日本文化大学の概要や教育について

「日本文化大学の概要」

日本文化大学は東京の八王子にキャンパスがあり、高田馬場にも学習センターがある学校法人が運営する4年生大学です。「恩愛礼儀」「重厚中正」「清明和敬」「租風継承」の4つを教育の理念とし、先哲の学問を仰ぎながら学問を深め、品格と教養が高く情誼豊かな人材育成に努める大学です。そのため「学」のもととなる法の本質をしっかりと把握し深く考えることも目的としています。日本文化大学はこの精神に則り法学のみを学習する大学です。

 

 

「日本文化大学の特徴」

日本文化大学にはいくつかの特徴があります。一つ目は深い教養を身に付け品格を高めることができるよう日本の文化や伝統を学ぶことです。その人材育成の方針は社会からも高い評価を得ているのです。また座学が中心ではなくフィールドワークを充実させているところも魅力でしょう。フィールドワークを行うことで学問の諸分野を肌で感じ取ることができます。二つ目は法律を学ぶということです。丸暗記をするというのではなく絶えず変化をする社会をリードしていける人間性を養うため、日本文化への理解と生活と社会に密接している法律を学ぶことに力を入れています。三つ目は資格を取ることです。将来の夢が実現するよう多彩な分野の資格取得をサポートしているのでうれしいですね。四つ目は就職です。入学直後から就職活動につながるプログラムが用意され4年間サポートをしているということもうれしいことですね。

 

「日本文化大学のカリキュラム」

日本文化大学では基礎教育、専門教育、ゼミ制度、キャリア教育など特徴的なカリキュラムが組まれています。1年次と2年次で行われる基礎教育では「法学」「憲法」「民法」「政治学」など基礎的な法律を学習をするのですが、基礎教育で学力や人間として成長するための基礎力を身に付けるのです。2年次からは専門教育が行われます。「経営コース」「公共コース」「法心理コース」のうち一つを選択し法律の各分野を深く理解し、警察官や公務員になるための「行政学」や「犯罪心理学」なども学べるのです。また一般の法学部では学べない経営学や簿記なども学習できることも魅力ですね。さらには1年次から4年次までゼミ制度とキャリア教育が設けられています。ゼミ制度は1年次と2年次は基礎ゼミ、3年次と4年次は専門ゼミあり在学中は毎年いずれかのゼミに所属するという制度ですが、一つのゼミは平均10名程度の少人数なので教員や学生同士が近い距離で学習をすることができるのです。キャリア教育とは就職に直結する科目を1年次から学習できるというもので、警察官志望者が多い大学で3年次からは「警察行政演習」などもあるのです。

 

 「日本文化大学でのキャンパスライフ」

日本文化大学には15のサークルやクラブがあります。剣道部や柔道部、弓道部をはじめバトミントン、硬式テニス、フットサル、野球、軽音楽などがあります。秋には模擬裁判などの行事もあり法学部ならではですね。日本文化大学の学生にアンケートを取ったところ、就職率の高さや、先生との距離が近いことなどがよい点としてあげられています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です