日本文化大学の特徴と魅力

日本文化大学の特徴を知って受験対策をしよう

日本文化大学は他の大学との違いとして、法学部で構成されている単科大としての特徴を持っています。一般入試の受験科目は国語が必修となっており、英語と地歴公民から1科目を選択する2科目試験となります。ただし大学受験をする際に英検2級以上を持っている学生の場合は、一般受験の選択科目が免除されて国語の試験に加えて面接だけで合否判定をしてもらうことが可能です。
英検2級以上を持っている場合のケースは、選択科目が合格基準を満たしているものと判断されるためで、かなり有利な条件で受験することができる大学として英検取得者にとっては他の学生と比較しても有利な条件で受験することができるメリットがあります。

日本文化大学に通う学生は将来どんな職業についているのかチェック

現在国内では就職事情が厳しいと言われており、特に人気の高い公務員は倍率が非常に高くなってきている傾向にあります。そんな情勢を受けて近年日本文化大学が注目されている理由の一つに、警察官の採用率が日本国内で最も高いと言われており卒業生の約18%が警察官になっている傾向にあります。近年特定の資格取得に特化した大学が増えており、公認会計士や行政書士の資格を取得するという学生は増えています。
しかし実際に在学中に資格を取得することが出来ても、即仕事に繋がっている人は限られており有名な資格を持っていれば安心して職につく事が出いる人は一握りです。日本文化大学は犯罪心理学や警察学といった授業を揃えており、警察官育成のノウハウをしっかり持っている学校です。そのため将来警察官を目指しているという夢を持っている学生が多く通っている特徴を持ちます。

少人数制のゼミ教育で生徒一人一人の学習能力をアップ

日本文化大学は少人数のゼミナールを重視したカリキュラムとなっており、1年次からゼミを開講することによって講義とは異なり学生一人一人が授業の内容をきちんと理解しているか、常に確認しながら進められることが特徴です。そのため学習についていけなくなってしまうという心配がなく、じっくり授業に集中することが出来ます。これは高校生から大学生になると、今までの学習環境から大きく変化することが関係しており、大学の授業は与えられるものに変化し、自分で学習計画を管理する必要が出てきます。
しかし突然環境が変化することにより、学習内容に適応することが出来ない学生が出てくることも少なくありません。そこで日本文化大学では、少人数制の基礎ゼミを開講することによって一般教養や数学、国語といった高等教育から大学教育へシフトするための段階的な授業を行うようになりました。基礎ゼミは2年次でも継続され、3年~4年では生徒の能力に応じた専門ゼミへと進むことが出来ます。

日本文化大学では就職支援にマンツーマンで向き合う

日本文化大学は学生数が比較的少人数である特徴を持ちますが、警察官をはじめとした公務員や有名企業への就職を成功させている実績を持っています。これは独自の就職支援制度を採用していることが関係しており、入学した1年時から4年間の学生生活を通じて就職支援室がマンツーマン体制で希望職種の就職をしっかりサポートしてくれる特徴を持ちます。少人数だからこそ可能な就職支援室あげてのマンツーマンサポートは、バックアップ体制のもとで希望に向けて就職対策を行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です