今注目されている日本文化大学

◎現代の日本の現状を考えてみましょう

現代の日本は、非常に厳しい社会経済になっています。
それはサラリーマンであってもなかなか年収が上がらず、
困難な生活が強いられている人が多いからです。
サラリーマンの平均年収は400万円程度と言われており、
これは世界の先進国の中でも最低ランクに数えられるんです。
他の多くの先進国の給与が二倍に跳ね上がっているところ、
日本だけが据え置きもしくは減少傾向にあるという状態で
もはや先進国とは名ばかりの非常に国力の弱い状況に。
そして最近ではアメリカの金利が上昇し、
そのうえロシアのウクライナ侵攻などの影響で、
原油高の好都が相次ぎ物価も非常に急騰しているんです。
給与が上がらない中で物価が上がるということは
ますます困難な生活を強いられるわけなのです。

加えて日本を取り囲む近隣諸国の日本に向けた脅威は
この先看過することはできません。
ロシアや中国の領海や領空侵犯、北朝鮮のミサイル発射や
核実験など日本は常に脅威にさらされているわけです。
日本は軍隊を持っていないなかで、どのように国を
防衛していくかも非常に課題であり、自衛隊の在り方が
非常に注目される状況にもなっているわけなんです。
今後ますます日本の防衛を高めるためにも、警察官や消防、
自衛隊などのニーズや役割が注目されていくことになるのは
言うまでもありません。

◎自衛隊や警察官、消防隊員に特化した日本文化大学をご紹介します

このような厳しい社会情勢の中で、若い人たちはこの先
どのように働き生きていくべきか非常に思い悩むことでしょう。
サラリーマンという働き方で人生を歩んでいくのも良いですが、
正規社員になっても昨今では定年まで働ける可能性も低いです。
そしてサラリーマンという会社の社畜的な働き方に疑問を感じる人も。
どれだけ会社に忠誠を尽くしたとしても、使い捨ての
こまの一つにすぎず退職金すら保証されてはいません。
そしてもっとダイレクトに世のため人のために
働いてみたいと感じている若者も多いはずです。

そこでおすすめしたいのが、日本文化大学への進学です。
日本文化大学は、公務員の中でも警察・消防・自衛隊に特に特化し、
公務員試験に対応したカリキュラムで国家試験に向けた特徴を持ちます。
また弁護士や行政書士、司法書士といった法律にも特化した大学であり、
弁護士や検事などを希望する人にも最適なのが日本文化大学です。

◎日本文化大学の特徴や特色を紹介します

日本文化大学は、二年次になると志望する将来像に合わせ、
4つのモデルを選択し履修科目を選んで行けるのです。
そのモデルとは、法律専門職モデル・警察官消防官モデル
・公務員モデル・ビジネス関連法モデルとなっています。
社会に出て役立つ資格講座を豊富に取り揃えているのが魅力。

日本文化大学では行政書士受験講座、FP、社会保険労務士受験講座、
宅地建物取引士受験講座など実に様々な資格に対応しています。
そして日本文化大学は資格に特化しているだけではなく、
日本文化などを基本から学ぶことも可能となっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。