模擬裁判も行う日本文化大学

裁判というと聞いたことはあっても、
馴染みが深いものではない方は大勢いると思われます。
よほどこのことがない限り縁がないのが裁判です。
法律を学ぶ上で、裁判は避けて通れない存在です。
座学だけでは裁判を理解出来るとは言い切れません。
日本文化大学では座学だけでなく、模擬裁判を行います。
そのためにキャンパス内には模擬法廷が存在します。

日本文化大学の模擬法廷は、
裁判官や裁判員が一列に並ぶ裁判官席、傍聴席を完備しています。
本物のような法廷教室となっているのが特徴です。
この模擬法廷にて模擬裁判を行うことでリアルな法の学びを実現しています。
日本文化大学ではキャンパス内で行う模擬裁判とは別に、
毎年秋になると八王子学園都市大学と共催で市民公開の模擬裁判も行っています。

日本文化大学で行われる模擬裁判は学生主導で行われます。
検察側・弁護側に分かれて模擬裁判を経験することで、
物事の捉え方やそれを表現する方法がわかります。
また裁判についてもしっかり学ぶことが出来ます。
裁判を経験することは、よほどのことがない限りありません。
ですが裁判は裁判員など様々な形で、誰でも経験する可能性があります。
そのためにも日本文化大学では模擬裁判という貴重な経験が出来るのです。

体験するということは、人の成長には不可欠です。
法律を学ぶ上で、模擬裁判を経験することには大いに意味があります。
模擬裁判も行い、体験することで知識や経験を深められるのが日本文化大学です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です