突出した警察官採用率!日本文化大学の魅力

日本文化大学の概要と大きな特徴は?

日本文化大学は室町時代に創られた柏樹書院という学塾がルーツになっていますが、この学塾は600年ほど前に創設されているのでかなり古い歴史を持っています。
明治時代初期に日本の法律の作成に携わり、外国文化を広めつつ日本文化を発信していた蜷川式胤という方の教えを引き継ぎ、第二次世界大戦後に日本文化の衰滅を防ぐため蜷川親繼先生により創設された大学です。
日本文化大学がほかの大学と一線を画している大きな特徴が、学科が法学部しかないという点です。国内のほとんどの大学が複数学科の中から選べるようになっていますが、日本文化と伝統を学び品格を高めるという教育方針から法学部のみとなっているんですよ。
学部が一つしかないのはデメリットではないかと思われるかもしれませんが、フィールドワークを充実させたカリキュラムが組まれているため、卒業生からも高い評価を得ています。

日本文化大学で学べる科目はどのようなもの?

この大学では当初から就職を意識した教育を行っていて、1年次に法学や日本文化史、語学や民法の基礎的知識を学んでいきます。2年次になると法心理と経営そして公共という3つのコースに分かれ、憲法など必要な知識を学習します。
3年次になると基礎から就職に向けての具体的な内容に変わり、企業法務や就職情報概論に加え危機管理学などを学ぶことができるんですよ。最終段階の4年次になると、多彩なテーマを採用した10名前後の少人数で学ぶ専門ゼミや、卒論に向けての授業が主になります。

とにかく公務員試験や就職に強い!

日本文化大学は、公務員の合格率がとても高いとされる私立大学です。入学当初から就職を意識し即戦力となりうる人材を育成しているため、就職に向けてのサポート体制も万全で、先生や卒業生からの的確なアドバイスも受けられるのが魅力ですね。
毎年公務員試験の競争率は非常に高いとされていますが、日本文化大学は公務員試験に合格するためにしっかりカリキュラムが組まれているので、公務員試験の突破率がすごく高いんです。

全国の中でも際立つ警察官の合格率

公務員試験の中でも日本文化大学は警察官合格率が高く、難関といわれる警察官採用試験で全国トップの就職率を誇っています。日本文化大学は、2013年ごろからずっと警察官採用率1位を保っているので本当にすごいですよね。
3年次4年次に行われる模擬面接では、警察官を目指す動機を話したり、担当教授からお辞儀の角度や声の大きさまで指導をしてもらえます。その評判の高さから、全国各地から入学する学生もいるくらいなんですよ。
2007年に新設された法心理コースをはじめ、警察学や犯罪心理学など採用試験に向けた独自のカリキュラムがあるのが強みとなっています。
また通常の授業以外でも夏休みには模擬面接や過去問演習などの補習を行い、10月からは約50回もの一般教養講座も開催していますし、武道系の部活動も多いので警察官採用率が高いのも納得ですね。

日本文化大学の学園祭は最高におすすめ

◆大学を選ぶなら学園祭に行ってみるのもおすすめ

多くの日本の高校生は、どこの大学に進学するかを考える時、偏差値やどんな学部・学科があるかだけで判断することが多いようです。それも悪くはありませんが、せっかく数年間のキャンパスライフを送るわけですから、もっと別の観点からアプローチしてみてもいいのではないでしょうか。別のアプローチの例として、大学の学園祭に行ってみるという方法があります。大学の学園祭は一般人でも入っていける場合が多いので、その機会に大学のキャンパスを思う存分見学してみるといいでしょう。そうすれば、どんな人たちが学んでいるのかや、校舎の雰囲気なども分かるでしょう。

◆日本文化大学の学園祭「柏樹祭」は活気が凄い

私は色々な大学の学園祭に忍び込んでいますが、どこの大学もそれぞれ個性があって比較すると面白いものです。そんな中、私がとくに素敵な学園祭をやっていると感じたのが日本文化大学でした。日本文化大学の学園祭は、最近になって「柏樹祭」と名称が変更になったようです。それまでは「菊花祭」という名称でした。なぜ変更になったのかはよくわかりません。しかし、この柏樹祭は、とても活気のある学園祭でおすすめです。迫力のあるスポーツ大会が行われていたり、カラオケ大会・ビンゴ大会・ボディビルダーコンテストなど楽しいイベントが満載で、1日中ずっといても飽きませんでした。最近流行りのEスポーツイベントなんかもやっていて、新しい事に積極的に取り組む気風がある大学なんだなと感じます。自分的に面白かったイベントは、茶道体験と模擬裁判でした。とくに模擬裁判は設備などもリアルで、本当の裁判所みたいな雰囲気を味わえます。日本文化大学では、普段の授業でもこういう実践的な法律の勉強をしているようです。

◆日本文化大学は公務員試験に強い

日本文化大学は学園祭が凄いだけではありません。実は公務員試験に非常に強い大学として知られています。近年は、若者の安定志向が強いということで公務員になりたい学生が多く、公務員になるための倍率はとても高くて試験突破は大変みたいですが、日本文化大学では独自の教育カリキュラムを組むことで、多くの学生を公務員として送り出しています。大学に入って間もない頃から、進路指導や就職のためのサポートを徹底的に行うので、公務員だけでなく、就職にはとても強いと評判です。

◆警察官合格率は日本一を誇る

日本文化大学は公務員合格率が高い大学として知られていますが、特に警察官の合格率は日本一を誇るとさえ言われています。警察官には、文武両道に秀でているような人材が求められますが、日本文化大学ではまさにそのような人材を育てることをモットーにカリキュラムを組んでいるので、それが大きく功を奏しているのかもしれません。また、警察の方でも日本文化大学の生徒なら採用して間違いがないという感じで、ある種ブランド化している側面があるともいえるでしょう。

警察官採用率が全国でトップの日本文化大学

日本文化大学の特徴とは?

日本文化大学は、略してニチブンとの愛称でも呼ばれている私立大学で、一番の特徴は警察官採用試験に強い点があります。創立以来、就職先には公務員、なかでも警察官になる方も多く、卒業後でも全国の警察組織でも活躍しています。
その警察官採用が全国の大学の中でもトップである理由には、採用試験対策にも優れているためで、学生時代からその対策で学習できる点があります。しかも警察官になるんだという目的意識の高い学生が多いことが、そのまま採用率のアップにも繋がっております。
もちろん一部には警察官以外の就職先に勤務されることもあるので、一概に言うことはできませんが、警察官になりたい方は日本文化大学に進学することはメリットが大きいです。キャンパスは東京の八王子市片倉に存在し、片倉駅から徒歩で約7分の立地にするので通学しやすいのもメリットとなります。
距離のある千葉や埼玉からも通われる学生も、よく見ることができます。法学部の法学科のみしか学部・学科が見られないことで、法律に明るい人材の養成を目指している点もあります。

日本文化大学のルーツは「柏樹書院」

日本文化大学のルーツは、室町時代に設立された学塾である「柏樹書院」であり、歴史が存在します。史学や法学、政治学を学塾では教えていた経緯があります。
その「柏樹書院」の24代当主である蜷川親繼が「手作り教育・徹底した少人数制教育」を目指して創設し、建学精神には恩愛禮義・清明和敬・重厚中正・祖風継承です。日本文化大学では、日本文化・伝統を学習できる他に法律を学び、資格取得にも強く、就職指導も丁寧に行うことをモットーにして、学生生活の充実を目指しています。

日本文化大学の教育におけるメリットは

日本文化大学の教育では、学生の指導に当たる教授は出身大学に囚われることもなく、論文などを執筆される教授陣が多いのがメリットです。そのため学問の本質的探究を図ることが可能で、実務界にも通用する事柄を学習できます。
また日本古来の伝統を重んじることで、それに対する敬虔な気持ちによる情誼的な教育も行うことで人に対する敬う気持ちを育むことも目的にします。つまり単なる学問の習得だけでなく、人格面においての完成を促す教育を行っている点もメリットがあります。

手厚い就職支援

一年次からキャリア支援プログラムを策定し、それに基づいて資格取得などの面でも就職力の向上を図っています。マンツーマンによる手厚い就職指導を行うので、卒業後に活躍をする分野が広がっているのは確かです。
就職先の選定は学生の個人的な意志に委ねられる点はありますが、それをバックアップできる体制が整備されている点があります。そのため早い段階から就職指導を行うことで、他大学にはないキャリアアップのアドバンテージを得ることが可能です。
個別指導・面接指導を就職が決まるまで念入りに行ってくれることもあり、卒業後の進路が決定しないケースはほとんど存在しない点もあります。