日本文化大学が展開する詐欺の防止運動

・特殊詐欺の防止に貢献した

日本文化大学は詐欺の撲滅に力を入れています。2020年8月14日に警視庁南大沢警察署から特殊詐欺被害防止アドバイザーの委嘱状を授与された実績があります。特殊詐欺の被害に遭ってしまうのは65歳以上の高齢者に多いです。高齢になるにつれて判断力が低下し、それで騙されてしまう人が多いのです。特に一人暮らしをしている高齢者は、周りに相談者がいないので騙されやすくなります。寂しさから詐欺話に乗ってしまうケースも多いので、積極的に家族とのコミュニケーションが求められます。 それが難しいのであれば、同世代でコミュニティを形成して参加するという方法もあるでしょう。特殊詐欺を撲滅するには、さまざまな年代層で力を合わせる必要があるのです。

・日本文化大学の詐欺撲滅への貢献

若者のことは若者にしかわからないことが多いです。詐欺をするのは中年世代に多いという認識を持っている人は多いですが、実際は若者が詐欺に手を染めているケースが数多くあります。高校生がオレオレ詐欺の受け子役になった事例は、メディアでもよく紹介されています。日本文化大学の学生が中心になって特殊詐欺防止活動を行うことは、同世代によい影響を与えることにつながるのです。詐欺は出来心でやってしまう人が多いですが、一度でも成功すると抜け出すのが難しくなります。簡単にお金を手に入れることができると、真面目に働くのがバカらしく感じる人もいるでしょう。しかし詐欺行為は高確率で見つかりますし、そうなれば人生を棒に振ることになります。詐欺に手を染めないためには、最初の1回を防ぐことが大切になるのです。

・詐欺はゼロにはできないが減らすことはできる

悪意のある人間がいる以上、この世から詐欺が消えることはありません。決してゼロにはなりませんが、日本文化大学では努力次第で減らせると考えているのです。防犯チラシの配布、意識調査などを積極的に行っており、大きな詐欺防止効果が期待されています。詐欺を防ぐためには、知識を身につけることが大切だと日本文化大学は考えているのです。近年の特殊詐欺は手口が巧妙化しており、簡単には見分けることができません。つまり昔以上に騙されないための知識を身につける必要があるわけです。

・日本文化大学の社会活動と就職率

南大沢署から委嘱をされたのは4団体であり、そのなかに日本文化大学が含まれています。詐欺に手を染める人間は、楽をしてお金を稼ぎたいと考えているケースが多いですが、なかには経済的に逼迫して手を出すこともあります。しかしいかなる理由があれども詐欺は悪いことですし、今後の人生に多大な傷を残してしまうでしょう。日本文化大学の学生が防犯意識を拡散することで、詐欺の防止効果が期待されています。グループで活動することで、より高い防止効果を得られるのです。大勢の学生が参加してネットワークが構築されることで、短期間で詐欺防止の知識を広めることができます。日本文化大学は就職率の極めて高い大学として知られていますが、その背景にはこうした社会活動も関係しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です