日本文化大学で学ぶ仁義礼智信

儒教では五常の教えを大事に扱っています。
仁義礼智信の5つで、人を思いやる心、私欲に捉われぬ心、
仁を行動に移すこと、知識を豊富に持つこと、
友情に厚く誠実であり続けること。
この5つを大事にしています。
解釈は文献によってマチマチですが、
今回は上記の意味として仁義礼智信を扱います。
なお、主君、両親、夫婦を大事にすることも説いていますが、
弱者の保護は対象外です。
このあたりがキリスト教とはちょっと違いますね。

日本文化大学は「礼」と「義」を特に大事にしている大学になります。
我欲に負けずに、人を思いやる行動が出来る方を育てます。
そしてコレは警察官にとって必須の資質になります。
正義感を持って人々を助けるには、「義」と「礼」は何よりも大事だと言えます。
しかしこれらを身に付けることは非常に難しいと言われています。
「資質」と言った通り、後天的に身に付けるのが非常に難しいのです。
厳密には「義」も「礼」も後天的に身に付けるものですが、
こういったものは幼い時に身に付けたものがそのまま反映されてしまうことが多いのです。
18歳になってから、新たに正義感を身に付けるのは、
人格を改造するくらいの難易度かもしれませんよ。

ただし方法が絶対ない訳ではありません。
少なくとも「礼」については
習慣で身に付けることが可能と言えます。
警察官として働くのに必要な規則正しい生活スタイルを
日本文化大学の学生生活で身に付けることが出来るのです。
その方法はいくつかありますが、
部活動に所属するのが最も手っ取り早いと言えます。
定まった社会生活を送るには、どこかに所属する必要があります。
そして日本文化大学という800名が過ごす集団ではなく、
50~100名程度のところに所属して、集団生活を学ぶのが有用と言えます。
そして日本文化大学は武道系の部活動が充実しています。
精神面を鍛えるという意味では、
剣道部、柔道部、弓道部はかなり有用と言えるのではないでしょうか。
こころを鍛えるには、自分を厳しい環境に置くことが何よりも大事なのです。

今の現代社会において「義」を学ぶのはかなり難しいと言えます。
欲に捉われない心を身に付けるには、孔子でも70年の歳月が必要と言っています。
詳しくは『五十にして天命を知る』を参照してください。
今の日本の警察官が「義」の心を持つようになるのは、
定年から数年経った頃になるかもしれません。
では日本文化大学では「義」を学べないのでしょうか?
これに関しても色々な方法がありそうです。
最も良いのは俗世を離れて山籠もりすることですが、
これから警察官として働くためにも色々と準備する必要があるため、
山籠もりは出来ません。
しかしそれに近い環境でしたら、日本文化大学は色々と用意しています。
日本文化大学は茶儀の授業を行い、心を落ち着かせるすべを身に付けさせます。

また、和敬の道にて心を落ち着かせることも良いでしょう。
森林や竹林から出るフィトンチッドは、
浄化作用があると評判ですよ。
精神的な浄化ではなく、ただの抗菌作用ですが、
心身共にリラックスさせるなら有用です。
あとは友達次第かもしれません。
「義」に厚い友人関係を構築すれば、
自分も自ずと「義」に厚くなるものです。
逆に「利益」ばかりを追求する経営者の友人を持つと、
「義」の心は薄らいでしまうかもしれません。
しかし、日本文化大学は
「警察官になるための学校」とも呼ばれるくらい、
将来警察官を目指す方は多いです。
「羊の群れに狼を入れれば、その狼は羊になる」とも言われている通り、
正しい心を持つ集団の中で生活すれば、
自然とその人物も正しい心を身に付けられると言えます。
日本文化大学は学校ぐるみで「義」を持つ生徒を集めているからこそ、
強い「義」を持つ警察官を多数輩出することに成功しているのです。

日本文化大学は「義」と「礼」を特に大事にしていますが、
そのほかの「仁」「智」「信」もまた重要としています。
ただしそこまで積極的に習得させることはないかもしれません。
あくまで学生の自主性に任せているところが多いと思います。
例えば、日本文化大学はアルバイトを強制させていません。
それにも関わらず、日本文化大学の学生の8~9割はアルバイトを行っています。
お金が足りない方も居ますが、その理由の多くは社会勉強かもしれません。

また、アルバイトの種別ですが、飲食店が5割にのぼります。
販売・小売は16%、アミューズメントは6%。
その他は9%で、対人スキルがほぼ不要の配達と引っ越しは5%しかいません。
7~8割のアルバイトにて高いレベルの接客スキルを求められるのです。
そしてこの接客ですが「思いやり」の心を育てるのに有用です。
慈しみを持ってお客様一人ひとりに対応することで「仁」の心を養うことが出来るのです。
一度でもコンビニのアルバイトをすれば、
コンビニの仕事がどれだけ大変かが理解できると思いますよ。
新人が手間取っていても、暖かい目で見守ることが出来るでしょう。
そしてくどいようですが、日本文化大学はアルバイトを強制させていません。
日本文化大学の7~8割がたの学生は自らの意思で「仁」を鍛えているのです。

では「智」はどうでしょうか。
これに関しても日本文化大学は強制させていません。
必修授業こそありますが、日本文化大学は学生の自主性を何よりも大事にさせています。
恐らく、一般的な大学よりも必修授業の数は少ないのではないでしょうか?
日本文化大学は法学部ですが、特に法律家を目指す訳ではなく、
多様な教養を持つ公務員になる方が多いです。
そして警察官をはじめとする公務員になるには、ありとあらゆる知識が必要です。
日本文化大学はそれらを習得させる方法を選択授業にて用意しています。
そうした授業を取るか取らないかはあくまで学生の自由ですが、
警察官を目指すほぼ全ての学生が、日本文化大学が用意した
「警察官になるためのカリキュラム」に勤しんでいるのです。
学校に籠って自習する時間も、他の大学よりも比較的長いと思いますよ。
日本文化大学には、知識豊富な方が多いと言えるでしょう。

「信」はどうでしょうか。
友情を守り、誠実さを貫くことが「信」ですが、ほかにも「約束をまもること」
「真実を告げること」も「信」の構成要素になります。
これはある意味、裁判官に必要な資格と言えます。
日本文化大学は模擬裁判という授業を行う珍しい大学になりますので、
裁判官の真似事は出来るかもしれませんね。
ただしあくまで真似事になりますので、「真の信」を身に付けられるかは本人次第です。
言動をたがえないことは、そう簡単に身に付くものではないのです。

以上をもって、日本文化大学にて仁義礼智信を習得できる可能性があると言えます。
ただし可能性であって、TOEICのように点数で可視化できるものではありません。
警察官採用試験の面接の場で「礼」を上手くアピールできたとしても、
実際に警察官として働く時に、その「礼」を発揮できるとは限りません。
こうした資質は一生を掛けて鍛えていくものなのです。
『五十にして天命を知る』でも言われている通り、何かを立つには30歳からになります。
20代ではまだまだ修行期間の真っ最中と言えるでしょう。
ひとまず、30歳までは努力を習慣付けることが重要ですよ。
「若い頃の苦労は買ってでもしておけ」と言われている通り、
若い内から高いレベルの克己心を身に付けておかないと、
強い正義感を持つ警察官として働くのは難しいでしょう。

あと、儒教の五常の教えは色々な解釈ができますので、
自分なりに古文書を読み解くのも良いかもしれませんよ。

日本文化大学の学生も参加する警察学校のオープンキャンパス

日本文化大学は多くのオープンキャンパスを開いています。
今年は全9回あり、高校生の多くは最低でも1回は
その日に日本文化大学の門を叩くそうです。
さて、こうしたオープンキャンパスですが、
なにも4年制大学だけが行うものではありません。
警察学校だってオープンキャンパスを実施しているのです。
日本文化大学の4割近い学生は現役で警察官になりますので、
この警察学校のオープンキャンパスに参加している方は、
かなりの数に上ると思いますよ。

警察官採用試験は全国の都道府県で実施しています。
とりあえず47都道府県すべてで、
採用試験は独立していると思ってくれて構いません。
そして警察学校もまたそれぞれ独立しています。
群馬県警に合格しても、茨城県の警察学校に行くことはないのです。
その県の警察学校だと馴染めないから転校なんて出来ませんよ。
日本文化大学は東京都八王子にある関係で、警視庁(東京)が最も多く、
次いで神奈川県と埼玉県、千葉県にて数人の合格者が居ます。
去年は長崎県警の合格者が居ましたので、
恐らくUターン就活として受験したのだと思われます。
日本文化大学の学生の大半は、
東京都警察学校で修練を重ねることになりそうです。

ただし、全ての県がオープンキャンパスを開いているとは限りません。
警視庁は2015年に初のオープンキャンパスを開いたようですが、
それ以降の開催情報はどこにも見当たりません。
2016年、2017年はやらないと思われます。
その場合は、群馬県や茨城県、北海道のオープンキャンパスに
参加するのが良いかもしれませんね。
学校施設の雰囲気を確認することは出来ませんが、
警察学校で学ぶカリキュラムはどこも一緒です。

茨城県警察学校のオープンキャンパスでしたら、
音楽隊によるコンサート、
白バイのテスト走行、警察業務の説明、
鑑識体験、模擬授業、逮捕術の体験、
現役生との座談会といったイベントが用意されていました。
過去形なのは、もう終わったからです。
2017年7月29日開催なので、いまコレを読んでいる方は、
残念ながら今年のオープンキャンパスに
参加することは出来ません。
群馬県警察学校も7月22日で、もう終了しています。
北海道は8月8日と8月9日なので、もしかしたらまだ間に合うかもしれませんね。

新卒の警察官の年齢はバラバラです。
現役で合格した22歳がどれくらい居るのか、そのあたりは完全に謎と言えます。
応募条件が「高校生以上32歳以下」なので
(コレは北海道の例。都道府県によって年齢制限は異なる)、
日本文化大学の学生は普通に警察学校の
オープンキャンパスに参加することが出来ます。
流石に大学1年生でこうしたオープンキャンパスに参加する方は稀ですが、
生の情報が手に入るイベントには早くから積極的に関わりたいところと言えます。
あと、警察学校のオープンキャンパスは昼食体験が出ます。
北海道警察学校だと330円、茨城県警察学校だと500円掛かります。
コミケのように、お釣りが発生しないように小銭を用意しましょう。
アレルギーがある方は、申込時に申し出る必要がありますので、お忘れなく。

他の持ち物は筆記用具くらいで、
服装も特に気にせずOKです。
むしろ、日本文化大学には制服がありませんので、
いつも授業で着ていく衣類で臨むしかないと言えます。
ちなみに、警察官採用試験の服装も自由で、
スーツと私服が半々くらいと言われています。
スーツだと気持ちがシャキっとする方は多いので、
割とスーツは好まれていますよ。
就活を機に、スーツ一式を取り揃える
日本文化大学の学生はかなり多そうです。

気軽に見学できない施設は日本にたくさんあります。
裁判所、刑務所などは気軽に訪ねられる施設ではありません。
そして警察学校も同様です。
日本文化大学はオープンキャンパスのほか、
普段の授業も見学できるイベントを用意していますが、
警察学校はそうしたものを用意していません。
オープンキャンパスが唯一の確認手段と言われているのです。
ただし、警察署を見学できるイベントは割と用意されています。
長野県警察インターンシップが9月11日と12日に開催されますので、
警察官としての仕事が気になる方は、是非参加しましょう。
参加条件が「大学生」or「大学院生」なので、
日本文化大学は余裕で条件を満たしています。
刑事事件の捜査を体験できるプログラムが用意されていますので、
警察官として働くとどういったことが起きるのか、
しっかりとこのインターンで確認しましょう。
日本文化大学の学生でしたら、
3年生あたりでこうしたインターンを利用するのではないでしょうか?
9月開催でしたら、4年生にはちょっと遅すぎと言えます。

話はちょっと変わりますが、小学生がなりたい職業ランキングというのがあります。
最近だとユーチューバーが地味に順位を上げているみたいです。
しかしこうしたランキングが10年後、20年後まで続くとは限りません。
20代がなりたい職業ランキングと、
30代がなりたい職業ランキングはまるで異なります。
40代でしたら「鳥」と多くの方が回答するでしょう。
小学生の多くがその職業の実情を知りませんので、
インターンシップに参加して「なんか違う」となることは非常に多いと言えます。

また、実際に数ヶ月働いて「やっぱり違う」となるケースも多いです。
警察官は全業種の中でもかなり厳しい職業なので、
警察官を目指す10代が途中で夢を変えることは決して珍しくないのです。
そうしたことから、日本文化大学は方向転換がしやすいように、
民間企業への就活支援にも力を入れています。
そもそも警察官採用試験の合格率は10~15%なので、なれない方が普通なのです。
日本文化大学は入学者の半数が公務員になる大学として評判になっていますが、
逆に言えば、半数の方が一般企業へと就職します。
警察官採用試験自体を受けない方も多いので、
日本文化大学の警察官採用試験の合格率は非常に高いと推察出来ます。

警察学校のオープンキャンパスはレアですが、
就職ガイダンスはどこも必ず実施しています。
働く方を募集する以上は、
採用試験とは別にこうした説明会を用意する必要があるのです。
民間企業だと面接オンリーなケースが多いので、
説明会&採用試験としている場合が多いと思われます。
試験をする場合も、SPIをやらせるくらいでしょうか。
話を警察官に戻しますが、各県警によって求める人材は微妙に異なります。
「正義感」と「冷静さ」は全ての県警が求めている資質ですが、
それ以外の要素を面接にて測られることが多いです。
そして、そうした面接対策のノウハウを日本文化大学は豊富に用意しています。
もちろん、就職ガイダンスで直接訊くのも有用ですが、
日本文化大学の就職ガイダンスで具体的なアドバイスを受ければ、
採用試験における面接でパーフェクトな回答を出来るかもしれませんよ。

オープンキャンパスで分かることは多いです。
こうしたものに参加しないと分からないことはかなりあります。
仮に警察学校のオープンキャンパスに参加できなくても、
日本文化大学は現役警察官と対話できる催し物を複数開いていますので、
警察学校での暮らしについて訊くことが可能です。
むしろ、そういった生の声を聴くために
日本文化大学に入学してくる学生は多いのかも。
講師陣にも元警察官は多いので、色々と話を聞いてみましょう。
しかし伝聞で分かることには限りがあるので、
やはり警察学校のオープンキャンパスには積極的に参加したいところですね。

日本文化大学の三重県旅行について

日本文化大学の2年の選択授業「文化学綜合演習」にて、
三重県に旅行に行きます。
名目は現地講義になりますが、実質修学旅行のようなものです。
1泊2日で伊勢、鳥羽の歴史を学びます。
では、具体的に日本文化大学の学生はどこを見て回るのでしょうか?
今回はその名所の候補を考えてみたいと思います。

【伊勢神宮】
伊勢に訪れるのでしたら、伊勢神宮は欠かせないでしょう。
日本文化大学の学生に限らず、
全国から多くの修学旅行生を招いていると思います。
20年に1度の式年遷宮では、過去最多の1420万人が訪れたそうです。
年間の参拝者数は873万人程度、三が日だけでも49万人ほどになります。
修学旅行という括りで見ても、日本の中高生の5分の1は、
伊勢神宮に1度は訪れているそうです。
皇国教育をするには欠かせない施設と言えます。
そして、伊勢神宮は様々な行事・祭事を開いています。
日本文化大学の学生が訪れる日程は分かりませんが、
少なくとも8月中とだけは分かっています。
伊勢神宮の8月の祭事は、8月1日の「外宮さんゆかたで千人お参り」と、
8月4日の「風日祈祭」の2つがあります。

もしかしたら、日本文化大学はこうした行事を見るために、
毎年日程調整しているかもしれませんよ。
もちろん、普通に参拝するのも有用です。
神社にお参りするには作法があり、手水や二拝二拍手一拝をします。
日本文化大学は日本の文化を大事にする学校なので、
こうした儀礼には特に力を入れていると思いますよ。
神宮による御祈祷もするかなと思いましたが、それはどちらかと言うと、
身体健全や商売繁盛などを祈願することなので、
社会科見学や歴史体験とはちょっと目的が違う気がします。
神宮は2000年の歴史があり、
古すぎて近代の法学においてはあまり参考になりませんが、
日本文化大学の学生の多くが、伊勢神宮で想いを馳せることでしょう。
なお、伊勢神宮の外宮は左側通行で、内宮は右側通行なので、
参拝する予定のある方はしっかりと覚えておいた方が良いですよ。

【おかげ横丁】
伊勢神宮の北側にあり、
参拝のついでに立ち寄るにはココが良いでしょう。
横丁なので、アメ横のような買い物スポットのようなイメージを抱く方は多いですが、
おかげ横丁は江戸から明治にかけての建物を再現した、
歴史情緒を味わえる買い物スポットになります。
歴史再現スポットとしてかなり人気みたいですよ。
ただし、割と忠実に再現していることもあり、外国人に対する配慮は少なめです。
当然のことですが、江戸時代に英語は存在せず(あったとしてもオランダ語かも)、
英語による注意書きはどこにも見当たりません。
日本語に詳しくないと、おかげ横丁は歩けないかもしれませんね。

そして日本文化大学の学生はほぼオールでジャパニーズなので、
特に言語で困ることはないでしょう。
31のお土産屋と、10の飲食店があり、色々と楽しめますよ。
日本文化大学の2年生は19~20歳なので、
あんまり古風なお土産は合わないかもしれませんが、
伊勢ならではの焼き物やカマボコはかなり人気ですよ。
有名な清酒もありますが、
一応学校行事なので、お買い物は控えた方が良さそうですね。
手作りパンケーキが有名なお店もあるので、そこでランチするのも良いかも。
日本文化大学の女子学生は、割と女子力が高いですよ。

【二見興玉神社・夫婦岩】
伊勢神宮から北東に10km進んだ先にある海岸に、二見興玉神社があります。
そしてこの神社の最大の特徴は夫婦岩にあります。
アマテラス及びこの神社の祭神である
サルタヒコの興玉神石を拝むための鳥居としての役割を担っており、
観光名所の写真としても度々使われるほど、雅な光景になります。
夫婦岩で画像検索するとたくさんヒットしますので、
気になる方は是非チェックしましょう。
夏至の日の出が最高と言われていますが、
6月21日は日本文化大学は普通に授業なので、
学生は拝むことが出来ませんね。
ついでに言うと、その日はカメラマンが多数集結しますので、
一般の方は立ち寄るのがかなり難しいでしょう。
歴史の勉強でしたら、何でもない日に訪れるのが良いですよ。
祭事なども日本文化大学の学生が赴く8月には特になさそうなので、
かなり空いていると思います。

【鳥羽水族館】
歴史の勉強になるか分かりませんが、
鳥羽に来たら鳥羽水族館には行きたいものです。
三重県の観光名所としても、この水族館はかなり上位に食い込んでいますよ。
鳥羽水族館の最大の特徴は、国内で唯一ジュゴンを飼育している点でしょう。
アフリカマナティーやゴマフアザラシなど、色々な海獣を見られますよ。
カブトガニやチョウザメなどもおり、古代の海の勉強も可能と言えます。
ダイオウグソクムシやウミサボテン、フィロゾーマなど、
変わった生き物も展示しています。
日本文化大学は文系の大学ですが、
こうした水産学の勉強もちょっとはしてみるのも良いのではないでしょうか。
学校の遠足の場所としても、鳥羽水族館はよく利用されているみたいですよ。
修学旅行生に合わせた学生団体用のランチを用意している点も嬉しいですね。

【ミキモト真珠島】
三重県は真珠、そして海女さんが有名だと思います。
日本十大発明家のひとりでもある御木本幸吉はこの地で、
世界で初めて真珠の養殖に成功しました。
真珠はダイヤモンドに次ぐ人気の宝石(正確には半貴石)であり、
三重県の産業を支えるものとして、
きっと日本文化大学の学生もこの地で真珠について学ぶのではないでしょうか。
日本文化大学の女子学生は意外とファッションにこだわりを持っていますので、
ブローチやペンダントなどの真珠製品には興味津々かもしれませんね。
パワースポットも存在し、西暦710年頃に創建された「珠の宮」も人気です。
その社の手前には「願いの井戸」があり、
脇に置いてあるアヤコ貝を投げ入れることで、願いが叶うと言われています。

【海の博物館】
その名の通り、鳥羽の海の歴史を学ぶことが出来る施設です。
海の道具が6万点収蔵されており、潜水艇やクジラ銛など、
海の生活を支えたものがたくさん展示されています。
さらにはクリイカラ、ガンガリ、シビツキ、ドンビカゴ、キットイカリ、ドンザなど、
解説がないと何に使うか全く分からないものも多数並んでいます。
こうした道具類は、今はもう全く使われておらず、
最新式の釣り道具類にて漁業をしていることが多いです。

しかし、日本文化大学は文化を継承することを目的にしている大学になりますので、
こうした昔の先人の知恵が結集された道具類を学ぶことは、
非常に大事と言えるのではないでしょうか。
古文書や写真のほか、映像音声も数万本残されており、
海の歴史を学ぶのに事欠かない施設と言えます。
ただし、今の19~20歳にベータやVHSが扱えるかどうかは、
ちょっと難しいかもしれませんね。
映写機を見たことがない方はかなり多そうです。
もちろん、観光名所としてグルメも豊富に揃っており、
名物のところてんはポン酢と黒蜜きなこから選ぶことが出来ます。
アオサが入ったシフォンケーキはなかなか珍味ですよ。

【移動手段について】
三重県在住じゃないと意外と気付きにくいですが、
三重県には新幹線が走っていません。
それどころか、沖縄県を除いてJRの影が最も薄いと言われています。
伊勢・鳥羽に観光に行くなら、一度、名古屋駅で乗り換える必要があります。
日本文化大学の学生が鉄道で行く場合は、
日本文化大学⇒横浜⇒名古屋⇒伊勢、という経路になりそうです。
もしくは、バスで一っ飛びしてしまうかもしれませんね。

日本文化大学の学生が利用していそうなオシャレなお店

日本の若者は意外と平均的です。
武士の家に生まれたから武士っぽくなると、
誰もが思いますが、そんなことは全然ありません。
少なくとも、普通の小中高に通っていれば、平均的な日本人になります。
日本女子体育大学に所属している女子学生はみんな、
saoriやryokoのようにパワフルだと思われがちですが、
休日のオフの日はきちんと平均的な10代後半・20代前半の
若い女子としてキャピキャピしていますよ。

日本文化大学は警察官になるための学校ですが、
別に防衛大学のように厳しいものではありません。
普通の大学として運営されており、普通の学生が通っています。
10代後半・20代前半で
現役の警察官と同レベルの志を持って授業を受けている方は、
本当に少数と言えるでしょう。
日本文化大学の学生も放課後や休日は普通に羽目を外していると思いますよ。
では、どういったところで羽目を外すのでしょうか?

日本文化大学の最寄り駅である片倉駅は非常にのどかです。
田んぼこそありませんが、駅の目の前には住宅街とマンションで溢れています。
若者が楽しめる行楽地はほとんどありません。
日本文化大学の周囲も住宅地が広がっているため、学校や公園など、
子供を育てるのに有用な環境が揃っていますが、
若者がストレスを発散させる施設は少ないと言えるでしょう。
片倉駅から西に100~200m進んだ先に片倉城跡公園がありますが、
20代の若者はこういった公園ではあまり遊ばないと思います。
日本の古き良き文化を守るのが日本文化大学の使命ですが、
だからと言って、成人を迎えた大人たちが
この公園でケイドロをしている姿は全く思いつきません。

そこで隣駅まで移動します。
隣の八王子みなみ野駅や、八王子駅まで進めば、
色々なお店があります。
特に八王子駅はターミナル駅としても機能しており、
毎日17万人もの乗降客が利用しています。
電車通学している日本文化大学の学生も、
八王子駅で乗り換えしていると思いますよ。
でも、乗り換えはかなり面倒なので、
北野駅で降りて自転車で大学に向かっている学生は居そうですね。
大体2kmくらいなので、のんびり漕いでも15分あれば到着すると思いますよ。

オシャレなお店の代表格と言えば、スターバックスコーヒーです。
敷居が高いと感じている高校生は多いかもしれませんが、
大学生ともなれば是非、利用したいと考えている方は多いのではないでしょうか。
そして八王子駅の南の巨大なマンションの2階部分にスタバがあります。
北館の方にも、東急スクエアの中にも、京王八王子駅のビル中にもあります。
八王子駅経由の日本文化大学の学生はスタバが利用しやすいと言えそうですね。
スタバは朝の7時から営業していますので、
登校時に買っている学生は少なからず居るのではないでしょうか?

では片倉駅付近の喫茶店はどうでしょうか。
残念ながら、日本文化大学へ向かう道に喫茶店はありません。
通学路とは逆方向に進んだ先に、2軒ほどの喫茶店が見つかりました。
なかなかオシャレなお店ですが、200~300mほど逆方向に歩きますので、
通学の際に利用するのはちょっと不便ですね。
なお、日本文化大学の南側は全くと言っていいほど飲食店がありません。
少なくとも八王子みなみ野駅まで行かないとコーヒーにはありつけないでしょう。
コーヒーが飲みたくなったら、学食か自動販売機しかありませんね。
通学路にコンビニが欲しいです。

オシャレな飲食店でしたら、イタリアンを連想する方は多いのではないでしょうか。
美味しいパスタのお店でしたら、デートスポットにはかなり良いと思います。
と言っても、学生の身になりますので、そんなに高いお店は利用できないでしょう。
そこで多くの方がサイゼリヤを利用します。
サイゼリヤの平日ランチ500円はかなりボリューミーで食べごたえがありますよ。
流石にデートとして利用するかどうかは意見が分かれるところですが、
少なくともファミリーレストラン界の中では
サイゼリヤはオシャレなお店という認識が強いのではないでしょうか。

むしろ、田舎に行ったらまずサイゼリヤ自体存在しません。
福岡を除いて、九州と東北には1店舗もありません。
上京した方が初めてサイゼリヤに通って感動した話があるそうです。
そして八王子駅にはサイゼリヤが複数あります。
ついでに言うと、こちらもそれぞれスタバの近くにあります。
サイゼリヤで食事をした後にスタバで一杯するのも良いかもしれませんね。
ただしサイゼリヤのオープン時間は11時からなので、
日本文化大学の授業がある日は利用がしにくいです。
まさか3限から登校する方なんていませんよね。
夕飯でしたら可能だと思います。

ファッション系のオシャレなお店はどうでしょうか?
これに関してはちょっと難しいかもしれませんね。
むしろファッション系のオシャレなお店ってどういうものなのでしょうか?
外観や内装の造りがオシャレなお店という意味でしたら、
八王子駅周辺で探すのは、なかなかの難問です。
駅付近には大型のビルが乱立していますので、
オシャレな個人経営のお店は郊外まで歩かないと無いのではないでしょうか?
銀座でしたら駅前でもオシャレなお店が多くウィンドウショッピングがし放題ですが、
八王子でそういったお店を探すのはかなり至難です。

なお、オシャレな衣類を探すのでしたら、駅前のデパートが良いと思いますよ。
セレオ八王子や八王子東急スクエアなどがありますので、
買い物で困ることは無いでしょう。
リサイクルショップで探すのも、乙なものです。
日本文化大学はファッション雑誌に載るほど
ファッションに興味のある方が通っています。
八王子駅周辺でオシャレを探している
日本文化大学の学生はかなり居ると思いますよ。
詳しくは「Seventeen 9月号」をご確認ください。

オシャレなレジャーはどうでしょうか?
そろそろオシャレの定義がゲシュタルト崩壊してきましたが、
オシャレな大学生が利用するオシャレな施設がどこかにあるはずです。
筆者の知識はディスコやパラパラで止まっていますが、
2017年の現代に合ったオシャレなお店というものがあるはずです。
オシャレかどうか分かりませんが、
ボウリングに興じる大学生は多いのではないでしょうか。
日本文化大学の学生もそういったお店を利用すると思いますよ。
ビリヤードやダーツなどもオシャレと言えそうです。
少し偏見が入りますが、19世紀の貴族がよくしているイメージがあります。
カラオケも需要の高いレジャーと言えます。
それら全部を叶えるなら、ラウンドワンが良いでしょう。
そしてこれもまた八王子駅にありますが、スタバやサイゼリヤと違って、
駅から少し歩きます。
国道16号線まで歩く必要があり、
頑張って歩けば京王片倉駅からも通うことが出来ます。
週末の土曜(※日本文化大学は土曜も普通に授業があるため)や休日には、
ラウワンでレジャーに興じる日本文化大学の学生を何人か見かけると思いますよ。

田畑と山々が広がるところにお住まいの方の多くが、東京に憧れを持っています。
それは東京にはオシャレな施設が多いからです。
41階建てのサザンスカイタワー八王子は、見る方の多くを圧倒させるでしょう。
こうした超高層マンションは田舎にはまずありません。
あったとしても15階程度ではないでしょうか。
新宿の方に赴けば、もっと高い建物がありますよ。
日本文化大学の学生も一般平均的な人間になりますので、
食事・衣類・娯楽・建物など、
こうしたオシャレに興味を持つことはとても自然なことなのです。
片倉駅周辺は住宅色が強いのでオシャレ度は低いですが、
一駅隣の八王子駅まで移動すれば、色々なオシャレを発見することが出来ますよ。

日本文化大学の入試の種類について

大学に入る方法は大学によって異なります。
推薦入試、一般入試の2つがあり、
それらの内容は大学によって千差万別です。
一芸入試というのもありますが、それでも面接があるケースが多いので、
それは推薦入試に分類されます。
入学の条件に筆記試験や推薦入試がないのは、
塾や専門学校くらいではないでしょうか?

日本文化大学は入試の種類が豊富です。
むしろ豊富すぎて、どの方法で入れば良いか悩んでしまうでしょう。
そこで、以下にて日本文化大学の入試を紹介します。
それぞれ特徴を記載しますので、受験の参考にして頂けましたら幸いです。

 
【AO入試】
正確には「警察官志望AO入試」と「公務員志望AO入試」の2つに分かれています。
卒業後の職業としてソレを目指す方が受験できる推薦入試になります。
なお、名称は「警察官志望」となっていますが、
日本文化大学は消防官や自衛官を目指す方も何人か居ますので、
そうした方も「警察官志望AO入試」で入ると思われます。
小論文の内容こそ全員同じだと思いますが、
面接にて将来なりたい職業に対しての意気込みを訊かれると思いますよ。
そして日本文化大学のAO入試の合格率は非常に高いです。
旺文社が調べたデータによると、
募集人数50人に対して93人が志願し、92名の方が合格しました。
ほとんど全員合格という勢いです。

また試験日が多く、「警察官志望AO入試」は年5回、
「公務員志望AO入試」は年3回のチャンスがあります。
それと「警察官志望AO入試」の試験日は8月から12月までに対し、
「公務員志望AO入試」は10月、2月、3月とかなり遅くまで門戸を開いています。
公務員に関しては、本命の大学が落ちた方でも受験しやすいように、
選考日を遅くまで用意しているのかもしれませんね。
公務員に関しては、併願している方は多いのではないでしょうか。
逆に警察官を目指す方は、日本文化大学を専願としていることが多そうです。
公務員を目指すなら他の大学でも可能ですが、
警察官を目指すなら日本文化大学以外に無いと言っても過言ではないでしょう。
それだけ日本文化大学は警察官採用試験への対策に力を入れている大学として、
確固たる知名度を獲得しているのです。

 
【一般推薦入試】
一般推薦入試も専願になります。
そしてこちらはAO入試と違って、出願資格に学校の成績が必要になります。
ただし、全体平均で3以上(5段階中)なので、条件はそこまで難しくありません。
しかも救済処置として、英語・国語・地歴・公民の平均で3以上でもOKです。
数学と理科の成績が壊滅的な方でも、日本文化大学の一般推薦入試を受けられます。
ひとつ注意点として、選考方法がちょっと変わります。
小論文と面接はAO入試と一緒ですが、
一般推薦入試には英語と国語の簡単な口頭試験があります。
国語はともかく、簡単な英会話能力がないと、
日本文化大学の一般推薦入試は突破できないでしょう。
せめて英検3級程度(中学卒業)の実力は身に付けておきたいところです。
ちなみに英検3級は、「What did you eat this morning?」という問いかけに対し
「I’m fine , thank you.」と元気よく答えただけで合格した方が、筆者の知人に居ます。
英検3級は英語能力よりも、話す姿勢で合否を判断されることが多いみたいですよ。

 
【指定校推薦入試】
この内容は学校ごとに異なりますので、説明は割愛します。
詳しくは自身の高校の進路指導部にご相談ください。
日本文化大学の指定校推薦入試の選考時期は11月なので、
遅くても夏休み前までには相談した方が良いですよ。
ちおみに、こちらも専願なことが多いです。

 
【自己推薦入試】
別名、ニチブンサクセス入試と呼びます。
この試験ですが、いわゆる一芸入試に属すると思われます。
AO入試と違ってその職業を目指さなくてよく、
一般推薦入試と違って学校の成績は不要。
さらに併願でもOKなのが日本文化大学の自己推薦入試の特徴と言えます。
自分の意欲を日本文化大学に積極的にアピールできる方は、
この受験方法を選ぶのも良いかもしれませんね。
なお、選考方法の内容は一般推薦入試と同一になります。

 
【一般入試】
一般入試には細かい出願資格はありません。
高等学校や中等教育学校を卒業(卒業見込み)、
もしくは高卒認定試験をクリアすることで受験資格を得られます。
年齢制限もなく、30歳だろうと日本文化大学に入れますよ。
ただし警察官採用試験を受けるには年齢条件がありますので、ご注意ください。
県警ごとにかなり異なりますが、大体30歳あたりがリミットのようです。
選考方法ですが、現代文が必須で、
英語、歴史、政治経済の3種類から1つを選ぶ感じです。
実際にはもっと教科は細分化されていますので、
詳しくは日本文化大学の公式サイトをご確認ください。
ともかく、2教科だけで日本文化大学を受験することが可能です。
と言いつつ、英検2級以上の技能を有していれば、
選択科目は免除され、実質、現代語オンリーで受験することが出来ます。
TOEIC換算でしたら、550~775点くらいでしょうか。
どれくらいで免除されるか分かりませんが、
TOEIC700点あればOKかもしれませんよ。

そして、日本文化大学の最大の特徴として、
一般入試においても必ず面接を行います。
法学部のような一般的な大学において面接を必ず行うのは
日本文化大学くらいではないでしょうか。
なお、他に面接が必須な学部でしたら医学部があります。
これは、医師は非常に強いメンタルが必要な職業になりますので、
入学の段階でメンタル度をチェックすると言われています。
医学部は6年で、その後2年の研修をしますが、
8年後に「アナタは医者に向いていないよ」と宣告されても8年間は帰ってきません。
だからこそ、最初の段階で選別を行うのです。
日本文化大学は警察官を目指す大学になりますので、
こちらもまた強いメンタルが必要でしょう。

一応、日本文化大学は一般企業への就職率も高いですが、
なるべく志が高い方を集めていると思いますよ。
と言いつつ、日本文化大学の推薦入試の合格率がほぼ100%であることを考慮すると、
面接で落ちることはほぼ無いと考えられます。
高校入試のように、人となりを一応確認しているだけかもしれませんね。
とりあえず、ロックな格好をせず、
テストできちんと良い点を取れば、合格出来ると思います。
あと、日本文化大学の一般入試は、本会場での選考は計8回チャンスがあります。
1番早くて1月28日、遅くて3月20日まであります。
高田馬場学習センター会場も3回のチャンスがあります。
チャンスが多すぎて、いつ受験すれば良いか迷ってしまいそうですね。

 
【大学入試センター試験利用入試】
センター試験を受けた方が利用できる入試です。
センター試験の成績が適応され、
国語が必須で、英語、地歴、公民の3種から1つを選択します。
このあたりの科目の種類は一般入試と一緒ですね。
それとこちらもまた面接があります。
選考日は5回分のチャンスがあり、それぞれの日に面接を行うことになります。

 
【合格発表】
日本文化大学に入学できるチャンスは非常に多いです。
試験の種類も多いですが、選考日も複数用意されています。
なお、合格発表は選考の翌日です。
選考日が日曜の場合は、2日後の火曜日が合格発表になります。
そして手続き締め切りは合格発表から10日の猶予しかありません。
逃さずにしっかりと手続きするようお願いします。
ちなみに、日本文化大学はかなり古風に、合格発表は電報です。
合格発表の日は電報を取り逃さないように、家でずっと待機していた方が良いですよ。
日本文化大学で初めて「サクラ サク」を見る方は多いのではないでしょうか。

 
【建学の精神】
日本文化大学のAO入試と一般入試の受験資格には
「建学の精神を理解すること」と書かれています。
しかし、全ての入試で面接があることから、どの入試を利用するにしても、
建学の精神は理解しておいた方が良いでしょう。
建学の精神はかなり難解な言葉遣いで構成されていますので、
しっかりと現代語に和訳できるようにしておきましょう。

日本文化大学の学歌

どこの大学も学歌を持っていると思います。
日本文化大学も当然のように学歌を保有しています。
作詞:佐々木秀雄、作曲:安西愛子、
編曲:平井哲三郎で、3番まで歌詞が用意されています。
ただし、それぞれの歌詞は微妙に短いです。
長々と唄うと眠くなりますので、
スパっと短く歌い切る歌詞にしたのかもしれませんね。
今回は日本文化大学の学歌の歌詞について注目したいと思います。

1番の歌詞は片倉城址について謳った内容になります。
片倉城は室町時代に長井時広が建てたと言われており(諸説あり)、
三増峠の戦いにて北条氏が出陣した城として知られています。
ただし現在に残るのは「址」になりますので、今は遺構が残るだけです。
そして、いつ城が無くなったかは分かりません。
1615年に発令された「一国一城制」で取り壊したのか、
それともイクサにて壊されたのか、
文献が残っていませんので、廃城年は不明です。
今はカタクリが群生する公園として、市民の間に利用されています。

日本文化大学の学歌では、「片倉城址を指呼の間」と唄っています。
「指呼の間」は全く耳慣れない用語ですが、
辞書によると「指さして呼べば直ぐに答えが返ってくる距離」を意味します。
日本文化大学と片倉城址は直線距離で600mくらいの距離なので、
仮に城が今でも在ったのなら、
日本文化大学から眺めることが出来ると思いますよ。
校門が反対の位置にあり、かつ国道や川があるので、
一足飛びで行くのは難しいですが、日本文化大学の学生もよく、
片倉城址公園に遊びに行っているのではないでしょうか。

その次の歌詞では、「清明和敬身に享けて」と書かれています。
「享けて」はちょっと難しい意味の「受ける」で、
天から授かる場合に使われるみたいです。
そして清明和敬は日本文化大学の建学の精神を支える4条目のひとつです。
清く明るく爽やかな心を養うことを目指しています。
昭和53年創立ですが、
当時の大学は「天」や「神」に近い存在として崇められていたので、
「受ける」ではなく「享ける」という文字を使ったのかもしれませんね。
福沢諭吉は「天は人の上に人を作らず~」と言って、
全ての人を平等に扱うことを説いましたが、
日本文化大学の学び舎のように建物などを人の上位に持ってこさせることは、
当時の文化圏では珍しくないと考えます。
剣道の礼だって、神前(道場)に礼をしますよね。
自分たちを育ててくれる場所を神聖視することは、
神道を基本とする日本では全く珍しくないのです。

その後の歌詞は、法学部らしいものとなります。
「法の真理を究めんと」は、法学部なら当然と言えるでしょう。
「親しく学び日々新(あらた)」も、
昨日よりも1歩進んだ自分になることを目指す意味合いだと思いますよ。

2番の歌詞を見てみましょう。
少し懐古の情が混じっているような内容で、
柏樹の教えについて唄った内容になります。
柏樹は、日本文化大学の前身の柏樹書院のことです。
柏樹書院を作ったのは22代当主の蜷川式胤先生ですが、
その教えは初代にまで遡ると言えるでしょう。
それゆえ、日本文化大学の起源は
600年前まで遡ると言っても過言ではありません。
「柏樹の訓幾星霜」と唄っており、歴史的にかなりの重みがあると言えます。

その次の歌詞はちょっと気になることが書かれています。
「紫紺の校旗に」とありますが、その旗はどこから来たのでしょうか?
今でこそ日本文化大学のシンボルマークは赤と青と黒で構成されていますが、
昔は紫色を日本文化大学のトレードカラーにしていたということなのでしょうか?
紫紺をイメージカラーにしている大学は割と多く、
明治大学と立命館の校旗の色が紫紺です。
(ただし、立命館のスクールカラーは臙脂色です)
立教大学の校旗も紫紺なので、
もしかしたら大学の校旗はみんなこの色なのでしょうか?
紫は高貴なイメージがあり、
ローマではこの色のマントは皇帝だけが許されていました。
聖徳太子の時代でも、冠位十二階の最高階位は紫でした。
そして濃淡で大小を分けており、濃い紫が最高冠位です。
そのようなイメージがあることから、
日本文化大学をはじめとする多くの大学では、
校旗を紫紺色にしているのではないでしょうか。

その次の歌詞はさらに難解です。
「青雲に乗る蛟竜と」をどのように解釈すればいいか、
筆者は頭を抱えています。
そもそも蛟竜とは何なのでしょうか?
竜とならないミズチとありますが正直、ミズチもよく分かっていません。
比喩表現として「タイミングが合わず、まだ実力の証明が出来ていない英雄」
という意味がありますが、
それが青雲に乗って何がしたいのか、本当に分かりません。
鯉の滝登り的な意味合いで成長することを目指しているのでしょうか?
こうしたポエムを理解するのは、かなりのセンスが必要かもしれませんね。
作詞者の佐々木さんに尋ねたいほどです。

三番の歌詞を見てみましょう。
出だしにて富士山について書かれています。
八王子ともなれば、晴れた日でなくても、
富士山を覗くことが出来るかもしれませんね。
日本文化大学から富士山まで約100kmほどなので、
頑張ればうっすらと見えるのではないでしょうか。
でも途中にある、丹沢山がちょっと邪魔な気がします。

その後の歌詞ですが、色々と賢いことを目指す言葉が連なります。
「俊英」「叡智」「理想」「至誠(しせい)」などなど。
とにかく勉学に励めば、
何かしらの大物になれることを示唆している内容となっています。
創立当時の日本文化大学がどこを目指していたかは分かりませんが、
色々と高い志を持っていたことが、伺えるでしょう。

日本文化大学の学歌は上記の3つの歌詞で構成されています。
大学によっては4番や5番の歌詞があるところもありますが、
日本文化大学は3つだけになります。
そしてそれぞれの歌詞はやや短いです。
オールで唄ったとしても、そんなに時間は掛からないでしょう。
日本文化大学の入学直後のオリエンテーリングで
こうした学歌を学ぶことになると思いますが、
多分それなりに簡単に覚えることが出来るのではないでしょうか。
しかし、それぞれの歌詞の意味はかなり難解なので、
建学の精神をしっかりと理解しないと、
下手をすれば漢字すら読めないかもしれません。
少なくとも筆者は「指呼」すら読めませんでした。
これを「しこ」と読める方は、漢検何級を持っているのか、
非常に気になるところです。

日本文化大学の学歌は公式サイト上にて公開されています。
楽譜PDFのダウンロード、もしくは、MP3をダウンロードしてご視聴ください。
文字だけだと休符やクレッシェンドが分かりませんので、
楽譜を見るのは結構重要ですよ。
気になる方は是非、聴いてみてください。

少し話は変わりますが、
大学の学歌を取り揃えているカラオケ屋さんがあります。
ただし、早稲田大学や明治大学といった
有名どころオンリーな場合が多いです。
全国的に知名度のある大学でしたら、
学歌もカラオケで歌われるほどに需要があるのです。
日本文化大学の周囲にはカラオケ店はありませんが、
もしかしたらどこかのお店で日本文化大学の学歌を
インストールしているカラオケボックスがあるかもしれませんよ。
日本文化大学から一番近いカラオケ屋は、
京王片倉駅近くの北野街道沿いにありますので、是非確認してみてください。
平日の昼間でしたら、会員価格で30分80円とリーズナブルです。
休日の深夜は4倍近くまで値上がりますので、
出来るだけ昼間に行きたいところですね。
ラーメン屋を目印に探してみてください。

日本文化大学に通うのに掛かる費用

かなり大雑把に言われていますが、
大学の教育費は1000万円掛かるとも言われています。
学費だけでしたら500万円程度と言われていますが、
それ以外にも色々な雑費用が掛かることが多いのです。
今回は日本文化大学に通う場合、
大学4年間でどれだけお金を消費するかを見てみたいと思います。

まずは学費からです。
日本文化大学の入学金は32万円、年間授業料は83万円、
年間施設費は25万円掛かります。
最初の入学時に計140万円納める必要があり、
次年度からは108万円振り込むことになります。
そのほか、入学時に実習費として3万円加わります。
入学時に授業料を分納することも可能ですが、
それでも98万5000円支払わないといけません。

大学というものは非常にお金が掛かるのです。
それゆえ、奨学金というのが存在します。
日本学生支援機構奨学金のほか、
日本文化大学でしたら蜷川親繼先生奨学生を取り扱っています。
学業優秀者にのみ贈られる奨学金になりますので、
多くの方が蜷川親繼先生奨学生を目指して勉学に励んでいると思います。
国の教育ローンや提携教育ローンなども利用可能ですよ。

部活動を行うにもお金が掛かります。
最もお金が掛からない柔道部においても、道着くらいは買わないといけません。
安物なら3000円で買えますが良いものでしたら1万円を超えます。
最高級品は4万円だそうです。
軽くて動きやすいものはやはり値段も張りますね。
ただし、日本文化大学は強さや
試合の勝敗を求めている大学ではありませんので、
敢えて疲れる道着を着こなすのも修行になって良いかもしれません。
そして剣道や弓道は道具一式揃えるのに平気で10万円を超えます。
はじめは先輩のお古を使うのも良いですが、
いずれ自分で一式は揃えたいところです。

また、剣道の防具や弓道の弓矢は意外と消耗品です。
大学4年間で1回くらいは全交換するかもしれませんよ。
竹刀や矢に至っては、2か月ごとに買い替えると思った方が良いでしょう。
そのほか、日本文化大学では、バスケ、サッカー、バレー、野球、
バドミントン、テニス、ダンスなどがあり、
どれも稽古着や道具を揃えるのにお金が掛かります。
さらに、大会があると、そのための交通費も掛かります。
部費が下りることもありますが、
基本的にこういった費用は全部自前で用意する必要があると言えます。
お金を掛けずに身体を鍛えるなら、マラソンくらいでしょうか?
それでもシューズを使い潰してしまいそうです。
こうなったら、日本文化大学の大学4年間を
素振りだけするのが良いかもしれませんね。

授業もお金が掛かります。
教科書一式を揃えるだけで、かなりの出費になるでしょう。
教科書は非常に高額であり、
ひとつの授業で3000円掛かることは決して珍しくありません。
学割が効いていますが、それでも高いです。
授業によってはお金のない学生のために、
全てプリントを配る教授も居ると思います。
ただし、その場合は半期の授業で200枚の要旨になるでしょう。
持ち歩くのにかなり苦労したものです。

そして、プリントを持ち運ぶものとして、
クリアファイルやバインダーを使う事は多いです。
筆者も大学1年生の時に、5色を各10枚ずつ、
計50枚を衝動買いしたことがあります。
でも実際に使ったのは半分ほどでした。
購入は計画的にお願いします。
そのほか、筆記用具も複数必要であり、
文房具一式揃えるだけで数千円掛かることはザラです。

日本文化大学はまだまだeラーニングに対応しておらず、
従来通り紙媒体による勉強を行っています。
それと、電子辞書も必須でしょう。
英語の和訳のほか、六法全書付きの電子辞書が欲しいところです。
もちろん紙媒体の辞書でも構いませんが、六法全書は4kgもありますので、
基本的に持ち歩きたくありません。
持つのは、ポケット六法にしましょう。
それでもポケットに入らないほど分厚いですが・・・。
このように授業料だけでなく、
講義を受けるだけでも色々と道具が必要でお金が掛かってしまうのです。

実習でもお金が掛かります。
日本文化大学は2年の夏休みに、選択授業として三重県に旅行しに行きます。
イメージとしては修学旅行と言えそうです。
これもまた授業ですが、
履修するのに学費とは別途お金が掛かることが多いです。
いくらくらい掛かるか分かりませんが、1泊2日なので、
最低でも2~3万円は掛かると思った方が良いですよ。
交通費だけでもそれなりにお金が掛かりますので。
現地での食費を考慮すると、さらにお金は掛かりそうですね。
四日市とんてき、伊勢うどん、松阪鶏焼肉、てこね寿司、
亀山味噌焼きうどんなど、三重県特有のグルメはかなりありますよ。
食べすぎにはご注意を。

日常生活でもお金が掛かります。
日本文化大学は32%の方が一人暮らしをしています。
そしてその宿代ですが、学割が効いて5~7万円ほどと言われています。
ワンルームでも毎月これくらいのお値段が掛かるのです。
加えて、光熱費・水道代・インターネット使用料・携帯電話通信費など、
細々とした出費が待ち受けています。
むしろ、これだけ多くの出費をカバーするために
日本文化大学の学生の86%はアルバイトをしているのかもしれませんね。
細かい出費でしたら、子供会の費用や、街のゴミ出し費用なども発生します。
正直、家賃に含んで欲しい気がしますが、
その地域に住むと色々とお金が掛かってしまうのです。

交通費も決してバカには出来ません。
学割が効いているとはいえ、毎月かなりのお金が掛かります。
日本文化大学の学生の68%は実家から通っており、
その多くが電車通学です。
ごくまれに実家から自転車で通える方も居ますが、
そうした方は本当に稀だと言えるでしょう。
また電車通学ですが、一人暮らしをしている方も電車を利用することが多いです。
日本文化大学の近くに宿を借りられるとは限りませんので、
2~3駅離れることは決して珍しくないでしょう。
時には新宿の方まで離れてしまうかもしれません。
安くていい宿を求めると、大学から離れてしまうことは良くあるのです。

そして最もお金が掛かりそうなのは食費でしょうか。
三食外食でしたら、食費だけで月5万円まで到達します。
ただし、日本文化大学の付近にはほとんど飲食店がありません。
学食はありますが、お弁当を持参している学生は多いのではないでしょうか。
大学費用を節約するために、自炊する方は少なくないでしょう。
飲食店は少ないですが、スーパーにはきちんと食材が揃っていますので、
料理で困ることは無いと思いますよ。
日本文化大学は住宅地に囲まれたところにありますので、
スーパーで困ることはほとんど無いのです。

就職活動でもお金が掛かります。
警察官採用試験に受験料はありませんが、履歴書は基本的に有料です。
履歴書はそこまで高いものではありませんが、
何十社も書いていると意外と出費になります。
そして最も大変なのは交通費でしょう。
何十社も赴いたら、総額は軽く10万円は超えてしまうかもしれませんよ。
幸いにも日本文化大学は東京圏の大学なので、
地方から上京就活することはありませんが、
それでも毎回数百円程度の交通費が掛かります。
就活シーズンに備えてしっかりと貯蓄しておきましょう。

その他、ファッション、娯楽費(デート代含む)、交通手段の確保(自転車など)、
医療費、学生健康保険など、色々と出費がかさみます。
地方から上京してきた方でしたら、帰省の交通費はかなり大きいでしょう。
少なくとも、学費含み日本文化大学の大学生活は
1000万円掛かると思った方が良いですよ。

日本文化大学のオープンキャンパスについて

オープンキャンパスとは、その大学を希望する高校3年生が
構内の雰囲気や教育システムを確認するためのイベントになります。
基本は高校3年生ですが、高校2年生や他大生も参加することが可能です。
日本の大学受験は高校3年生でしか受けられない風潮がありますが、
受験資格さえ満たせば誰でも受験することが出来るのです。
あまりしませんが、大学を卒業した後に別の大学に入り直すことも可能と言えます。

オープンキャンパスで行われる内容は学校ごとに異なります。
学長の挨拶、模擬授業、キャンパスツアー、教育システムの説明などなど。
色々なことをやっています。
流石に文化祭のように屋台が並ぶことはありませんが、学食が開いていることは多いです。
日本文化大学も大体そんな感じになります。
7月30日に開催されたものでしたら、教育システムの説明、就職状況の説明、
年間行事の説明、模擬授業(ミニ講義)、キャンパスツアー、
入試説明会などを行っています。
もちろん、学食も開かれていますよ。
逆に、日本文化大学の周辺には飲食店がほとんどありませんので、
学食が常時オープンしてくれないと、学生は食で困ってしまうでしょう。

やや珍しいことに日本文化大学にはマスコットキャラクターが居ます。
ゆるキャラが居ない都道府県も居ますが、
日本文化大学はファンシーとユーモアを求めて
「にちちゃん」というマスコットキャラクターを誕生させました。
オープンキャンパスでは遊園地のキャストのように、
マスコットキャラクターが日本文化大学の施設を案内してくれると思いますよ。

大学によっては、オープンキャンパス実施日に
大学への直通バスを用意しているところもあります。
駅から離れている場合は、そういった措置を取ることもあるのです。
しかし、日本文化大学は片倉駅から僅か徒歩7分という近さで、
駅から日本文化大学まではかなり細い道が続きますので、バスが通ることは出来ません。
日本文化大学は住宅街の中にあるような大学なので、
大型車両の通行はかなり難しいと言えます。
でも、僅か徒歩7分なので、車を利用する機会は皆無と言えるかもしれませんね。
道はちょっと入り組んでいますが、学生っぽい人の流れに沿って行けば、
日本文化大学に辿り付けますよ。
片倉駅周辺には日本文化大学以外の大学や専門学校がありませんので、
降りる駅さえ間違えなければ、目的地まで簡単に辿り付けると思います。

大学によっては遠隔都市からの訪問には交通費や
ホテル代を支給・補助するところもあるみたいです。
残念ながら、日本文化大学のオープンキャンパスでは
そういったサービスはやっていない模様です。
逆に飛行機代や宿泊費を支給できる大学がどういったところかかなり気になります。
調べたところ、専門学校で多い感じです。
大学はあまりないかも。
あったとしても、予約することでQUOカードが貰えるキャンペーンくらいだと思います。
そして日本文化大学もそれくらいやっています。
(正確には、提携している予約サイトの運営企業から支給されます)

日本文化大学のオープンキャンパスは私服OKですが、
出来れば制服を着て行った方が良いでしょう。
その理由として、AO入試の説明会を聞くからです。
教授と直接話を聞く機会がある場合は、
かなり畏まった服装で行くのがベストと言われています。
ただし、靴は絶対に履き慣れた物でないといけません。
駅から徒歩7分という短さですが、キャンパスの中は割と歩き回ります。
制服だと革靴とセットになるケースが多いので、
きちんとその革靴には慣れておくのが良いでしょう。
と言っても、高校に既に2年以上通っている筈なので、
高1の初夏の遠足と違って、革靴には十分慣れていると思います。
最近は柔らかい革靴もありますので、靴擦れで悩む方も安心ですよ。
と言いつつ、実際に日本文化大学のオープンキャンパスに来ている方の
私服・制服の割合は半々くらいです。

統計によると、一人がオープンキャンパスに参加した大学は
平均で3.56校と言われています。
意外と皆さん、オープンキャンパスには積極的に通っている模様です。
訪問したオープンキャンパスによっては、
志望順位を入れ替えることは珍しくないのかもしれませんね。
日本は実に多くの大学・専門学校が存在し、
都市部に至っては数えきれないほど密集しています。
日本文化大学の1km南にも、東京工科大学がありますよ。
ただし、学部学科が被ることはそうそうありません。
そして高校生が大学を選ぶポイントは、
「家からの近さ」「就職率」「偏差値」「学費」あたりが、優先度が高いです。
アメリカと違って、有名な教授が居るから通う方は少ないでしょうし、
ここでしか出来ない研究があるから通う方も稀です。

そもそも、今は大学同士が協力関係にありますので、
他大の研究に参加することは全く珍しくないと言えます。
そして日本文化大学の特徴は何と言っても「就職率の高さ」でしょう。
特に警察官の合格率に至っては他の追随を許さないほどの優秀さです。
ぶっちゃけた話、日本文化大学の警察官合格率に匹敵するところは皆無ですし、
2位と倍率が10倍差くらい離れているかもしれませんよ。
最早、警察官を目指す専門学校を
4年制大学にしたところと思った方が良いかもしれません。
日本文化大学の特徴がオンリーワンすぎて、
オープンキャンパスでの比較がしにくいかもしれませんね。

オープンキャンパスの実施期間ですが、国立は夏休みに集中して、
私立は春から秋に掛けての長期に渡って開催することが多いです。
そして日本文化大学は私立になりますので一般的なところと同様に、
春から秋に掛けての長期に開催しています。
そして平日に開催しても高校生は学校を休めませんので、大抵土日祝に開催します。
ただし、日本文化大学は珍しいことに、土曜日も全日で授業を行います。
それゆえ、日本文化大学のオープンキャンパスは
夏休みを除いて全て日曜日に開催されます。
その代わり、開催日数が計9回とかなり多いです。
入試の回数もかなり多い大学ですが、
オープンキャンパスのチャンスもかなり広く門戸を広げているのです。

日本文化大学の入試はかなり独特です。
一般入試においても、医学部のように面接を必ず行います。
そして、AO入試を受けるには、オープンキャンパスや
キャンパス見学会(こっちは平日開催)に参加して、
プレインタビューを受ける必要があるのです。
こうしたものを受けるなら、やはり畏まった格好が必要であり、
制服で臨むことは必須と言えるかもしれません。
でも、日本文化大学のオープンキャンパスに二回以上通うのなら、
二度目からはラフな私服でも良いかもしれませんね。

オープンキャンパスに参加すると、素敵なプレゼントをくれることが多いです。
日本文化大学もメールで予約することで
図書カードやQOUカードを貰えると思いますよ。
もしくは現地で、筆記用具か何かを貰えるケースが多いと思います。
もしかしたら、
勉強の役に立つ参考書のようなものを貰えることもあるかもしれません。
かなりマニアックなものでしたら、大学のマスコットキャラクターをあしらった
キーホルダーをくれることもありそうです。

オープンキャンパスが最も役に立つのは、生の声が訊ける点でしょう。
ネットの口コミとは違い、かなり真実に差し迫った意見を訊けると思いますよ。
キャンパス見学してくれる学生は基本的にボランティアであり、
そこで学生を確保したからと言って、
営業職のようにインセンティブが貰える訳ではありません。
メリット面は元より、マイナス面も赤裸々に語ってくれますよ。
日本文化大学のオープンキャンパスに参加して、
大学の実情を訊いちゃいましょう。

日本文化大学の年中行事について

どの教育機関も年中行事は公表しています。
年中行事を気にして受験する方はあまり居ませんが、
この時期にこんなことをするのかを知るのには有用です。
大学だと流石に修学旅行はありませんが、体育祭や特殊イベントなど、
色々な催し物が待ち受けていますよ。

<4月>
日本文化大学は日本の標準的な大学になりますので、
入学式は4月になります。
アメリカに合わせて
9月入学に合わせようとする動きが少しだけありますが、
こうした制度を変えるのは容易ではありません。
実際に行うとしたら、4月と9月の両方で入学式を行うという案になります。
国際化が進めば、日本文化大学も秋入学の制度を採用するかもしれませんね。
でも、「サクラ=入学」のイメージが強いので、
4月以外に入学するのは中々慣れないかも。

<5月>
日本文化大学の創立記念日は5月です。
1978年に開学し、今年で39周年になります。
何日に創立したかまでは調べられませんでしたが、
その日は休日扱いとなり、
日本文化大学の学生は伸び伸び過ごしているかもしれませんね。

<6月>
6月になればオープンキャンパスを開くようになります。
高校生の皆さんに、日本文化大学がどのようなところかを紹介します。
AO入試で入るには、一度はキャンパスに訪れる必要があり、
多くの方がこのオープンキャンパスに参加して願書を手に入れると言われています。
ただし、今年のオープンキャンパスは5月からスタートしました。
回数も総勢9回と、過去最多です。
それだけ日本文化大学の受験生が増えているとも言えそうです。

<7月>
7月末に前期定期試験があります。
年度によって8月に滑り込むこともありますが、
今年は7月中に全部終わった模様です。
オープンキャンパスが7月30日(日)にありますので、
その前に試験を全部終わらせたと思います。
オープンキャンパスの翌日に定期試験をやらせるのは、
流石にキャンパスを案内する在学生が可哀想です。

<8月>
8月は夏休みになります。
この時期に何をするかで、自分の価値は決まると言っても過言ではありません。
そして、日本文化大学ではこの時期に就職試験対策講座を行います。
普段まとまった時間を取れませんので、長期休みを利用して集中講座を行うのです。
もちろん全日を試験対策に費やすことはなく、部活、バイト、デートなど、
日本文化大学の学生はそれぞれのモラトリアムを堪能すると思われます。

<9月>
9月の末あたりから2学期がスタートします。
この開始時期も年度によって1~2週間ズレることはよくあります。
そして先の説明で「大学生は修学旅行がない」と言いましたが、
日本文化大学は2年次に三重県へと修学旅行に行きます。
選択科目の「文化綜合演習」にて、1泊2日の現地講義を行うのです。
鳥羽は港町と海賊(水軍)の歴史を持つ街であり、
1594年に建造した鳥羽城は三重県の史跡に指定されています。
水軍の城でもあるため、城が海に突き出ているのが特徴になりますよ。
実際に何を学ぶかは分かりませんが、
伊勢や鳥羽の歴史を学べると評判になっています。

<10月>
年度の半分を過ぎるとイベントごとが増えてきます。
3年次には就職活動壮行式を行って、就職活動に向けて気を引き締めます。
この時期になれば、警察官を目指すか、一般企業を目指すか、
日本文化大学の学生は進路を固めている頃になります。
警察官採用AO入試で入学し、法心理コースに進んだ方も、
この時期には進路を変更することもありますよ。

また、10月の末には菊花祭が開催されます。
いわゆる体育祭で、OB・OGも多数賓客として招かれるそうです。
日本文化大学は文化祭がありませんので、こうしたイベントにて卒業生を招くとのこと。
柏樹会のホームカミングデーとは別に、同窓会なども同時に開いていると思いますよ。
ちなみに土日祝の関係で、11月初旬に滑り込むことが多いです。
去年は文化の日あたりに菊花祭を開催したそうです。
1~2年生を中心に、バレー、バスケ、バドミントン、
サッカー、クラス対抗リレーを行いました。
3年以上が参加しないのは、就活で忙しいからかもしれませんね。
卒論にもそろそろ着手しないといけませんので、
こうした運動会に参加できる余裕がないのだと考えます。
でも、内定を勝ち取った方だと、積極的に混ざっているかも。

<11月>
模擬裁判は日本文化大学の華と言えます。
本物そっくりの裁判所を用意し、そこで本物さながらの模擬裁判を行います。
流石に「異議あり!」と指差すことはありませんが、
市民を裁判員として参加させるあたり、かなり本格的です。
そして、在学生だけでなく、保護者、OB・OG、
さらには一般市民まで聴衆することが可能で、
貴重な体験が出来ると人気を集めています。
日本文化大学は警察官を目指す大学で、
弁護士・検事に進む方は皆無に近いですが、
この模擬法廷は学生の間でかなり高い評判を得ているようです。

<12月>
時期は多少前後しますが、この時期に法律討論会を行います。
毎年2回開催し、複数のチームがパワーポイントを使って
それぞれの研究結果を発表します。
論旨発表は10~15分程度。
その後、質問タイムになります。
優秀質問賞もあり、毎回質疑応答に熱が入る盛況っぷりです。

<1月>
冬休みの期間は、関東はどこも一緒でしょう。
大体クリスマスの後あたりから冬季休業となり、
七草がゆあたりの日から授業を再開します。
そして月の中頃でセンター試験があります。
日本文化大学も会場として貸し出すと思いますよ。
その後は月末に後期定期試験があります。
1月に関しては、日本文化大学は他の大学とほとんど同じと言えます。

<2月>
定期試験が終わって、2ヶ月に渡る春休みが始まると再び、
就職試験対策講座が開かれます。
3年生はそろそろ就職に向けて本格的に採用試験に臨むようになり、
春休み中に内定を勝ち取る方もチラホラ出始めるのではないでしょうか。
警察官採用試験も早ければ4月末には第一回が開催されます。
春休みだからって、あんまりウカウカしていられませんよ。

<3月>
春休み中に卒業式があります。
正式には「学位記授与式」と呼びますが、
多くの日本文化大学の学生が晴れ着を着て、この式に臨みます。
女性でしたら、袴姿を着付けてもらう方が多いのではないでしょうか。
最近は大学の会場でレンタルや着付けをしてもらえるプランもあり、
日本文化大学の女子学生もこういったものを利用しているかもしれませんね。
卒業証書を手渡しでもらうのは、実に感慨深いものです。

日本文化大学の年間行事は大体こんな感じになります。
他にも細かいイベントはいくつかあり、
季節に応じて学生の皆さんは様々な催し物に参加していると思われます。
特に就職に関するイベントが多く、
就職内定者によるアドバイスや内定者就職活動体験報告会、
インターンシップの参加など、かなり忙しいです。
部活動に所属していれば、大会などもあります。
昇段試験なども重要と言えます。
このように大学生活というものは、
色々なイベントが待ち受けているものなのです。
むしろあまりに忙しすぎて、休む暇などないかもしれませんね。

日本文化大学は土曜もフルタイムで授業があるため、
完全にオフに出来るのは日曜しかありません。
まとまった時間でアルバイトを出来るのは、日曜くらいでしょうか。
日本文化大学の学生のほとんどがアルバイトをしているみたいですが、
彼ら彼女らは一体いつアルバイトをしているのか、非常に気になるところです。
日本文化大学は文系ですが、授業数はかなり多いので、結構大変と評判ですよ。
その分、たくさんの勉学が出来るとも評判になっています。

日本文化大学の空調や換気システムが気になる

室内環境はとても大事です。
どれだけ教室が快適かで、
勉強の効率は0%から100%まで変動します。
キャンパス環境は大学ごとに異なり、それがどれだけ快適かで、
学習の成果はピンキリに分かれるのです。

日本文化大学はどうでしょうか?
日本文化大学の空調や換気システムには
どのようなものが使われているのでしょうか?
使用しているエアコンが、パナソニックなのか、
東芝なのか、シャープなのか気になりますよね。
また、空気清浄器(加湿器・除湿機)があるかどうかも重要です。
梅雨の時期はとにかくジメジメして、
あまりにもひどいとプリントまでビショビショになることもあります。
湿度100%だと、室内でも霧が発生しますよ。

また、冷房の強さも確認しないといけません。
大学の冷房は、アラスカのブリザードより強く、
指先が凍傷する恐れもあります。
筆者も指が震えて、上手くシャーペンを握れないくらいでした。
それゆえ、窓際に座ってこっそり窓を開けて、
暖かい空気を取り込んでいたりしました。
真夏でも、耐寒仕様の装備は必須なのです。
ホッカイロは大活躍しましたよ。

そしてこうしたことは直接体験しないと分かりません。
ちょうど今くらいの時期に、
日本文化大学はオープンキャンパスを複数実施していますので、
梅雨を含む夏季シーズンにキャンパス見学を是非とも1回以上はしましょう。
模擬授業なども日本文化大学は実施していますので、
エアコンの効きを確認するだけでも有用ですよ。

あと、教室ではないですが、
日本文化大学の体育館は最新鋭の換気システムが採用されています。
恐らくいま流行の「窓を開けずに換気する」システムのことと思われます。
都会の空気は思った以上に汚れており、
マスクがないと外を出歩けないほどと言われています。
黄砂、PM2.5、自動車の排気ガスなどなど、
都市部の空気にはあらゆる微細粒子が浮遊しているのです。
そしてそうしたものも、
最新式の換気システムを使うことで除去することが出来ます。
2010年に作られた体育館ですが、
日本文化大学が採用している換気システムを是非、確認しましょう。

人間(成人)の身体の60~65%は水で出来ています。
しかし生きていくには呼吸をしないといけません。
水よりも、空気の方が大事なのです。
そして日本文化大学の学生は毎日大学に、6~8時間も滞在しています。
それほど長くいるからこそ、
空気を含む室内環境はしっかりとクリーンにしないといけません。
日本文化大学がある八王子市は首都圏からちょっと離れた土地ですが、
それでもアルプスや北海道に比べたら、空気は淀んでいます。
健康な肉体を手に入れるなら、こうした室内環境に気を遣うのも大事ですよ。