日本文化大学の偏差値48と合格率について

日本文化大学の偏差値や合格率について

日本文化大学は法学部のみの私立大学です。一般的に法学部は弁護士や司法書士など法律の専門家を目指す人が通う大学といったイメージがあるのですが、日本文化大学は独自の教育を行っていて公務員を目指す学生さんが多い、公務員の中でも警察官の合格率が非常に高いなどの評判を持ちます。 2018年度における日本文化大学の進路状況は、警視庁など各都道府県警察官は75名で、その他の公務員は13名といいます。これは卒業者数158名における警察関係や公務員関係での進路になるもので、残りの70名は国家公務員や消防庁、金融機関や警備会社などです。卒業者数の約半数が警察に就職しているので、この方面を目指す学生が多いことはこの結果からも明確です。なお、日本文化大学の2019年度での偏差値は48といわれているのですが、この値は学生さんがいる家庭や自分が学生だったり、数年前まで大学生などの人には分かりやすいもので、それ以外の人は48といわれても難易度がどのくらいあるのか分からないケースは多いのではないでしょうか。

日本文化大学の偏差値48は高いのか、それとも低い値なのか

偏差値は、合格率を把握するときの指標になるもので、2019年度の日本文化大学の偏差値は48です。偏差値は、点数が平均値と比較したとき、どれだけ上下に離れているのか示す数値で100点満点のテストで60点だったとき、このテストの平均点が40点なら平均点よりも20点上、平均点が70点なら平均点より10点下になります。この場合、他の受験者の平均点により集団の中での立ち位置が変化することになるので、同じ点数でも捉え方が変わることになります。正規分布グラフを使うと偏差値の信頼性が高くなるといわれています。仮に、平均点が50点のときそれを偏差値としてグラフを作成すると、人数の中では全体の半分が50の位置になり、ここから上下に離れることで割合が減ることが分かるわけです。高校生などの場合は、自分自身の偏差値を把握していることになるので、値が48になっている場合の合格率はそこから分かるようになりますが、実際自分の偏差値が52などでも合格ができないケースもある、逆に42くらいしかないけれど合格する可能性があるなど、あくまでも目安になる数字です。

全国模試などでの評価と大学の偏差値について

日本文化大学を受験する高校生は、大学入試のための訓練や実力を確認する目的で全国模試を受けるケースは多いといえます。この試験での結果は希望大学の合格率を把握できるなどの特徴があるわけですが、日本文化大学を希望する場合は実力テストで48以上をキープしていることで可能性が高まります。AランクやBランクなどのように評価されることになるけれども、仮にBランクになっていたとしてもそのときの体調などにより本来の実力を発揮できないなどのケースもあるので、あまり試験の結果を気にするのではなく受験となる試験に慣れることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。