地味に公務員を多数輩出している日本文化大学

◆地味に凄い日本文化大学

日本文化大学と聞いても、おそらく大多数の人は、その存在を知らないのではないでしょうか。名前くらいは聞いたことがある人もいるかもしれませんが、どこにあるかを正確に答えられる人はほぼいないでしょう。はっきり言って地味な大学なのは否めません。大学があるのは八王子で、東京の西の果てあたりにあり、これまたかなり地味な立地と言わざるをえません。しかし、この日本文化大学は何気に凄い実績を持っていたりするのです。それは公務員を多数輩出していることに他なりません。卒業生の半数以上が公務員試験に合格しているという話もあるほどです。公務員試験もピンからキリまでありますが、それでもそんなに生易しいものではなく、それなりに勉強を頑張らないと受かりません。そんな公務員試験で多数合格者を輩出しているというのは、なかなかたいしたものです。

◆日本文化大学は特に警察官試験に強い

公務員試験に強い日本文化大学ですが、特に警察官試験の合格率は、なんと10年連続で日本一になるという実績を誇っています。なんでそんなに警察官試験に強いのかというと、試験対策のプログラムが充実しているからに他なりません。学生たちは様々な学習支援サポートを受けることができますし、さらに警視庁や各県警から採用担当者をゲストとして招聘し説明会なども熱心に行っています。さらに警察官試験に強いという大学のブランドも確立しつつあり、生徒達の勉強に取り組むモチベーションも上がってきているということも合格率を押し上げている要因といえるでしょう。

◆離職しにくいのも特徴

警察官という仕事は、実はわりと離職率が高い仕事と言われています。警察学校になじめなかったり、配属された勤務先が自分の希望に合わなかったり、夜勤などの仕事がキツくて辞めてしまう人が少なくありません。しかし、日本文化大学の学生で警察官になった人は離職率が低いということで、警察からも高い評価を得ています。なぜ日本文化大学の学生は離職率が低いのかというと、学生に「本当に警察官になりたいのか」ということを自問自答させることを徹底しているからでしょう。例えば、警察に勤務している警察官を招き、仕事の体験談などを語ってもらう機会を設けていますし、進路指導の先生も警察官の仕事はいかなるものかということを具体的に説明して、学生が本当に警察になりたいのかを考えさせます。だから採用後のギャップが発生しにくいのでしょう。

◆日本文化大学は資格取得支援にも積極的

日本文化大学は、公務員試験の他にも各種資格試験の取得サポートにもたいへん力を入れています。どのような資格を取得すべきなのか、どうのような学習方法が望ましいか等を担当教員が親身になって学生に指導してくれる体制が整っていますから、学生は安心して勉強に取り組めるでしょう。講座もたくさん用意してあり、例えば行政書士・社会保険労務士・英検・簿記などの講座を開講しています。これらの資格を取得することで、就職活動が有利になることは間違いありません。

格試験の取得サポートにもたいへん力を入れています。どのような資格を取得すべきなのか、どうのような学習方法が望ましいか等を担当教員が親身になって学生に指導してくれる体制が整っていますから、学生は安心して勉強に取り組めるでしょう。講座もたくさん用意してあり、例えば行政書士・社会保険労務士・英検・簿記などの講座を開講しています。これらの資格を取得することで、就職活動が有利になることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です