日本文化大学と学生生活

【公務員試験に強い日本文化大学】

日本文化大学は、公務員試験に強いと様々なメディアで取り上げられています。
全国でもトップの警察官合格率を誇り、企業にも強いため毎年多くの学生が入学を希望します。
日本文化大学は、東京都八王子の緑豊かな場所にキャンパスがあります。
法学部のみの単科大学で、1年次からキャリアマネジメントがスタートします。
公務員に強い理由は、優れたカリキュラムにあります。
1年次には基礎をしっかりと学び、2年次で教養と応用力を身につけて3年次になると実践に入ります。
基礎教育や専門教育、ゼミ制度に加えてキャリア教育も充実しています。
日本文化大学ならではの特徴的なカリキュラムが、学生の成長をサポートします。

【充実した学生生活を支える日本文化大学のシステム】

日本文化大学には、充実した学生生活を支えるための様々なサポートシステムがあります。
日本の文化や伝統を大切にしている大学なので、在学中に茶道などに触れ人間の品格を高める教育を受けられます。
文科系の大学ですが、フィールドワークにも力を入れています。
2年次からはコースが分かれ、一般企業や自営業を希望する学生は経営コースに入ります。
公務員を目指す学生は公共コースを選択し、警察官や消防官を目指す学生は法心理コースを選択します。
科目の選択は自由度が高く、興味があれば気軽に参加して学べます。
地方から東京に出てきた学生に対しては、日常生活から学校の授業まで手厚いサポートがあります。
学生生活を送る中で不安や心配があれば、いつでも担当者に相談できます。

【オープンキャンパスも充実】

日本文化大学はオープンキャンパスも充実しています。
オープンキャンパスは八王子キャンパスで開催されます。
日本文化大学のオープンキャンパスプログラムはOBやOGのトークショーやミニ講義、在学生によるキャンパス案内など多彩な内容となっています。
質問や相談のコーナーもあるので、事前にオープンキャンパスを体験すればより深く日本文化大学の知識を得られます。
オープンキャンパスにエントリーしたい場合は、エントリーフォームから簡単に申し込めます。

【日本文化大学のキャンパスライフ】

日本文化大学のキャンパスライフは、充実した環境に恵まれています。
広々としたキャンパス内には授業を行う教室や大広間の茶室、武道の修練場があります。
トレーニングルーム完備で、人工芝のグラウンドも整備されています。
授業は少人数制で行われるため、先生と生徒との距離が近いです。
進路のアドバイスから実践的な技術まで、豊富なノウハウを教えてもらえます。
きめ細やかなサポートは、日本文化大学の伝統です。
卒業後を見据えて4年間しっかり学び、明るいキャンパスで学業もプライベートも充実させたい学生にとって日本文化大学は最適な場所です。
就職に強い大学だけあり、就職支援も充実しています。
入学直後から就職につながるプログラムが用意され、4年間を通じて丁寧な指導が行われます。

日本文化大学とアンケート

・日本文化大学はどんな大学?

日本文化大学は八王子市にキャンパスを持つ単科制の大学で、公務員として活躍している卒業生などを多く輩出しています。警察官合格率が10年連続日本一で、就職に超強い大学といった評判などがあり、他大学も視察に訪れるという大学が日本文化大学の特徴でもあります。この大学はニチブンともいわれ、毎年高い就職率を実現している私立大学です。ではこの大学に通っている学生たちにはどのような大学生活を送っているのか知りたいという方も多いといえます。そこで、ニチブン×アンケートというテーマでこの学校で過ごす学生たちの声をヒアリングしたアンケートをご紹介しましょう。

・日本文化大学の良いところや通学時間は?

日本文化大學の良いところはどこなのかという問いのアンケートが行われたところ、この大学の学生たちは、先生と学生の距離が近いという点が良いと持っている人が一番多かったようです。そして、次に校舎がきれいで設備が整っているということが挙げられました。他にも、先輩と後輩が仲が良い、学力を伸ばすことができる環境がきちんとしている、立地が良く自然が豊かであるといった声がありました。
二歩文化大学は駅から徒歩7分くらいでアクセスでき、遠方から通っている学生も多くいます。この大学に通う場合の片道の通学時間はどれくらいなのかを尋ねたアンケートでは、最も多かった通学時間が1時間30分未満ということでした。2番目に多かったのが2時間未満で、これらを合わせると全体の半数を超えています。

・図書館が好きだと思っている学生が一番多い

キャンパスで一番好きな場所を尋ねたアンケートでは、1番多かったのが図書館(メディアセンター)で、2番目がB’GYMというトレーニングジムでした。そして、3番目は学生食堂、続いてさくらテラス、そしてグラウンドということでした。日本文化大学の学生たちは、空き時間に図書館で過ごし、勉強したり本を読んでいます。そうしたこともあり、図書館が一番好きな場所ということになっているのでしょう。
さらに、日本文化大学では多くの学生はアルバイトをしており、こうした経験を通して貴重な社会経験を得ています。では学生たちはどのようなアルバイトを行っているのでしょうか?この点については、最も多いのが飲食店でのバイトで4割を超える学生が食べ物関連のアルバイトに就いています。次に多いのが販売・小売りで、これらを合わせると全体の7割くらいになります。このようなバイト体験は、日本文化大学の学生たちが将来仕事に就いたときに活きてくるでしょう。

・まとめ

日本文化大学は就職に強い大学として知られている私立の単科制大学です。この大学で学んでいる学生たちに、キャンパスライフの様子を尋ねるアンケートが行われました。このことから学生たちは充実した大学生活を送っており、自身の将来を考えながら充実した学生生活を送っていることがわかりました。

日本文化大学は全国クラスの就職偏差値

日本文化大学の特徴にはいろいろなものがありますが、注目すべきものの1つに、「日本文化大学は就職偏差値がとても高い」という点が挙げられます。

とある雑誌の調査によると、日本文化大学の就職偏差値は日本全国すべての大学のなかで11位を記録しており、さらに私立大学に限定すれば、全国2位というとても高い就職偏差値を誇っています。私立大学の中には早稲田大学や慶應義塾大学など誰もが知っている有名大学もある中での2位というのは、とても高い評価ができる大学であると言えるでしょう。

更に法学部に限定すればこれら名だたる大学を押しのけて堂々1位の就職偏差値を誇っています。これだけの実績があるという事は就職活動の際には豊富な経験から全面的にサポートしてくれるでしょう。大学卒業後は就職をするという人がほとんどでしょうから、そういう意味では日本文化大学は入学する価値が大いにある大学だと言えます。特に将来弁護士や司法書士など法律を扱う職業に就きたいと考えている人は、日本文化大学が第一選択肢になるでしょう。

就職先の中でも、昔も今も根強い人気を誇っているのが「公務員」です。公務員がどうして人気なのかというと景気に左右されずに安定した収入を得ることが出来るためで、特に現在のように景気の動向が不透明絵一流企業ですら倒産してしまうような恐れがあるような時代になると、必然的に公務員の人気はさらに高まり、毎年就職時になるととても高い競争率となります。

しかしながら公務員になるためには「公務員試験」を受験し、合格しなければいけません。そのためには法律や行政といった知識が必要で、それらを大学の在学中にしっかりと学ぶ必要があります。日本文化大学は一般的な企業の就職だけではなく公務員への就職実績もとても豊富で、在学生を公務員へ就職させるためのカリキュラムもしっかりと用意されています。

一般の学生がまだ就職先のことを真有考えていない1年生の時から日本文化大学の授業では公務員就職に向けたカリキュラムが準備されているというのが、高い就職実績を誇っている何よりの要因となっています。これから先も安定した収入を得ることが出来る公務員への就職を目指している学生にとっても、日本文化大学は魅力ある学校だと言えるでしょう。

そして日本文化大学が実績を残しているのは法を司る仕事や公務員だけではありません。特筆すべきなのが警察官への就職率で、警察官に限って全国の大学を比較すれば全国トップクラスとなっており、実際に警察官の就職率の全国トップとなったことも1度や2度ではありません。

子供のころから様々な犯罪を解決する警察官になりたいと憧れを抱いている人たちも少なくないでしょう。そういった人たちにとっては、日本文化大学はとても頼りになる大学だと言えます。公務員の時と同様に、警察官になりたいという人たちに向けて独自のカリキュラムを組んでいて、強力なバックアップの元、夢を実現できます。