日本文化大学が誇る4つの専門教育

【日本文化の美風を受け継ぐ日本文化大学】

日本文化大学は法学部だけの珍しい単科大学で、日本文化の美風も受け継いでいます。
教育課程では歴史学や文化学などの基礎的な知識に基づき、美しい伝統と文化を理解できる力を育みます。
学問を通して真心と誠意のある人間性を育て、法の本質を理解できるように養成します。
人間教育の実践で品格を高め、フィールドワークにも力を入れています。

【日本文化大学が提供する4つの専門教育】

日本文化大学で学ぶと、実社会で役立つ専門性を身につけられます。
法律に対する理解を深め、希望する進路に合わせて4つの履修モデルを用意しています。
法律専門職モデルは、実務などを専門職の先生から実践的に学びます。
警察官や消防官のモデルでは危機管理や刑事政策の知識を身につけ、採用試験で有利になる資格を取得できます。
公務員モデルでは、公務員に必要な行政学や行政法などを丁寧に学びます。
ビジネス関連法モデルでは、民間の企業で必要になる簿記の知識や法律の知識を習得します。

【日本文化大学独自のカリキュラムで成長】

日本文化大学には独自のカリキュラムがあり、基礎教育からキャリア教育まで幅広く学べます。
必修科目と選択科目に分かれ、学生は多彩な科目の中から選択できます。
1年目から就職に直結する基礎学力を身につけ、必修科目の方角では法律全般を学びます。
警察官や公務員を目指す人が多い日本文化大学では、豊かな感受性を養うために日本文化史も取り入れています。
担当の教員と出会う基礎ゼミでは、仲間ともコミュニケーションを取りながら基礎的な教養を身につけます。
日本文化大学の学生は、お茶とお菓子を優雅に茶室で楽しみます。
2年目は4つの履修モデルから学習プランを立て、専門ゼミで学問を深く追求します。

【多彩なテーマを持つ日本文化大学の専門ゼミ】

専門ゼミには各分野にテーマがあり、議論を中心に行われます。
10人程度の少人数制なので、教員とも他の学生とも近い距離でコミュニケーションを取れます。
警察行政のゼミでは犯罪捜査や国際テロ対策などの警察活動に関連して、経済や社会情勢の変化に対処する力を養います。
日本文化大学では、入学直後から就職に向けたプログラムが始まります。
生徒に対して丁寧な指導が行われるため、高い就職率を誇っています。
指導はマンツーマンで、学生の希望を聞き取り親身に向き合ってサポートします。
細かい部分まで配慮したバックアップを行い、就職が決まらない場合でも受験指導から就職先の紹介までフォローしています。
学生支援室に行くと、採用試験に関連したセミナーの案内を確認できます。
選考過程で重要なのが面接なので、日本文化大学では綿密な面接指導を実施しています。
採用試験を見据えて実践的なカリキュラムを入れ、就職力の向上を目指します。
2年次からは、学外から講師を招くキャリアマネジメントも開講されています。
警察官採用試験や一般企業の採用試験、各種公務員試験に対応したカリキュラムが用意され就職活動を支援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です