日本文化大学は就職支援が充実

「4年間で見違えるほど成長できる」

日本文化大学では社会で活躍する人材を育成しており、法学に特化したカリキュラムが組まれています。法学部のみが設置された単科大学として、長年の歴史と実績を重ねています。法律に携わる人材には、豊かな人間性が要求されます。それゆえ日本文化大学では、法律取得のカリキュラムだけでなく、日本の伝統や文化を含めた幅広い学習プログラムが組まれています。同じ志を持つ仲間と共に、切磋琢磨しながら成長できる4年間となります。それにより知性はもちろん、礼や義を備えた人材となり、希望する未来につながる道を見出すことが出来ます。

「警察官採用試験に強い」

日本文化大学は、警察官の合格率で10年連続日本一を達成しています。それは試験対策プログラムが充実している証拠で、学生の勉強意欲が高い結果と言えます。毎年4月には警視庁や県警の採用担当を招き、試験対策に役立つ説明会も実施しています。同大学の学生は入学から卒業するまで、様々な学びを通じて成長を図ることになります。それが社会へ旅立つ基礎となり、自信となるわけです。日本文化大学は学生の基礎教育や専門教育、ゼミ制度やキャリア教育によって、学生の成長を後押しする役目を担っています。学生が確実にステップアップできるよう、中身の濃い4年間が用意されていると言えます。

「日本の伝統や文化が学べる」

日本文化大学では、日本の伝統と文化を理解することを重視しています。それが深い教養につながり、人間としての品格を高めると考えているからです。同大学が行う人間教育は、多くの卒業生の活躍により、社会の幅広い領域において高く評価されています。日本文化大学では、文科系にありがちな座学中心ではなく、フィールドワークを伴った現場主義の学びを取り入れています。学問の幅広い領域を肌で感じることで、現場に即した学びが可能になるわけです。何より法律の世界は、現場主義が最も求められるものです。法学部での学びは、単に法律書を丸暗記することではありません。法律は人々の生活と密接に結びついており、必要に応じて変化や進化が求められます。法律の周辺環境に柔軟に対応するには、日本文化の理解を深めながら、現実に即した教養を身につける必要があるわけです。

「様々な資格が取得できる」

資格取得は希望の進路に進むための、強力な武器となります。日本文化大学では学生の就職支援の一環として、資格取得を全面的にサポートしています。ヤル気のある学生はいつでもサポートを受けることができ、学年に関わらず担当教員による支援が受けられます。学内では様々な資格取得対策講座が実施されており、充実した内容となっています。主な対策講座としては、行政書士受験講座や社会労務士受験講座、簿記検定受験講座などが挙げられます。日本文化大学では入学直後に、就職活動直結のプログラムを用意しています。4年間にわたりきめ細かなサポートが受けられるので、モチベーションアップにもつながるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です