法律に関わる人材を育てる日本文化大学

法律を学ぶ上で必要なことは何でしょうか。
法律にまつわる知識でしょうか。
勿論、知識は必要です。
ですがそれと同じくらい必要なのが豊かな人間性です。
豊かな人間性も併せて養わなければ法律に関わる人材にはなれません。
ただ法律を振りかざすだけになってしまう可能性が高いです。
それでは法律を学んだとはいえず、真に法律に関わる人材にはなれません。

日本文化大学では法律を学びながら豊かな人間性を身に付けます。
そのため知識の習得に加えて、
幅広い基礎教育と日本の伝統や文化を大切にするための人格教育にも
日本文化大学は力を注いでいます。

何故日本文化大学が豊かな人間性を身に付けるようになったかというと、
創学者の蜷川親繼が建学の精神の中で、
「これからの日本を支えていく青年は、
法の知識のみならず温かい人格をも兼ね備えなくてはいけない」と説かれたからです。
そして人格教育の指針として、
恩愛礼儀・清明和敬・重厚中正・祖風継承の四条目を挙げました。
この四条目により、利に走らず功におぼれない真の人間育成を目指しています。
日本文化大学の学生は四条目により礼と義を尊び、和と敬を持っています。
文化や伝統を守り、さらなる発展を図りながら正しい道を明らかにします。

法律にまつわる知識が豊富なだけでなく、
人格もしっかりしているからこそ日本文化大学の学生たちは社会で活躍し、
様々な分野で貢献しています。
法律をふりかざすのではなく、法律と温かい人格兼ね備えているのが特長です。
そのためどこに出ても恥ずかしくない人材となり、様々な業界で活躍しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です