文化大学の徹底した資格試験のサポートにあるのです。特に毎日の授業の中で資格試験の合格をサポートするための講座が行われているので、授業に参加するだけでも資格試験で一定の点数を取ることができます。以上のことから日本文化大学の就職支援は非常に幅広く、公務員試験や警察署などの就職を中心に、社会人として必須のマナー講座や適切な警察官になるための倫理観を養う授業などがあります。特に日本文化大学で対応している資格試験の種類は文系の大学の中でも特に幅広く、文系や理系などを問わず、民間資格を含めて様々な資格試験を合格することができるのです。

 

 

日本文化大学でしか学ぶことができないもの

日本文化大学でしか学ぶことができないものはたくさんあります。ひとつ目は公務員試験の徹底した対策があり、日本文化大学の特徴として、国家公務員や地方公務員試験の合格率の高さがあります。特に警察官を志望する学生が多くなっており、日本文化大学では生徒の合格率を高めるための徹底した対策ができる教職員が揃っているのです。これまでの公務員試験の過去問題集を集約して傾向と対策に関するオリジナルの問題集も用意されているので、絶対に公務員試験に合格して警察官になりたい方は日本文化大学を利用すると良いでしょう。日本文化大学は法学部法学科だけで構築されているので、学生の日本の治安や法律に関する関心は非常に高くなっている特徴もあります。法学部法学科だけで構成された大学なので、学生同士で話し合いもしやすく友達も作りやすいメリットもあるのです。公務員を志望する学生が中心ではありますが、日本文化大学では弁護士や検察官を目指す学生もいくらか存在します。難関な司法試験に合格するための専門の教職員も在籍しており、手厚く試験合格までサポートしてくれるので安心です。学生によっては法科大学院に進学するケースも報告されており、単純に進路は警察官や一般企業への就職だけではありません。日本文化大学で学ぶことができるものの中に学生が主体となって行われているサークル活動があります。特にボランティアや茶道や書道については熱心で勢力的に活動が行われており、就職時にもそれらが評価されるケースが多いです。公務員試験に合格すれば誰でも就職できる公務員とは違って、民間企業に就職する際には学生である段階で培った倫理観や知識だけでなく、他の学生との協調性なども求められます。そのためそれらを集中的に教育できる日本文化大学のサークル活動は非常に優れていると言えるでしょう。何より日本の伝統文化に関するサークル活動が多くなっていることから、そのまま日本の伝統文化に関係する企業や組織に就職するケースも少なくはありません。サークル活動は文化系のものだけではなく、体育会系のものもあります。弓道や柔道、剣道などの日本の古くから伝わる武道が中心です。これらの運動部は大学に入ってから始める方も少なくなく、専門のコーチが基礎から教えてくれるので体力のない方でも安心して利用できるでしょう。日本文化大学でしか学ぶことができないものは、運動や倫理などだけではなく、他にもたくさんあります。日本文化大学の授業は、他の大学とは違って法律や犯罪心理学などと言った治安に関するものが中心になっている点も、他の大学とは違う点であると言えるでしょう。特に犯罪心理学の授業では元警察官の講師が授業を行っているので、現場で培われた警察官の知識やスキルを直接手に入れることができます。警察官の現場で広く利用されているスキルを取得した状態で、地方公務員試験に合格し、警察官として就職した場合は他のライバルに大きくリードすることができるのです。

 

   

日本文化大学の特徴やカリキュラムについて

「日本文化大学の特徴」

日本文化大学は法学部だけがある単科大学で、警察官試験に強いとされることが特徴的です。法律に関わる人材は豊かな人間性が求められるという考えをもとに、法律に関する知識だけでなく、幅広い基礎教育や日本の伝統・文化を大切にした人格形成を重視した指導が行われています。日本の文化や伝統を学んで教養を身に付け、かつ法律を丸暗記ではなく人間教育の一環として生活や社会と結びついたものとして学んだ卒業生たちが社会で活躍をすることから、人材育成の方針は社会からも高い評価を受けていています。授業では座学だけでなくフィールドワークを充実させ様々なことを肌で学べるような工夫があり、将来の夢を実現するために武器となる「資格取得」にも力を入れるという特徴もあります。

「日本文化大学の歴史と伝統」

日本文化大学は室町時代に創設された「柏樹書院」という学塾の22代目当主蜷川式胤先生が、明治初期に日本の法律の草作成に関わり、外国文明を啓蒙し日本文化を海外に発信することに力を尽くしたこともあり、第二次世界大戦後、24代当主の蜷川親繼先生が日本の文化が滅ぶことを防ぐために、柏樹書院での教えをもとに、各界での指導者としての人材育成を目的とし、少人数で手作り教育を行う大学を開学したのが日本文化大学の始まりです。実際に開学されたのは昭和53年ですが、実は柏樹書院からの600年の歴史と伝統があったのです。

「日本文化大学のカリキュラム」

日本文化大学では基礎教育から専門教育、ゼミ制度、キャリア教育など特徴的なカリキュラムが用意されています。豊かな人間性と幅広い見識を身に付けるための基礎教育では、1年次から4年後の就職に向け、法律に関する基礎的な学習と社会で活躍できる人材としてレベルアップを目指したカリキュラムを習得します。専門教育は2年次から経営、公共、法心理の3つのコースから一つを選択したカリキュラムです。経営コースは法律と経済学・経営学を学びビジネスでの即戦力を身に付け、公共コースでは行政や司法の場で求められる資質を養いながら試験対作を行い、法心理コースでは少年の非行問題など社会の様々な悩みを理解するために必要な手法を身に付け、「人を理解すること」を学んでいきます。

「日本文化大学での学生生活」

剣道部、柔道部、弓道部などの武道を中心にバスケットボール、野球、サッカー、バレーボール、テニスなどの体育クラブや軽音楽、ボランティア、法律研究などの文化部などのクラブやサークルがあります。また年中行事としては、4月に入学式や授業の開始から始まり、5月には法律討論会、6月には裁判傍聴、夏期休暇を経て10月には菊花祭といわれる体育大会があり、11月に模擬裁判、12月に法律討論会など一般的な大学と同じような行事と法学部ならではの行事が行われます。これらの特徴がある日本文化大学の学生へのアンケートでは「就職率が良い」「先生との距離が近い」「静かな環境」などが選ばれた理由のベスト3となっています。

日本文化大学の採用試験の合格率について

【日本文化大学の警察官合格率】

志望の大学へ入学できたら終わりではありません。卒業後にどのような進路に進めるかも大学を選ぶ際の重要なポイントになります。日本文化大学の特徴として警察官採用試験に強いことです。実際に警察官の合格率は日本の大学の中でもトップクラスです。これは試験対策プログラムが充実しているからです。また、警視庁や各県警の採用担当者を招いた説明会も毎年実施しています。各種公務員試験や一般企業の採用試験にも対応した進路別の履修カリキュラムが用意されています。公務員試験対策には、受験指導校の専任講師と連携した専門的な講義があります。筆記試験だけでなく面接対策に、創造力や社会人基礎力も養成してくれます。

【キャリア支援プログラムについて】

就職に関する支援を行ってくれる大学は多いですが、多くの場合は就職活動を始める学年からです。日本文化大学は入学直後から就職活動に直結するプログラムが用意されています。なかでも2年生から開講されるカリキュラムでは、学校外から講師を招いて週2回の講習も実施しています。また日本文化大学では学生支援室というものがあり、一人一人の目標を実現するためにきめ細やかな指導をしてくれます。少人数制だからこそできることで、個別指導だけではなく面接に対する指導も行っています。学生支援室では、行政機関や官庁、企業などのインターシップの情報もあります。実習へ参加することで、働くイメージがつきやすくモチベーションにもつながります。また、日本文化大学の教員は、各界で活躍した経験を持っている人が多いです。経験から分かるアドバイスもしてもらえるため、より的確な指導をしてもらえます。

【日本文化大学の公共コース】

日本文化大学には公共コースというものがあります。国家公務員や地方公務員を志望している学生向けのもので、行政や司法の場で求められる専門知識を習得します。ただ授業を受けられるだけでなく、効果的に知識が身に付くようになっており、公務員試験などの合格を目指していきます。公務員には必ず必要なことを学べる学べて、3年生からは日本文化大学独自の講義で試験演習を少人数制で行っていきます。大学生が公務員を目指す場合、専門学校に通って勉強することも多いですが、日本文化大学では講義で過去問を実際に解いていくなど試験に対応してくれます。

【学生生活も楽しめる】

大学は勉強するために入学しますが、学生生活を楽しむことでより勉強にも励めます。日本文化大学には部活やサークルがあり、仲間と一緒に打ち込むことでかけがえのない人間関係ができたり思い出ができます。また部活に武道もあるため、将来警察官を目指す人にとってはプラスになります。日本文化大学では、大学生活をより充実させるためにイベントも色々あります。日本文化大学を目指している受験生向けに、キャンパスの見学も随時受け付けをしており疑問に思っていることも聞けます。

公務員に強い日本文化大学について

日本には様々な大学があります。その形態は非常に多様ですので、これから大学受験を考えている高校生はいろいろな大学についての情報を手に入れておく事が必要です。自分がどの様な事を勉強したいかやどの様な就職先を考えているかについてもきちんと整理をしておく必要もあります。もしこの様な準備をせずに見栄えだけで大学を選んでしまうと、入学してしばらくしてこんなはずではなかったとか予想していた大学とは違っていたという様な後悔をする事になります。くれぐれも事前の準備を十分にする事をお薦めします。

大学の規模については、大きければいいというものでもありません。大規模な大学は大勢の学生がいる事は色々な人と出会えるのはいいのですが、どうしても1つの事に集中するという事が難しくなってきます。学生が多い分教師も一人一人の学生に気を配る事が難しくなるので否応なくマスプロ教育になってしまいます。もしなにか1つの事に絞りたいのであれば、少人数でもはっきりとした教育目標を持った大学選びをする必要があります。必ずしも大規模な大学がいい大学とは限らない事を忘れないようにしましょう。

大学選びの時に重要なのは、卒業後の姿をはっきりと描ける大学かどうかという事になります。よくあるのが、大学は卒業したものの、その先がはっきりせずに有耶無耶なままでとりあえず就職した先との相性が悪く、すぐにその会社をエスケープしまったというものです。一度だけしか無い大切な人生ですから有意義に過ごせる事が大切になってきます。

日本文化大学は、日本では珍しい法学部のみのしかも法学科のみの単科大学です。その為にここで学ぶ事の指向性ははっきりしていて、ある意味で十分に1つの事に集中できます。また、定員も少なく教員との距離が近いために極めて濃厚な教育環境が提供されます。

日本文化大学では、これも日本の大学では珍しいクラス担任制を取り入れていて、様々の面で教師と学生が極めて親しくなれる環境にあります。マンモス大学のマスプロ教育とは一味違った教育を日本文化大学では受ける事が出来ます。また、日本文化大学のその他の数ある特徴の一つとして、日本文化史(茶道)が必修となっている所です。日本文化をきちんと学ばせるという日本文化大学の校風がここにも表れていて、はっきりとした大学の指向性が示されています。

更に日本文化大学では、法学部法学科の単科大学であるという特徴から法律関係の討論会に加え、模擬裁判といった実践的な法学に関する授業についても力をいれています。少人数の精鋭教育だからこそ出来る特徴のあるカリキュラムです。

学生の就職に対する日本文化大学の支援についても大変特徴があることが知られています。日本文化大学では、1年生の時から就職支援活動の一環としての授業科目を開設し学生の就職に対して幅広い後押しをします。この授業には、外部からの数多くの講師を招聘したり、特に多い公務員を志望する学生向けに公務員に関する講座や公務員試験の模擬試験などを実施しています。

日本文化大学の就業力育成の取り組み

日本文化大学は警察官や公務員の就職に強みがあるとして知られている単科大学です。多くの生徒が警察官や公務員を志望するこの大学では、そうした学生の希望する進路を具体化させていくための取組が1年生から継続的に行われています。日本文化大学では警察官などを含めた公務員試験合格に重点を置いた講座がいくつか用意されながらカリキュラムが展開されています。

こうした試みは2011年に行われた大学設置基準の改正の目的を実現する試みとして注目されているのです。この改正では大学側は、学生の生涯を通じ持続的な就業力育成を目指すということが謳われました。そして、大学の教育課程だけでなく、それ以外の時間などを通じて学生の社会的で職業的な自立に向けた指導に取り組むということが明記されたのです。この就業力育成は大学の教育においてたいへん重要な課題とされています。そのような中で、地域人材の育成や地域経済活性化などを同時に測ることができる学生の就業力を育成する取り組みは大きな注目を集めているのです。

1978年に創学された日本文化大学は法学部のみの単科大学で、学年の定員も200人といった小規模な大学ですが、近年の警察官就職率がたいへん高く、特色のある大学教育を提供する大学として様々人々から注目を集めているのです。

日本文化大学では1年時からキャリアマネジメントという科目が始まります。この科目は学年が進むにつれて段階的に公務員試験の出題にフィットした学習内容を提供しています。警察官になるための試験では基礎的な人文系の内容をはじめ、社会科学的な内容まで、出題範囲がとても広いといわれています。そうした幅広い範囲に対応するために、日本文化大学では1年生で基礎力を、2年生では教養力と応用力を、3年生で実践力を身につけるといったように系統的に講座が展開され、選択科目ながらも7割以上の学生が受講している重要な科目になっているといわれます。

3年時にはキャリアマネジメントと並んで試験演習なども選択できるようになります。日本文化大学の授業では、学生は警察官・消防官か、地方公務員かの2グループになって過去に出題された問題を解いたり、ディスカッションなどを行うのです。こうした公務員試験対策は、一般的にはダブルスクールといわれ、他の専門スクールなどに通うことで行う大学が多いといわれますが、日本文化大学ではこうした学習がカリキュラムの中に位置づけられており、授業の中で取り組むようになっているためその必要がないのです。そのため、時間的・経費的な学生の負担が軽減されているといわれています。

ただ、日本文化大学では警察官試験対策に特化するということではなく、警察官を志望する学生を一人でも多く合格させたいといった視点から一致団結してこうした就職支援のための学習を系統だって進めてきたということなのです。単科制大学として教員や大学スタッフたちがまとまってチームとして取り組みを進めていけたことがこうした高い合格率につながっているということなのです。