日本文化大学の本当の魅力とは

●日本文化大学は公務員試験に強い

日本文化大学の学生たちに大学の魅力を聞くと、公務員試験に強いという答えがよく返ってきます。実際に日本文化大学は公務員試験に強く、多くの卒業生が公務員になっています。公務員試験は、昨今の経済情勢や学生の安定志向もあり、かなり競争率が高くなっており合格するのはそう簡単ではありません。日本文化大学はそれほど偏差値が高い大学ではありませんが、それでも多数の公務員試験合格者を輩出できているのはなぜなのでしょうか。その秘密は、入学初年度からの徹底した進路指導や試験対策にあります。日本文化大学では、入学直後から就職活動に直結するプログラムを用意しており、教員も4年間を通じてきめ細かいサポートを行っていくので、学生は早くから就職というものを見据えて学生生活を送ることができるわけです。公務員試験対策講座の他にも、各種資格取得のための講座を設けており、学生は自分の進路に合わせてそれらを受講していくことが可能です。

●なんと警察官の合格率は日本一

日本文化大学は公務員試験に強いですが、特に突出して合格率が高いのが警察官試験です。なんと10年連続で警察官合格率が日本一になったこともあるほどで、これは偉業といっても過言ではありません。採用する警察側の方でも、日本文化大学の学生は定着率がいいということで評判が高いようです。もはや警察官なら日本文化大学だというようなブランドになりつつあるのかもしれません。警察官の中にOBがたくさんいるということは、これから就職する人にとっても有利でしょう。

●日本文化を学べる

日本文化大学では、単に資格試験や公務員試験対策の授業をやっているばかりではありません。法学などの学問もしっかりと学ぶことができるのが特徴です。特に学生たちに好評なのが、日本文化を学べることです。日本の文化や伝統を理解することで、本物の深い教養を身につけ、人間としての品格を高めていくことができるようになります。日本文化大学では、例えば1週間に1度くらい茶道実習を行うようにしています。ここで礼儀作法や日本文化の精神を自然と学ぶことができるでしょう。この日本文化を学ぶことは、一見無駄に見えるかもしれません。しかし、実はこれが人間力を養うのに大きく役立っており、就職率の向上などにも寄与しているようです。

●オープンキャンパスに行ってみよう

日本文化大学の魅力を知りたいなら、ぜひオープンキャンパスに参加してみるのがおすすめです。どんなに言葉で説明するよりも、やはり自分の目で見て肌で感じるのには及びません。日本文化大学では年間に何回もオープンキャンパスや入試説明会を実施しており、そこでは楽しいイベントなども開催されています。公務員になったOBなどのトークショーなどもあるので、将来公務員になりたいと思っている人にはとても参考になるはずです。他にも在学生によるキャンパス案内など、楽しいイベントが満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です