日本文化大学の就職先

日本文化大学は警察官のための大学と知られている通り、
毎年多くの卒業生を警察官にしてきました。
2015年3月の卒業生を見ても、合計90名もの卒業生が警察官になりました。
なお、キャンパスが八王子にある関係で、
警視庁(東京都)と神奈川県警への就職が多数を占めています。
近県ということで、千葉県警と埼玉県警にも数名の卒業生が行きましたが、
それ以外の県は1名から3名のところがほとんどです。
もしかしたら、Uターン就職かもしれませんね。

また、警察官以外の道に進む方も多いです。
例えば、地方公務員。
警視庁の事務職員や市役所に勤める方も数名います。
国家公務員として自衛官になる方も何名か居ます。
昨年は、消防官になった方が1名いました。
いつもならもう少し消防官に進む方は多いそうですが、
こういう年もあるみたいです。

公務員だけではありません。
卒業生で民間の企業に進む方は大勢います。
銀行、証券、鉄道、不動産、商社、警備会社など、
数多くの民間企業の内定を勝ち取った人たちがいます。
警備会社あたりは、ある意味、警察官に似ているところがありますよね。

日本の若者の多くは、漠然とした将来を思い描いて、
多様性や可能性を求めて「どの職業にも有利になる」大学・学部・学科を目指します。
基本的には、高学歴なところを目指しています。
医学部や法学部は、ある意味進路が固定されていますが、
日本文化大学は警察官という職業になるための学校として
多くの若者から認識されているのです。
もちろん、医学部や法学部の卒業生が
民間の企業に就職するケースは珍しくありません。
中には自分で起業する方も居ます。

そして、どの大学にも就職支援学科(キャリアセンター)があるように、
日本文化大学もまたそうした設備・環境が備わっています。
警察官になるための採用試験対策が、他大よりも遥かに充実しているのです。
他の公務員対策も用意されており、
こうした道に進むことを早くから決めている多くの受験生から、
日本文化大学は人気になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です