日本文化大学のキャンパスについて

日本文化大学は日本の古来から伝わる正義に関する心と、日本の伝統文化を継承するために生まれた大学です。日本文化大学で行われている茶道の授業では、単純に茶道における基本的なマナーや作法だけでなく、侘びと寂びの精神を教えることに特化しています。この侘びと寂びの精神は、仏教より伝わってきた日本特有の精神であり、後の世代に受け継いでいかなければならない伝統的な精神です。その伝統的な精神を受け継いでいくことこそが日本文化大学の使命であり、生徒一人ひとりがこの精神を会得していくことを目標としています。日本文化大学で学ぶことのできる授業は茶道だけではありません。警察官を育成させるために必要な正義に関する心を養う授業も行っています。大学で雇われている講師や教授は、警察官として育成させるためのスペシャリストが揃っており、日本文化大学に通った大学生のほとんどは卒業後に警察官を目指していることが特徴的です。単純に正義感を養うための授業を行うのではなく、日本文化大学では冷静さや的確な判断を下せる臨機応変な対応ができるように、現場で活躍できる生徒を確実に養成しています。

もちろん、警察官として仕事をするには、不屈の精神が必要になってきているのです。どのような厳しい状況であったとしても、決して折れることのない心を養うための授業も日本文化大学では行われており、メンタルトレーニングの専門家の指導を受けて作られたカリキュラムが、強い警察官を育てることに繋がっています。もっとも、警察官だけでなく、一般のサラリーマンとして働く場合にも厳しい状況に耐え抜くための精神や心、体力が必要となるケースが多いです。最近の企業は業績が振るわず、厳しい労働環境を強いられている事が多いので、早期退職に至る若者が数多く存在しています。そのため日本文化大学では、若者の早期退職を防ぎ、長期間に及ぶ労働であっても、折れることのない心を養ったり、過酷な労働環境であっても耐え抜くことのできる体力を育成しているのです。大学を卒業した生徒は、一人ひとりが自分の力で立ち上がり、前に向かって進むための自立心があります。その自立心を作り上げるために必要なのは、大学における教師のスキルや技術力と言ったものです。大学の育成スキルがなければ、良い卒業生は生まれず、社会に取り残されてしまい、将来的には自立できなくなってしまうことが多いです。そのため国の世話になってしまうことのないような自立心を育てるためにも、日本文化大学では、生徒一人ひとりが自分で行動し、その責任を自分自身で負うことを徹底的に教えています。このような教育によって、生徒は自分で考えて行動するようになり、誰かに何かを手伝ってもらうことのないような、自立心が形成されるのです。大人になるに連れて、自立心を形成していかなければ、この社会で生きていくことは難しいので、日本文化大学では、特に自立に関する問題に積極的に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です