現役大学生に聞く日本文化大学の魅力

【日本文化大学とはどんな学校か】

将来に就きたい仕事がある場合、大学で専門的に学びたいと言う方も多いことでしょう。現代では職業の数も増えて、華やかなイメージの仕事も増えました。それでも昔からある仕事でも人気の職業もありますが、筆頭に挙げられるのが警察官です。警察官は交番が身近にあって、近しい存在と感じることが多いと共に、最近では様々なイベントで人を楽しませながら誘導する姿などが話題となり、警察官を目指す人が多くなっています。実は、警察官を目指すのに有用な大学がありますが、それが日本文化大学です。日本文化大学は法学部のみの単科大学で、全国の大学で警察官合格率が不動の1位を記録しています。文武両道を通して人格を磨き、社会に役立つ人材を育てることをコンセプトに教育を行っている点が魅力的な大学です。

【日本文化大学の魅力を現役大学生にインタビュー】

では、現役大学生はどうして日本文化大学に入学したのでしょうか。また、日本文化大学での学びや生活についてどう感じているのか、幾人かをご紹介します。まず、お一人目の方ですが、この方は小さいころから警察官にあこがれていて、警察官を目指して入学したようです。警察官は人々の生活を守る存在で、生活になくてはならない仕事であること、身近で見ていた警察官の方が一生懸命働く姿を見て、自分もなりたいと思ったそうです。実は彼は野球が好きで、高校生までは野球部で活躍していましたが、将来の仕事に必要と考え、大学入学を期に柔道部に入部したそうです。なりたい職業のためにやるべきことは全部やると言う姿勢が素晴らしいです。警察官になりたいと思ったきっかけが不思議な縁だと話すのが、お二人目に紹介する方です。彼は高校生の時に結婚式のアルバイトをしていたようですが、そこで多くの人に感謝され、喜ばれている警察官の結婚式に立ち会うことになったようです。そして、人から感謝されて必要とされる警察官を目指すことを考え始めました。また、オープンキャンパスに訪れた際に、在校生皆が訪れた人に挨拶をしていた姿に感銘を受けたこと、また警察官になる勉強だけでなく、様々な資格の勉強などもアシストしてくれるシステムがあることも、入学を決意した理由のようです。

【日本文化大学の他の魅力とは】

日本文化大学は、警察官を多く輩出していることで、イベントなど様々な機会に現役やOBの警察官が来校して、話を聞いたりアドバイスをしてくれる機会に恵まれています。そのことで、目標を明確にして勉学に励めますし、職業のミスマッチも防ぐことができます。また、2年次からコース分けをして専門的な教育を受けられるので、将来の職業を意識して学ぶことができるのも魅力的です。

【日本文化大学の魅力を実際に体験するには】

日本文化大学がどんな学校なのかを実際に体験できるのが、オープンキャンパスです。春から秋にかけて複数回のオープンキャンパスが計画されていて、OBやOGによる学校の魅力説明や在校生によるキャンパス案内、質問の時間なども設けられているので、気軽に参加してみるとよいでしょう。