就職支援も充実している日本文化大学

【就職に強い日本文化大学】

日本文化大学は雑誌でも紹介されるほど就職に強い大学として知られています。
憧れの職業で常に上位に入っているのが警察官や刑事ですが、日本文化大学は警察官の合格率が高く全国トップです。
日本文化大学は東京都八王子市にキャンパスがあります。
法学部だけという日本では珍しい単科大学なので他の大学と比べると地味な存在ですが、公務員の就職に強いと注目を集めています。
2016年度の卒業生は約200人ですが、その半分以上が公務員試験に合格しています。
特に警察官の合格者が多いのが特徴で、大学側でも対策講座など様々なサポートを提供します。
日本文化大学ではキャリアマネジメントが大学の1年次からスタートし、初年度は基礎を学びます。
2年次は教養と応用力を習得し、3年次は実践になります。
大学側では綿密なスケジュールを組んで対応しています。
日本文化大学のキャリアマネジメントは、約7割以上の学生が受講しています。

 

 

【日本文化大学の手厚い就職サポート】

日本文化大学では3年生のときに試験演習が加わります。
キャリアマネジメントと平行して選択科目に試験演習がプラスされコースが分かれます。
採用試験に向けた準備を重ねて公務員試験に臨みます。
日本の公務員試験は学力も重要ですが人物重視の傾向があります。
日本文化大学では少人数制のゼミを行い、グループディスカッション形式の授業が行われています。
公務員試験を受ける学生の中には専門の学校に通う人もいますが、日本文化大学の学生は授業の中で学べるため専門学校に通う必要がなく、時間もお金も節約できます。

 

 

【マンツーマン指導で学生に向き合う日本文化大学】

日本文化大学には学生支援室が設けられています。
学生支援室では面接時の指導なども行います。
学生が夢を実現できるように、細やかなバックアップをします。
就職先がスムーズに決まらない場合は、就職先の紹介も行っています。
日本文化大学は少人数制なので、就職のバックアップもマンツーマンで行うことができます。
学生のキャリアを支援する学生支援室に行くと、公務員や一般企業の試験案内や採用情報をチェックすることが可能です。
就職の季節になると様々な企業から求人票が寄せられますが、求人票も学生支援室で見ることができます。

 

 

【個別指導で面接のノウハウも習得】

選考過程で重要なのが面接です。
短い面接時間の中で、自分がどのような人間かをアピールする必要があります。
日本文化大学では就職対策の一環として綿密な面接指導を行っています。
面接のノウハウをしっかりと身につけ、将来に不安を感じた場合は悩みを相談することができます。
採用試験を考慮して実践的なカリキュラムが取り入れられています。
学生のための講義が充実しているのも魅力で、専門的な講義を受けることで最終関門の面接試験に必要な基礎力と創造力を養成できます。
様々なサポートを行い、進路が決定するまで学生をしっかりとサポートしていきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です