日本文化大学の紹介と特色について

●日本文化大学で学べる内容と特色について
日本文化大学の特徴は、法学部のみを置く単科大学であることです。法学部の中に3種類のコース(経営コース・公共コース・法心理コース)があり、2年次以降に各コースに分かれて専門分野を学びます。各コースとも3年次以降の授業に就職に役立つ実践的な内容の科目が組み込まれていて、公務員や民間企業に就職する学生をサポートしています。日本文化大学は比較的小規模な単科大学ですが専門性が高くて実践的な教育が受けられるのと、他の大学・学部には無い独自性を兼ね備えているという特色を持っています。卒業後に警察官に採用される学生が多く、法心理コースでは日本では数少ない犯罪に関する心理学・法律を学ぶことができます。
日本文化大学は1年次に基礎科目を学びますが、日本文化を学ぶためのカリキュラムも組まれています。キャンパス内の茶道室を利用して、茶道と通して日本文化を体験しながら学習します。

 

 

●日本文化大学のキャンパス内の施設と学習環境について
日本文化大学のキャンパスは八王子にあり、最寄駅は横浜線片倉駅です。キャンパスは駅から徒歩7分の距離にあり、東京だけではなくて横浜・川越からも通学することが可能です。八王子キャンパスの他にも山手線高田馬場駅前にある高田馬場学習センターと、京王線山田駅から徒歩5分の位置にある総合グラウンドがあります。
日本文化大学の学生は、入学してから卒業するまでの4年間にわたり八王子キャンパスで過ごします。八王子キャンパス内には授業を受けるための校舎の他に、剣道場・弓道場・テニスコート(人工芝)・柔道場・体育館などのスポーツ施設が設置されています。キャンパスの中心部には「メディアセンター」があり、内部には図書館やPCルーム・学生支援室があります。メディアセンターは授業の合間やレポート課題などに取り組む学生が利用しています。キャンパス内には学生食堂や談話スペース「さくらテラス」、約1kmの遊歩道「和敬の道」などもあります。

 

 

●日本文化大学の強みとは
日本文化大学の最大の強みは、警察官や公務員に就職する学生のために専門性の高い教育が行われていることです。1・2年次には基本的な内容を学びますが、3・4年次には就職に役立つ実践的な授業が数多く用意されています。法心理コースでは警察官OB・OGによる講義や就職支援に役立つ講習が実施されます。キャンパス内には授業で使用する模擬法廷が設置されています。この模擬法廷では裁判官・裁判員や弁護士・検察官・傍聴人の席が忠実に再現されていて、より実践的な方法で法律を学ぶことができます。

 

 

 

●日本文化大学の部活・サークル活動とは
日本文化大学には15の部活・サークルが活動を行っています。特に力を入れている部活動は、日本文化を代表する剣道・柔道・弓道です。柔道と剣道は警察官にも求められる武道で、多くの学生が入部して練習に励んでいます。これらの他にも野球・テニス・サッカーなどの体育系のサークルがありますし、軽音楽や写真などの文化系サークルで活動に励む学生もいます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です