日本文化大学の特徴は警察官になりやすいということ

「この大学は他と違って○○が特徴です」
とした場合、日本文化大学は何が特徴となるでしょうか?

日本には数多くの大学があり、
最早飽和状態で定員割れを引き起こしている状態です。
それら有象無象と差別化を図るなら、
何かしらの特徴を持たせないといけません。
なお、偏差値を特徴に挙げたくなりますが、
偏差値は特徴ではなく結果です。
アイドルの特徴だって「○○の特徴は人気が高い」なんて言いませんよね?
「歌が上手い」とか「かわいい」とか
「トーク技術が良い」とか「一生懸命さが伝わる」とか、
何かしらの特徴がある筈です。
人気の高さは結果論なのです。

となると、日本文化大学の特徴には何があるのでしょうか?
カリキュラムに注目したいところですが、
カリキュラムの内容でナンバーワンを目指すのはかなり難しいでしょう。
むしろ、他者に説明がしにくい領域になります。
例えば、リンゴで「紅玉と美丘、どちらが旨い?」と訊かれても、
絶対評価など分からず、個人の感想しか言えません。
私たち人間は、数字で説明できないものを他者に
“分かりやすく”伝達する手段を持ち合わせていないのです。

となると、分かりやすい結果を示すべきと言えます。
リンゴで例えるなら「売れ行き」「糖度」「値段」「手に入りやすさ」などで
勝負するのが良いかもしれませんね。
では大学の場合、どんなもので差別化できるかと言うと、
最も多くの方が気にしているのは就職状況です。
卒業しても就職できなかったら、その大学に入る意味はほとんどありません。
そして日本文化大学は就職に関して最たる特徴を有しています。
それは「警察官合格率が日本一」という特徴です。
合格数でしたら、生徒数の多い日本大学や国士舘大学がトップクラスですが、
パーセンテージで換算するなら、日本文化大学が文句なく一位です。
と言っても、分母(受験者数)を公表していませんので、
実際の合格率は不明です。
それでも、昨年は在学生の3分の1が警察官になったことを考慮すれば、
文句なしに誰もが認める「日本文化大学は警察官になるための学校」となるでしょう。

就職状況もある意味結果論なので、
これもまた日本文化大学の特徴とは言いにくいかもしれません。
しかし、その結果を導くにはれっきとした根拠があります。
日本文化大学は警察官になるためのカリキュラムが非常に充実しており、
専門学校に行くよりも高度に学べると評判になっています。
警察官を目指すなら、日本文化大学を選ぶのは如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です