日本文化大学で学べる専門的な3つのコース

2年次から専門的な教育を受ける日本文化大学


日本文化大学では、1年次はすべての学生が共通の分野を学びます。
警察官や公務員などに必要となる専門的な知識は、2年次に1年次に学んだことを活かしながら習得する仕組みです。
2年次のカリキュラムは、将来のために必要なものを選びます。
そのため2年次に進む前には、将来の夢を固めておかなければいけません。
大学に入学した学生のなかには、これからは嫌な勉強から解放され卒業まで遊び続けられると考えるケースもあります。
しかし日本文化大学では1年次の終わりまでに卒業後の進路について考える必要があるため、のんびりと遊んでいる暇はありません。
就職のことを考えるためにも、日本文化大学に入学したら卒業後のことも考え始めましょう。
むしろ準備万端にしておくとためには、日本文化大学への入学する前から卒業後の進路について深く考えて置く必要があると言えます。

日本文化大学の2年次に選べるカリキュラム


日本文化大学では、2年次のカリキュラムとして経営・公共・法心理コースの3つがあります。
それぞれのコースで学べる内容は異なるので、将来の夢に役立つカリキュラムを決めなければいけません。
2年次の選択で卒業後の進路も大きく変わってきますから、日本文化大学で選ぶコースは人生において大きな岐路と言えるでしょう。
あのとき別のコースを選んでいれば、今とは違う仕事に就きもっと幸せな人生があったのではと将来後悔したくないなら、しっかりと準備をしておきましょう。

夢は世界を股にかけるビジネスパーソン


日本文化大学への卒業後に、ビジネスパーソンとして成功したいなら経営コースです。
経営コースは、企業社会で活躍できる人材を養成するためのコースです。
ビジネスパーソンにとって重要な経済学だけではなく、将来起業や独立・開業したときに役立つ経営学、そして日本文化大学ですから企業人に求められる法律も学べます。
経営コースのカリキュラムは実践的ですから、卒業後は即戦力の社会人としてビジネスの現場で活躍できるでしょう。
さまざまな基本的な知識を日本文化大学で身に付け、卒業後に一般企業に就職して経験を積み重ねれば、将来は世界で活躍する経営者になれるかもしれません。

法律の知識を身に付けられる日本文化大学のコース


公共コースは、行政や司法の場で活躍する自在を養成するためのコースです。
国家公務員や地方公務員を目指す学生のために設立されたコースで、日本文化大学を卒後業後には法科大学院に進学して、弁護士などの法律家を目指す学生もいます。
もう一つの法心理コースは、人間関係から社会を読み解く力を養います。
心理的なアプローチから現代社会を捉えられるようになるので、警察官を目指す学生向けのコースです。
日本文化大学には、このように将来の夢に合わせて3つのコースを2年次に選べます。
公務員や警察官、経営者になりたいなら、日本文化大学は有望な進学先になるでしょう。

日本文化大学の優れた教育カリキュラム

【高い就職率を支えている日本文化大学の教育カリキュラム】

公務員試験の合格率が高いことで知られる日本文化大学は、独自の教育カリキュラムを持っています。
4年間の大学生活のスタートとなる1年次は、基礎教育を身につけます。
法律を学ぶことは当然ながら、建学の精神をベースとした深い人間性も身につけていきます。
1年次は学びの土台をつくる重要な1年間になります。
言語表現から外国語、基礎社会科学など様々な基礎教育を展開しています。
将来の就職試験につながる基礎学力を1年次から身につけます。
法学は必修科目で法の起源から法律全般の基礎を吸収します。
日本文化大学は公務員や警察官を志望する学生が多く学んでいます。
豊かな感受性を養いつつ人間的な成長ができるようにカリキュラムにそって学びます。

【日本文化大学の基礎ゼミ】

日本文化大学の建物は東京都八王子の美しい自然の中にあります。
広い敷地内には大学生活を充実させる様々な施設が揃っています。
入学した学生にとって担当の先生との初めての接点となるのが基礎ゼミです。
大学生として重要になる基礎的な教養を身につけて、大学生活と今後のキャリアに活かします。
日本文化大学には様々な特長がありますが、日本文化を大切にしていることは大きな特長です。
学生は日本が誇る伝統のひとつ茶道を学び、先人の知恵を身につけます。
お茶の点て方や所作、歩き方などをとして他人への配慮や会話の重要性を学びます。

【警察官採用試験の合格率が高い日本文化大学】

日本文化大学は公務員になる学生が多いことで有名ですが、特に多いのが警察官です。
大学では警察官になるための様々な授業が用意されています。
警察官を目指す学生にとって重要な科目が警察学です。
日本の警察は世界でもトップクラスのレベルを維持しています。
日本は世界でも有数の平和な国で、治安が非常に良いことでも知られます。
警察は国民の生活を守り、財産と体を保護します。
犯罪を事前に防ぎ秩序を維持して公共の安全を守る警察官は、重要な社会的役割を担っています。

【専門教育も徹底して行う日本文化大学】

日本文化大学では、基礎教育と同様に専門教育も徹底して行われます。
公務員になる場合も一般企業に就職する場合も多くの知識と能力が必要になります。
専門的な学びを続けることで、自分の適性を見つけます。
日本文化大学では、希望する進路にあわせてコースを選択します。
コースは経営コースや法心理コースなど3つのコースに分かれています。
経営コースは企業社会で活躍できる人材を育成するコースで、法心理コースはコミュニケーションと人間関係から社会を深く見つめます。
法心理コースは警察官を志望する学生向けのコースです。
公共コースは、司法や行政の場で必要になる資質を養います。
自分の将来に最適なコースを選び、深く学びます。
法律もより専門的に学び、将来に備えます。
就職支援が充実しているのも日本文化大学の大きな特長になっています。

日本文化大学の卒業後の進路データ

<<日本文化大学の魅力>>


東京都八王子市にある日本文化大学は日本の文化と伝統を重んじる教育を展開している大学です。この大学では経験豊富で優秀な講師が多く在籍していることや、学習環境が備わっている点から、多くの人が通う大学として知られています。そんな日本文化大学の2018年3月の卒業生進路実績について興味深いデータがあります。

<<2018年3月卒業生の進路実績>>


2018年3月に日本文化大学を卒業した生徒は158名で、そのうち就職した人は150名となっており、就職率は何と95パーセントと言う高さを誇ります。就職先としては実に様々となっています。公務員業界へは警察庁や神奈川県警、千葉県警などと言った警察職をはじめ、高崎市役所、逗子消防などといった機関への就職も目立っています。金融業界へは明治安田生命や住友生命、岡三証券、住友不動産販売などといった会社への就職が多くあります。このほか住宅・建設業界へは東京リバブルなどに就職した人もいます。

<<就職率が高いワケ>>


このようにかなり日本文化大学の就職率の高さは目を見張るものがありますが、その背景には就職サポート体制における日本文化大学独自の特徴にあります。就職をサポートする部署では公務員試験に関する資料やセミナーの情報、様々な企業の求人票など就職活動をするにあたっての必要な情報を入手することが出来ます。またスタッフはこれまで長年にわたって学生の就職支援に携わってきた実績の持ち主ですので、そのスキルの高さには定評があります。ノウハウも多く持っていますので、常に上質なサポートが可能となっています。そして最大の特徴は就職に直結したカリキュラムを多く組まれているという点です。日本文化大学では入学後1年次から就職に直結したキャリア教育を実施、早い段階から就職に対して心構えと意識を植え付けます。少人数ゼミにより社会人としての基礎的な能力を養成、3年次で公務員向けの実践的な試験対策を行うとともに、エントリーシートの書き方や面接の指導などを行います。特に公務員試験対策や面接対策については必要な対策については万全を期しています。これらの対策ではスタッフが過去の傾向を分析し、それにより的確な対策を実施しますので、就職活動で失敗するリスクはかなり低減されているとこころです。このほか、スタッフの知識も豊富にありますので、分からないことや不安なことなど、就職に関することなら何でも的確にアドバイスしてくれるという点も大きな特徴です。さらに日本文化大学では就職セミナーや相談会などと言ったイベントを積極的に開催しており、学生の就職に対して充実したサポート体制となっています。

<<就職へのサポートだけではありません>>


日本文化大学では就職のサポートのほかにも、様々な資格取得の支援を行っているという点も大きな特徴です。資格の取得は就職に大きな影響を与えますので、大学としても積極的に取得を支援しています。宅建をはじめ社会保険労務士、行政書士、英語検定など就職に特に有利な資格試験について、様々な受験講座を設けており、多くの学生が資格の取得をしています。こうした点も就職率を高く上げている要素と言えます。

日本文化大学は偏差値以上の価値がある大学

【大学の価値は偏差値だけでは決まらない】

大学の優劣を決めるのによく言われるのが偏差値です。偏差値の高い学校は良いところで、低いところは良くないところと一般には言われることが多いです。しかし、大学の価値は偏差値だけで決まるものではありません。たとえ偏差値が低くても就職率がとても良かったり、個性的な人間を多数輩出していたり、その大学にしかない学科があったりと、魅力的な大学というのはたくさんあります。例えば日本文化大学という大学は、偏差値は48〜49くらいでそんなに高いというわけではありません。日本文化大学と同じくらいの偏差値で関東にある大学といったら、目白大学や千葉商科大学・山梨学院大学などがあげられるでしょうか。はっきり言って、どれも名前くらいは聞いた事があるかも程度の大学かもしれません。そんな中にありながら、日本文化大学は一味違う大学なのです。

【公務員試験に異様に強い日本文化大学】

日本文化大学の特徴は色々ありますが、特に注目すべきなのが公務員試験に強いということではないでしょうか。特に警察官試験にはめっぽう強く、警察官合格率はなんと10年連続日本一を達成しています。偏差値が48〜49程度でありながら、このような驚異的な記録を打ち立てることができるというのは、ちょっと驚きというほかありません。なぜ日本文化大学はそんなに公務員試験に強いのでしょうか。それは公務員試験を突破するためのカリキュラムが充実しているからです。

【入学直後から就職を見据えたプログラムを実施】

日本文化大学では普通の大学と違って、入学直後から就職活動に直結するプログラムを多数用意しています。公務員試験対策のプログラムもそうですし、他にも色々な資格試験講座などもたくさん用意しています。少人数制のきめ細かい就職サポートも行っているので、とても就職率が良いのです。偏差値が高い学校などは、あまり就職指導に熱心でない場合も少なくありません。学生たち個人に任せっきりにしてしまって、学生が変な進路を選択してしまうこともよくあります。日本文化大学では学生の自主性はもちろん重んじますが、けしてほったらかしにはせず、可能な限りの情報提供・サポートを行い、しっかりと学生を支えてくれます。

【日本文化大学の卒業生は各業界で好評なわけ】

日本文化大学の学生は公務員をはじめ様々な分野に就職していきますが、就職先からの評判は上々です。それはなぜかというと離職率が低いからに他なりません。新卒学生の離職率の高さはけっこう問題になっており、採用する側の企業としても頭の痛い問題です。それなりのコストをかけて採用したのに、2〜3年で辞められてしまうと大きな損害になります。その点、日本文化大学の学生は離職することがほとんどないと評判で、各界から支持されているのです。なぜ日本文化大学の卒業生は仕事を辞めにくいのかといえば、これも入学直後からの徹底した就職サポートによるところが大きいでしょう。

集中的な指導を受けられる日本文化大学

少人数制で集中的な指導を受けられる大学

大学に進学したい気持ちはあるけれど、信頼できる講師がいる学校を見つけられなくて困っていて、進学するか迷っている方々におすすめなのが日本文化大学です。
少人数のクラス制の指導を行っている大学で、生徒一人ずつの成長を見守る指導方針が話題となっています。
生徒が特定の科目に対して苦手意識を持っていると分かった際には、その苦手意識を放置するような事はせずに、個別にアドバイスを送っているのが特徴です。
少人数制だからこそ他の生徒との距離感も近くて、同じ大学内で友達を作れるか心配という方々にとっても、理想的な学校だと口コミでも言われています。
1年次からゼミを開講している学校はそこまで多くありませんから、他とは違った特徴的な指導方針を選択している、日本文化大学の情報を一度はチェックしてください。

警察官採用率の高さが話題

いつかは公務員として働きたいと考えている方々や、日本国内の平和を守るために警察官になりたいと考える人にとっても、日本文化大学は理想的な学校の一つです。
日本文化大学の生徒は警察官採用率が高くて、警察になる事を目標としている方々にとって、魅力的な指導を行う大学だと話題になっています。
警察官として働くために必要な知識を一から指導してもらえるために、これから警察官を目指すべきか迷っている方々でも、安心して入学を目指せる学校です。

法律に関する知識も学べる

日本文化大学の法学部では、法律書をそのまま暗記させるような指導を行わずに、法律を正しく理解できるように生徒一人ずつの成長を確かめています。
公共コースや法心理コースなど複数の選択肢が用意されており、自分の希望に合わせて学習コースを選びやすい点も魅力です。
所属しているコース以外の科目であっても、この部分を学びたいと希望があった際には、原則として他のコースの授業を受けられる自由な方針も評価されています。
人間教育にも力を入れている大学だからこそ、人の心理を考えた法律の運用法なども指導してもらえる、サポートの手厚さが好評です。

就職サポートの手厚さでも話題となっている

少人数制を採用している日本文化大学では、一人ずつの就職サポートに長い時間をかけてもらえるので、日本文化大学なら不安を残さずに就職活動を始められます。
4年間を通じて講師と話し合いを続けながら、将来的にどこの企業に就職をするのか目標を決めて、人生について考える時間的な余裕を持つ事が可能です。
日本文化大学の就職率が高い理由が分かる事で、この大学に進学したいと思えるようになった人も多く、大学に通う生徒本人だけでなく保護者からも厚い信頼を得ています。
公務員志望者向けの専門講座なども定期的に開かれており、いつかは公務員になりたいと考える方々や、模擬試験を1年次から受けたい人にとっても理想的な大学の一つです。
少人数制の授業がどれだけ魅力的か調べるためにも、日本文化大学に通っている生徒の感想などをチェックしてください。

日本文化大学を卒業した後は警察官になる道も

日本文化大学を卒業した後に、警察官の道を選んだ人もいます。日本文化大学の法学科には3つのコースがあり、公務員試験を受験する人も多いのが特徴です。日本文化大学では公務員試験だけではなく、就職試験や資格試験の対策もしっかりと行っています。日本文化大学を卒業した後の進路には、警察官・自衛官・地方公務員・刑務官・消防士などがあります。


その中でも警察官は、地域住民の安全を守る非常にやりがいのある仕事です。日々、世間では事件や事故が起きていますが、一番身近にいて対応してくれるのが警察官になります。思わぬ犯罪に巻き込まれた際には、電話で警察官を呼んだり交番に駆け込むという人もいるでしょう。警察官は犯罪現場にいち早く駆けつけて、犯人逮捕に尽力してくれます。また、深夜にパトロールをしたり飲酒運転やスピード違反の取り締まりをするなど事件や事故を未然に防ぐ役割も担っています。交番勤務では落とし物を預かったり、道に迷った人の道案内をすることもあります。市民が困っている時に、頼りになる存在が警察官です。最近では子供の虐待事件なども多く、児童相談所だけではなく警察が介入する事例も増えています。学校で起きたいじめを警察に相談することも多いですし、家庭内のドメスティックバイオレンス等にも対応してくれます。また、小学校や中学校を訪れて、交通安全の指導をすることもあります。


日本文化大学では、正義感を持った人間力のある人材を育成しています。それから日本文化大学では公務員試験対策に力を入れているので、警察官を目指す際にも効率的な学習を行うことができます。日本文化大学の法学部では、法律の基礎的な知識が身に付きます。それに加えて、実際の試験で点数が取れるような実践的なカリキュラムになっています。公務員試験は非常にハードルが高いので、専門の予備校や塾に通う人も珍しくはありません。


しかし、日本文化大学では公務員試験対策を重視していますから、わざわざ他の予備校や塾に通わなくても大丈夫です。実際の試験に出そうな分野を網羅した演習問題も繰り返し行われますし、試験突破に向けて模擬面接等も実施してくれます。面接は一人で実践することはできませんから、緊張して思うように返事ができなかったという人も意外と多いものです。模擬面接で場数を踏んでおくことで、面接の場に慣れて自分の考えをきちんと伝えられるようになります。そういったカリキュラムをこなしていれば自然と自信もつき、余裕を持って筆記試験や面接に臨むことができます。先生との距離も近いので、何か不安なことがあれば気軽に相談できるのも魅力です。日本文化大学の先生はいつも親身に相談にのってくれます。


また、法律の知識も身に付けていますから、実際に警察官として働く上でも非常に役立ちます。市民から寄せられた相談に対しても適切な対応をすることができますし、具体的なアドバイスを行うこともできます。

地味に公務員を多数輩出している日本文化大学

◆地味に凄い日本文化大学

日本文化大学と聞いても、おそらく大多数の人は、その存在を知らないのではないでしょうか。名前くらいは聞いたことがある人もいるかもしれませんが、どこにあるかを正確に答えられる人はほぼいないでしょう。はっきり言って地味な大学なのは否めません。大学があるのは八王子で、東京の西の果てあたりにあり、これまたかなり地味な立地と言わざるをえません。しかし、この日本文化大学は何気に凄い実績を持っていたりするのです。それは公務員を多数輩出していることに他なりません。卒業生の半数以上が公務員試験に合格しているという話もあるほどです。公務員試験もピンからキリまでありますが、それでもそんなに生易しいものではなく、それなりに勉強を頑張らないと受かりません。そんな公務員試験で多数合格者を輩出しているというのは、なかなかたいしたものです。

◆日本文化大学は特に警察官試験に強い

公務員試験に強い日本文化大学ですが、特に警察官試験の合格率は、なんと10年連続で日本一になるという実績を誇っています。なんでそんなに警察官試験に強いのかというと、試験対策のプログラムが充実しているからに他なりません。学生たちは様々な学習支援サポートを受けることができますし、さらに警視庁や各県警から採用担当者をゲストとして招聘し説明会なども熱心に行っています。さらに警察官試験に強いという大学のブランドも確立しつつあり、生徒達の勉強に取り組むモチベーションも上がってきているということも合格率を押し上げている要因といえるでしょう。

◆離職しにくいのも特徴

警察官という仕事は、実はわりと離職率が高い仕事と言われています。警察学校になじめなかったり、配属された勤務先が自分の希望に合わなかったり、夜勤などの仕事がキツくて辞めてしまう人が少なくありません。しかし、日本文化大学の学生で警察官になった人は離職率が低いということで、警察からも高い評価を得ています。なぜ日本文化大学の学生は離職率が低いのかというと、学生に「本当に警察官になりたいのか」ということを自問自答させることを徹底しているからでしょう。例えば、警察に勤務している警察官を招き、仕事の体験談などを語ってもらう機会を設けていますし、進路指導の先生も警察官の仕事はいかなるものかということを具体的に説明して、学生が本当に警察になりたいのかを考えさせます。だから採用後のギャップが発生しにくいのでしょう。

◆日本文化大学は資格取得支援にも積極的

日本文化大学は、公務員試験の他にも各種資格試験の取得サポートにもたいへん力を入れています。どのような資格を取得すべきなのか、どうのような学習方法が望ましいか等を担当教員が親身になって学生に指導してくれる体制が整っていますから、学生は安心して勉強に取り組めるでしょう。講座もたくさん用意してあり、例えば行政書士・社会保険労務士・英検・簿記などの講座を開講しています。これらの資格を取得することで、就職活動が有利になることは間違いありません。

格試験の取得サポートにもたいへん力を入れています。どのような資格を取得すべきなのか、どうのような学習方法が望ましいか等を担当教員が親身になって学生に指導してくれる体制が整っていますから、学生は安心して勉強に取り組めるでしょう。講座もたくさん用意してあり、例えば行政書士・社会保険労務士・英検・簿記などの講座を開講しています。これらの資格を取得することで、就職活動が有利になることは間違いありません。

日本文化大学は就職率が高いことで有名です

《日本文化大学の基本的な概要》

東京都内に存在する日本文化大学は、一般的な大学と比較しても規模は小さいながらも少数精鋭的な学習を受けられる特徴があります。沢山の学部を有しているのではなく、法学部法学科の1つに限定をしている単位制の大学です。
通常は4年間で卒業をするのですが、基礎学力の他に法律に関する授業、専門教育として経営コース、公共コース、法心理コースの3つを用意しています。2年目以降に好きなコースを選択することができ、いずれも基礎力の他にも専門的な知識力を高めることを目的にしているので、無駄の無い時間を過ごすことができる大学です。
専任講師の他、外部からの講師も受け入れていて、普段では学ぶことができないような授業を受けられるメリットもあります。小規模な大学故にマンツーマン指導に近い環境で学べることもチェックしたい大切なポイントです。

《法学部のみで体験可能なこと》

日本文化大学は法学部のみで受け付けをしているので、授業内容は他の法学部を有する大学と同じように、六法と付随する法律の数々を学ぶことができます。法律の範囲は非常に広いものなので、4年間で全てを吸収することは非常に難しいとも判断できますが、日本文化大学では特有の学び方も用意しています。
刑事訴訟や民事訴訟などの場合、法廷に出廷することが求められるものですが、日本文化大学には法廷を再現した学習スペースを兼ね備えているので、本格的な裁判の疑似体験を行うことができる魅力があります。この体験は法学部で学ぶ学生にとっては理解しやすい学習方法になり、法廷で用いる適切な法律を把握しやすい環境です。
どのような法律を適用させるのが最適なのかを判断するには、やはり経験値というものも必要になるので、日本文化大学では奥深い法律を学べる魅力があります。その際には意見交換や議論などを法を基にして自主的に判断できる能力も培われ、高い能力を身に付けられるのではないでしょうか。

《就職率はかなり高い大学です》

大学に進学される方にとって、学校選びをする基準の中に就職率をあげることも多いものです。日本文化大学では以前から高い就職率を誇っていることでも有名で、90%を余裕で超えていて、殆どの学生が就職に成功しています。
就職率についてはマジック的な要素もあり、全国各地にある大学の中では肝心な就職先の環境が良くなかったり、レベル的に低いということも珍しいことではありません。日本文化大学では、このようなことはなく、就職後には生涯にわたって問題なく活躍できる優れた職場が多いということにも注目したいものです。

《実績はかなり立派です》

日本文化大学を卒業した方の就職先の実績は優れていて、最も評価されている仕事は警察官です。毎年多くの警察官を輩出している大学としてはかなり有名で、2019年3月の卒業生の実績では75名が合格をしているという驚異の数字を叩き出しています。
人気職業の公務員型の大学でもあり、消防官や地方公務員、国家公務員になった人数も多く存在します。一般企業では銀行など金融業の他、建設業や情報通信業、卸売業や小売業などメーカーや問屋系、医療福祉や各種サービス業系まで幅広い分野で就職が決まっています。実績を見ても、多くの方々が既に認識している有名企業が非常に多いので安定してます。
就職は独自のプログラムを1年生から導入しています。このプログラムを駆使して自然と本人の適性を把握することができるので、いわゆるミスマッチを無くした就職先を見つけ出すことができます。

日本文化大学で希望通りの就職を

日本文化大学は、警察官の合格率が日本一であることで知られる大学です。高い合格率を上げることができているのは、手厚い就職対策がおこなわれているためでもあります。カリキュラムは、学生の就職が有利になることを優先したものとなっています。関心がある場合は、日本文化大学のホームページで公開されているカリキュラムを閲覧してみましょう。日本文化大学は法学部法学科の単科大学であるため、1年次から法学や民法総則および憲法の人権が必修科目となっています。


大学によっては、1年次と2年次は一般教養科目を履修し、専門科目をなかなか学べないというところもありますが、日本文化大学はそうではありません。1年次から必修科目として法律を学ぶことができます。日本文化大学には、警察官や公務員になるために入学する学生もおおぜいいます。早くから就職への備えをしたい学生に、配慮したカリキュラムと言えます。教育は本来サービス業なわけですが、日本の大学ではなかなかそうはなっていない現実があります。しかし日本文化大学では、学生を最優先にして手厚く対応するサービス精神が行き渡っており、カリキュラムにもそれが反映されています。


2年次の必修科目には、法律関係が目白押しです。2年次から本格的に専門科目が学べるというのは、たいへん合理的であり、効率的であると言えるでしょう。就職活動を3年生の6月から始める学生も少なくありませんから、2年生のうちにじっくりと法学部法学科の学生としての知識を身につけておけるなら、それに越したことはありません。どの学生にとっても、就職活動は初めてのことであるため、浮足立ってしまうのは当たり前のことです。就職活動と、初めて学ぶ専門科目が同時期であるのは、できれば避けたいところです。


3年次になると、就職情報概論が必修科目になります。これも至れり尽くせりのカリキュラムと言えます。一番関心のあるときに、この科目を必修として学べるということになります。


1・2年次の選択科目には、スポーツ健康科学があり、剣道や柔道および合気道なども学べます。警察官になるために、履修しておきたい学生の需要に応えるカリキュラムと言えそうです。日本文化大学の卒業生は公務員にも多数なっており、公務員を目指している学生も多いため、必修ではなく選択科目となっています。3・4年次にはインターンシップも選択科目として用意されています。これも就職活動への配慮と言えるでしょう。大学の履修科目とできるので、学生にとってたいへん好都合と言えます。


このように、日本文化大学では学生が希望する仕事に就けるように配慮したカリキュラムを組んでいますので、志望大学を決める際には、候補にして検討してみる価値がありそうです。ホームページを閲覧して関心を持った場合は、オープンキャンパスに参加してみましょう。オープンキャンパスは、東京都八王子の校舎でおこなわれます。

日本文化大学への入学について

一般的な私立大学への入学には、莫大なお金が必要になります。一年で100万円、医学や薬学に関係する学部であれば一年で200万円が必要になるケースも多いです。一方で日本文化大学では、入学の際に必要になる学費は授業料と施設費を合わせて100万円と他の私立大学と同様に平均的な学費が必要になります。しかし日本文化大学では奨学金制度が充実している点で優れていると言えるでしょう。大学が固有に実施している奨学金は成績優秀で品行方正な学生の若干名に毎年奨学金を給付できるようにしているのです。他にも日本学生支援機構が主催している奨学金も用意されています。第一種の無利子タイプの他に、希望する学生であれば有利子の第二種の奨学金制度が用意されているのです。有利子のタイプであっても一定の成績が必要になるので、誰でも利用することは出来ませんが、最大で12万円を毎月貸付することができるようになっています。日本文化大学の教育ローンも用意されており、融資額は学生一人に付き、300万円を上限としており、変換期間は15年以内と非常に長い期間になっています。利息は事業所によって異なっていますが、長期間貸出することができるようになっているので、経済的に日本文化大学に通うことが困難な学生であっても安心です。日本文化大学の入学試験は様々で、警察官志望のAO入試や公務員志望のAO入試など、学習に対する向上心が高い学生を中心とした試験が用意されています。推薦入試も用意されており、出身校長の推薦が必要になりますが、小論文と面接によって日本文化大学に入学することが可能です。他にも指定校推薦や大学入試センター試験を利用する入試方法が用意されています。大学入試センター試験を利用する入試方法は併願が可能で、センター試験の点数によってはそのまま国立大学への受験も可能になっているので、日本文化大学の試験対策が出来ない学生に向いているでしょう。ただし、センター試験を利用した入学試験の場合は、選択科目に制限があり、なおかつ面接を受ける必要がある点に注意が必要です。他にも合格に必要な試験の点数が高く設定されているので、難易度が高い試験になってしまいます。日本文化大学の一般入試は第一期が1月の6日から受験できるようになっています。最終の第五期は3月の13日までになっており、一般入試による受験方法であれば長期間受験のチャンスが用意されているので、試験対策をする時間が限られている学生であっても受験しやすいと言えるでしょう。ただし、選考方法は文系科目が中心で、面接も用意されています。以上の点から日本文化大学では、いずれの試験であっても面接が選考方法の中に含まれており、品行方正な学生を中心に入学を許可していることが考えられるでしょう。AO入試であっても800字程度の小論文の提出が求められているので、文章能力や相手に対して説明する能力が要求されます。