日本文化大学の入試に向けて準備するもの

試験の内容は実施する機関によって異なります。
センター試験のように画一的に実施するところもあれば、
何か一発芸のようなものを発表するところもあると思います。
大学でしたら筆記試験オンリーのところが多いかもしれませんが、
中には日本文化大学のように「面接」を重視しているところもあるかもしれません。

日本文化大学はAO入試、指定校推薦、一般入試、センター試験入試など、
いくつもの試験を用意していますが、そのすべてで必ず「面接」を実施しています。
これは日本文化大学が、学業よりも人間性を重視しているからだと言えます。
日本文化大学は日本の文化を継承させるために作られた大学であり、
入学する人間が日本文化大学にとって相応しいかを見極めます。
実際には全員入学状態なので、
面接でよほど変なことをしなければ落ちることはありません。
それでも推薦入試の合格率は100%ではなく99%なので、油断は大敵だと言えます。

面接以外にも色々と準備しないといけない項目はあります。
推薦入試でしたら、小論文を書かないといけません。
日本文化大学で過去にどんなテーマが出されたかは、
オープンキャンパスにて確認することが出来ます。
推薦入試の願書を手に入れるには、
必ず一度は日本文化大学に足を運ぶ必要がありますので、
その際必ず過去問を手に入れるようにしてください。

また、試験会場に持参する物も、しっかりと下調べしないといけません。
試験内容によっては、余計な物を持っていくだけで、退場させられることもあります。
センター試験の数学のテストで電卓を机に出して、
退場させられたニュースは記憶に新しいと思います。
もちろん、筆記用具や受験票などを忘れると受験することは出来ません。
電車賃を忘れても会場まで行くことは出来ません。
それらは忘れないと思いますが、意外と忘れがちなのがお弁当です。
日本文化大学の最寄り駅にはコンビニが一軒だけなので、
もしかしたら売り切れてしまうかもしれません。

キャンパス内の学食は、試験当日は閉館しています。
お昼の現地調達はかなり難しいので、
なるべく地元のコンビニでお弁当を買うようお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です