公務員志望者注目!日本文化大学はここが違う

高校を卒業したら、誰もができることならば有名な大学に入りたいと願うのは当然のことと言えます。しかし、たとえ憧れの有名大学に入学できたからといって、自分が思い描くような仕事に必ずしも就くことができるかと言ったら、それは残念ながらNOと言わなければなりません。もちろん世間で名前が知れた大学というのは、就職の面接等には有利かもしれませんが、初めから大学のその先の人生を考えるなら就職に有利な大学に入学するというのもひとつの方法ではないでしょうか。
日本文化大学は、その就職に有利な大学であると言う事ができます。特に警察官に強い大学としては有名で、難しいと言われている警察官試験に何人も現役で合格するという実績を持ち、警察官以外の公務員試験でも高い合格率を打ち出しています。
そんな日本文化大学は、日文大の愛称で呼ばれている東京は八王子に位置する大学です。規模的には決して大きくはなく、法学部法学課のみの単価大学となっています。規模の小さい大学ですから、クラスは担任制を採用しており授業も少人数の規模で行われます。この少人数制の授業というのは、学生の集中力を養い、大人数の大学に比べて生徒が授業に出席しないなどということも起こりにくくなります。

 

 
また、ユニ-クな授業内容として、日本文化大学では必修科目に日本文化史と茶道があるということが挙げることができます。こういった授業では日本の文化や伝統を学ぶことで、深い教養を身に付け、大学を卒業しても品格を持った人間を育てるということを目的とされています。実際、日本文化大学の卒業生は礼儀正しく、教養があると一般社会からも高評価を得ています。
日本文化大学が警察官試験をはじめとする公務員試験に強いのには実は秘密があるということを覚えておいてください。日文大では、一般の授業の他に、外部から専門の講師を招いて公務員試験に向けた特別の講座が設けられています。大学の1年生から公務員試験の模擬試験を受け、訓練しているのですから公務員試験の合格率が高いという事にも頷けます。
それだけではなく、日本文化大学では「資格試験」というものに対して学校をあげてサポ-トする態勢が整っていると言っても良いでしょう。それは大学自体が、就職だけでなく学生の今後の人生のために何らかの資格を取得することが、学生にとって将来大きな武器となるということを把握しているからに他なりません。ですから、資格取得対策講座は公務員試験のみならず行政書士受験講座や宅地建物取引士受験講座、TOEICなど多彩に渡って準備がなされています。資格取得だけでなく、人間性の形成という視点からは、各家庭に協力を仰ぐなどして学生を知力だけでなく人間性豊かに育てたいという思いが伝わってきます。こういったひとりひとりの学生に対する手厚いサポ-トは、小規模の単価大学だからこそできる大きなメリットではないでしょうか。

 
日本文化大学は、現在では就職に強い大学として全国から視察が来るほど注目を浴びるようになりました。警察官や公務員志望者はもちろんの事、自分の将来は何らかの資格を武器にして未来を開きたいと願う学生は、是非日本文化大学のオ-プンキャンパスに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です