日本文化大学のキャンパスマップ

日本文化大学のキャンパスは、自然に恵まれた環境の中に広がっています。キャンパス内には勉学やスポーツに励む学生のために、最新の設備が整えられています。大学で生徒が授業を受けるための施設が新2号館で、新2号館は2019年11月に完成したばかりの比較的新しい建物です。建物内には日本文化大学の学生が利用できるラウンジなどの施設があり、体を鍛えたい学生が利用できるB’GYMというトレーニング設備もあります。自習をするためのスペースも新2号館内にはあるので、一人で勉強をしたい時にも気軽に利用できる建物です。新2号館の近くに建設されているのがメディアセンターで、この建物も日本文化大学の主要な教育施設です。メディアセンターは2013年に、東京建築賞を受賞したデザイン性に優れた建物で、内部には図書館やPCルームなどの、日本文化大学の学生が利用できる施設が充実しています。メディアセンター内には学生支援室という施設も設置されていて、学生を総合的に支援する体制が整えられています。建物は半月状の形になっていて、壁には大きめの窓ガラスが設置されているので、晴れた日には外の光が多く入ってくる明るい建物です。日本文化大学のキャンパス内には楽工舎という建物もあり、この建物内にも複数の設備が設置されています。特に特徴的なのが模擬法廷という施設で、これは本物の法廷をリアルに再現している施設です。この模擬法廷を使用して、日本文化大学の学生が法律の勉強をしています。裁判官の席や傍聴人の席まで、施設内には本物そっくりに再現されています。楽工舎にはさくらテラスという施設もあり、これは学生が気軽に食事をしたりおしゃべりができるスペースです。部活動やゼミの話し合いなどにも利用されていて、春には窓の外に咲いている桜を見ることができます。楽工舎にはパウダールームも設置されていて、一人ずつのスペースがパーテーションで区切られているために、まわりを気にせずに化粧を直すことができる、女性にうれしい施設です。日本文化大学には柔道場と剣道場もそれぞれ設置されていますが、柔道のための専門施設が立志館です。この施設は2017年に完成した施設で、国際規格にも適合している本格的な柔道施設です。日本文化大学の学生が柔道の練習に使用しています。剣道場は5号館にあり、5号館は柏樹記念館という名称がつけられています。日本文化大学には学生が食事をできる施設もあり、蜷川会館内の学生食堂は安価でボリュームがあるメニューを食べられることから、学生にも人気があります。天井が高いので、非常に開放感のあるスペースです。日本文化大学のキャンパスには、その他に4号館という建物もあり、AVホールやニチブンビューラウンジなどの施設が設置されています。各種のスポーツができる施設も整っていて、全天候型のテニスコートやフットサルコート、バスケットコートなどが整備されています。正門の近くには人工芝のグラウンドがあり、照明設備があるので夜間でも利用できるグラウンドです。

non-noでも紹介された日本文化大学

日本文化大学は、学生ファーストな校風で知られていて学生に嬉しいポイントがたくさんあるため、雑誌でも特集が組まれて紹介されるほどです。就職活動にも非常に強いということでも名高く、ぜひ日本文化大学で学んでみたいと思いませんか。日本文化大学の誇る、他の大学とは異なる様々な点についていくつかポイントを挙げて紹介していきます。

まず日本文化大学の一番わかりやすい特徴として挙げられるのは、学生たちがとても快適に過ごせるように作られたキャンパスです。緑のあふれる広々としたキャンパスが、東京の八王子にあり2019年11月には新校舎が完成しています。本館の楽工舎には開放的な吹き抜けがあって、模擬法廷や茶室であったりラウンジなどの設備も充実しているのが特徴です。キャンパス内には図書館やPCルームが備えつけられたメディアセンターがありますし、外を歩く時も気持ち良い遊歩道なども整備されているので、学友たちとの休憩時間も楽しめそうです。2019年11月に完成した新校舎は、なんと全面ガラス張りというお洒落な出で立ちで、開放感抜群の空間をぜひ一度見学して頂きたいです。

それ以外の特徴として注目して欲しいのは、履修モデルを自分の将来像と照らし合わせて決められることです。将来の夢や目標を叶えるためにはどのように勉強を進めれば良いのかと不安や悩みを感じる人も多いと思います。しかし日本文化大学にはその不安を解消できるように、いくつかの履修モデルが組まれています。例えば法律専門職モデルや警察官・消防官モデルであったり、公務員モデルやビジネス関連法モデルなどのように、将来なりたい職業をイメージしながら選択できる履修モデルが分かりやすく設定されているので、迷うことなく決められるでしょう。それだけではなく、国家一般職や地方上級や専門職の公務員を目指す学生のためには、特別選抜クラスという専門のコースも設けられています。このように様々な設定をされた履修モデルを参考にしながら、日本文化大学の学生たちは自分の目標に合わせて習熟度別に分かれたクラスで学ぶことが出来るので、最適な学習計画を立てられ将来の就職活動も安心して臨むことが出来ます。

そして特に他の大学にはない日本文化大学独自の特徴と言えるのが、女性の学生向けに配慮された楽工舎にあるパウダールームがあることです。このパウダースペースはゆったりとした広いスペースの中に、お化粧直しをできるコーナーからソファーがあってゆっくり喋れるラウンジ、サークル活動などの時に向けて着替えも出来る更衣室まで完備しているのだから驚く人も多いでしょう。まるで大学の中とは思えないような可愛い壁紙は、実は学生たちが選んだデザインだそうで女性たちからはとても評判の高いスペースになっています。大学の中に、こんなにも居心地がよくリラックス出来たり気分転換できるスペースは、なかなかないものです。日本文化大学のパウダースペースは居心地がいいだけでなく、学年問わず友だちができる交流の場所にもなっていて、大好評です。

警察官実就職率が高い日本文化大学

【日本文化大学の警察官実就職率】

日本文化大学は警察官実就職率が非常に高い学校として知られています。警察官合格率10年連続日本一という記録も達成しています。2018年の警察官実就職率を例にあげると、この年も日本の大学の中で一番高い実就職率を達成したのが、日本文化大学です。2018年の日本文化大学の警察官実就職率は44パーセントで、この年の2位の大学は15パーセントの実就職率であったことから、2位の大学よりも20パーセント以上高い就職率であったことがわかります。これほどまでに多くの学生が警察官の試験に合格したのにはしっかりとした理由があります。

【高い警察官実就職率の理由】

日本文化大学の警察官実就職率が高いのは、学生の就職のために学校がさまざまなサポートを行っているからです。日本文化大学で特に重視しているのがキャリア教育で、キャリアマネジメントは必修の科目になっています。キャリアマネジメントの授業は入学したばかりの1年生の段階から始められ、1年生の授業は日本文化大学の講師が授業を行っています。日本文化大学のキャリアマネジメントの授業は、外部の講師を招いて授業を行っていることも大きな特徴で、2年生以上の学生の授業を担当しているのは予備校の講師です。公務員の試験対策について専門的な知識を多く持っている予備校の講師の授業を受けることで、学生は試験前にしっかりとした対策ができるようになっています。

【学年ごとに異なる試験対策】

警察官の試験に合格するためには幅広い知識が必要になりますが、日本文化大学で重視しているのが数学の指導です。公務員試験には受験者の数学的思考力をはかるための問題も多く出題されていることから、試験に合格をするためには数学力をアップさせることも必須になります。日本文化大学では1年生の段階から数学の問題の指導を行っていて、早い段階から数学の問題に慣れておくことで、効率的な試験対策ができます。3年生の授業からは試験の面接対策も行われ、繰り返し練習をすることで、学生が実際の面接の時に、対応できるようにしています。3年生では就職情報概論という必修科目もあり、エントリーシートの書き方などを指導しています。

【日本の文化を総合的に学べる大学】

日本文化大学は、公務員試験の対策の他にも、さまざまなことを学べる大学です。法の知識だけでなく、これからの若者は温かい人格も持たなければいけない、という大学の創始者の言葉を大切にして、日本文化大学では法律の勉強とともに、生徒の人格形成も重視しています。そのために行われているのが茶道の授業です。茶道はこの学校で必修の科目になっています。茶道が必修科目になっている大学は非常に珍しいですが、茶道を学ぶことにより、姿勢や言葉遣いなどが学べるという考えから、茶道を人格教育の授業として行っています。警察官の実務に役立つ柔道や剣道のための施設も大学内にはあります。