日本文化大学はたくさん勉強できる

一般的に文系は授業が少ないと言われています。
週に四回しか大学に行かないことは珍しくありません。
中には、一日一コマの授業しか受けない学生も居ます。
それに対し理系は忙しいイメージがあります。
バイトをする余裕などほとんどないと、
多くの方が思っているのではないでしょうか。
実際にはそんなことはありません。

卒業に必要な単位数は文系も理系も一緒で、
理系は実習が多いからもあまり理由になりません。
どちらかと言ったら、理系は卒論があります。
この卒論8単位分(大学によって異なる)を稼ぐのに、
丸二年使うこともあります。
三年の春(二年の3月)から始めないと間に合わないのです。

日本文化大学は文系で卒論もありませんが、
とても忙しい大学として知られています。
その理由として、ゼミがみっちりと用意されています。
文系の大学によってはゼミの入室が必須でないところもありますが、
日本文化大学は全ての学生がゼミに入り、それぞれの研究テーマを課せられます。
そのため、日本文化大学は文系の大学の中では、
かなりの時間を勉強に割いているとして有名です。
どの学生も7~8時間は毎日大学にこもって勉強しています。

そして、日本文化大学は土曜も普通に授業があります。
一般的な大学は土曜を休みにしていることが多いですが、
ここは土曜も普通に講義を用意しています。
そのため、他の大学よりも大学に通う回数が多くなり、
よりたくさん勉強することが出来ます。
日本文化大学はたくさん勉強したい方におすすめの大学です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です