日本文化大学の学生が利用していそうなオシャレなお店

日本の若者は意外と平均的です。
武士の家に生まれたから武士っぽくなると、
誰もが思いますが、そんなことは全然ありません。
少なくとも、普通の小中高に通っていれば、平均的な日本人になります。
日本女子体育大学に所属している女子学生はみんな、
saoriやryokoのようにパワフルだと思われがちですが、
休日のオフの日はきちんと平均的な10代後半・20代前半の
若い女子としてキャピキャピしていますよ。

日本文化大学は警察官になるための学校ですが、
別に防衛大学のように厳しいものではありません。
普通の大学として運営されており、普通の学生が通っています。
10代後半・20代前半で
現役の警察官と同レベルの志を持って授業を受けている方は、
本当に少数と言えるでしょう。
日本文化大学の学生も放課後や休日は普通に羽目を外していると思いますよ。
では、どういったところで羽目を外すのでしょうか?

日本文化大学の最寄り駅である片倉駅は非常にのどかです。
田んぼこそありませんが、駅の目の前には住宅街とマンションで溢れています。
若者が楽しめる行楽地はほとんどありません。
日本文化大学の周囲も住宅地が広がっているため、学校や公園など、
子供を育てるのに有用な環境が揃っていますが、
若者がストレスを発散させる施設は少ないと言えるでしょう。
片倉駅から西に100~200m進んだ先に片倉城跡公園がありますが、
20代の若者はこういった公園ではあまり遊ばないと思います。
日本の古き良き文化を守るのが日本文化大学の使命ですが、
だからと言って、成人を迎えた大人たちが
この公園でケイドロをしている姿は全く思いつきません。

そこで隣駅まで移動します。
隣の八王子みなみ野駅や、八王子駅まで進めば、
色々なお店があります。
特に八王子駅はターミナル駅としても機能しており、
毎日17万人もの乗降客が利用しています。
電車通学している日本文化大学の学生も、
八王子駅で乗り換えしていると思いますよ。
でも、乗り換えはかなり面倒なので、
北野駅で降りて自転車で大学に向かっている学生は居そうですね。
大体2kmくらいなので、のんびり漕いでも15分あれば到着すると思いますよ。

オシャレなお店の代表格と言えば、スターバックスコーヒーです。
敷居が高いと感じている高校生は多いかもしれませんが、
大学生ともなれば是非、利用したいと考えている方は多いのではないでしょうか。
そして八王子駅の南の巨大なマンションの2階部分にスタバがあります。
北館の方にも、東急スクエアの中にも、京王八王子駅のビル中にもあります。
八王子駅経由の日本文化大学の学生はスタバが利用しやすいと言えそうですね。
スタバは朝の7時から営業していますので、
登校時に買っている学生は少なからず居るのではないでしょうか?

では片倉駅付近の喫茶店はどうでしょうか。
残念ながら、日本文化大学へ向かう道に喫茶店はありません。
通学路とは逆方向に進んだ先に、2軒ほどの喫茶店が見つかりました。
なかなかオシャレなお店ですが、200~300mほど逆方向に歩きますので、
通学の際に利用するのはちょっと不便ですね。
なお、日本文化大学の南側は全くと言っていいほど飲食店がありません。
少なくとも八王子みなみ野駅まで行かないとコーヒーにはありつけないでしょう。
コーヒーが飲みたくなったら、学食か自動販売機しかありませんね。
通学路にコンビニが欲しいです。

オシャレな飲食店でしたら、イタリアンを連想する方は多いのではないでしょうか。
美味しいパスタのお店でしたら、デートスポットにはかなり良いと思います。
と言っても、学生の身になりますので、そんなに高いお店は利用できないでしょう。
そこで多くの方がサイゼリヤを利用します。
サイゼリヤの平日ランチ500円はかなりボリューミーで食べごたえがありますよ。
流石にデートとして利用するかどうかは意見が分かれるところですが、
少なくともファミリーレストラン界の中では
サイゼリヤはオシャレなお店という認識が強いのではないでしょうか。

むしろ、田舎に行ったらまずサイゼリヤ自体存在しません。
福岡を除いて、九州と東北には1店舗もありません。
上京した方が初めてサイゼリヤに通って感動した話があるそうです。
そして八王子駅にはサイゼリヤが複数あります。
ついでに言うと、こちらもそれぞれスタバの近くにあります。
サイゼリヤで食事をした後にスタバで一杯するのも良いかもしれませんね。
ただしサイゼリヤのオープン時間は11時からなので、
日本文化大学の授業がある日は利用がしにくいです。
まさか3限から登校する方なんていませんよね。
夕飯でしたら可能だと思います。

ファッション系のオシャレなお店はどうでしょうか?
これに関してはちょっと難しいかもしれませんね。
むしろファッション系のオシャレなお店ってどういうものなのでしょうか?
外観や内装の造りがオシャレなお店という意味でしたら、
八王子駅周辺で探すのは、なかなかの難問です。
駅付近には大型のビルが乱立していますので、
オシャレな個人経営のお店は郊外まで歩かないと無いのではないでしょうか?
銀座でしたら駅前でもオシャレなお店が多くウィンドウショッピングがし放題ですが、
八王子でそういったお店を探すのはかなり至難です。

なお、オシャレな衣類を探すのでしたら、駅前のデパートが良いと思いますよ。
セレオ八王子や八王子東急スクエアなどがありますので、
買い物で困ることは無いでしょう。
リサイクルショップで探すのも、乙なものです。
日本文化大学はファッション雑誌に載るほど
ファッションに興味のある方が通っています。
八王子駅周辺でオシャレを探している
日本文化大学の学生はかなり居ると思いますよ。
詳しくは「Seventeen 9月号」をご確認ください。

オシャレなレジャーはどうでしょうか?
そろそろオシャレの定義がゲシュタルト崩壊してきましたが、
オシャレな大学生が利用するオシャレな施設がどこかにあるはずです。
筆者の知識はディスコやパラパラで止まっていますが、
2017年の現代に合ったオシャレなお店というものがあるはずです。
オシャレかどうか分かりませんが、
ボウリングに興じる大学生は多いのではないでしょうか。
日本文化大学の学生もそういったお店を利用すると思いますよ。
ビリヤードやダーツなどもオシャレと言えそうです。
少し偏見が入りますが、19世紀の貴族がよくしているイメージがあります。
カラオケも需要の高いレジャーと言えます。
それら全部を叶えるなら、ラウンドワンが良いでしょう。
そしてこれもまた八王子駅にありますが、スタバやサイゼリヤと違って、
駅から少し歩きます。
国道16号線まで歩く必要があり、
頑張って歩けば京王片倉駅からも通うことが出来ます。
週末の土曜(※日本文化大学は土曜も普通に授業があるため)や休日には、
ラウワンでレジャーに興じる日本文化大学の学生を何人か見かけると思いますよ。

田畑と山々が広がるところにお住まいの方の多くが、東京に憧れを持っています。
それは東京にはオシャレな施設が多いからです。
41階建てのサザンスカイタワー八王子は、見る方の多くを圧倒させるでしょう。
こうした超高層マンションは田舎にはまずありません。
あったとしても15階程度ではないでしょうか。
新宿の方に赴けば、もっと高い建物がありますよ。
日本文化大学の学生も一般平均的な人間になりますので、
食事・衣類・娯楽・建物など、
こうしたオシャレに興味を持つことはとても自然なことなのです。
片倉駅周辺は住宅色が強いのでオシャレ度は低いですが、
一駅隣の八王子駅まで移動すれば、色々なオシャレを発見することが出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です