日本文化大学で公務員を目指す

日本文化大学は警察官になるための学校ですが、
他にも公務員に強い大学としても知られています。
昨年の実績を見ると、14名の方が公務員になりました。

公務員に強い理由は、やはりそのためのカリキュラムが充実しているからです。
日本文化大学では2年になると3つのコースに分かれますが、
そのうちの一つに司法や行政を学べる【公共コース】といったものがあります。
公務員に必須の「行政法」を学ぶことができ、
早くから公務員試験対策に取り組むことが可能なのです。
また、3年次にはゼミに入りますが、
その際も「試験演習」といった本格的な講義を受講することが出来ます。
地方公務員や国家公務員、さらには法科大学院に進む方が
このコースのカリキュラムを受けるのです。

就職支援も手厚いです。
日本文化大学では綿密な面接指導を実施し、
面接のノウハウを身に付けることが出来ます。
採用試験の過去問が揃っているのはもちろん、
解答のポイントについても教員が解説してくれます。
最新情報なども把握しているため、情報収集もしやすい大学と言えます。

一口に公務員と言っても様々です。
厳密には警察官も公務員ですが、日本文化大学では区別しやすいように、
それぞれ分けてコースとカリキュラムが組まれています。
市役所に勤める方や消防士になる方、
他にも自衛官を目指す方がこの大学に集まっています。
そして、それぞれの職業に対して
専門的なアドバイスをしてくれる環境が整っているのです。

厳密には、公務員は職業ではなく地位を意味する言葉です。
消防団員はボランティアですが、広義的にはこれも公務員に分類されます。
ただし、一般的には国の税金から給料を貰っている方を、
公務員と呼ぶ場合が多いです。

公務員は昔から人気の職業ですが、残業が多いことでも知られています。
特に災害などの有事の際は、2週間以上も家に帰れないことも珍しくありません。
その分、給与の面が優遇されており、
だからこそ多くの学生が公務員を目指しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です