日本文化大学の卒業生に人気の就職先

●日本文化大学の卒業生の就職先実績

日本文化大学は法学部だけの単科大学ですが、卒業生が選択する就職先は公務員が多いのが特徴です。特に警察官志望の学生が数多く、毎年のように全国の都道府県警察に採用される学生を輩出しています。日本全国の四年制大学のなかでも合格数でも就職先の比率でも、警察に就職する学生はトップクラスを誇るほどです。警察だけでなく国家公務員や地方公務員など、堅実な就職先への実績が豊富なことから安定志向の学生からも高い人気を集めます。一般の民間企業においても業種問わず、幅広い業界への就職先の実績がありますが全体的に安定性があり、将来性もある企業を志望する学生が多い印象です。


●日本文化大学の学生の就職支援にマンツーマンで向き合う

日本文化大学は学生数では比較的少人数にも関わらず、警察官などの公務員や有名企業への就職を成功させている卒業生の比率が高いのは、独自の就職支援制度を採用していることに理由の一端を見出すことが出来ます。日本文化大学では入学した一年時から4年間の学生生活を通じて、就職支援室がマンツーマン体制で希望職種の就職をサポートしています。大学のなかには学生数が多く、一人ひとりの学生に向き合ったきめ細かい就職指導などが難しいことは珍しくありません。日本文化大学では少人数だからこそ可能な、就職支援室あげてのマンツーマンでの長期的視野をもって確かなバックアップ体制のもと学生の皆さんの希望の実現に向けてサポートを提供しています。


●日本文化大学のキャリア支援カリキュラムと講習

日本文化大学では就職を意識したカリキュラム編成に取り組んでいるのも特徴の一つです。なかでも実績を挙げているのが二年次から導入しているキャリアマネジメントでは、学外から講師を招いて週二回の講義を実施しています。学外の講師が担当する講義においても大学教員が同席することで、学生の普段の様子から適性を判断し最適の就職を達成することを意識したカリキュラムが機動的に展開されているのです。希望者の多い警察官はもちろん、各種公務員試験や一般企業を志望する学生などにも対応できる、進路別履修カリキュラムの中から選択することが出来ます。
専任講師との密接な連携体制のもと、筆記試験通過に向けて必要になる教養知識と面接試験突破に要求される社会人としての基礎を養成していくことになります。


●日本文化大学の就職支援体制の魅力

日本文化大学の教員は、各界の出身者をそろえており、それぞれの業界での貴重な経験を持っています。毎日の指導から就職活動時のサポートに至るまで、業界の現場を踏む中で身に付けた経験などは学生にとっても貴重な資産といえます。手本となるべき存在が身近にいることで、学生それぞれが自分が目指すべき将来像を具体的にイメージすることが叶うわけです。そして年次を重ねるうちに段階的に実践力を身につけることで就職活動にも万全の姿勢で臨むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です