日本文化大学の一般的な評価について

日本文化大学とは

日本文化大学というのは、東京都八王子市に本部を置く日本の私立大学として知られています。国内外からの評価も高い大学で、学生たちは建学精神のもとにのびのびと学び学生生活を謳歌しているのです。初代学長は第二次世界大戦中に日本の急速な変化により、日本の伝統や文化、そして秩序などが失われていることに危機感をいだき、ヨーロッパへの留学を決意します。ヨーロッパでは勉学に励みに、帰国後交配した日本において祖国の復興に欠かせない優れた人材を育成するための大学が必要と考えて日本文化大学を設立しました。規模の小さな大学でありながら、日本の文化や法学を学ぶことに適した大学です。

 

日本文化大学の特色

日本文化大学では、法学部のみの単科大学であることが特色です。私立大学でありながら長い歴史を持つ大学として優秀な人材を集めることができるのは、やはり法学という基礎力に優れた大学であることが強みとなっているのがわかります。初代学長の建学精神に基づいて、一年時の教養の授業では、失われつつあると学長が危惧していた日本文化を学ぶためのカリキュラムが充実しているのが特徴です。他大学ではまず見られないこのような日本文化を学ぶための授業は珍しいため、日本文化大学だけの特色あるカリキュラムと言えるのではないでしょうか。大学構内には茶道室が設けられているのもとても珍しく、茶道の教えを受けて体験しながら日本の大切な文化と精神を学ぶことができるのが魅力です。

 

法律を学びたい人のために

日本文化大学は法学部のみの単科大学であることから、法律を学びたいという志の高い学生には優れた環境にある大学であると言えるでしょう。構内には模擬法廷が設けられており、授業の一環として模擬裁判を実施しています。このような実際の体験から法曹を志したいという学生にとっては大変優れた環境にあることがわかります。日本は法治国家であることから、法の成り立ちを学ぶことによって社会を理解し、そのような社会の中でどのようなことができるかを考えることは重要なことです。法律の知識というのは就職してからも何かと役に立つことから、就職活動でもその知識を活かした就職が人気です。

 

就職に強い大学

日本文化大学は就職支援を熱心に実施している大学です。法学部のみの単科大学であることから、公務員や警察への就職率が高く、大学側も全面的にバックアップしてくれる体制が充実しています。就職支援では大学一年時からマンツーマンでの支援を受けることができるので、就職活動の時期に慌てること無くスムーズに就職活動を行うことができるのがなんと言っても強みであると言えるのではないでしょうか。大学と企業との連携が取れているので、大学へ直接募集が来ることもあり、その情報を優先的に教えてくれます。また、大学では様々な資格取得を応援する制度があり、様々な分野の資格講座が開講されているので、それを利用することができます。

 

 

次世代の優れた人材を育む日本文化大学

日本文化大学の成り立ち

日本文化大学は、初代学長が柏樹書院で学んだことを実践する目的で設立された日本の東京都に位置する私立大学のことです。初代学長は、敗戦後に日本社会が劇的に変わっていく最中、日本古来の伝統や文化、そして道徳などが急速に失われていくことに焦りを感じ、ヨーロッパで学ぶことを決意しました。ヨーロッパから帰国してすぐに、日本古来の道徳、伝統、叡智を継承しながら、次世代を担うことができる優秀な人材を育成することを目指し、高い志のもとに設立されたのがこの日本文化大学だったのです。初代学長は、恩愛禮義、清明和敬、重厚中正、そして祖風継承を建学精神として定め、後進の育成に力を注いだのです。

 

 

 

日本文化大学のカリキュラムについて

日本文化大学は法学部のみの単科大学でありながら、進路を見据えた様々な授業を履修することができる充実したカリキュラムに定評があります。1年次と2年次には教養の授業とともに法律の基礎的な学習をするカリキュラムが充実していますが、3年次以降は就職を見据えた実践的な授業が多数用意されており、自分の将来にあったカリキュラムを履修することができます。特に法心理コースにおいては、授業に大学のOBやOGであり、現職の警察官を講義に招いて講習を受けることができたり、就職に役立つ講義を受けることができるのがこの大学の特色です。実際、公務員や警察官への就職率が高いことから、こういった実践的な授業が就職支援につながっていることが伺えます。

 

 

 

少人数授業と担任制の導入

日本文化大学というのは、法学部のみの単科大学で、学生の人数も少ないことから少人数での授業を受けることができます。また、日本の大学の中でも珍しい担任制を導入しているので、生徒との距離が近く、個別指導もしっかりと受けることができるのが強みでもあります。遠方からこの大会へ進学し、生活面での不安や悩みを抱えている学生に対するサポートも実施していることから、規模の大きな大学では決して受けることのできない充実した指導を受けられるのが魅力です。就職や進学などの相談にも親身になってくれるので、進路相談や就職相談もすることができるのです。討論会を開催することによって生徒が自分の意見を積極的に発言することができるような場の提供にも力を入れています。

 

 

就職に強い日本文化大学

日本文化大学の卒業後の進路先として多いのが、警察官や公務員といった公的な仕事に就く人が多いという点です。先に述べたようにこの大学の卒業生には警察OBやOGが多いため、就職に向けての特別な講習を受けられるなど警察官を目指す生徒にとっては最良の環境にあるといえるでしょう。就職支援も大学1年次から受けられるので、中長期的に就職活動に取り組みたいという生徒にとっては最適の大学です。大学講師の多くが元警察官という経歴を持つ人達が多いため、将来的なアドバイスを受けられることができる環境にあります。

 

 

ユニーク教育の日本文化大学はメリットが満載

日文大って知っている?
大学の進学率が50パーセントを超えた現代ですが、大卒で就職をしたからと言って安泰だという時代ではなくなりました。今や年功序列制度は崩れ、安定した職業に就くのも容易ではない時代になりました。そんな時代にあって、圧倒的な就職率を誇っている大学があります。大学というといくつもの学部がある大きな規模を想像しがちですが、そんな中にあって東京の八王子を拠点とする「日文大」の愛称を持つ日本文化大学をご存知でしょうか。日文大は、法律学部だけの単科大学です。豊かな自然に囲まれたキャンパスは、最新の設備が整っています。

 

 

 

 
日本文化大学は他の学校とココが違う!
日本文化大学は法学部だけの単科大学ではありますが、他校の法学部と一味違うところは、ここでは法律だけでなく日本の文化も学ぶことが出来るというところではないでしょうか。例えばキャンパス内に設けられている茶室を利用して、日本の文化である茶道を行うというのがカリキュラムに組まれています。法律と一緒に日本の文化を学ぶという方針の根底にあるものは、背景にある日本の歴史やその時代の文化を学ぶことによって、その法律が制定された意味を学ぶことができるという考え方です。従って日本文化大学の学生は、法律を学びながら知らず知らずのうちに母国である日本の文化を一緒に学んで行くことが可能となります。

 

 

 
警察官や公務員を目指すなら日文へ!
日本文化大学が、度々話題に上っているのには他にも理由があります。それは、安定のない世の中にあって安定した職業である警察官や公務員の就職率が、他大学に比べ群を抜いて良いからなのではないでしょうか。それもそのはず、日本文化大学は1年生の時から資格取得を目指す学生のサポ-トを充実させているという事実があります。場合によっては外部からの講師を招いて資格取得のための講義を開いたり積極的に模試を受けさせるなどの手厚いフォロ-を行っています。ほとんどの学生が何らかの資格取得を目指しているため、キャンパス内は学生らしい明るさの中にもアカデミックな雰囲気に満ち、良い意味でのライバル意識が芽生えることで、勉強に対する高いモチベ-ションを保つことが可能となっています。

 
ひとりひとりを大切に教育とは
日本文化大学が学生を大切にしているのは、少人数制のクラス担任制度を取り入れていることからも良くわかるはずです。教師は成績のみならず性格をも熟知しているので、要所要所で的確なアドバイスをすることが出来ます。そして、この丁寧な指導こそが、他には例のない公務員や警察官への高い就職率を誇る秘密なのではないでしょうか。また、日本文化大学の卒業生は大変に評判が良く、後輩たちを鼓舞するには十分な活躍を社会において成し得ています。
日本文化大学はオープンキャンパスを開催しています。将来警察官や公務員を目指したいと考える学生は、是非一度日文大に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

日本文化大学の紹介と特色について

●日本文化大学で学べる内容と特色について
日本文化大学の特徴は、法学部のみを置く単科大学であることです。法学部の中に3種類のコース(経営コース・公共コース・法心理コース)があり、2年次以降に各コースに分かれて専門分野を学びます。各コースとも3年次以降の授業に就職に役立つ実践的な内容の科目が組み込まれていて、公務員や民間企業に就職する学生をサポートしています。日本文化大学は比較的小規模な単科大学ですが専門性が高くて実践的な教育が受けられるのと、他の大学・学部には無い独自性を兼ね備えているという特色を持っています。卒業後に警察官に採用される学生が多く、法心理コースでは日本では数少ない犯罪に関する心理学・法律を学ぶことができます。
日本文化大学は1年次に基礎科目を学びますが、日本文化を学ぶためのカリキュラムも組まれています。キャンパス内の茶道室を利用して、茶道と通して日本文化を体験しながら学習します。

 

 

●日本文化大学のキャンパス内の施設と学習環境について
日本文化大学のキャンパスは八王子にあり、最寄駅は横浜線片倉駅です。キャンパスは駅から徒歩7分の距離にあり、東京だけではなくて横浜・川越からも通学することが可能です。八王子キャンパスの他にも山手線高田馬場駅前にある高田馬場学習センターと、京王線山田駅から徒歩5分の位置にある総合グラウンドがあります。
日本文化大学の学生は、入学してから卒業するまでの4年間にわたり八王子キャンパスで過ごします。八王子キャンパス内には授業を受けるための校舎の他に、剣道場・弓道場・テニスコート(人工芝)・柔道場・体育館などのスポーツ施設が設置されています。キャンパスの中心部には「メディアセンター」があり、内部には図書館やPCルーム・学生支援室があります。メディアセンターは授業の合間やレポート課題などに取り組む学生が利用しています。キャンパス内には学生食堂や談話スペース「さくらテラス」、約1kmの遊歩道「和敬の道」などもあります。

 

 

●日本文化大学の強みとは
日本文化大学の最大の強みは、警察官や公務員に就職する学生のために専門性の高い教育が行われていることです。1・2年次には基本的な内容を学びますが、3・4年次には就職に役立つ実践的な授業が数多く用意されています。法心理コースでは警察官OB・OGによる講義や就職支援に役立つ講習が実施されます。キャンパス内には授業で使用する模擬法廷が設置されています。この模擬法廷では裁判官・裁判員や弁護士・検察官・傍聴人の席が忠実に再現されていて、より実践的な方法で法律を学ぶことができます。

 

 

 

●日本文化大学の部活・サークル活動とは
日本文化大学には15の部活・サークルが活動を行っています。特に力を入れている部活動は、日本文化を代表する剣道・柔道・弓道です。柔道と剣道は警察官にも求められる武道で、多くの学生が入部して練習に励んでいます。これらの他にも野球・テニス・サッカーなどの体育系のサークルがありますし、軽音楽や写真などの文化系サークルで活動に励む学生もいます。

 

 

日本文化大学に通うためには

【法律と日本の伝統を学べる大学】

日本文化大学は1978年に設立された大学で、片倉キャンパスは東京都八王子市にあります。
法学部のみの単科大学として知られ、法律の知識を習得するだけでなく日本の伝統と文化も深く学ぶことができます。キャンパスは豊かな自然に囲まれ、最新の施設と設備が整っています。
充実したキャンパスライフを送ることができるのも日本文化大学の魅力です。
東京建築賞最優秀賞を受賞したメディアセンターには図書館やパソコンルーム、学生支援室があります。
日本の伝統文化を学べる日本文化大学には立派な茶道室があります。
日本文化の真髄である茶道を1年生のときに学ぶことができます。
若い学生にとっては食事も大事です。
日本文化大学の学生食堂には安くて美味しいメニューが揃っています。
天井が高く開放的な学生食堂は自習にも利用することができます。
2010年に完成した体育館は最新鋭の体育館で、大学の体育館では珍しく温水シャワーが完備されています。
法学部のみの日本文化大学には模擬法廷があります。
本物の法廷のような法廷教室では実践的な法の学びを習得します。

 

 

【日本文化大学は警察官合格率が日本トップ】

日本文化大学は警察官合格率が日本トップです。
警察官志望の学生が増えたことで、大学側も対策講座を行うようになっています。
対策講座のひとつがキャリアマネジメントです。
キャリアマネジメントは1年次より始まります。
公務員の筆記試験は出題範囲が広いので、1年生のときは基礎をしっかりと学び2年生では応用と教養を学びます。
3年生になると面接対策も行われます。
日本文化大学のキャリアマネジメントは、警察官採用試験をはじめ他の公務員試験や一般企業で行われる採用試験にも対応しています。
専門的な講義が行われ、教養知識と社会人としての基礎力を養成します。
日本文化大学では学生の就職先が決まるまで万全のサポートを行っています。

 

 

【学生支援も充実】

日本文化大学の学生支援室はキャリア支援の要となる場所です。
就職に関連する様々な資料が展示され、セミナーの案内をチェックすることができます。
日本文化大学には多くの企業から求人があります。
求人票は学生支援室で閲覧でき、希望業種や職種を事前に登録しておけば求人があったときに案内してくれるサービスがあります。

 

 

 

 

 

 

【気になる学費や奨学金、教育ローン】

大学に通うためには学費がかかります。
日本文化大学の入学金は32万円で授業料は83万円です。
施設費は25万円なので合計で140万円必要です。
奨学金は2種類用意されていますが、新聞奨学生などの紹介もあります。
教育ローンは国の教育ローンと民間の教育ローンがあり、経済状況に合った教育ローンを選ぶことができます。
国の教育ローンは教育のために必要な資金が融資される公的な制度で、日本では利用する学生が多いです。
融資額は学生1人につき300万円以内で、15年以内に返還します。

 

 

日本文化大学とはこんなところ!

法律を専門的に扱う単科大学となっています
日本文化大学は法律を専門的に扱う単科大学で学部が法学部しかないというだけではなく、学科も法学科しかないということで、法律を専門的に学びたいという人のための大学という事が分かります。日本は法治国家ですから、まず法律を学ぶという事で国の成り立ちを理解して、その上で自分の活かし方を考えるという事が出来るようになるという事がいえるのかもしれません。法律に的を絞ったことで、これを活かして就職をするという事もしやすくなり、各種資格の取得も支援する制度がある事も就職も有利に働くと考えて良いでしょう。法学部でありながら明確に目的を絞っていることで、その存在意義を高いものとしている事が特徴的といって良いかも知れません。

 

 

 

充実した就職支援制度があります
日本文化大学では一年目から充実した就職に対する支援制度があるのが特徴的で、マンツーマン指導で親身になって就職活動に取り組んでいくという事をしています。就職先の紹介から受験指導まできめ細かくフォローされるシステムがあるので、学生は安心して学ぶことが出来るという事が特徴的かもしれません。学生支援室というものが設置されていて一人一人の就職活動をここで強力にバックアップしてくれるシステムがあり、企業の紹介や求人があった場合には、それを教えてくれるサービスなども登録することで利用できるようになっています。

 

 

 

充実した資格支援制度があります
日本文化大学は資格支援の制度が充実しているのも特徴的で、さまざまな分野の資格講座があって、1年目から履修することが出来るので、これらの資格を武器にして優位に就職活動を展開するという事も出来るようにもなっています。簿記検定講座やファイナンシャルプランナー講座、行政書士講座、社会保険労務士講座など取得すればそれだけで就職は圧倒的に有利になるというような講座がひしめいていますから、こうした講座を受講することで、資格取得が容易に出来るようになるという事はいうまでもありません。日本文化大学ならではの充実した制度ということが言えるかもしれない。

 

 

 

日本文化大学では日本の文化を学べる
日本文化大学では日本の文化を学ぶことが出来るというのが特徴的なところです。日本文化大学という名前からすれば当然だろうというかもしれませんが、日本文化は別に日本文化大学でなくても日本人であれば学ぶべき事だといっても良いかも知れません。その理由は法律なども全ては歴史や文化を学んだ人達がその経験から作っているわけですから、法律を学ぶという事はその法律が出来た大元になっている歴史や文化について学ぶという事でもあるからです。法律はあくまで文章ですから、その言葉にある意味を知るには、その文章が出来た背景なども理解する必要があるという事です。法律は解釈というものが存在しているように、単に記憶しただけでは意味がありません。それ文言にどのような意味があり、どのように運用されてきたのかという事を知る事も大切なので、この文化を知る事は当然大切です。

 

法学を中心に学ぶ日本文化大学

法学部のみが設置された単科大学

一般的な大学の場合、さまざまな学部が設置されているため、入学すれば多様な知識を身につけることができます。しかし日本文化大学では状況が異なっていて、設置されている学部が法学部に限られているのが特徴です。また、法学部の中で学科が細分化されているわけでもなく、学科も法学科のみとなっています。法律をしっかりと学びたいと考えている学生、法律の知識を活かせる職業を希望している学生にとって、安心して学ぶことができる環境が整っているのです。日本文化大学では全ての学生が法学部に所属することになりますが、もちろん法律以外の知識を学ぶこともできます。一般教養の授業も充実しているのです。

 

 

豊かな人間性を育んでいく教育

大学というのは、単に知識を身につけるだけの場ではありません。日本文化大学では法学部で法律を中心とした授業を提供しているわけですが、人間性を育むための取り組みにも力を入れているのです。社会に出てから一般的な教養を身につけることはできません。大学に通っている間に、勉強以外の部分でも大きく成長しなければならないのです。日本文化大学では、学生に豊かな人間性を身につけさせるために必要な教育も行っています。法学部で学ぶことは、ただ法律を覚えることではありません。どのように法律知識を活かしていけばよいかを、自分で考える力も身につけることが大切です。

 

 

社会にしっかり貢献する人材育成

日本文化大学に設置されている学部は法学部の身ですが、倫理学などの教育もしっかりと行っています。大学を卒業した後は、一般企業や官公庁などで働くことになるわけです。そのとき、社会に貢献することができなければ、大学での勉強をした意味がありません。日本文化大学は、学生が卒業した後に社会貢献できるように、倫理学をはじめとした人間として必要な知識をも教えています。一般的な大学は学生の総数が非常に多く、学生一人ひとりに丁寧な指導をすることが困難です。その点、法学部法学科に限定されている日本文化大学は学生の数も限られていて、人間性を育てる指導もしやすくなっています。

 

 

 

少人数の授業が中心になっている

SONY DSC

学生の総数が少ないことを活かし、日本文化大学では少人数のクラス授業を多く取り入れています。法律に関する授業はもちろん、倫理学のような人間として必要とされる知識や、日本文化史のように日本人に欠かせない知識を習得するための授業も多いです。教授の話を聞いて覚えていくだけの授業ではなく、学生が自ら考える力を養うための教育に力を入れています。討論会を行って学生同士が意見を出し合ったり、模擬裁判で裁判の様子を体験したりすることが可能です。卒業後には公務員を目指す学生が多いので、外部の講師による専門講座もあります。3年次のように進路を考える段階で初めて受けるのではなく、1年次から取り組むことができるのが日本文化大学の大きな魅力です。

 

日本文化大学の教育や特徴、教育環境について

●日本文化大学が世間から注目を集める特徴と魅力について
日本文化大学は東京都八王子市にあり、1978年に開学した四年生の私立大学で、法学部のみの単科大学になります。法律を専門に学習する場が用意されており、就職後は警察官をはじめとした公務員の道を選ぶ方が多いのが特徴です。講義のスタイルは少人数制の形式が多くの科目で採用されており、教員と学生との距離感が近くより濃密な講義内容になっています。入学後年間は基礎的教育で占められていますが、他の大学ではほとんど開講されていない「警察学」の授業があります。これは警察制度の成り立ちや概要、警察官の心構えなど、後の専門教育の礎になる科目です。
また日本文化大学は入試方法が多彩で入学できるチャンスが広いのも特徴です。受験科目は国語必須で地理または公民の選択科目の2科目が課され、面接を受けることになります。面接を重視しているのは人間性重視の現われと言えそうです。そして卒業後の進路で困ることの内容に、キャリア教育にも力を入れています。

 

 
●今に受け継がれる日本文化大学の建学の精神とは?
「にちぶん」の愛称で知られる、日本文化大学の建学の精神は慈愛と礼儀を重視し古来受け継がれてきた伝統と文化を守りながらも、新たな知見や時代の変化に向き合い、従来の考えを発展させ時代の変遷にも柔軟に対応できる人材を輩出することを目指すと言うものです。また清く明るく爽やかな心の育成を重視し、高い人間性を備えることを大切にしています。その考えの一端は面接を受験において重視する方針にも垣間見ることができます。

 

 
●高い就職率を誇る日本文化大学の基礎教育の概要
日本文化大学は警察官を初めとして高い就職率を上げています。その鍵となるのは基礎教育科目の重視にあると言えます。もちろん就職時には専門教育で身につけた知識が重要ですが、それは基礎学力があってこそです。二年次から専門教育が始まりますが、1年ではほとんど基礎教育がカリキュラムのメインになる訳です。必修科目には民法総則・憲法人権編、政治学や日本文化学などの科目を初め、総合英語やキャリアマネジメントまで幅広い分野を対象にしています。キャリアマネジメントでは将来の就職活動の基礎を1年次から意欲的に学ぶことが出来、このようなユニークなカリキュラムも日本文化大学の高い就職率に繋がっていると言えるのです。

 

 
●社会に羽ばたき第一線で活躍する人材を輩出している、日本文化大学の専門教育
日本文化大学では二年次から専門教育へと重点が置かれ、就職を成功させるためのカリキュラムへと移行します。学生は志望コースに応じて、経営コース・公共コース・法心理コースの3つの中から選択することになります。法心理コースは警察官を中心とした公務員志望に適合した内容です。公共コースが国家公務員や地方公務員志望の方が選択します。経営コースは企業社会で活躍し、将来的には会社幹部も期待できる人材の育成を行っています。

 

日本文化大学の強みや専攻コースの特徴など

●日本文化大学の歴史と周辺環境の様子や交通アクセスについて
ニチブン」の愛称で日本文化大学を紹介する記事が、Seventeen誌の2017年8月1日販売分に掲載されました。Seventeenと言えばティーンエイジャーに数多くの読者を持つ雑誌で、同年代のファッションや関心事を主に掲載していることに照らしても、日本文化大学への注目度の高さを垣間見ることが出来ます。
日本文化大学の前身は600年以上の歴史を持つ柏樹書院で、第24代当主が日本古来の伝統を承継することと、人材育成を目的に昭和53年に開学し今日にいたります。キャンパスは東京都八王子市に所在しており、近隣には横浜線と京王線が営業しており通学の為の交通アクセスに充実しています。都心の雑踏からは離れた場所にあり、静かで学習環境は良好な立地条件と言えます。

 

 

 
●日本文化大学の専攻コースの特徴を御紹介、どんな人に向いているのか?
日本文化大学は一年次には基礎教育でしっかり専門教育の基礎を構築し、2年次からは各自の卒業後の進路を想定して、3つの専攻コースに分かれて専門教育を受けることになります。法心理コースは警察官志望に最も適したコースになっています。警察官は市民に接するばかりでなく、時には犯罪被疑者に会いたいすることもあるのです。そこで法心理コースでは人間関係や心理学・精神医学ひいては社会学などの科目も習得するなどの特徴を持っています。公共コースでは国家公務員や地方公務員として働く際に必要になる行政や司法の専門教育がメインです。公務員への就職が多い中にあっても、経営コースでは一般企業で活躍できるに足りる人材育成を専門に行っています。

 

 

 
●日本文化大学は卒業後に警察官に就職する人が多いのが特徴
日本文化大学は警察官合格者の数が際立っていることも特徴です。毎年数多くの警察官合格者を輩出する背景には、元警察官の講師が数多く在籍していいたり、警察官OBやOGからのアドバイスを受けやすい環境にあることも関係しています。元来警察官への就業希望者は学生の中にも多いことだけでなく、採用試験などの面接対策など実践的な講義を展開していることも警察官になる後押ししてくれると言えるのです。

 

 

 
●日本文化大学は警察官ばかりでなく、就職率の高さも人気を集める理由です
日本文化大学の警察官の合格率が高いだけでく、卒業生の就職率の高さも誇ります。高い就職率の理由は、早期から開始するキャリアマネジメントコースにあるのです。学外からも講師を招聘し就職活動を成功するための知識を実践的に学べる環境が整備されています。さらに実際に就職活動がはじまると、各学生にマンツーマンで学生支援室の専門スタッフが助言や指導を行ないます。学生一人ひとりの話に耳を傾け、就職先の紹介を受けることが出来るばかりでなく、事前に希望職種や業種を登録しておくと、求人がある旨を連絡してくれるサービスも提供するなど、厚い就職支援体制が構築されているのです。

 

日本文化大学の特徴や受験方法

「日本文化大学の特徴」

日本文化大学は法学のみを学ぶ単科大学として歴史を積み重ねてきました。法律に関わる仕事をするためには豊かな人間性が求められます。日本文化大学では法学の知識だけでなく日本の伝統や文化を大切にする人格教育や幅広い基礎教育も重視し力を注いでいるところも特徴です。また日本文化大学を卒業後、警察官として働く人が多く合格率は日本一ということも特長です。警察官の試験対策プログラムが充実していることと警察官の採用試験を受験したいという意欲が学生たちの中で高まってきていることがその実績を物語っているのです。

 
「日本文化大学ならではのカリキュラム」

日本文化学ぶこと、法律を学ぶこと、資格を取得すること、就職をすることという4つのポイントを基礎教育、専門教育、ゼミ、キャリヤ教育を通して実践し、最後の「就職をする」ことに導いて言います。「日本文化を学ぶ」ことは日本の文化や伝統に関して不快教養を身に付け人間としての品格を高めることにつながり、社会からも高い評価を得ています。そして座学だけでなくフィールドワークも充実し肌で感じながら学びます。「法律を学ぶこと」は法律を丸暗記するのではなく、生活や社会と密接に結びつきその周辺環境は絶えず変化している中で、豊かな人間性とリーガルマインドを兼ね添えた人材として社会で活躍することができるよう、日本文化や教養を重視する人間教育の上で法律を学ぶということです。「資格を取得すること」は将来の夢を実現するための強力な武器となるという考えから多彩な分野の資格の取得を完全にサポートできる体制を確立しています。そして「就職をすること」に対しては4年の間に少人数ならではのきめ細かいサポートを行います。

 
「日本文化大学の受験について」

入試の区分には「警察官志望・公務員志望のAO入試」「一般推薦入試」「ニチブンサクセス入試」「一般入試」「大学入試センター試験利用入試」があります。その中で日本文化大学ならではの「警察官志望・公務員志望AO入試」は出願書類の提出と小論文、面接で選考し、向上心が強く日本文化大学の建学精神を理解でき、卒業後の就職先に警察官と公務員を目指す人が受験できます。8月1日から2月中旬まで7回の受験チャンスがあります。

 

 
「日本文化大学でのキャンパスライフ」

実際に日本文化大学に通う学生は「少人数なので先生が身近でユーモアたっぷりの授業が楽しい」「警察官でも民間の企業でも進路の幅を広げられるコース選択が魅力的」などと語っています。また日本文化大学には警察官になるためにも必要な剣道、柔道のほか、弓道、バスケットボール、バトミントン、野球、サッカーなどの体育系クラブやサークルと、法律研究ジュリスト、軽音楽、写真、ボランティアなどの文科系サークルもあります。また菊花祭といわれる文化祭や日本文化大学ならではの裁判傍聴や模擬裁判、法律討論会などの行事もあります。