日本文化大学の教育や特徴、教育環境について

●日本文化大学が世間から注目を集める特徴と魅力について
日本文化大学は東京都八王子市にあり、1978年に開学した四年生の私立大学で、法学部のみの単科大学になります。法律を専門に学習する場が用意されており、就職後は警察官をはじめとした公務員の道を選ぶ方が多いのが特徴です。講義のスタイルは少人数制の形式が多くの科目で採用されており、教員と学生との距離感が近くより濃密な講義内容になっています。入学後年間は基礎的教育で占められていますが、他の大学ではほとんど開講されていない「警察学」の授業があります。これは警察制度の成り立ちや概要、警察官の心構えなど、後の専門教育の礎になる科目です。
また日本文化大学は入試方法が多彩で入学できるチャンスが広いのも特徴です。受験科目は国語必須で地理または公民の選択科目の2科目が課され、面接を受けることになります。面接を重視しているのは人間性重視の現われと言えそうです。そして卒業後の進路で困ることの内容に、キャリア教育にも力を入れています。

 

 
●今に受け継がれる日本文化大学の建学の精神とは?
「にちぶん」の愛称で知られる、日本文化大学の建学の精神は慈愛と礼儀を重視し古来受け継がれてきた伝統と文化を守りながらも、新たな知見や時代の変化に向き合い、従来の考えを発展させ時代の変遷にも柔軟に対応できる人材を輩出することを目指すと言うものです。また清く明るく爽やかな心の育成を重視し、高い人間性を備えることを大切にしています。その考えの一端は面接を受験において重視する方針にも垣間見ることができます。

 

 
●高い就職率を誇る日本文化大学の基礎教育の概要
日本文化大学は警察官を初めとして高い就職率を上げています。その鍵となるのは基礎教育科目の重視にあると言えます。もちろん就職時には専門教育で身につけた知識が重要ですが、それは基礎学力があってこそです。二年次から専門教育が始まりますが、1年ではほとんど基礎教育がカリキュラムのメインになる訳です。必修科目には民法総則・憲法人権編、政治学や日本文化学などの科目を初め、総合英語やキャリアマネジメントまで幅広い分野を対象にしています。キャリアマネジメントでは将来の就職活動の基礎を1年次から意欲的に学ぶことが出来、このようなユニークなカリキュラムも日本文化大学の高い就職率に繋がっていると言えるのです。

 

 
●社会に羽ばたき第一線で活躍する人材を輩出している、日本文化大学の専門教育
日本文化大学では二年次から専門教育へと重点が置かれ、就職を成功させるためのカリキュラムへと移行します。学生は志望コースに応じて、経営コース・公共コース・法心理コースの3つの中から選択することになります。法心理コースは警察官を中心とした公務員志望に適合した内容です。公共コースが国家公務員や地方公務員志望の方が選択します。経営コースは企業社会で活躍し、将来的には会社幹部も期待できる人材の育成を行っています。

 

日本文化大学の強みや専攻コースの特徴など

●日本文化大学の歴史と周辺環境の様子や交通アクセスについて
ニチブン」の愛称で日本文化大学を紹介する記事が、Seventeen誌の2017年8月1日販売分に掲載されました。Seventeenと言えばティーンエイジャーに数多くの読者を持つ雑誌で、同年代のファッションや関心事を主に掲載していることに照らしても、日本文化大学への注目度の高さを垣間見ることが出来ます。
日本文化大学の前身は600年以上の歴史を持つ柏樹書院で、第24代当主が日本古来の伝統を承継することと、人材育成を目的に昭和53年に開学し今日にいたります。キャンパスは東京都八王子市に所在しており、近隣には横浜線と京王線が営業しており通学の為の交通アクセスに充実しています。都心の雑踏からは離れた場所にあり、静かで学習環境は良好な立地条件と言えます。

 

 

 
●日本文化大学の専攻コースの特徴を御紹介、どんな人に向いているのか?
日本文化大学は一年次には基礎教育でしっかり専門教育の基礎を構築し、2年次からは各自の卒業後の進路を想定して、3つの専攻コースに分かれて専門教育を受けることになります。法心理コースは警察官志望に最も適したコースになっています。警察官は市民に接するばかりでなく、時には犯罪被疑者に会いたいすることもあるのです。そこで法心理コースでは人間関係や心理学・精神医学ひいては社会学などの科目も習得するなどの特徴を持っています。公共コースでは国家公務員や地方公務員として働く際に必要になる行政や司法の専門教育がメインです。公務員への就職が多い中にあっても、経営コースでは一般企業で活躍できるに足りる人材育成を専門に行っています。

 

 

 
●日本文化大学は卒業後に警察官に就職する人が多いのが特徴
日本文化大学は警察官合格者の数が際立っていることも特徴です。毎年数多くの警察官合格者を輩出する背景には、元警察官の講師が数多く在籍していいたり、警察官OBやOGからのアドバイスを受けやすい環境にあることも関係しています。元来警察官への就業希望者は学生の中にも多いことだけでなく、採用試験などの面接対策など実践的な講義を展開していることも警察官になる後押ししてくれると言えるのです。

 

 

 
●日本文化大学は警察官ばかりでなく、就職率の高さも人気を集める理由です
日本文化大学の警察官の合格率が高いだけでく、卒業生の就職率の高さも誇ります。高い就職率の理由は、早期から開始するキャリアマネジメントコースにあるのです。学外からも講師を招聘し就職活動を成功するための知識を実践的に学べる環境が整備されています。さらに実際に就職活動がはじまると、各学生にマンツーマンで学生支援室の専門スタッフが助言や指導を行ないます。学生一人ひとりの話に耳を傾け、就職先の紹介を受けることが出来るばかりでなく、事前に希望職種や業種を登録しておくと、求人がある旨を連絡してくれるサービスも提供するなど、厚い就職支援体制が構築されているのです。

 

日本文化大学の特徴や受験方法

「日本文化大学の特徴」

日本文化大学は法学のみを学ぶ単科大学として歴史を積み重ねてきました。法律に関わる仕事をするためには豊かな人間性が求められます。日本文化大学では法学の知識だけでなく日本の伝統や文化を大切にする人格教育や幅広い基礎教育も重視し力を注いでいるところも特徴です。また日本文化大学を卒業後、警察官として働く人が多く合格率は日本一ということも特長です。警察官の試験対策プログラムが充実していることと警察官の採用試験を受験したいという意欲が学生たちの中で高まってきていることがその実績を物語っているのです。

 
「日本文化大学ならではのカリキュラム」

日本文化学ぶこと、法律を学ぶこと、資格を取得すること、就職をすることという4つのポイントを基礎教育、専門教育、ゼミ、キャリヤ教育を通して実践し、最後の「就職をする」ことに導いて言います。「日本文化を学ぶ」ことは日本の文化や伝統に関して不快教養を身に付け人間としての品格を高めることにつながり、社会からも高い評価を得ています。そして座学だけでなくフィールドワークも充実し肌で感じながら学びます。「法律を学ぶこと」は法律を丸暗記するのではなく、生活や社会と密接に結びつきその周辺環境は絶えず変化している中で、豊かな人間性とリーガルマインドを兼ね添えた人材として社会で活躍することができるよう、日本文化や教養を重視する人間教育の上で法律を学ぶということです。「資格を取得すること」は将来の夢を実現するための強力な武器となるという考えから多彩な分野の資格の取得を完全にサポートできる体制を確立しています。そして「就職をすること」に対しては4年の間に少人数ならではのきめ細かいサポートを行います。

 
「日本文化大学の受験について」

入試の区分には「警察官志望・公務員志望のAO入試」「一般推薦入試」「ニチブンサクセス入試」「一般入試」「大学入試センター試験利用入試」があります。その中で日本文化大学ならではの「警察官志望・公務員志望AO入試」は出願書類の提出と小論文、面接で選考し、向上心が強く日本文化大学の建学精神を理解でき、卒業後の就職先に警察官と公務員を目指す人が受験できます。8月1日から2月中旬まで7回の受験チャンスがあります。

 

 
「日本文化大学でのキャンパスライフ」

実際に日本文化大学に通う学生は「少人数なので先生が身近でユーモアたっぷりの授業が楽しい」「警察官でも民間の企業でも進路の幅を広げられるコース選択が魅力的」などと語っています。また日本文化大学には警察官になるためにも必要な剣道、柔道のほか、弓道、バスケットボール、バトミントン、野球、サッカーなどの体育系クラブやサークルと、法律研究ジュリスト、軽音楽、写真、ボランティアなどの文科系サークルもあります。また菊花祭といわれる文化祭や日本文化大学ならではの裁判傍聴や模擬裁判、法律討論会などの行事もあります。

 

日本文化大学で学問を学ぶ

大学への進学を希望する人は多いですが、数多くある大学から自身に合った学校を見つけるのは大変です。大学選びで大切なのは、大学卒業後の進路や将来なりたい職業について学べるところを選ぶことです。将来警察官になりたい人におすすめなのは、日本文化大学です。

 

 

日本文化大学のメインキャンパスは東京都八王子市にあります。横浜線と京王線からのアクセスが良く、通学しやすいのと都心から少しずつ離れた静かな環境で学べると評判が良いです。他には東京都新宿区にある高田馬場学習センターや同じ八王子市に総合学習グランドもあります。日本文化大学の歴史は古く、その起源は室町時代にまで遡ります。学塾「柏樹書院」がそれにあたり、600年以上の歴史と伝統のある大学です。第24代当主が日本の伝統を受け継ぐことと人材育成を目的として昭和53年に日本文化大学を創立し現在に至ります。

 

 

日本文化大学の特徴は、法学科のみの単科大学であることです。大学生活の4年間で法律について詳しく学べることはもちろんのこと、日本の伝統や文化についても学び人格教育にも力を入れています。これは法律に今後携わる職業についても高い道徳心をもって遂行できるようにするためです。4年間で人間的に見違えるほど成長できたと親御さんからも感謝の声が多数あがっています。

 

 

 

 

法学部は幾つかのコースから希望するコースを選択することができます。一般企業への就職を目指す経営コースと国家公務員や地方公務員を目指す公共コース、それに警察官を目指す人に向けた法心理コースがあります。日本文化大学の最も優れているところは、警察官の合格率が日本一であることです。これは警察官採用者試験のカリキュラムが充実していることと学生さんの意欲が高いことが理由に挙げられます。警視庁や各県警の採用担当者を招いての説明会も開催し、警察官の魅力を現職の警察官から直接話を聞けると学生からも好評です。警察官は危険を伴う職業ですが、社会正義を実現できることと公務員で安定した収入が得られると人気があります。日本文化大学では長年培った警察官の採用試験の合格対策が優れており、優秀なスタッフが丁寧に指導してくれます。

 

 

日本文化大学では警察官の公務員や一般企業への就職率も高いです。学生の脂肪について合わせた就職活動を丁寧にサポートしてくれますし、資格試験の合格対策も専門のスタッフが合格まで指導していきます。TOEICや宅建などの資格を在学中に取得できると人気です。就職活動についてもエントリーシートの作成方法や面接指導まで学生一人一人に対して丁寧に行ってくれます。当然公務員試験の対策の講座も開催され、講義が充実しています。インターンシップ制度もあり、実際に企業や官公庁で職場実習を体験できる制度もあり、就職前に自身に適性があるか判断できます。日本文化大学は少人数制のため、学生一人一人にきめ細かな対応をしてくれ親身になってサポートしてくれます。

 

日本文化大学について

大学進学する場合に必要な大学説明会にも様々な種類がある
大学進学は、年々増加しており最近は50パーセントを超えているといわれていますが、40代から50代以上の人にとっては信じられないような時代になっています。学生は大学の数に比べて人口が多かったため競争倍率が非常に激しかったのが特徴ですが、最近はそのようなことはなく比較的簡単に入る大学ならばあまり勉強しなくても合格することが可能です。つまり、大学の専門学校化が叫ばれており本当に必要な大学が残る一方で、個性的な大学でなければなかなか残ることができない状態です。この点について、日本文化大学の場合にはサンリオピューロランドで大学説明会を行うなど非常に個性的な方向で進んでいるのが特徴になります。

 

 
日本文化大学の特徴は法学部のみの単科大学
日本文化大学といえば、法学部思い浮かべる人がいるかもしれませんが、法学部の単科大学として知られているのが特徴になります。入学するのはそれほど難しくありませんが、大学生になってからは様々な学習をすることができるでしょう。ただ、日本文化大学では入試も様々なものがあり一般入試からセンター試験利用入試は当然としても指定校推薦入試そして警察官志望AO入試など特徴的なものも存在しています。警察官になるためには、法律の勉強をしなければなりませんが法学部と切っても切れない関係にあるといえるでしょう。最近は公務員が人気ですので、警察官になるにも狭き門をくぐらなければなりません。そこで、最初から確実に警察官を目指しているならば、日本文化大学の警察官志望AO入試を受けてみるべきです。

 

 
どのような条件で募集をしているのか知っておく
日本文化大学を受験する場合には、その個性をしておくことが重要になりますが、警察官志望AO入試を行う場合には建学の精神を知ってしておくことが重要になります。それ以外には、小論文と面接があるので、その準備は万全にしておくことが大事です。一般推薦入試に関しては、英語と国語の感嘆の口頭試験と面接そして小論文になります。指定校推薦の場合も、一般推薦入試と同じような内容になりますがオープンキャンパスに参加しておくことが望ましいです。オープンキャンパスは毎年五月ごろからおこなわれますのでその時期に予約をして参加するようにしましょう。

 

 
日本文化大学に入学した後の過ごし方
日本文化大学に留学した後には、基本的に自由の過ごし方ができますが、カリキュラムだけはしっかりと頭に入れておかなければなりません。通常の大学と同じように一般教養と専門科目に分かれますので少なくとも一年生と二年生の段階で語学の勉強や一般教養科目をしっかりと履修しておくことが大事です。法学部の中にも経営コースと公共コースそして法心理コースの3種類があります。それぞれどのコースをとるのも自由ですが基本的にコースによってクラス分けがされますのでしっかりと決めておきたいところです。

 

 

 

 

 

 

 

就職に強い日本文化大学

法学の単科大学で有名なのは、日本文化大学です。この大学は小規模という特徴を持っており、1年次はクラス担任制を取り入れた少人数授業を行っています。社会で活躍する上で法学は非常に重要かつ育成において主体となるのは法学であるという教育精神を持ち、そのためには豊かな人間性が求められるという考えから、教養科目に茶道を取り入れています。教育の主な流れは、1、2年次は基礎的な知識を中心に学び、3年次に進級以降、専門的な知識を深めていくと同時に、ゼミに所属することになります。部活・サークル活動も盛んに行われており、15のサークルが活動中です。
日本文化大学の大きな強みは、就職に強いことです。特に、公務員・警察官の輩出率はトップクラスで、特に、警察官排出率は国内大学中、第1位となっています。その秘密は、様々な公務員試験に対応できる手厚い就職サポートにあります。日本文化大学では、2年次から3つの専門コースから1つ専攻します。その中の一つである「法心理コース」は、警察官を志望する学生に最も適したものとされています。このコースでは、人間理解や人間関係の構築の他に、心理学や精神医学、社会学などの学問を複合的に学んでいきます。それとプラスして、少人数制の大学である特徴を生かした、きめ細かい面接指導やマンツーマンの就職相談を行っています。これを経て、面接のノウハウを習得するだけでなく、自分の適性を見出すことで、将来を現実のものにすることが出来ます。ちなみに、平成30年3月に卒業した日本文化大学学生の公務員採用試験合格状況によりますと、警察官合格者が63名(うち、警視庁合格者が29名)となっています。その他、警察行政職職員、市役所職員、消防、自衛隊幹部候補生などといった様々な分野での公務員に合格している状況となります。
日本文化大学の学生支援室はとても優秀といわれています。法学で培われた精神と正義感が警察官の職業感とマッチしているからだけでなく、社会性を養うにあたり、国語や社会・英語を深く学ぶことで精神を研鑽します。このことから、企業戦士として即戦力となることが民間企業に知れ渡り、高い就職率を誇っています。
日本文化大学の学費は、入学時時点で総額約104万円です。奨学金利用を考えている学生の方は、日本文化大学独自の奨学金制度があります。この制度は、学業成績良好で人物の秀でている方が条件となります。

近年の就職状況は、売り手市場といわれていますが、それだけに、日々の学業の行いが良いか悪いかで将来が決まるといっても過言ではありません。日本文化大学の高い法学精神を学び、人間的な成長を果たし、将来のキャリア形成を充実させ、明るい未来を過ごしたいものです。学内の教員はもちろん、学外の講師も各界で実績と経験を積んだ方々ばかりですので、学生特有の悩みや相談を打ち明けやすい環境といえるのではないでしょうか。教員陣の強力なバックアップで、キャリアプランを練れます。

 

 

 

 

カリキュラムが特徴的な日本文化大学

もっとも大きな特徴は他の大学と異なるカリキュラム
日本文化大学のカリキュラムはかなり特徴的であり、就職を有利にするための内容となっています。1年では基礎のみを学び、2年になると犯罪心理学の授業が行われるようになり、3年からは専門ゼミに所属して非常に高度なことを学ぶ日々になります。犯罪心理学などはかなり特殊ですし、専門ゼミで学べることも他大学では決して学べないようなことばかりですので、この辺りだけを見ても日本文化大学には大きな違いがあることが分かりますが、もっと大きな特徴として1年の時から履修できるキャリア教育が注目すべきポイントです。他では就職ガイダンスのような位置づけで通常は3年に入ってから行われることが多いので、日本文化大学のように1年の時から履修できるのはとても珍しいことです。

 
警察官OBやOGによるアドバイスは非常に役に立つ
日本文化大学には元警察官の講師が多数在籍していたり、警察官OBOGから話を聞く機会がたくさん設けられていますので、アドバイスを受けやすい環境であることもメリットです。元々警察官になりたい人が多数を占めていますので、こういった機会を逃さないようにと積極的に活用できる意識の高い学生が多く在籍していますし、採用試験での面接対策なども具体的に行えると評判になっています。日本文化大学の学生は半数以上がAO入試で入るのですが、そういった人たちは入学前から警察官を目指し、高い意識を持って努力をしてきていますので就職率は非常に高くなっています。実は警察官の採用試験の合格率は約15%ほどで7人に1人くらいしか受からないので、日本文化大学のような確率で合格者を出すのは驚異的なことです。

 

 
少人数制の講義で集中して学ぶ環境がある
大学というと大きな講堂のような場所で大勢が集められて講義が行われるという形が多いのですが、日本文化大学の場合は少人数制になっていますので落ち着いた環境の中で学ぶことができます。大きな教室では集中できない人や人目が気になってしまう人、質問をする勇気が出ない人でも少人数ならしっかりと疑問を解決しながら受けることができます。キメの細かな指導も行ってもらえますので講師との信頼関係もしっかりと築くことができ、アドバイスも貰いやすいのがメリットです。学生同士も少人数の方が仲良くなりやすい傾向にあり、人との関わりが深い濃密な学生生活を送れる大学です。

 
資格を目指す学生をしっかりとサポートしてくれる講座
近年では公務員の業務も非常に多様化していますので、様々なスキルが求められています。日本文化大学ではそれらのニーズに合わせて多彩な講座を用意しており、1年の時から着実にスキルアップを図れるようにサポートしてくれますので、目的や目標を持つ学生は成果が出やすいといえます。例を挙げると、行政書士社会保険労務士宅建TOEICTOEFLなどがあります。

 

日本文化大学で学べること:経営や経済について

日本文化大学で学べることはたくさんありますが、その中でも特色のあるものは、最新の技術の勉強ができることです。講師は大手のIT企業に就職した経験のあるスペシャリストで、専門知識を豊富に持っていることから、日本文化大学でも非常に有名な教師です。その上、研究するために設備が、日本文化大学にはしっかり整っているので安心して勉強することができるでしょう。

 

 

 

 

パソコンのスペックはハイエンドモデル超高性能で複雑な処理が可能。非常に役に立ち、効率的に勉強することができます。図書館の本も、日本から販売されている専門書だけでなく、最新の研究を元にして作られたアメリカイギリスの専門書が並んでいます。フランスドイツもあります。どれも高価なものなので、日本文化大学の設備投資が本物であることが伺えるでしょう。さらに、それだけでなく学生が積極的に勉強できる教育システムを導入しているので、日本文化大学の学生のレベルは常に高いレベルをキープするか、それ以上の物になることも可能です。そのため、就職活動をする際には、スキルが同じであれば、基本的に日本文化大学の生徒が採用されるケースが非常に多く、学生も大学生活での長年の努力が実ったと思っているようです。

 

 

日本文化大学で学べることは、法学だけではありません。最近話題の仮想通貨の技術開発に関する勉強も行うことができます。世界中に流通しているビットコインの3分の1は日本円であり、ほとんどの日本国民がビットコインを保有している状況で、なおかつその技術開発を行うことにより、新たなイノベーションを起こすことは可能であると考えられています。日本文化大学では、そのイノベーションを起こす因子を養成するためのカリキュラムがあります。警察官採用試験に特化した法学部ですが、日本文化大学は経営の分野にも力をいれているため、警察官を目指す以外の学生も十二分に経営や経済について学ぶことができるのです。仮想通貨のブロックチェーンに関する知識・技術も身につけられるかもしれません。このように様々なメリットがあるので、日本文化大学に通う学生は年々増加しているといえます。

 

 

最近では、仮想通貨を使用することで、新たなビジネスが生まれているケースもあるので、就職先が広がっていきます。警察官以外の道に進む学生も増えつつあります。個人でもビジネスを行うことができるようになるので、就職する必要もなくなります。これから、企業に所属すること無く、フリーランスで働きたいのであれば日本文化大学で学ぶと良いでしょう。もちろん、日本文化大学は「警察官を目指す大学」としての特色が強いので、フリーランスの道は第二候補として考えてみてください。

 

日本文化大学の公務員合格者が多い理由

就職支援が充実している日本文化大学
大学で自分が学びたい学問を修めた後は、社会に出て大学で学んだ内容を社会に還元し、貢献しなければいけません。そうは言っても長く不況の時代が続き、大学卒業者でさえ就職難と言われる状況が常態化していました。近年は就職状況は多少改善されてきたとは言えますが、それでも安定した職業や大企業が人気を集めていることに変わりはありません。大学も一昔前までは就職支援などほとんど行っていませんでしたが、現代ではどこの大学でも手厚い就職支援が行なわれています。日本文化大学でも学生たちのより良い未来のため、様々な就職支援が行なわれています。

 

 

公務員採用試験合格者が多い日本文化大学
日本文化大学は警察官の合格率が高いことで有名ですが、警察官以外にも様々な公務員試験に挑戦する学生のサポートを行っています。最新の平成30年3月卒業生の公務員採用試験合格状況が公表されていますが、警視庁に29名もの合格者を出し、警察官だけで63名の合格者を出しています。その他にも警察行政職職員、市役所職員、消防、自衛隊幹部候補生など、様々な分野で公務員採用試験に合格者を出していて、公務員採用試験の合格者は警察官を含めて79名にも上ります。一学年の定員が200名の大学であることから、いかに日本文化大学の公務員試験合格者が多いかが分かるのではないでしょうか。

 

 

独自のカリキュラムで警察官や公務員を目指します
なぜこのように公務員採用試験合格者が多いかというと、その理由は日本文化大学ならではの独自のカリキュラムと就職支援があります。日本文化大学では2年次から専門のコースを専攻し、専門的な学びを深めて行きます。3つのコースがありますが、その内の一つである法心理コースは警察官を志望する学生に最も適したものです。人間理解や人間関係の構築と言った警察官の仕事に欠かすことが出来ない内容を学ぶと共に、心理学や精神医学、社化学などを複合的に学んでいきます。法心理コースは警察官志望者だけではなく、公務員や一般企業を志望する学生にも適していて、卒業生たちは様々な分野の職種、業種で活躍しています。在学時から警察官や公務員を目指して勉強することが出来る環境は、日本文化大学ならではだと言えます。

 

 

学生一人ひとりに向き合う就職支援
日本文化大学は就職支援も非常に手厚く、そのことが公務員採用試験以外でも高い就職率を誇っている大きな要因です。まずは少人数制の大学の強みである、非常にきめ細かい面接指導やマンツーマンの就職相談を行っています。就職支援を行っている大学は数あれど、学生一人ひとりの悩みに応え、アドバイスしてくれる大学はそうそうないでしょう。面接指導や就職相談を経て学生たちは面接のノウハウを習得し、自分の適性を見出し、夢を叶えていくことになります。日本文化大学には、学生一人ひとりの夢や希望に向き合って指導、相談に乗ってくれる最高の環境が整っていると言えます。大学を卒業後の人生を見据え、日本文化大学で夢を叶えるための4年間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

日本文化大学についてのあれこれ

・日本文化大学の特徴・歴史・概要

日本文化大学は1978年に設置された私立大学です。法学部法学科のみの単科大学で規模も小さいのでクラス担任制を取り入れた少人数授業を行うことが特徴です。社会で活躍する人材は法学が重要で、育成には法学を主体とすることが本校の精神で、法律に携わるには豊かな人間性が求められるとの考えから、茶道を学ぶことでその心を学びます。日本文化大学は1、2年時に基礎的な知識を学び、3年時以降専門的な知識を深めていき、そのときにゼミに参加することになります。90年代まで高校生と同じように制服着用だったことからも本学の精神が推測されます。入学には一般入試、AO入学、推薦入試などがありますが、国語と英語を重視します。またどの種類の入学検定でも面接が実施されますので、人間力をかなり重視します。部活動・サークル活動も盛んで剣道部・柔道部・弓道部をはじめ、野球部・公式テニス部・フットサル・バトミントン・軽音楽部など15のサークルがあります。

 

 

・高い就職率と警察関係

日本文化大学の大きな特徴と言っていいのが、就職先が警察関係が多いところであることです。警察官輩出率が国内大学中第1位という実績を誇ります。法学で培われた精神と・正義感が警察官の職業観とよくマッチしていることの表れとも言え、他は刑務官なども就職先として存在します。入試に数学と物理がなく、あとは国語と英語・社会などの選択方式であることからも分かるように、警察官は法学部出身が多いのです。現代においては社会性を養うのに英語は必須でしょうから学びますが、こうした関係から警察関係の就職率が非常に高くなっています。もちろん他の一般の民間企業への就職率も高く、高い精神を学びますから、企業戦士として即戦力となることを民間の企業も知っているからだと思われます。よく聞くのは日本文化大学の学生支援室は優秀で、学生の高い就職率はそのためだとも言われています。

 

 

・学費・奨学金制度などについて

学費については入学時に入学金32万円と施設費25万円、それと前期授業料が41.5万円、実習費3万円の、合計104.5万円が必要です。後期に入ると後期授業料が必要になってきます。実験などが必要のない法学部単学科にしては高価な気がしますが、奨学金制度も用意されています。第1種の無利子で貸与できるものや第2種の有利子のものなどがあります。月額は5、6万円といったところですが、条件によっては12万円まで可能です。条件や詳細については日本文化大学のホームページに詳しく載っていますから参考にしてみてください。また国が貸与する教育ローン、民間が貸与するローンなども載っていますから参照してみてください。高額で通えないと言うときは、日本文化大学が独自に行っている奨学金制度もあり、学業成績良好で人物の秀でているものを条件にした奨学金制度も整っているようです。勉学などを精一杯頑張って、それを利用する方法もあります。

 

 

・東京の学校に通える利点

上記の学費と関係しますが、日本文化大学は東京都八王子に所在する関係で、周辺はアルバイトをするところが多数あります。学費の足し、生活費の足しにする環境としては良好でしょうから、できるものは行い、最高の4年間のキャンパスライフを送れる環境にあると考えます。