日本文化大学の教育や特徴、教育環境について

●日本文化大学が世間から注目を集める特徴と魅力について
日本文化大学は東京都八王子市にあり、1978年に開学した四年生の私立大学で、法学部のみの単科大学になります。法律を専門に学習する場が用意されており、就職後は警察官をはじめとした公務員の道を選ぶ方が多いのが特徴です。講義のスタイルは少人数制の形式が多くの科目で採用されており、教員と学生との距離感が近くより濃密な講義内容になっています。入学後年間は基礎的教育で占められていますが、他の大学ではほとんど開講されていない「警察学」の授業があります。これは警察制度の成り立ちや概要、警察官の心構えなど、後の専門教育の礎になる科目です。
また日本文化大学は入試方法が多彩で入学できるチャンスが広いのも特徴です。受験科目は国語必須で地理または公民の選択科目の2科目が課され、面接を受けることになります。面接を重視しているのは人間性重視の現われと言えそうです。そして卒業後の進路で困ることの内容に、キャリア教育にも力を入れています。

 

 
●今に受け継がれる日本文化大学の建学の精神とは?
「にちぶん」の愛称で知られる、日本文化大学の建学の精神は慈愛と礼儀を重視し古来受け継がれてきた伝統と文化を守りながらも、新たな知見や時代の変化に向き合い、従来の考えを発展させ時代の変遷にも柔軟に対応できる人材を輩出することを目指すと言うものです。また清く明るく爽やかな心の育成を重視し、高い人間性を備えることを大切にしています。その考えの一端は面接を受験において重視する方針にも垣間見ることができます。

 

 
●高い就職率を誇る日本文化大学の基礎教育の概要
日本文化大学は警察官を初めとして高い就職率を上げています。その鍵となるのは基礎教育科目の重視にあると言えます。もちろん就職時には専門教育で身につけた知識が重要ですが、それは基礎学力があってこそです。二年次から専門教育が始まりますが、1年ではほとんど基礎教育がカリキュラムのメインになる訳です。必修科目には民法総則・憲法人権編、政治学や日本文化学などの科目を初め、総合英語やキャリアマネジメントまで幅広い分野を対象にしています。キャリアマネジメントでは将来の就職活動の基礎を1年次から意欲的に学ぶことが出来、このようなユニークなカリキュラムも日本文化大学の高い就職率に繋がっていると言えるのです。

 

 
●社会に羽ばたき第一線で活躍する人材を輩出している、日本文化大学の専門教育
日本文化大学では二年次から専門教育へと重点が置かれ、就職を成功させるためのカリキュラムへと移行します。学生は志望コースに応じて、経営コース・公共コース・法心理コースの3つの中から選択することになります。法心理コースは警察官を中心とした公務員志望に適合した内容です。公共コースが国家公務員や地方公務員志望の方が選択します。経営コースは企業社会で活躍し、将来的には会社幹部も期待できる人材の育成を行っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です