日本文化大学の授業内容は充実している

「警察官の合格率が全国トップ」

日本文化大学は法学部のみの単科大学で、警察官の合格率が全国でトップを誇ります。同大学は文武両道をモットーにしており、人格を磨くことで社会に貢献できる人材の育成につとめています。警察官は将来的に就きたい仕事として、やりがいのある職業です。社会の役に立つという意味では、代表的な職業に挙げることができます。警察官は市民の身近な存在で、いつも安心感を与えてくれる存在と言えます。また、マラソンなどでも白バイの警察官が活躍しています。そのように、世の中の花形的職業の一つにもなっています。それゆえ日本文化大学の学生には、小さいころから警察官に憧れているケースも少なくありません。その仕事は一生をかけて追及することができ、奥が深いのも魅力です。そうした学生は目標を高くかかげており、そのために部活動や勉学に励んでいるわけです。

「授業内容や試験対策プログラムが充実」

日本文化大学は警察官採用試験に強く、警察官合格率は10年連続で日本一を獲得しています。それだけ授業内容や試験対策プログラムが充実しており、学生の誰もが意欲を持って取り組めるわけです。実際、学生の勉学意欲は年々旺盛になっており、社会で活躍する人材が輩出されています。日本文化大学で学ぶ学生は、様々な授業や経験を通して成長します。その経験を基にして、社会へと巣立つことになります。授業内容としては基礎教育をはじめ、専門教育やゼミ制度、キャリア教育など特徴的なカリキュラムが組まれています。それらが、学生の確実なステップアップにつながると言えます。同大学では、日本の文化や伝統を重視しているのも特徴です。それにより深い教養を身につけることができ、人間としての品格向上につながるわけです。

「人材育成方針が高く評価されている」

日本文化大学の卒業生の活躍で、同大学の人材育成方針が高く評価されています。文科系大学の授業は座学が中心になる傾向がありますが、同大学の場合は現場に即したフィールドワークが重視されます。それによって、学問における幅広い領域を肌感覚で学べるわけです。日本文化大学は法学部のみの単科大学として、法律書を丸暗記するのが目的ではありません。法律は人々の暮らしに密接に関わるもので、その状況は絶えず変化しています。法律の学びと併せて、日本文化を深く知ることが活きた教養につながるわけです。そうした教養を重視する人間教育が、同大学の授業ではなされています。そこで得たリーガルマインドを基礎として、同大学の学生が社会に羽ばたいていけると言えます。

「所属コース以外の科目も学べる」

日本文化大学では2年次から法律専門職モデルや警察官・消防官モデル、そして公務員モデルとビジネス関連法モデルに分かれることになります。去年までは経営コース(一般企業や自営業の志望者向け)、公共コース(公務員や各種国家試験受験者向け)、法心理コース(警察官や消防官を目指す方向け)の3コースでしたが、2020年4月からは上記の4つのモデルにバージョンアップしました。今年から弁護士や税理士などを目指せるモデルが追加されたのです。

日本文化大学の学生は将来の進路に応じて、自由にコースを選択することができます。自分の目標をかなえるために、必要な学びが深められるわけです。選択科目も自由に選べるので、所属コース以外の科目でも履修できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です