日本文化大学の強みや専攻コースの特徴など

●日本文化大学の歴史と周辺環境の様子や交通アクセスについて
ニチブン」の愛称で日本文化大学を紹介する記事が、Seventeen誌の2017年8月1日販売分に掲載されました。Seventeenと言えばティーンエイジャーに数多くの読者を持つ雑誌で、同年代のファッションや関心事を主に掲載していることに照らしても、日本文化大学への注目度の高さを垣間見ることが出来ます。
日本文化大学の前身は600年以上の歴史を持つ柏樹書院で、第24代当主が日本古来の伝統を承継することと、人材育成を目的に昭和53年に開学し今日にいたります。キャンパスは東京都八王子市に所在しており、近隣には横浜線と京王線が営業しており通学の為の交通アクセスに充実しています。都心の雑踏からは離れた場所にあり、静かで学習環境は良好な立地条件と言えます。

 

 

 
●日本文化大学の専攻コースの特徴を御紹介、どんな人に向いているのか?
日本文化大学は一年次には基礎教育でしっかり専門教育の基礎を構築し、2年次からは各自の卒業後の進路を想定して、3つの専攻コースに分かれて専門教育を受けることになります。法心理コースは警察官志望に最も適したコースになっています。警察官は市民に接するばかりでなく、時には犯罪被疑者に会いたいすることもあるのです。そこで法心理コースでは人間関係や心理学・精神医学ひいては社会学などの科目も習得するなどの特徴を持っています。公共コースでは国家公務員や地方公務員として働く際に必要になる行政や司法の専門教育がメインです。公務員への就職が多い中にあっても、経営コースでは一般企業で活躍できるに足りる人材育成を専門に行っています。

 

 

 
●日本文化大学は卒業後に警察官に就職する人が多いのが特徴
日本文化大学は警察官合格者の数が際立っていることも特徴です。毎年数多くの警察官合格者を輩出する背景には、元警察官の講師が数多く在籍していいたり、警察官OBやOGからのアドバイスを受けやすい環境にあることも関係しています。元来警察官への就業希望者は学生の中にも多いことだけでなく、採用試験などの面接対策など実践的な講義を展開していることも警察官になる後押ししてくれると言えるのです。

 

 

 
●日本文化大学は警察官ばかりでなく、就職率の高さも人気を集める理由です
日本文化大学の警察官の合格率が高いだけでく、卒業生の就職率の高さも誇ります。高い就職率の理由は、早期から開始するキャリアマネジメントコースにあるのです。学外からも講師を招聘し就職活動を成功するための知識を実践的に学べる環境が整備されています。さらに実際に就職活動がはじまると、各学生にマンツーマンで学生支援室の専門スタッフが助言や指導を行ないます。学生一人ひとりの話に耳を傾け、就職先の紹介を受けることが出来るばかりでなく、事前に希望職種や業種を登録しておくと、求人がある旨を連絡してくれるサービスも提供するなど、厚い就職支援体制が構築されているのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です