メディアでも話題の日本文化大学

【警察官など公務員の就職に強い大学】

日本文化大学は警察官の就職に強い大学で、最近は雑誌など様々なメディアで紹介されることが増えています。
東京都八王子市の緑豊かな場所にある日本文化大学は、法学部法学科だけの単科大学です。
日本文化大学には様々な特徴があります。
特徴のひとつが警察官の合格率が高いことです。
警察官採用試験に強いことは、メディアでも度々紹介されています。
大学での試験対策プログラムが充実していることと学生の意欲が、警察官合格率10年連続日本一の背景にあります。
大学では警察庁や各県警の採用担当者を招き、説明会を実施しています。

【日本文化大学における大きなポイント】

日本文化大学には大きなポイントが4つあります。
設立当初から日本文化を大切にしてきた大学で、現在でも日本の文化や伝統を大学で学ぶことができます。
伝統を深く理解することで教養を深め、品格を高めていきます。
卒業生の活躍で、日本文化大学の教育方針が高い評価を受けています。

【法学部での深い学びで成長する】

日本文化大学は日本でも珍しい単科大学で、法学に特化した教育が行われています。
2年次から経営コースと公共コース、法審理コースに分かれるのが特徴です。
経営コースは一般企業や自営業を目指す人のコースで、公共コースは公務員や国家試験の受験を希望する学生向けのコースです。法心理コースは、警察官や消防官向けのコースになります。
学生は自分が目指すキャリアに合わせて進路を選択します。
所属コース以外の科目でも、希望すれば自由に学ぶことができます。
日本文化大学は資格の取得にも力を入れています。
資格を取得しておくと、社会に出てからの大きな武器になります。
日本文化大学では、学生が資格を取得できるまでしっかりとサポートし明日。

【就職にも力を入れている日本文化大学】

日本文化大学では大学1年次から就職のサポートがスタートします。
就職活動に直結するプログラムが用意され、大学の4年間を通じて様々なバックアップがあります。
日本文化大学は少人数制なので、学生に対してきめ細かい指導ができます。
専門ゼミも充実した内容で法律学だけでなく経済や国際関係、文化論など様々なテーマがあります。
10名前後の少人数制なので、教員との距離が近く何でも相談することができます。
専門ゼミは議論を中心に行うので、自分で考えるスタイルが身につきます。
日本文化大学では1年生のときに基礎を学び、2年生になると1年次で学んだことをさらに深く学びます。
3年次になるとキャリアマネジメントに試験演習が加わります。
大学では様々なイベントが開催されますが、スペシャリストセミナーはビジネスや官界の最前線で活躍している講師を招き開催されます。
警察官のOBやOG、企業に勤める人の体験を聞くことで就職活動に向けたモチベーションを上げていきます。
日本文化大学では、入学の直後から就職活動につながるプログラムが多数用意されています。
学生支援室では警察官や公務員、一般企業の試験案内や採用情報を詳しく知ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です