日本文化大学の入試難易度とは

【日本文化大学の入試難易度(偏差値)とは】

これから大学受験を控えている高校生・浪人生にとって一番気になることは、志望校やその他の学校の入試難易度やボーダーラインではないでしょうか。日本文化大学の入試偏差値についても、いくつかの予備校や模擬試験を実施している出版社などが算出したデータが存在します。公表されているデータは会社ごとに大きな違いがあり、42~48もの大きなバラツキがあります。 偏差値の算出方法は同じですが、他の大学でも入試偏差値にはかなり大きな幅が存在します。このように偏差値は大きなバラツキがあるので、ボーダーラインの数字だけで本当の入試難易度を判断することはできません。日本文化大学の入試難易度を知るためには、偏差値の意味をきちんと把握しておく必要があります。

【偏差値に隠されている数字のトリック】

偏差値は高校や大学の入学試験の難易度を比較するための尺度で、一般的にこの数値が高いと合格することが難しくなるといわれています。予備校などでは毎年大学の入試偏差値を公表していますが、数字のトリックに騙されないように注意をする必要があります。
偏差値とは、予備校などの模擬試験を受験した学生が志望校欄に記入した学校の“難易度”に過ぎません。志望校として記入したものの、実際にはその学校を受験しない学生も多く含まれます。偏差値ランキングは模擬試験を実施した際に受験生が記入した“架空”の学校・学部に関するものであり、受験を取りやめた学生や志望校欄に記入せずに予定変更して受験した人のデータは一切考慮されていません。
これに加えて、偏差値が全く同じ数字でも志望者の倍率が多いと難易度に大きな違いが出るという点も知っておく必要があります。倍率が2倍であれば合格者は上位50%の人に限られますが、1.1倍だと上位9割の人が合格となります。各学校のボーダーラインは前年度の倍率を元に推定されていて、翌年度も同じ受験倍率であるとみなして計算しています。このため、年ごとに受験倍率に大きな違いが出ると予想が大きく外れることになります。

【日本文化大学の入試とは】

日本文化大学の入試倍率は大きく変化していて、一般入試であれば2017年度は1.1倍で2019年年度は4.9倍に跳ね上がっています。日本文化大学のように受験倍率が数倍に変化すると、予備校が公表する偏差値は実際の入試難易度を示すものではありません。偏差値は入試の難易度を推定する際の参考にはなりますが、合否を正確に判断する基準とはいえません。日本文化大学は都市部にある大学なので人気が高く、地方の大学と比べると入試倍率が高くなるケースが多いです。このため、実際の難易度は同じ偏差値の他の学校よりも高い可能性があります。

【日本文化大学を目指す学生さんへのアドバイス】

日本文化大学の入学試験を突破するためには、高等学校で学習する基礎的な内容をきちんと押さえておく必要があります。基礎学力に加えて、大学に入学して法律を学びたいという強い学習意欲も求められます。そのため、一般入試でも面接が必須科目となっています。日本文化大学に入学するためには学力テスト対策に加えて、なぜこの大学で学びたいかを面接の際に的確に説明できるように備えておくことが大切です。将来のビジョンを明確にして、入学後の計画やキャンパスライフを考えるようにしましょう。入学時に卒業後の目標を決めておけば大学入学後も有意義な学生生活を送ることができますし、本当の意味でキャンパスライフを満喫できるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です