法学を中心に学ぶ日本文化大学

法学部のみが設置された単科大学

一般的な大学の場合、さまざまな学部が設置されているため、入学すれば多様な知識を身につけることができます。しかし日本文化大学では状況が異なっていて、設置されている学部が法学部に限られているのが特徴です。また、法学部の中で学科が細分化されているわけでもなく、学科も法学科のみとなっています。法律をしっかりと学びたいと考えている学生、法律の知識を活かせる職業を希望している学生にとって、安心して学ぶことができる環境が整っているのです。日本文化大学では全ての学生が法学部に所属することになりますが、もちろん法律以外の知識を学ぶこともできます。一般教養の授業も充実しているのです。

 

 

豊かな人間性を育んでいく教育

大学というのは、単に知識を身につけるだけの場ではありません。日本文化大学では法学部で法律を中心とした授業を提供しているわけですが、人間性を育むための取り組みにも力を入れているのです。社会に出てから一般的な教養を身につけることはできません。大学に通っている間に、勉強以外の部分でも大きく成長しなければならないのです。日本文化大学では、学生に豊かな人間性を身につけさせるために必要な教育も行っています。法学部で学ぶことは、ただ法律を覚えることではありません。どのように法律知識を活かしていけばよいかを、自分で考える力も身につけることが大切です。

 

 

社会にしっかり貢献する人材育成

日本文化大学に設置されている学部は法学部の身ですが、倫理学などの教育もしっかりと行っています。大学を卒業した後は、一般企業や官公庁などで働くことになるわけです。そのとき、社会に貢献することができなければ、大学での勉強をした意味がありません。日本文化大学は、学生が卒業した後に社会貢献できるように、倫理学をはじめとした人間として必要な知識をも教えています。一般的な大学は学生の総数が非常に多く、学生一人ひとりに丁寧な指導をすることが困難です。その点、法学部法学科に限定されている日本文化大学は学生の数も限られていて、人間性を育てる指導もしやすくなっています。

 

 

 

少人数の授業が中心になっている

SONY DSC

学生の総数が少ないことを活かし、日本文化大学では少人数のクラス授業を多く取り入れています。法律に関する授業はもちろん、倫理学のような人間として必要とされる知識や、日本文化史のように日本人に欠かせない知識を習得するための授業も多いです。教授の話を聞いて覚えていくだけの授業ではなく、学生が自ら考える力を養うための教育に力を入れています。討論会を行って学生同士が意見を出し合ったり、模擬裁判で裁判の様子を体験したりすることが可能です。卒業後には公務員を目指す学生が多いので、外部の講師による専門講座もあります。3年次のように進路を考える段階で初めて受けるのではなく、1年次から取り組むことができるのが日本文化大学の大きな魅力です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です