日本文化大学を卒業した後は警察官になる道も

日本文化大学を卒業した後に、警察官の道を選んだ人もいます。日本文化大学の法学科には3つのコースがあり、公務員試験を受験する人も多いのが特徴です。日本文化大学では公務員試験だけではなく、就職試験や資格試験の対策もしっかりと行っています。日本文化大学を卒業した後の進路には、警察官・自衛官・地方公務員・刑務官・消防士などがあります。


その中でも警察官は、地域住民の安全を守る非常にやりがいのある仕事です。日々、世間では事件や事故が起きていますが、一番身近にいて対応してくれるのが警察官になります。思わぬ犯罪に巻き込まれた際には、電話で警察官を呼んだり交番に駆け込むという人もいるでしょう。警察官は犯罪現場にいち早く駆けつけて、犯人逮捕に尽力してくれます。また、深夜にパトロールをしたり飲酒運転やスピード違反の取り締まりをするなど事件や事故を未然に防ぐ役割も担っています。交番勤務では落とし物を預かったり、道に迷った人の道案内をすることもあります。市民が困っている時に、頼りになる存在が警察官です。最近では子供の虐待事件なども多く、児童相談所だけではなく警察が介入する事例も増えています。学校で起きたいじめを警察に相談することも多いですし、家庭内のドメスティックバイオレンス等にも対応してくれます。また、小学校や中学校を訪れて、交通安全の指導をすることもあります。


日本文化大学では、正義感を持った人間力のある人材を育成しています。それから日本文化大学では公務員試験対策に力を入れているので、警察官を目指す際にも効率的な学習を行うことができます。日本文化大学の法学部では、法律の基礎的な知識が身に付きます。それに加えて、実際の試験で点数が取れるような実践的なカリキュラムになっています。公務員試験は非常にハードルが高いので、専門の予備校や塾に通う人も珍しくはありません。


しかし、日本文化大学では公務員試験対策を重視していますから、わざわざ他の予備校や塾に通わなくても大丈夫です。実際の試験に出そうな分野を網羅した演習問題も繰り返し行われますし、試験突破に向けて模擬面接等も実施してくれます。面接は一人で実践することはできませんから、緊張して思うように返事ができなかったという人も意外と多いものです。模擬面接で場数を踏んでおくことで、面接の場に慣れて自分の考えをきちんと伝えられるようになります。そういったカリキュラムをこなしていれば自然と自信もつき、余裕を持って筆記試験や面接に臨むことができます。先生との距離も近いので、何か不安なことがあれば気軽に相談できるのも魅力です。日本文化大学の先生はいつも親身に相談にのってくれます。


また、法律の知識も身に付けていますから、実際に警察官として働く上でも非常に役立ちます。市民から寄せられた相談に対しても適切な対応をすることができますし、具体的なアドバイスを行うこともできます。

地味に公務員を多数輩出している日本文化大学

◆地味に凄い日本文化大学

日本文化大学と聞いても、おそらく大多数の人は、その存在を知らないのではないでしょうか。名前くらいは聞いたことがある人もいるかもしれませんが、どこにあるかを正確に答えられる人はほぼいないでしょう。はっきり言って地味な大学なのは否めません。大学があるのは八王子で、東京の西の果てあたりにあり、これまたかなり地味な立地と言わざるをえません。しかし、この日本文化大学は何気に凄い実績を持っていたりするのです。それは公務員を多数輩出していることに他なりません。卒業生の半数以上が公務員試験に合格しているという話もあるほどです。公務員試験もピンからキリまでありますが、それでもそんなに生易しいものではなく、それなりに勉強を頑張らないと受かりません。そんな公務員試験で多数合格者を輩出しているというのは、なかなかたいしたものです。

◆日本文化大学は特に警察官試験に強い

公務員試験に強い日本文化大学ですが、特に警察官試験の合格率は、なんと10年連続で日本一になるという実績を誇っています。なんでそんなに警察官試験に強いのかというと、試験対策のプログラムが充実しているからに他なりません。学生たちは様々な学習支援サポートを受けることができますし、さらに警視庁や各県警から採用担当者をゲストとして招聘し説明会なども熱心に行っています。さらに警察官試験に強いという大学のブランドも確立しつつあり、生徒達の勉強に取り組むモチベーションも上がってきているということも合格率を押し上げている要因といえるでしょう。

◆離職しにくいのも特徴

警察官という仕事は、実はわりと離職率が高い仕事と言われています。警察学校になじめなかったり、配属された勤務先が自分の希望に合わなかったり、夜勤などの仕事がキツくて辞めてしまう人が少なくありません。しかし、日本文化大学の学生で警察官になった人は離職率が低いということで、警察からも高い評価を得ています。なぜ日本文化大学の学生は離職率が低いのかというと、学生に「本当に警察官になりたいのか」ということを自問自答させることを徹底しているからでしょう。例えば、警察に勤務している警察官を招き、仕事の体験談などを語ってもらう機会を設けていますし、進路指導の先生も警察官の仕事はいかなるものかということを具体的に説明して、学生が本当に警察になりたいのかを考えさせます。だから採用後のギャップが発生しにくいのでしょう。

◆日本文化大学は資格取得支援にも積極的

日本文化大学は、公務員試験の他にも各種資格試験の取得サポートにもたいへん力を入れています。どのような資格を取得すべきなのか、どうのような学習方法が望ましいか等を担当教員が親身になって学生に指導してくれる体制が整っていますから、学生は安心して勉強に取り組めるでしょう。講座もたくさん用意してあり、例えば行政書士・社会保険労務士・英検・簿記などの講座を開講しています。これらの資格を取得することで、就職活動が有利になることは間違いありません。

格試験の取得サポートにもたいへん力を入れています。どのような資格を取得すべきなのか、どうのような学習方法が望ましいか等を担当教員が親身になって学生に指導してくれる体制が整っていますから、学生は安心して勉強に取り組めるでしょう。講座もたくさん用意してあり、例えば行政書士・社会保険労務士・英検・簿記などの講座を開講しています。これらの資格を取得することで、就職活動が有利になることは間違いありません。

日本文化大学は就職率が高いことで有名です

《日本文化大学の基本的な概要》

東京都内に存在する日本文化大学は、一般的な大学と比較しても規模は小さいながらも少数精鋭的な学習を受けられる特徴があります。沢山の学部を有しているのではなく、法学部法学科の1つに限定をしている単位制の大学です。
通常は4年間で卒業をするのですが、基礎学力の他に法律に関する授業、専門教育として経営コース、公共コース、法心理コースの3つを用意しています。2年目以降に好きなコースを選択することができ、いずれも基礎力の他にも専門的な知識力を高めることを目的にしているので、無駄の無い時間を過ごすことができる大学です。
専任講師の他、外部からの講師も受け入れていて、普段では学ぶことができないような授業を受けられるメリットもあります。小規模な大学故にマンツーマン指導に近い環境で学べることもチェックしたい大切なポイントです。

《法学部のみで体験可能なこと》

日本文化大学は法学部のみで受け付けをしているので、授業内容は他の法学部を有する大学と同じように、六法と付随する法律の数々を学ぶことができます。法律の範囲は非常に広いものなので、4年間で全てを吸収することは非常に難しいとも判断できますが、日本文化大学では特有の学び方も用意しています。
刑事訴訟や民事訴訟などの場合、法廷に出廷することが求められるものですが、日本文化大学には法廷を再現した学習スペースを兼ね備えているので、本格的な裁判の疑似体験を行うことができる魅力があります。この体験は法学部で学ぶ学生にとっては理解しやすい学習方法になり、法廷で用いる適切な法律を把握しやすい環境です。
どのような法律を適用させるのが最適なのかを判断するには、やはり経験値というものも必要になるので、日本文化大学では奥深い法律を学べる魅力があります。その際には意見交換や議論などを法を基にして自主的に判断できる能力も培われ、高い能力を身に付けられるのではないでしょうか。

《就職率はかなり高い大学です》

大学に進学される方にとって、学校選びをする基準の中に就職率をあげることも多いものです。日本文化大学では以前から高い就職率を誇っていることでも有名で、90%を余裕で超えていて、殆どの学生が就職に成功しています。
就職率についてはマジック的な要素もあり、全国各地にある大学の中では肝心な就職先の環境が良くなかったり、レベル的に低いということも珍しいことではありません。日本文化大学では、このようなことはなく、就職後には生涯にわたって問題なく活躍できる優れた職場が多いということにも注目したいものです。

《実績はかなり立派です》

日本文化大学を卒業した方の就職先の実績は優れていて、最も評価されている仕事は警察官です。毎年多くの警察官を輩出している大学としてはかなり有名で、2019年3月の卒業生の実績では75名が合格をしているという驚異の数字を叩き出しています。
人気職業の公務員型の大学でもあり、消防官や地方公務員、国家公務員になった人数も多く存在します。一般企業では銀行など金融業の他、建設業や情報通信業、卸売業や小売業などメーカーや問屋系、医療福祉や各種サービス業系まで幅広い分野で就職が決まっています。実績を見ても、多くの方々が既に認識している有名企業が非常に多いので安定してます。
就職は独自のプログラムを1年生から導入しています。このプログラムを駆使して自然と本人の適性を把握することができるので、いわゆるミスマッチを無くした就職先を見つけ出すことができます。

日本文化大学で希望通りの就職を

日本文化大学は、警察官の合格率が日本一であることで知られる大学です。高い合格率を上げることができているのは、手厚い就職対策がおこなわれているためでもあります。カリキュラムは、学生の就職が有利になることを優先したものとなっています。関心がある場合は、日本文化大学のホームページで公開されているカリキュラムを閲覧してみましょう。日本文化大学は法学部法学科の単科大学であるため、1年次から法学や民法総則および憲法の人権が必修科目となっています。


大学によっては、1年次と2年次は一般教養科目を履修し、専門科目をなかなか学べないというところもありますが、日本文化大学はそうではありません。1年次から必修科目として法律を学ぶことができます。日本文化大学には、警察官や公務員になるために入学する学生もおおぜいいます。早くから就職への備えをしたい学生に、配慮したカリキュラムと言えます。教育は本来サービス業なわけですが、日本の大学ではなかなかそうはなっていない現実があります。しかし日本文化大学では、学生を最優先にして手厚く対応するサービス精神が行き渡っており、カリキュラムにもそれが反映されています。


2年次の必修科目には、法律関係が目白押しです。2年次から本格的に専門科目が学べるというのは、たいへん合理的であり、効率的であると言えるでしょう。就職活動を3年生の6月から始める学生も少なくありませんから、2年生のうちにじっくりと法学部法学科の学生としての知識を身につけておけるなら、それに越したことはありません。どの学生にとっても、就職活動は初めてのことであるため、浮足立ってしまうのは当たり前のことです。就職活動と、初めて学ぶ専門科目が同時期であるのは、できれば避けたいところです。


3年次になると、就職情報概論が必修科目になります。これも至れり尽くせりのカリキュラムと言えます。一番関心のあるときに、この科目を必修として学べるということになります。


1・2年次の選択科目には、スポーツ健康科学があり、剣道や柔道および合気道なども学べます。警察官になるために、履修しておきたい学生の需要に応えるカリキュラムと言えそうです。日本文化大学の卒業生は公務員にも多数なっており、公務員を目指している学生も多いため、必修ではなく選択科目となっています。3・4年次にはインターンシップも選択科目として用意されています。これも就職活動への配慮と言えるでしょう。大学の履修科目とできるので、学生にとってたいへん好都合と言えます。


このように、日本文化大学では学生が希望する仕事に就けるように配慮したカリキュラムを組んでいますので、志望大学を決める際には、候補にして検討してみる価値がありそうです。ホームページを閲覧して関心を持った場合は、オープンキャンパスに参加してみましょう。オープンキャンパスは、東京都八王子の校舎でおこなわれます。

日本文化大学への入学について

一般的な私立大学への入学には、莫大なお金が必要になります。一年で100万円、医学や薬学に関係する学部であれば一年で200万円が必要になるケースも多いです。一方で日本文化大学では、入学の際に必要になる学費は授業料と施設費を合わせて100万円と他の私立大学と同様に平均的な学費が必要になります。しかし日本文化大学では奨学金制度が充実している点で優れていると言えるでしょう。大学が固有に実施している奨学金は成績優秀で品行方正な学生の若干名に毎年奨学金を給付できるようにしているのです。他にも日本学生支援機構が主催している奨学金も用意されています。第一種の無利子タイプの他に、希望する学生であれば有利子の第二種の奨学金制度が用意されているのです。有利子のタイプであっても一定の成績が必要になるので、誰でも利用することは出来ませんが、最大で12万円を毎月貸付することができるようになっています。日本文化大学の教育ローンも用意されており、融資額は学生一人に付き、300万円を上限としており、変換期間は15年以内と非常に長い期間になっています。利息は事業所によって異なっていますが、長期間貸出することができるようになっているので、経済的に日本文化大学に通うことが困難な学生であっても安心です。日本文化大学の入学試験は様々で、警察官志望のAO入試や公務員志望のAO入試など、学習に対する向上心が高い学生を中心とした試験が用意されています。推薦入試も用意されており、出身校長の推薦が必要になりますが、小論文と面接によって日本文化大学に入学することが可能です。他にも指定校推薦や大学入試センター試験を利用する入試方法が用意されています。大学入試センター試験を利用する入試方法は併願が可能で、センター試験の点数によってはそのまま国立大学への受験も可能になっているので、日本文化大学の試験対策が出来ない学生に向いているでしょう。ただし、センター試験を利用した入学試験の場合は、選択科目に制限があり、なおかつ面接を受ける必要がある点に注意が必要です。他にも合格に必要な試験の点数が高く設定されているので、難易度が高い試験になってしまいます。日本文化大学の一般入試は第一期が1月の6日から受験できるようになっています。最終の第五期は3月の13日までになっており、一般入試による受験方法であれば長期間受験のチャンスが用意されているので、試験対策をする時間が限られている学生であっても受験しやすいと言えるでしょう。ただし、選考方法は文系科目が中心で、面接も用意されています。以上の点から日本文化大学では、いずれの試験であっても面接が選考方法の中に含まれており、品行方正な学生を中心に入学を許可していることが考えられるでしょう。AO入試であっても800字程度の小論文の提出が求められているので、文章能力や相手に対して説明する能力が要求されます。

日本文化大学ってこんなにスゴイの?

ユニークな特徴を持つ、日本文化大学って?


今や日本の大学の総数は700以上に昇り、さまざまな特色を持つ大学も増えていますよね。中でも、他には見られないユニ-クな特色を持つのが日本文化大学です。同大学は日文大の愛称を持ち、東京は八王子に位置している法学部のみの単科大学です。それだけでも異端な存在なのですが、日本文化大学は法学部でありながら必修科目に日本文化史や茶道を設けるなど、名前のとおり日本の文化を深く学び、建学の精神を持つ学生を育てることに重きをおいています。また、クラスは少人数で担任制だということも、大きな特徴です。このことからも教師が学生ひとりひとりの個性を大切に育てる、という大学の方針が垣間見られるのではないでしょうか。


偏差値で将来が決まるわけじゃない!


大学を決める際にどうしても気になるのが偏差値ですが、実は日本文化大学の偏差値はそれほど高くはありません。それなのにこの大学は、卒業後に多くの警察官をはじめとする公務員を輩出しているということをご存知でしょうか。このことが意味するのは、外国の大学のように「入学時は門戸を広く開け、入学後はしっかり勉強していただきますよ。」ということに他なりませんよね。だから大学受験時に思うように偏差値が上がらなくて、いわゆる有名大学に入れない、などと嘆く必要はないのです。なぜなら大学は人生の通過点のひとつに過ぎず、重要なのはその後にどんな仕事に就くことが出来るかということだからです。そういった意味では、日本文化大学は「大学デビュ-」する絶好の環境を持っていると言えるのではないでしょうか。


日本文化大学はどうして警察官試験に強いの?


日本文化大学の学生が難関だと言われる警察官試験や公務員試験の合格率が高いことの秘密は、大学のしっかりとしたカリキュラムにあります。担任制でひとりひとりに目が届くということも去ることながら、一年次から資格取得のためのさまざまなサポ-ト体制が充実しています。また、学年が上がると外部から講師を招いて公務員試験用の講義を行うなど、他の大学には見られないきめ細やかなサポ-トを受けることが可能です。そして忘れてはいけないのが、卒業生の評判です。日本文化をしっかり学び、日本人としての品格を備えた同大学の卒業生は、就職先でも大変に評判が良く、こういったことも後に続く後輩たちへの追い風となっているのでしょう。


日本文化大学に興味があるならオープンキャンパスに行こう!


将来の仕事として、警察官や公務員になりたいという学生はたくさんいます。そんな学生を大切に育てる日本文化大学に興/味を持ったのなら、是非オ-プンキャンパスに足を運んでみてはいかがでしょうか。校舎の見学をはじめとして在校生の話が聞けたり、体験授業も受けることが出来ます。百聞は一見に如かずと言われるように、自分の目で実際にキャンパスを見ることで日本文化大学の雰囲気を実感することが出来るはずです。

日本文化大学の様々な魅力と特徴とは?

【日本文化大学の特徴についてご紹介】

日本文化大学の特徴は、理系の学部が存在せず、さらに文系でも法学部のみで構成されていることです。就職先としては弁護士や検察官、そして警察官などの公務員になる学生が多く、就職率もとても高いです。なんと1年次の5月からすでに就職指導が始まります。特に難しいと言われている公務員試験を確実にパスするためには、勉強する量が非常に多いので、かなり早い段階から勉強を開始しないと間に合わなくなってしまいます。その点、日本文化大学の指導を受けることができるので安心です。また公務員の中でも日本文化大学の学生に特に人気が高いのが警察官です。卒業後警察官になる学生がずば抜けて多く、警察官への就職率は日本一高くなっています。授業には警察官のOBなどが行うこともあり、現場の経験を活かした犯罪学を学ぶことができます。

【日本文化大学の個性的なカリキュラムについて】

日本文化大学のカリキュラムにも特徴があります。それは1年次から基礎教育の他に、ゼミ教育やキャリア教育があるということです。通常他大学ではゼミがスタートするのは3年生からですので、いかに専門教育に力を入れているのかがわかります。2年次になるとさらに専門教育が追加され充実していきます。4年間のカリキュラムを通して専門的な知識や技術をしっかり学ぶことができるために、早い時点で目標をしっかり持っている学生にとって、自分が目指す道に向かって進んでいくことができるのは大きな魅力です。

【日本文化大学で可能な資格取得について】

将来の就職のためには様々な資格を取得しておくと有利になることが多いです。日本文化大学では学生が希望する様々な分野の資格を取得を実現するために、徹底した指導やサポートを行っています。1年次から様々な資格取得のための講座が設けられており、学生たちがわざわざ大学の授業が終わった後に専門学校に行かなくても良いように考えてくれています。ダブルスクールとなると、時間的にも肉体的にも、経済的にも負担が大きくなりますが。日本文化大学のほうでそれを行ってくれるのであれば、これほど助かることはありません。人気の資格をあげると、中学や高校の教員免許は在学中に必要な単位を取得可能です。簿記資格や宅地建物取引士資格を取得する学生も多いようです。

【いま注目されている日本文化大学】

日本文化大学はいま注目されています。メディアでも多く取り上げられていることからも注目度の高さがわかります。なぜ注目されているかといえば、やはり他大学にはない個性的なことを多数取り入れた授業を行っているからでしょう。そしてそれに伴って就職率も高くなっています。将来警察官になりたいのなら、一番の候補大学と言っても良いくらいです。就職率の高さも注目の的となっており、特に半分以上が公務員試験に合格しているのは注目に値します。なかなか簡単ではない試験ですから、半分以上が合格しているのは将来公務員になりたいという夢を持っている学生にとっては大きな希望です。

日本文化大学の生徒の服装と進路

日本文化大学の生徒はどんな服装をしているのか

日本文化大学は法学部に特化している教育施設なので、いわゆる理系の生徒はいないのです。ですので理系の生徒が着ることが多いチェック柄のシャツを着ている人は、ほとんどいません。かと言って勉強が、それなりに忙しいので必要以上に服装に凝っている生徒もそれほど多い訳ではないです。やはり学生らしく爽やかでシンプルな服装をしている生徒が、多いと言えます。近頃はファストファッションやインターネット通販サイトが若い世代の人たちの間で人気があるため充分にファッショナブルだけど、あまりお金をかける必要がないコーディネートをしている人たちが多いです。

日本文化大学を卒業後に就くことが多い仕事

入学する大学を選ぶときには卒業してから、どのような仕事に就くことが出来るのかということも大切なことになります。日本文化大学は警察官を採用する試験に合格するための体制が整っているというのが特徴の1つです。日本の数ある大学の中でも警察官の採用試験に合格することが出来る確率は、上位を占めています。これは採用試験に対策するプログラムが非常に充実しているためです。そして毎年それぞれの県警や警視庁の採用を担当する人を招いて、説明会を行っています。一般企業や各種公務員の採用試験に対応している、進路ごとの履修カリキュラムを提供しているので選択肢が広く安心です。

学生の就職をサポートする仕組みが整っている

就職をサポートしてくれる大学は非常に多いですが、ほとんどのサポートは就職活動をスタートさせる学年から行われます。しかし日本文化大学では入学した直後から直接就職活動に結びつくプログラムが提供されています。特に2年生から行われるカリキュラムは、日本文化大学以外から講師を招待して週に2度の講習を行っています。そして日本文化大学は学生支援室が設けられていて、それぞれの学生が希望する就職先に入社させるための細かい指導を行ってくれるのです。少人数制であるからこそ可能なことで、面接に対処する指導や個別指導などを実施しています。学生支援室では官庁や行政機関、民間企業などでインターシップを行うための情報も用意されているのです。実習に参加することによって、仕事をしている自分をイメージしやすくなりモチベーションが向上します。また日本文化大学に在籍している講師は、それぞれの業界で活躍していた経歴を持っている方が少なくありません。経験に基づいた助言をしてもらうことが可能なので、より一層的確に指導してもらうことが可能です。

日本文化大学には公務員になるためのコースがある

日本文化大学では公共コースが用意されています。公務員になることを望んでいる生徒用のコースで、司法や行政の場で要求される専門知識を身に付けることが可能です。ただ単純に講義を受けるだけではなく、知識が効果的に身につけられるようになっていて公務員試験などに合格することを目指していくことが出来ます。

日本文化大学のサポート体制

「充実したカリキュラム」

日本文化大学は警察官の合格率が、10年連続で日本一を記録しています。警察官への確かな道を誇っており、警察官採用試験に強みを持つのが大きな特徴です。その背景には試験対策プログラムの充実があり、学生の勉強意欲と併せて合格率の高さにつながっているわけです。その他の就職実績もアップしており、公式サイトには毎年新たな合格実績が掲載されます。当大学に入学した学生は、卒業する前に様々な学びや経験を積みます。それらの経験を基にして、社会へと巣立つわけです。それを支えるのが基礎教育や専門教育、ゼミやキャリア教育だと言えます。日本文化大学ならではの充実したカリキュラムが、学生の成長を確実に手助けするものです。

「フィールドワークが充実」

日本文化大学では日本の文化や伝統を重んじており、そこから深い教養を身につける人間教育を行っています。人としての教養だけでなく、品格が備わるようカリキュラムが組まれます。日本文化大学の卒業生がその有効性を証明しており、同大学の人材育成は各方面で高く評価されているのが分かります。本学は文科系でありながら、フィールドワークの充実が図られているのも強みです。座学中心の授業ではないので、頭でっかちの学生となる心配がありません。フィールドワークでこそ、学問の真の魅力を肌で感じられると言えます。法律を学ぶにしても、単に法律書を丸暗記すれば良いわけではありません。それを実際の生活に役立ててこそ、本当の学問になるからです。

「リーガルマインドが身につく」

日本文化大学は法学部だけが設置された、単科大学となります。法律は人間の生活や社会活動と、密接に結びついています。周辺環境が常に変化する現代では、法律の果たす役割は大きなものがあります。また、法律を社会生活に活かすには、日本文化に対する教養も不可欠です。教養を身につけたうえで法律を学ぶことで、豊かな人間性とリーガルマインドを身につけられると言えます。日本文化大学では学生の将来設計に応じて、「経営コース」や「公共コース」、そして「法心理コース」を用意しています。学生は自分の目標に向けて、必要な領域を効率的に学ぶことが可能となります。科目選択は柔軟に選択できるので、興味のある分野を専門的に深めることも可能です。

「きめ細かい支援が受けられる」

日本文化大学は学生の就職を全面サポートしており、将来の夢を実現する第一歩を応援しています。そのために資格取得環境を整えており、学生の希望に応じて多彩な資格取得支援を実施しています。基本的にやる気のある学生は、いつでも自由に学びの機会を受けられるというものです。就職に必要な資格の選定から、学習方法や試験対策まで、経験豊富な担当教員が親身に指導します。具体的な資格取得講座として、行政書士や社会保険労務士、宅地建物取引主任など豊富に揃っています。また、英検やTOEICなど汎用性の高い試験講座も用意されているのも魅力です。このように日本文化大学では、入学から就職に至るまで、きめ細かい支援が受けられるわけです。

日本文化大学の理系学部設立でこうなる

日本文化大学は理系の学部が存在せず、法学部のみの構成になっています。そのため学生の大半は弁護士や検察官、警察官などの国家公務員や地方公務員試験を受験することによって就職するようになっています。そのため、まず理系の学部が新設された場合は、それらの学生の後に続くような形になるでしょう。例えば、日本文化大学は警察や一部の民間企業と関連性が高いので、それらを就職先として考えるためにも理系の分野を利用した専門の捜査官として出世できるようになります。情報処理工学の分野であれば、近年多発しているサイバー犯罪対策の窓口勤務としてインターネット上で発生する問題に対処するようになるでしょう。もちろん日本文化大学には警察官のOBなども授業を行うこともあるので、現場でしか学ぶことが出来ない犯罪学を学ぶことも可能です。日本文化大学に理学部が新設された場合は、鑑識や科学捜査班として警察機関に採用される可能性が高いでしょう。特に最近では巧妙なトリックを使用した犯罪が発生しやすくなっており、押し込みの強盗であっても証拠が限られていることが多いです。このような問題を防ぐためにも、犯人が残した僅かな痕跡であっても決して見逃さない鑑識を採用するようになります。日本文化大学ではそのような人材を育成するポテンシャルに優れており、学生の実力も発揮されるでしょう。殺人事件などが発生した場合は、法医学の見地から被害者の死因を調べたり、事件の証拠を掴むことが出来ます。医学部新設の暁には、法医学者が続々と社会に排出されていくことは間違いありません。特に優秀な法医学者であれば裁判の結果を覆すことも可能であり、無実の罪を着せられた人を救ったり、事件の真実を暴くことによって犯罪者を捕まえることも出来るのです。以上の点から日本文化大学に理系の学部が新設された場合は、すでに存在している法学部との連携を考慮した上で授業が展開されることになるでしょう。ただし、それだけでは学生は民間企業には採用されないことがあるので、民間企業と連携して理学や工学、医学関係の実験や研究を行うことになる可能性も期待できます。特に最新の工学や理学などは、民間企業と連携することによって新たに創出することが可能になるだけでなく、日本文化大学ならではの企業とのつながりを使用することによって学生の就職率を向上させることも可能です。また、理系の学部が新設される際に、一番先に設立される学部は医学部や理学部などの法学部と連携できる学部が考えられます。日本文化大学の法学部をバックアップする学部として新設することができれば、大学単位でその名が知られることになりますし、特殊な分野に特化していればそれだけで就職などの進路も決まりやすくなるのです。人脈だけを活かしたものだけでなく、学生のポテンシャルを活かした就職活動が可能になり、就職後の離職率も下げることが出来るでしょう。