日本文化大学の多彩なサークルをご紹介

日本文化大学は法律学が専門の単科大学ですが、大学に通う生徒は、授業で法律を勉強するだけでなく、課外活動にも熱心に取り組んでいます。部活動とともに多くの生徒が参加しているのがサークル活動で、ほかの大学と同じように、日本文化大学にも多くのグループが存在します。体育会系のグループから、文科系のグループまで多彩なジャンルのサークルが大学内で活動していますが、ここではこうしたサークルの活動についていくつか紹介します。

≪バレーボールとバドミントンのサークル≫

日本文化大学のキャンパスには柔道や剣道などの専用施設がありますが、ほかのスポーツができる施設も整っています。大学の体育会系サークルはこうした施設を利用して、日夜練習に励んできます。バレーボールサークルもその一つで、毎週木曜日に活動しています。主にキャンパス内にあるサークルスクエアでバレーボールの練習をしていて、バレーボールで汗を流すことができるグループです。日本文化大学にはバドミントンのサークルもあり、同じようにサークルスクエアでバドミントンの練習をしています。活動しているのは毎週月曜日から金曜日で、活動日が多いので毎日運動したい人にも向いているグループです。ゲーム形式でバドミントンを楽しんでいるのがこのグループの特徴で、未経験者と経験者が一緒にバドミントンを楽しんでいます。

≪野球のサークル≫

日本文化大学では野球のサークルも活動しています。日本文化大学の野球サークルでは「一人はみんなのために、みんなは一人のために」という精神を大切にして、チームで協力して野球を楽しんでいるグループです。野球をたくさん楽しめる大学生活を送りたい生徒にも最適なグループで、活動日は木曜日だけなので、勉強と一緒に続けやすいグループ活動です。キャンパス内にある人工芝のグラウンドで野球の練習しています。

≪ボランティアのサークル≫

日本文化大学には体育会系のグループ以外にも、多くのサークルがあります。人の役に立つことを活動の目的としているサークルもあり、ボランティアサークルもその一つです。日本文化大学のボランティアサークルでは、大学のある八王子市の生活安全部防犯課と協力して、ボランティア活動をおこなっています。警察署と合同でパトロールもおこなっていて、地域住民のための活動をしているグループです。犯罪防止のためのキャンペーンなども街頭でおこなっています。毎月14日が活動している日で、八王子駅の周辺が主な活動場所です。

≪軽音楽のサークル≫

日本文化大学には、芸術活動を楽しめるグループもあります。軽音楽サークルでは、音楽が好きな日本文化大学の学生が集まって、バンドで活動をしています。楽器を弾ける人だけでなく、楽器を弾けない人でも参加できるグループで、バンド活動を楽しみたい人を歓迎している集まりです。活動日は不定期で、キャンパス内の512号教室が活動場所です。

日本文化大学には様々なモデルがある

≪日本文化大学の歴史と考え方≫

日本文化大学は、建学精神を重要視している学問機関です。これは、日本文化大学が法学を主とした学問機関として設立されたことと関連しています。社会生活で重要視される法学を勉強するために、単科大学として設立されたのが昔の日本文化大学の基礎です。そのため、法学の観点から優秀な人材を育てるための努力を積み重ねて、その実績も挙げてきました。

≪日本文化大学の方針と現代まで続いている変化≫

日本文化大学の方針は、法学だけを重要視しているというわけではありません。これだと、健全な人間を育てることは難しくなる可能性もあるからです。そこで、社会生活上で健全な人間を育成するために人間性を磨くための勉学も教えていくことを目的としています。温かく豊かな人格を有した人材を育てていくことに意味があると日本文化大学は考えていますので、この基本を元に現在の学業方針も決められています。近年では、文武両道で活躍できる人材も育てているため施設内には学生が満足に利用できるだけの最新の設備も存在します。実際に、建物については2019年には第2号館が新しく建築されたばかりであり、そこには学生が気軽に利用できる様々な施設が整えられています。自習するためのスペースはもちろん、近くにはメディアセンターもあります。

≪入試の概要と試験に必要な準備≫

日本文化大学は、多種多様な内容を学ぶことができる施設です。そのため、一般選抜だけではなく様々な分野で学べます。実際に日本文化大学の試験は、いくつかの内容で分かれています。一般選抜では、通常の大学と同様に高校卒業資格を有している人物かそれに相当する資格を持っている人ならば受験が可能です。肝心の試験の中身については、小論文形式のテストと面接が主です。どういった学科であってもこれらを重要視していますので、テスト形式に慣れておくことが大切です。大学入学共通テストを利用した方法でも、もちろん試験を受けられます。この場合には、複数ある学科から1つを選択して選抜を行う必要があります。推薦枠もありますので、そちらで日本文化大学に入学したいと考えている場合には準備をしておく必要があります。

≪一般選抜とは違った警察官と公務員枠≫

一般選抜以外にも、警察官志望のための選抜も存在します。文字通り、この学科から卒業した人は警察官を目指すことになりますので、将来的に警察官になりたいと考えている人にはうってつけです。出願期間に関しては、初秋には始まっていますので注意が必要です。第1期が9月1日からで、第2期は10月11日からですので、締め切りに間に合うように準備をしておくことです。同様に、警察官とは違う公務員になりたいと考えている人も日本文化大学は選択しやすいです。公務員志望に特化した選抜がありますので、日本文化大学に行けば公務員全般に関する勉強も進められます。出願期間が警察官志望とは異なるのが、第3期まで存在することです。期間もかなり違っていますので、公務員志望の人は警察官志望の出願期で同じように考えないように気を付けなくてはいけません。第1期の始まりは同じですが、2期は1月6日からで、第3期が2月15日からあります。

全国クラスの就職偏差値を誇る日本文化大学

就職偏差値の高い日本文化大学

日本文化大学は、就職偏差値の高い大学です。
ある雑誌の調査によると、日本文化大学の就職偏差値は全国で11位を記録し私立大学に限れば2位という高さを誇ります。
全国にある超有名な私立大学を上を行く順位なのでこれだけでも高い価値がありますが、さらに私立大学の法学部に限れば全国1位です。
全国でもトップを獲得できる大学というのは限られていて、どこにでもあるわけではありません。
私立大学の法学部を目指すなら、最も選びたい大学が日本文化大学と言っても過言ではないほどです。
ですから将来法律を活かした仕事に就きたいなら、私立大学の法学部で最も就職偏差値が高い日本文化大学がおすすめです。

公務員の就職に強い日本文化大学

公務員は安定した仕事であるために、昔から人気がある就職先でした。
特に現在のような就職活動が厳しい状況になってくると、ますます安定したした職業である公務員は人気が出てくるでしょう。
しかし公務員になるためには専門の試験を受け、合格しなければいけません。
そのためには法律や行政などさまざまな知識が必要になり、それらを大学在学中にしっかりと学び身に付けなければいけません。
公務員の就職実績が豊富な日本文化大学は、そうした対策ができるカリキュラムも用意しています。
1年次から卒業後の公務員を目指しカリキュラムを組み立てているので、高い就職実績を残せているのでしょう。
将来安定した公務員として働きたい学生にとって、実績ある日本文化大学は魅力的です。

警察官の就職にも強い日本文化大学

公務員の就職に定評がある日本文化大学ですが、警察官への就職実績はさらに豊富です。
警察官に限れば、全国トップクラスと言っても過言ではないほどです。
子どもの頃から警察官に憧れ将来の夢にしている人にとっては、これほど頼りになる大学はありません。
警察官を養成するためのカリキュラムも充実しているので、確かな知識を身に付けられるでしょう。
世の中のさまざまな悪事を暴き市民の生活を守り続ける警察官を目指すなら、選びたい大学が日本文化大学です。

キャンパスの設備も充実している日本文化大学

日本文化大学は近年新しい校舎を建設し、八王子市にあるキャンパスの設備も充実しています。
警察官を目指すカリキュラムには柔道や剣道などの授業もあるので、それぞれの練習や試合に使う講堂も充実しており、弓道場も整備され集中した環境で部活動に取り組めます。
サッカー場なども整備され勉強だけではなくスポーツにも打ち込める環境が整えられていて、学生たちが集まるラウンジなども綺麗に整備されています。
就職偏差値だけではなくキャンパス内の設備も高く評価され得ているので、日本文化大学なら充実した学生生活を送れるでしょう。
大学生活は就職偏差値やカリキュラムなどの部分も大事にはなってきますが、夢のあるキャンパスライフを4年間過ごすためには学内の設備や環境も重要なポイントです。