日本文化大学の公務員合格者が多い理由

就職支援が充実している日本文化大学
大学で自分が学びたい学問を修めた後は、社会に出て大学で学んだ内容を社会に還元し、貢献しなければいけません。そうは言っても長く不況の時代が続き、大学卒業者でさえ就職難と言われる状況が常態化していました。近年は就職状況は多少改善されてきたとは言えますが、それでも安定した職業や大企業が人気を集めていることに変わりはありません。大学も一昔前までは就職支援などほとんど行っていませんでしたが、現代ではどこの大学でも手厚い就職支援が行なわれています。日本文化大学でも学生たちのより良い未来のため、様々な就職支援が行なわれています。

 

 

公務員採用試験合格者が多い日本文化大学
日本文化大学は警察官の合格率が高いことで有名ですが、警察官以外にも様々な公務員試験に挑戦する学生のサポートを行っています。最新の平成30年3月卒業生の公務員採用試験合格状況が公表されていますが、警視庁に29名もの合格者を出し、警察官だけで63名の合格者を出しています。その他にも警察行政職職員、市役所職員、消防、自衛隊幹部候補生など、様々な分野で公務員採用試験に合格者を出していて、公務員採用試験の合格者は警察官を含めて79名にも上ります。一学年の定員が200名の大学であることから、いかに日本文化大学の公務員試験合格者が多いかが分かるのではないでしょうか。

 

 

独自のカリキュラムで警察官や公務員を目指します
なぜこのように公務員採用試験合格者が多いかというと、その理由は日本文化大学ならではの独自のカリキュラムと就職支援があります。日本文化大学では2年次から専門のコースを専攻し、専門的な学びを深めて行きます。3つのコースがありますが、その内の一つである法心理コースは警察官を志望する学生に最も適したものです。人間理解や人間関係の構築と言った警察官の仕事に欠かすことが出来ない内容を学ぶと共に、心理学や精神医学、社化学などを複合的に学んでいきます。法心理コースは警察官志望者だけではなく、公務員や一般企業を志望する学生にも適していて、卒業生たちは様々な分野の職種、業種で活躍しています。在学時から警察官や公務員を目指して勉強することが出来る環境は、日本文化大学ならではだと言えます。

 

 

学生一人ひとりに向き合う就職支援
日本文化大学は就職支援も非常に手厚く、そのことが公務員採用試験以外でも高い就職率を誇っている大きな要因です。まずは少人数制の大学の強みである、非常にきめ細かい面接指導やマンツーマンの就職相談を行っています。就職支援を行っている大学は数あれど、学生一人ひとりの悩みに応え、アドバイスしてくれる大学はそうそうないでしょう。面接指導や就職相談を経て学生たちは面接のノウハウを習得し、自分の適性を見出し、夢を叶えていくことになります。日本文化大学には、学生一人ひとりの夢や希望に向き合って指導、相談に乗ってくれる最高の環境が整っていると言えます。大学を卒業後の人生を見据え、日本文化大学で夢を叶えるための4年間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です