日本文化大学で学問を学ぶ

大学への進学を希望する人は多いですが、数多くある大学から自身に合った学校を見つけるのは大変です。大学選びで大切なのは、大学卒業後の進路や将来なりたい職業について学べるところを選ぶことです。将来警察官になりたい人におすすめなのは、日本文化大学です。

 

 

日本文化大学のメインキャンパスは東京都八王子市にあります。横浜線と京王線からのアクセスが良く、通学しやすいのと都心から少しずつ離れた静かな環境で学べると評判が良いです。他には東京都新宿区にある高田馬場学習センターや同じ八王子市に総合学習グランドもあります。日本文化大学の歴史は古く、その起源は室町時代にまで遡ります。学塾「柏樹書院」がそれにあたり、600年以上の歴史と伝統のある大学です。第24代当主が日本の伝統を受け継ぐことと人材育成を目的として昭和53年に日本文化大学を創立し現在に至ります。

 

 

日本文化大学の特徴は、法学科のみの単科大学であることです。大学生活の4年間で法律について詳しく学べることはもちろんのこと、日本の伝統や文化についても学び人格教育にも力を入れています。これは法律に今後携わる職業についても高い道徳心をもって遂行できるようにするためです。4年間で人間的に見違えるほど成長できたと親御さんからも感謝の声が多数あがっています。

 

 

 

 

法学部は幾つかのコースから希望するコースを選択することができます。一般企業への就職を目指す経営コースと国家公務員や地方公務員を目指す公共コース、それに警察官を目指す人に向けた法心理コースがあります。日本文化大学の最も優れているところは、警察官の合格率が日本一であることです。これは警察官採用者試験のカリキュラムが充実していることと学生さんの意欲が高いことが理由に挙げられます。警視庁や各県警の採用担当者を招いての説明会も開催し、警察官の魅力を現職の警察官から直接話を聞けると学生からも好評です。警察官は危険を伴う職業ですが、社会正義を実現できることと公務員で安定した収入が得られると人気があります。日本文化大学では長年培った警察官の採用試験の合格対策が優れており、優秀なスタッフが丁寧に指導してくれます。

 

 

日本文化大学では警察官の公務員や一般企業への就職率も高いです。学生の脂肪について合わせた就職活動を丁寧にサポートしてくれますし、資格試験の合格対策も専門のスタッフが合格まで指導していきます。TOEICや宅建などの資格を在学中に取得できると人気です。就職活動についてもエントリーシートの作成方法や面接指導まで学生一人一人に対して丁寧に行ってくれます。当然公務員試験の対策の講座も開催され、講義が充実しています。インターンシップ制度もあり、実際に企業や官公庁で職場実習を体験できる制度もあり、就職前に自身に適性があるか判断できます。日本文化大学は少人数制のため、学生一人一人にきめ細かな対応をしてくれ親身になってサポートしてくれます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です