日本文化大学の入試要項について

日本文化大学の入試要項がもう公式サイト上にてアップされています。
早いような気もしますが、試験はもうすぐそこまで迫ってきているのです。
特に推薦入試を考えるならば、今から対策をしても遅いくらいです。
高校1年1学期からの内申で審査されるため、
高校入学時から内申稼ぎに精を出す必要があると言えます。

日本文化大学の一番最初の試験は、8月27日(日)です。
警察官志望AO入試の第一期で、夏休みが終わる直前に試験があり、
また合格発表も8月中です。
手続きの締め切りが9月8日(金)というスピード対応になります。
そのAO入試の試験内容ですが、実質、800文字小論文がひとつだけです。
出願書類と面接がありますが、こちらはオマケのようなものになります。
とりあえず、小論文の対策をすれば、99%の確率で合格できると思います。
実際、去年の合格率を見てみると、本当に99%です。
落ちた1名がちょっと気になりますね。
対策を全くしなかったということでしょうか。

日本文化大学のAO入試を受ける条件はいくつかありますが、
基本的にはどれも建前です。
とりあえず、第一志望でしたら、誰でも出願することが可能です。
その代わり、必ず一回以上はキャンパスに訪問する必要があります。
むしろ、そのキャンパス訪問で出願書類を手に入れる感じになります。
日本文化大学の第一回オープンキャンパスは5月14日(日)にありますので、
この大学を第一志望に考えている方は、
この日に行ってみるのはいかがでしょうか?

日本文化大学の入試は多彩です。
AO入試は「警察官」と「公務員」の2つがあり、
他にも一般推薦、指定校推薦、自己推薦といくつもあります。
むしろ、これらの違いをきちんと説明できる方はどれだけいるのでしょうか?
指定校推薦の違いは分かりやすいですが、AO、一般、自己の違いは
筆者でも良く分かっていません。

おそらく、出願に必要な内申ポイントや試験内容が変わると思いますが、
その詳細まではアンノウンです。
具体的に何が必要かは、
日本文化大学のオープンキャンパスの時に訊いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です