警察官実就職率が高い日本文化大学

【日本文化大学の警察官実就職率】

日本文化大学は警察官実就職率が非常に高い学校として知られています。警察官合格率10年連続日本一という記録も達成しています。2018年の警察官実就職率を例にあげると、この年も日本の大学の中で一番高い実就職率を達成したのが、日本文化大学です。2018年の日本文化大学の警察官実就職率は44パーセントで、この年の2位の大学は15パーセントの実就職率であったことから、2位の大学よりも20パーセント以上高い就職率であったことがわかります。これほどまでに多くの学生が警察官の試験に合格したのにはしっかりとした理由があります。

【高い警察官実就職率の理由】

日本文化大学の警察官実就職率が高いのは、学生の就職のために学校がさまざまなサポートを行っているからです。日本文化大学で特に重視しているのがキャリア教育で、キャリアマネジメントは必修の科目になっています。キャリアマネジメントの授業は入学したばかりの1年生の段階から始められ、1年生の授業は日本文化大学の講師が授業を行っています。日本文化大学のキャリアマネジメントの授業は、外部の講師を招いて授業を行っていることも大きな特徴で、2年生以上の学生の授業を担当しているのは予備校の講師です。公務員の試験対策について専門的な知識を多く持っている予備校の講師の授業を受けることで、学生は試験前にしっかりとした対策ができるようになっています。

【学年ごとに異なる試験対策】

警察官の試験に合格するためには幅広い知識が必要になりますが、日本文化大学で重視しているのが数学の指導です。公務員試験には受験者の数学的思考力をはかるための問題も多く出題されていることから、試験に合格をするためには数学力をアップさせることも必須になります。日本文化大学では1年生の段階から数学の問題の指導を行っていて、早い段階から数学の問題に慣れておくことで、効率的な試験対策ができます。3年生の授業からは試験の面接対策も行われ、繰り返し練習をすることで、学生が実際の面接の時に、対応できるようにしています。3年生では就職情報概論という必修科目もあり、エントリーシートの書き方などを指導しています。

【日本の文化を総合的に学べる大学】

日本文化大学は、公務員試験の対策の他にも、さまざまなことを学べる大学です。法の知識だけでなく、これからの若者は温かい人格も持たなければいけない、という大学の創始者の言葉を大切にして、日本文化大学では法律の勉強とともに、生徒の人格形成も重視しています。そのために行われているのが茶道の授業です。茶道はこの学校で必修の科目になっています。茶道が必修科目になっている大学は非常に珍しいですが、茶道を学ぶことにより、姿勢や言葉遣いなどが学べるという考えから、茶道を人格教育の授業として行っています。警察官の実務に役立つ柔道や剣道のための施設も大学内にはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です