カリキュラムが特徴的な日本文化大学

もっとも大きな特徴は他の大学と異なるカリキュラム
日本文化大学のカリキュラムはかなり特徴的であり、就職を有利にするための内容となっています。1年では基礎のみを学び、2年になると犯罪心理学の授業が行われるようになり、3年からは専門ゼミに所属して非常に高度なことを学ぶ日々になります。犯罪心理学などはかなり特殊ですし、専門ゼミで学べることも他大学では決して学べないようなことばかりですので、この辺りだけを見ても日本文化大学には大きな違いがあることが分かりますが、もっと大きな特徴として1年の時から履修できるキャリア教育が注目すべきポイントです。他では就職ガイダンスのような位置づけで通常は3年に入ってから行われることが多いので、日本文化大学のように1年の時から履修できるのはとても珍しいことです。

 
警察官OBやOGによるアドバイスは非常に役に立つ
日本文化大学には元警察官の講師が多数在籍していたり、警察官OBOGから話を聞く機会がたくさん設けられていますので、アドバイスを受けやすい環境であることもメリットです。元々警察官になりたい人が多数を占めていますので、こういった機会を逃さないようにと積極的に活用できる意識の高い学生が多く在籍していますし、採用試験での面接対策なども具体的に行えると評判になっています。日本文化大学の学生は半数以上がAO入試で入るのですが、そういった人たちは入学前から警察官を目指し、高い意識を持って努力をしてきていますので就職率は非常に高くなっています。実は警察官の採用試験の合格率は約15%ほどで7人に1人くらいしか受からないので、日本文化大学のような確率で合格者を出すのは驚異的なことです。

 

 
少人数制の講義で集中して学ぶ環境がある
大学というと大きな講堂のような場所で大勢が集められて講義が行われるという形が多いのですが、日本文化大学の場合は少人数制になっていますので落ち着いた環境の中で学ぶことができます。大きな教室では集中できない人や人目が気になってしまう人、質問をする勇気が出ない人でも少人数ならしっかりと疑問を解決しながら受けることができます。キメの細かな指導も行ってもらえますので講師との信頼関係もしっかりと築くことができ、アドバイスも貰いやすいのがメリットです。学生同士も少人数の方が仲良くなりやすい傾向にあり、人との関わりが深い濃密な学生生活を送れる大学です。

 
資格を目指す学生をしっかりとサポートしてくれる講座
近年では公務員の業務も非常に多様化していますので、様々なスキルが求められています。日本文化大学ではそれらのニーズに合わせて多彩な講座を用意しており、1年の時から着実にスキルアップを図れるようにサポートしてくれますので、目的や目標を持つ学生は成果が出やすいといえます。例を挙げると、行政書士社会保険労務士宅建TOEICTOEFLなどがあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です