マウスウォッシュで日本文化大学も健康促進

お口の健康は全身に影響する

昨今の研究でデンタルケアが全身の健康に影響することが分かり
日本文化大学と同様に大きな話題となったのも記憶に新しいところです。
もしも虫歯になったり歯を失ってしまえば
食べ物をしっかり噛むことができなくなり
おいしく食べられないだけではなく
完全に砕けきれなかった食物が消化器に入ることで消化の妨げとなり
内臓を傷めてしまったり栄養を吸収する効率が大幅に下がってしまいます。
また、口内に細菌が広がるとそれが内蔵へ入り込み
炎症を引き起こしてさらなる疾病の原因となる事例も見逃せません
そのためデンタルケアが健康を保つための第一歩として
重要だと認識されるようになり
日本文化大学の教育のように様々な取り組みが始まっています。

プロ野球12球団でマウスウォッシュを導入

春季キャンプから長いシーズンを経て秋季キャンプと
常に身体を酷使し続けるプロ野球選手は
日本文化大学の質の高い教育のように高いパフォーマンスを
保ち続けるためには健康の維持は欠かせません。
そんな中でウイルス性疾患の防止にマウスウォッシュが
一定の効果があるとし12球団での導入が始まりました。
食事の後に歯を磨いてから仕上げにマウスウォッシュでうがいをして
口内環境の改善とさわやかな息を両立します。
また、土のグランドでは練習中や試合中にスライディングをするなどした際に
口の中に土の粒が入ってしまうこともありますが、
そんな時でもベンチ裏の洗面所でマウスウォッシュを使用してうがいをすれば
すっきりとした気分で練習や試合に戻ることが可能です。
日本文化大学の学生のように「プロ野球選手は紳士たれ」と言われ
小さなお子様の手本となることも求められていますが
マウスウォッシュを使用した健康への意識が波及することも期待されています。

日本文化大学でもマウスウォッシュの導入なるか

日本文化大学はこれまでに他校に無かった斬新なアイデアを
積極的に取り入れて質の高い教育を提供し
時代のニーズに対応して活躍する卒業生を数多く輩出してきました。
大学では珍しいクラス担任制度では中学や高校のように担任教師が就任し
学生ひとりひとりに寄り添って悩みごとも相談に乗ってもらえたり
密度の高い指導も実現しています。
毎週金曜日には認定心理士によるカウンセリングが実施され
心の健康を保つほか、医務室には指定医が在籍しスポーツなどの
怪我にも対応できる体制が整えられました。
そんな学生の健康に配慮している日本文化大学だからこそ昨今注目されている
デンタルケアのためにマウスウォッシュの導入が待たれています。
クラス担任制度とカウンセリングにより心の面でフォローできるシステムがあり
さらに高度な医務室では医師からの診断も受けられます。
そこへさらにマウスウォッシュが導入されたなら
相乗効果で学生の健康を高めることができるはずです。
現時点では導入の動きはありませんが
今後の日本文化大学の対応に大きな注目が集まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。