日本文化大学の一般的な評価について

日本文化大学とは

日本文化大学というのは、東京都八王子市に本部を置く日本の私立大学として知られています。国内外からの評価も高い大学で、学生たちは建学精神のもとにのびのびと学び学生生活を謳歌しているのです。初代学長は第二次世界大戦中に日本の急速な変化により、日本の伝統や文化、そして秩序などが失われていることに危機感をいだき、ヨーロッパへの留学を決意します。ヨーロッパでは勉学に励みに、帰国後交配した日本において祖国の復興に欠かせない優れた人材を育成するための大学が必要と考えて日本文化大学を設立しました。規模の小さな大学でありながら、日本の文化や法学を学ぶことに適した大学です。

 

日本文化大学の特色

日本文化大学では、法学部のみの単科大学であることが特色です。私立大学でありながら長い歴史を持つ大学として優秀な人材を集めることができるのは、やはり法学という基礎力に優れた大学であることが強みとなっているのがわかります。初代学長の建学精神に基づいて、一年時の教養の授業では、失われつつあると学長が危惧していた日本文化を学ぶためのカリキュラムが充実しているのが特徴です。他大学ではまず見られないこのような日本文化を学ぶための授業は珍しいため、日本文化大学だけの特色あるカリキュラムと言えるのではないでしょうか。大学構内には茶道室が設けられているのもとても珍しく、茶道の教えを受けて体験しながら日本の大切な文化と精神を学ぶことができるのが魅力です。

 

法律を学びたい人のために

日本文化大学は法学部のみの単科大学であることから、法律を学びたいという志の高い学生には優れた環境にある大学であると言えるでしょう。構内には模擬法廷が設けられており、授業の一環として模擬裁判を実施しています。このような実際の体験から法曹を志したいという学生にとっては大変優れた環境にあることがわかります。日本は法治国家であることから、法の成り立ちを学ぶことによって社会を理解し、そのような社会の中でどのようなことができるかを考えることは重要なことです。法律の知識というのは就職してからも何かと役に立つことから、就職活動でもその知識を活かした就職が人気です。

 

就職に強い大学

日本文化大学は就職支援を熱心に実施している大学です。法学部のみの単科大学であることから、公務員や警察への就職率が高く、大学側も全面的にバックアップしてくれる体制が充実しています。就職支援では大学一年時からマンツーマンでの支援を受けることができるので、就職活動の時期に慌てること無くスムーズに就職活動を行うことができるのがなんと言っても強みであると言えるのではないでしょうか。大学と企業との連携が取れているので、大学へ直接募集が来ることもあり、その情報を優先的に教えてくれます。また、大学では様々な資格取得を応援する制度があり、様々な分野の資格講座が開講されているので、それを利用することができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です