日本文化大学の本当の魅力とは

●日本文化大学は公務員試験に強い

日本文化大学の学生たちに大学の魅力を聞くと、公務員試験に強いという答えがよく返ってきます。実際に日本文化大学は公務員試験に強く、多くの卒業生が公務員になっています。公務員試験は、昨今の経済情勢や学生の安定志向もあり、かなり競争率が高くなっており合格するのはそう簡単ではありません。日本文化大学はそれほど偏差値が高い大学ではありませんが、それでも多数の公務員試験合格者を輩出できているのはなぜなのでしょうか。その秘密は、入学初年度からの徹底した進路指導や試験対策にあります。日本文化大学では、入学直後から就職活動に直結するプログラムを用意しており、教員も4年間を通じてきめ細かいサポートを行っていくので、学生は早くから就職というものを見据えて学生生活を送ることができるわけです。公務員試験対策講座の他にも、各種資格取得のための講座を設けており、学生は自分の進路に合わせてそれらを受講していくことが可能です。

●なんと警察官の合格率は日本一

日本文化大学は公務員試験に強いですが、特に突出して合格率が高いのが警察官試験です。なんと10年連続で警察官合格率が日本一になったこともあるほどで、これは偉業といっても過言ではありません。採用する警察側の方でも、日本文化大学の学生は定着率がいいということで評判が高いようです。もはや警察官なら日本文化大学だというようなブランドになりつつあるのかもしれません。警察官の中にOBがたくさんいるということは、これから就職する人にとっても有利でしょう。

●日本文化を学べる

日本文化大学では、単に資格試験や公務員試験対策の授業をやっているばかりではありません。法学などの学問もしっかりと学ぶことができるのが特徴です。特に学生たちに好評なのが、日本文化を学べることです。日本の文化や伝統を理解することで、本物の深い教養を身につけ、人間としての品格を高めていくことができるようになります。日本文化大学では、例えば1週間に1度くらい茶道実習を行うようにしています。ここで礼儀作法や日本文化の精神を自然と学ぶことができるでしょう。この日本文化を学ぶことは、一見無駄に見えるかもしれません。しかし、実はこれが人間力を養うのに大きく役立っており、就職率の向上などにも寄与しているようです。

●オープンキャンパスに行ってみよう

日本文化大学の魅力を知りたいなら、ぜひオープンキャンパスに参加してみるのがおすすめです。どんなに言葉で説明するよりも、やはり自分の目で見て肌で感じるのには及びません。日本文化大学では年間に何回もオープンキャンパスや入試説明会を実施しており、そこでは楽しいイベントなども開催されています。公務員になったOBなどのトークショーなどもあるので、将来公務員になりたいと思っている人にはとても参考になるはずです。他にも在学生によるキャンパス案内など、楽しいイベントが満載です。

日本文化大学を受験するなら参考にしたい情報

警察官を目指すなら八王子の日本文化大学

将来警察官になりたいと考えたときに、進学先として有力なのが日本文化大学です。
東京の八王子にキャンパスがある日本文化大学は、法学部のみの単科大学ですが警察官志望の高校生が多く入学しています。
卒業生の多くは警察官になれているので、夢を叶えられる大学です。
しかし警察官になるため日本文化大学に入学したいなら、他の大学と同じように入学試験を受けなければいけません。
入学試験に合格しなければ警察官になる夢も叶えられないので、入念な準備をしておきましょう。
たとえば日本文化大学の合格実績が豊富な予備校に通ったり、合格体験記を読むのは有効な手段です。

参考になる日本文化大学合格体験記

予備校に通って入学試験対策を行うのは、大学受験を目指すなら当たり前すぎる対策です。
受験生の多くが行っている対策をしたところで差はつけられないので、ライバルの一歩先を行くなら予備校に通いながら、もう一段上の対策をしておくべきでしょう。
もう一段上の対策として参考にしておきたいのが、日本文化大学に合格した受験生の体験記です。
高校生は初めて日本文化大学の入学試験を受けるわけですから、傾向がわからずに不安になることも多いでしょう。
そんなときは予備校の講師からアドバイスをもらうのも有効ですが、リアルな実情を知りたいなら参考になるのが合格体験記です。
一般の受験生が書いている合格体験記は、予備校の講師が教えるアドバイスよりもリアルです。
受験生の心情も細かく書かれているので共感できる部分も多く、そんな人が日本文化大学に合格したとわかっていれば、不安も和らぐでしょう。

合格体験記から入学試験の情報収集

入学試験では情報収集が大切で、集めた情報から傾向を割り出し対策をしておけば本番でも緊張しません。
緊張して実力を出せないのはもったいないですから、本番で力を発揮するためにも入念な情報収集をすべきでしょう。
日本文化大学の合格体験記では、受験生の心情の他にも多くの情報が得られます。
試験の傾向や筆者が行っていた対策まで参考になる情報ばかりなので、最初に何をして良いのかわからないなら、全て真似するのもありでしょう。
もちろん自分に合わない部分もあるので、必要ないと思った部分は思い切って捨てることも大切です。
合格体験記の内容を取捨選択しながら、自分に必要な対策を取り入れるようにしてください。

ネットで見つかる日本文化大学の合格体験記

合格体験記を参考にしていれば、日本文化大学に合格できる可能性も上がります。
まったく参考にしないよりも役に立つ場面は多いので、しっかりと読み込みながら励まされた試験対策に役立てていきましょう。
日本文化大学の合格体験記については、検索すればネット上でいくつも見つかります。
また日本文化大学以外に合格した受験生の体験記を読むのも、何かの役に立つ可能性はあるので読んでおくのがおすすめです。

日本文化大学の授業内容は充実している

「警察官の合格率が全国トップ」

日本文化大学は法学部のみの単科大学で、警察官の合格率が全国でトップを誇ります。同大学は文武両道をモットーにしており、人格を磨くことで社会に貢献できる人材の育成につとめています。警察官は将来的に就きたい仕事として、やりがいのある職業です。社会の役に立つという意味では、代表的な職業に挙げることができます。警察官は市民の身近な存在で、いつも安心感を与えてくれる存在と言えます。また、マラソンなどでも白バイの警察官が活躍しています。そのように、世の中の花形的職業の一つにもなっています。それゆえ日本文化大学の学生には、小さいころから警察官に憧れているケースも少なくありません。その仕事は一生をかけて追及することができ、奥が深いのも魅力です。そうした学生は目標を高くかかげており、そのために部活動や勉学に励んでいるわけです。

「授業内容や試験対策プログラムが充実」

日本文化大学は警察官採用試験に強く、警察官合格率は10年連続で日本一を獲得しています。それだけ授業内容や試験対策プログラムが充実しており、学生の誰もが意欲を持って取り組めるわけです。実際、学生の勉学意欲は年々旺盛になっており、社会で活躍する人材が輩出されています。日本文化大学で学ぶ学生は、様々な授業や経験を通して成長します。その経験を基にして、社会へと巣立つことになります。授業内容としては基礎教育をはじめ、専門教育やゼミ制度、キャリア教育など特徴的なカリキュラムが組まれています。それらが、学生の確実なステップアップにつながると言えます。同大学では、日本の文化や伝統を重視しているのも特徴です。それにより深い教養を身につけることができ、人間としての品格向上につながるわけです。

「人材育成方針が高く評価されている」

日本文化大学の卒業生の活躍で、同大学の人材育成方針が高く評価されています。文科系大学の授業は座学が中心になる傾向がありますが、同大学の場合は現場に即したフィールドワークが重視されます。それによって、学問における幅広い領域を肌感覚で学べるわけです。日本文化大学は法学部のみの単科大学として、法律書を丸暗記するのが目的ではありません。法律は人々の暮らしに密接に関わるもので、その状況は絶えず変化しています。法律の学びと併せて、日本文化を深く知ることが活きた教養につながるわけです。そうした教養を重視する人間教育が、同大学の授業ではなされています。そこで得たリーガルマインドを基礎として、同大学の学生が社会に羽ばたいていけると言えます。

「所属コース以外の科目も学べる」

日本文化大学では2年次から法律専門職モデルや警察官・消防官モデル、そして公務員モデルとビジネス関連法モデルに分かれることになります。去年までは経営コース(一般企業や自営業の志望者向け)、公共コース(公務員や各種国家試験受験者向け)、法心理コース(警察官や消防官を目指す方向け)の3コースでしたが、2020年4月からは上記の4つのモデルにバージョンアップしました。今年から弁護士や税理士などを目指せるモデルが追加されたのです。

日本文化大学の学生は将来の進路に応じて、自由にコースを選択することができます。自分の目標をかなえるために、必要な学びが深められるわけです。選択科目も自由に選べるので、所属コース以外の科目でも履修できます。