ユニーク教育の日本文化大学はメリットが満載

日文大って知っている?
大学の進学率が50パーセントを超えた現代ですが、大卒で就職をしたからと言って安泰だという時代ではなくなりました。今や年功序列制度は崩れ、安定した職業に就くのも容易ではない時代になりました。そんな時代にあって、圧倒的な就職率を誇っている大学があります。大学というといくつもの学部がある大きな規模を想像しがちですが、そんな中にあって東京の八王子を拠点とする「日文大」の愛称を持つ日本文化大学をご存知でしょうか。日文大は、法律学部だけの単科大学です。豊かな自然に囲まれたキャンパスは、最新の設備が整っています。

 

 

 

 
日本文化大学は他の学校とココが違う!
日本文化大学は法学部だけの単科大学ではありますが、他校の法学部と一味違うところは、ここでは法律だけでなく日本の文化も学ぶことが出来るというところではないでしょうか。例えばキャンパス内に設けられている茶室を利用して、日本の文化である茶道を行うというのがカリキュラムに組まれています。法律と一緒に日本の文化を学ぶという方針の根底にあるものは、背景にある日本の歴史やその時代の文化を学ぶことによって、その法律が制定された意味を学ぶことができるという考え方です。従って日本文化大学の学生は、法律を学びながら知らず知らずのうちに母国である日本の文化を一緒に学んで行くことが可能となります。

 

 

 
警察官や公務員を目指すなら日文へ!
日本文化大学が、度々話題に上っているのには他にも理由があります。それは、安定のない世の中にあって安定した職業である警察官や公務員の就職率が、他大学に比べ群を抜いて良いからなのではないでしょうか。それもそのはず、日本文化大学は1年生の時から資格取得を目指す学生のサポ-トを充実させているという事実があります。場合によっては外部からの講師を招いて資格取得のための講義を開いたり積極的に模試を受けさせるなどの手厚いフォロ-を行っています。ほとんどの学生が何らかの資格取得を目指しているため、キャンパス内は学生らしい明るさの中にもアカデミックな雰囲気に満ち、良い意味でのライバル意識が芽生えることで、勉強に対する高いモチベ-ションを保つことが可能となっています。

 
ひとりひとりを大切に教育とは
日本文化大学が学生を大切にしているのは、少人数制のクラス担任制度を取り入れていることからも良くわかるはずです。教師は成績のみならず性格をも熟知しているので、要所要所で的確なアドバイスをすることが出来ます。そして、この丁寧な指導こそが、他には例のない公務員や警察官への高い就職率を誇る秘密なのではないでしょうか。また、日本文化大学の卒業生は大変に評判が良く、後輩たちを鼓舞するには十分な活躍を社会において成し得ています。
日本文化大学はオープンキャンパスを開催しています。将来警察官や公務員を目指したいと考える学生は、是非一度日文大に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です