警察官への就職に強い日本文化大学

日本文化大学について:

一昔前までは、大学への進学率というのはそう高いものではありませんでした。従って、大学生というエリートという意識がありました。しかし最近においては大学進学率が上がったこともあり、かなりの高校生が大学へと進学するようになりました。このようなことから、大学時代がより普通のものとなってきました。この様な事から、大学を出ただけではブランドとしてあまり役立たないものとなってきました。そのような中で各大学においては、それぞれ特徴を出そうという努力を行ってきています。今回紹介する日本文化大学もそのような独特の工夫を行ってきました。

日本文化について知る機会を得る:

日本文化大学と他大学の違いについて考える際、最初に出てくるものが日本文化を学ぶということへ取り組み方です。他の多くの大学では、日本文化を学ぶということが大切なことはよく知っているはずなのですが、きちんと日本文化を学べる機会というものが与えられていません。それに対し日本文化大学では、カリキュラムできちんと日本文化を学ぶという機会を確保しています。これは他の大学にはない非常に目立つ特徴です。他大学にはない日本文化を学ぶという機会を、授業で提供しているという大学は日本文化大学以外ではありません。このことは、日本人として生活を送る上で非常に大切な機会を得たということになります。よく海外などに行って外国の人と話をする際に、日本人以外の人はよく自国のことを知っていて詳しく説明をしてくれますが、日本人の場合には自国の事をほとんど説明できないということが実情です。このようなことは、日本人としては恥ずかしいことです。

実学の法律を学ぶ:

後で述べるように日本文化大学の卒業生は、公務員の中でも特に警察官への就職が大変多くなっています。このように世の中の規則を守る立場にある人を輩出するという観点から、日本文化大学では法律について大変きちんと学ぶというカリキュラムが組まれています。他の大学のように机上での勉強というわけではなく、実学の法律を学ぶということが積極的に行われてきました。このことは日本文化大学が、法科単科大学であるということからもわかります。極めて高い情熱が法律教育に注がれています。

警察官就職に強い日本文化大学:

ここまで述べてきたように、日本文化大学は法科単科大学であり、法律に関わる公務員などに就職する人が大変多くいます。このような実情を踏まえ、日本文化大学のカリキュラムというのはそのような法律を守るという立場の人を養成するような教育を行っています。特に、日本文化大学では警察官への就職が多くありますので、このような実情を踏まえ警視庁より現役の警察官が実体験を述べる機会があります。実際実務に関わっている警察官や関連する人からの講演という事を聞くことにより、極めて高い意識を持って学習に励みその結果、警察官への高い就職率が実現されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です