学生の夢を叶える日本文化大学の就職支援

学生の夢を叶えるために必要なこと
大学進学を希望する人は誰でも、大学で学びたいことがあるから進学を希望することは言うまでもありませんが、その先の就職についても見据えていることが多いでしょう。近年の日本社会は就職難と言われる時代が非常に長く続き、大学を卒業していても就職がままならないという状況が珍しくありませんでした。そのため学生の就職へ対する意識は非常に高く、それと同時に各大学も就職支援に力を入れるようになっています。日本文化大学でも学生たちが希望する未来を掴み取ることが出来るよう、最大限のバックアップを行っています。

 

 

就職活動に必要な知識の習得を促す日本文化大学
多くの大学では就職支援は3、4年次から始まると思いますが、日本文化大学では入学直後から将来の就職に備えたプログラムを用意して、就職に備えます。特に2年次から開講される「キャリアマネジメントⅡ、Ⅲ」は、学内の講師だけではなく学外の講師を招いて講義を行い、様々な職種に対する理解を深めます。その他にも「就職情報概論」は必修科目になっており、日本文化大学の学生であれば就職活動に必要な知識の習得は心配ありません。学内の教員はもちろん、学外の講師も各界で実績と経験を積んできた講師ばかりですので、学生たちは将来の職業について知りたいことがあれば何でも質問することが出来ます。日本文化大学は将来のキャリアが思い描きやすい環境であるとも言えるでしょう。

 

 

マンツーマンで行われる就職支援
日本文化大学の教育の特徴の一つとして少人数制が挙げられますが、それは就職支援にも同じことが言えます。学生一人ひとりの就職活動を支援するために存在しているのが学生支援室ですが、ここでは就職支援を求める学生にマンツーマンで指導していきます。学生一人ひとりの話を聞き、就職が決まらず悩んでいる学生に対しては就職先の紹介も行ってくれます。希望の職種や業種を登録しておくと、求人があった場合は連絡してくれるサービスまでありますので、至れり尽くせりとも言えるほどの手厚い支援があります。就職活動は孤独な戦いとも言えますが、大学を挙げて支援してくれている体制が整っている日本文化大学であれば、学生達も非常に心強く感じることは間違いありません。

 

 

日本文化大学の綿密な面接指導は学生の精神的な支え
就職活動の中で、多くの学生が苦手だとかんじるものが面接ではないでしょうか。事前に企業研究を行い、志望動機も一生懸命考えていても、いざ本番となってしまうと緊張してうまく話すことが出来ないという学生は多いものです。そこで日本文化大学では面接指導にも非常に力を入れています。面接のノウハウを学び、実際に面接形式で練習を積むことで、大事な面接でも緊張することなく、自分の思いを表現することが出来るようになります。しかも面接指導を受ける中で、就職に対する不安や悩み、疑問を教員に相談することも出来ますので、就職活動中の学生の精神的支柱とも言える大切な場だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です